2008年12月31日

MEGA PEACE

hyousi.jpgメガピース!!!!!


12月28日に行われたメガピースの感想などなどをつらつら書いていきたいと思う。

最初はコレどうなのかなぁー。って思っていた。
小学生とかと踊るって言ったって、小学生とうまくやってけんのか。
とか、内輪だの、周りから良い意見聞かないだのなんだのって。

第一ソーラン節踊りすぎてる感あったしね・・・(笑)


でもちょうど1週間前かな(いろいろあって練習を本格的に参加できたのは最後の1週間だけです。(汗)
小学生との練習がありまして・・・、気持ち変わりました。
面白いなぁって思いました。いろんな人とのふれあい、小学生、中学生なんて関わったことなかったからすごく良い経験になりました。


では、先に小中学生の話からしましょう。

小中学生は大学生なんかと違って余程素直です。
みんなが集まる場所に集まるし、わしゃわしゃなります。
自分があまり親しくない(警戒心をもっている?)人には、あまり話をしないけれども、逆にこっちから警戒心を突き破っていけば簡単に小中学生もこちらを認めてくれます。

小中学生も不安なんです。
こっちも不安なんです。(笑)
そこをどうにか見せないで、ういっすって入っていくことが大事なんです。

あとは、褒めること。(実際に小中学生の子達は踊りがうまくて褒めやすかった)、そしてスキンシップを取ること。
大人でもこれは大事だと思うのだが、小中学生はとにかく触れる機会が多いのでそれを大事に。握手だとか、背中を押してあげるだとか、そんなもので良いと思う。それがひいては心の交流になるんですね。


一緒に踊った子とか内気なのかなぁーとか、俺と踊るのあんまり楽しくないのかなーとか思ったけど、握手とかね、やっぱり積極的にしていけば、楽しんでもらえたようで良かったす。


そして、最終的には小中学生にメルアド教えることに。嬉しいやら、なにやら。ここまでいければ間違ってなかったしょ(笑)今度練習に参加できたらいいね^^。


∴小中学生は素直。態度でいろいろわかるから逆に付き合いやすい。
大人になっていくとここに社交辞令とかいう厚化粧が入るんでしょうかね・・・・・。



ではでは、メガピースのお話。


結論から言います。


内輪イベントでした。(笑)

メガピースって外から見た人がつながるってことには弱い気がする。
というのも広報があまり行き届いてない感じだったのかな・・・。

ともかくも参加しなければメガピースは味わえないと思います。
確かにお客さんも一緒に舞台に上がって一緒にやるコンテンツはあったけど・・・舞台に上がる人は舞台に上がりなれている人であったと思うし。


でも、その内輪の広がりは前回を遥かに凌いでいました。
大学生だけじゃ小さいなーって思いましたもん。
本当にいろいろな方々が参加されたと思うし、いろんな方との交流が本当に良かったと思う。あらためて新しい人との出会いって面白いなって思いました。
前述の小中学生との交流も面白いし、ちょっと疎遠になってた人とかに「よっ」って声をかけると縁って復活するもんです。
東京花火の人たちとはなぜだか結構仲良くなった気がするし。
出会って3回目とかそこらなのに。本当に良い経験というか、良い人たちにめぐり合えたなと思う。

だから、最初は危惧していたメガピースもこんな意味があるんだなっと。去年は(1年生ということもあり)あまり知り合いが増える機会はなかったのだけど、今回は本当に人との仲がマッハで氷解していくような感じでした。俺は年齢上がるごとに強くなります(笑)


お客さんが参加者だって良いと思う。
年の暮れにみんなでこうやって歌や踊りをできるって素晴らしいと思う。最大の内輪イベントで結構だと思う。だからみんな暖かい目で見ていられるのだと思う。この内輪が世界を包めば内も外もなくなるから。
そういう感じがメガピースじゃないかなーと思った。
みんな出演者。みんなお客さん。
(俺が言うのも本当に何なんですが)本当に良いイベントに成長したなぁと。本当に運営陣様の努力の賜物です。


では最後にコンテンツの性質について


僕は歌(はもちろんすばらしいが)派より踊り派である。
というのも、歌って一緒に歌っても一度も話さない人っているんだよね。歌に詳しくないので話すきっかけもないし・・・。
その点踊りなら、そこ上手いね、とかここはこうじゃない?とか交流を持てる気がするから歌より踊りがすきなんだと思う。個人を見せられるっていうメリットもあるしね。


と、つらつら書きましたが。
やっぱりこういうイベントいいっすなー。
参加者、お客さんの目線を両方もてるのは学生だけですからね。
WEFのようなイベントは社会に出てからで十分だと思うんです。
だからもし、俺が社会に出たら逆にWEFのようなイベントで楽しませようと思うんだろうな。
でも、今は学生だし双方向で楽しめることを求めていくんだろうな。
第一見に来るお客さんの気持ち(ターゲット)が違うと思うしね。



一人ひとりにスポットを当ててゆきたいー。




良いお年を。


あっ、今年人生初の隈越するんで、お暇なら一緒に大隈講堂前で2009年迎えましょう(笑)

写真:寝ずに作った、「古今東西」チーム紹介のPVの素材の一部。


タグ:メガピース
posted by ゆっぽん at 16:29 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - MEGA PEACE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月28日

clap

Clappppps!!!
posted by ゆっぽん at 10:29 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - clap | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月27日

名言

おとといより昨日の方が好き
posted by ゆっぽん at 00:24 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月25日


辞書で意味はわかるけど本当に伝えたいことは伝わらない。
posted by ゆっぽん at 02:09 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月22日

温い

今日12月22日は……




とても温いです。



異例の温さだと思います。神奈川とか20℃らしいね。







地球温暖化どうのこうの全部抜きにすれば…















俺はこの温さが大好きです。(笑)
posted by ゆっぽん at 07:41 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 温い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カラオケのやり方


最近

BUMP OF CHICKEN(は昔から好きなのだが)のライブ映像を見て気付いたことがある。





言わずもがな
これも自己表現。


それは
自分の心のうちをのせて唄うということ。



歌を自分のモノにして唄うということ。





だからイキナリ歌詞が変わっても(意識的に変えている)なんら違和感はないし、むしろライブであるだけに、生きた表現をしているなーと受ける。






それはカッコイイ。
最高にノって、伝えたいことを伝えてる。






そこでだ。


カラオケだ。




なら、カラオケももっと自由に唄っていいんじゃないか?って思った。

歌詞が出てるからってそっちに気をとられちゃ、楽しさ半減じゃないか?

もっと歌手のライブみたく、1万人の前で唄っているみたく自分をさらけだしていいんじゃないか?



それがカラオケのやり方じゃないでしょか?
伝えたいこと伝える気でいきましょう。




試しに
今日BUMP OF CHICKENの曲をバンプのライブっぽく唄ったら、デラ気持ち良かったす。



なりきってると、聴いてる人もなんか楽しい気分になるしね。










今度カラオケ行きましょ
posted by ゆっぽん at 01:30 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - カラオケのやり方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月20日

あなたの夢はなんですか?
(※ここに書き込んでください。)




























マジメに一つ叶えます。

(C)みんなを笑顔にするプロジェクト2009





的な(笑)


(C)笑顔創造堂


これは気取りすぎか。
posted by ゆっぽん at 03:10 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 夢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月17日

(^^)

コンビニの店員さんの笑顔が素敵だった。

イケメンじゃないよ。カワイイ女の子でもないよ。

言葉は悪いが引きこもりのオタクみたいな外見(マジでごめんなさい)



でも笑顔で心は温まる。

笑顔は増し増し。
posted by ゆっぽん at 17:49 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - (^^) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

寄り道

とりあえず、OUTPUTしちゃおうの回

企画の押しが弱い。
俺が観客側でも魅力を感じ得ない。

「何かやりたい」からの発信はちがう。

って言われることが多いけど・・・・まっいいんじゃない?(笑)
って俺は思う。なにも思わなかったら何も始まらないのだし。
そこは人に見せなきゃいいんだと思う。
だったら、自分のなかで形にしてくりゃいいんさ。


大学側に向かっていってもいいなぁ。
前に1年生の子と話したときに、なんで早稲田には授業の体験みたいなのがないのかなってなった。
だったら、作ればいいんだ。
授業アンケートが学生から生まれたのなら、
授業の体験が生まれたっていいでしょ。
体験っていうのは、本当に自分にあった授業か確かめる期間ってことね。このシステムは大事だと思った。


Edutainment
エジュテイメント。
教育と楽しさの融合です。気になりました。

何かをやらせるには他のことをやらせろ。頭のフェイント。
そういうことか。





なにをするにしても、できるかできないかより。
やるかやらないかの話でしょ。

そうでしょ。
タグ:寄り道
posted by ゆっぽん at 12:52 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 寄り道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

now

今しかできないことが今あると思う。
今必要とされていることが今あると思う。
今に答えることが今だと思う。

今を。今のこの時期でないと手に入れられない、答えられない、反応できないことがあるはず。それを見つけるのは、10000000000000000000000000000分の1くらいの難しいことだけど掻い潜って、掻い潜って、見つけたい。



制限時間内にフル回転です。


顔晴ります。
タグ:
posted by ゆっぽん at 12:38 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - now | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月15日

Cuz

ミスチルの「くるみ」PV見て感動してしまった・・・。
危うく、所沢の端末室で泣きそうになったぞ。



さて、今日つまらない授業中に考え付いた僕の伝えたいこと。

最近はいつも白紙のノートを広げては何を企画しようかとうんうんうなっています。


そこで出てきた答えのようなもの

最近読んだ本の影響もあるんですが、
「お客さんは元気を買い、勇気にお金を出す」
「誰でも自己表現欲をもっている」

そういうことです。

結論から言います。

I love you because you are you.

by マザー・テレサ


これがかなり僕の根幹です。


モノの時代は過ぎました。
ココロの時代だと思います。


感動とか、お笑いとか、いやし、リラックス、綺麗なもの、壮大なもの、そういう訴えるものがココロに響く時代に変わりつつあります。
そして、自己表現したい欲求。

自己表現とは何で満たされるんでしょうか?


---自己表現・・・・?
具体的表現方法としては
・歌・踊り・書く・描く・話す といったこと




---認められること・・・?

それでいいんだって
君は君で十分だって  という一言。

もうひとつ踏み込めば

・笑顔にさせること(誰かの役に立つこと)
人間は他人が喜ぶと自分も喜べる唯一の動物です。
つまり、自分が誰かを笑顔にできたら自分は認められたって思える。
ってことじゃないかな?


話は戻って、勇気(にお金)ってどういうことかな・・・。
なにも無関係のように出したくるみPVですが、あのなかに出てくるようなおじさんのような必死さじゃないでしょうか。
歯車の1つである自分が変わろうとする勇気。そしてその(ある意味)自己満足を恐れずに突き進んでいく様。
それがこんなにも胸をうつんだと思います。


だから、つまり・・・ごちゃごちゃ書いちゃいましたが・・・


「お客さんは元気を買い、勇気にお金を出す」
「誰でも自己表現欲をもっている」
I love you because you are you.


が僕のやりたいことの根幹を担うのではないかなということです。
元気を見ると元気になるし
必死になっている様ってココロ震えるもんね。
自己表現できるってうれしいもんね。
認められるってうれしいもんね。




あぁ
感動について考えていきたい。
泣いて泣いて全部を終わりにできたら最高です。
posted by ゆっぽん at 13:42 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - Cuz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月12日

don't know

只今、ワセダエンターテイメントファクトリーが終演し、打ち上げを終え帰りの終電中。


当日スタッフについて。

当日に説明をぱっと聞いて動けるってことは素晴らしいと思う。

機転がきくというか…。やっぱりこういう舞台を経験して思うのは、自分だけじゃ全く気が付かない点の多さだ。

俺は下手のAD役だったのだが…

団体の入りはけに追われてイスやマイクなど出し入れ全て把握はしていなかったし…、できていなかった。そもそもマイク片付けているのにはけてくる団体をさばくのは物理的に不可能なのだが。

つまり人がいるってことだ。
俺がなにかひとつのことをやっていたらそれと同じようにできていないところに気づいてやってくれる人がいる。

自分だけでは全ては回らないのだ。相手にする人 が多いなら特に。


そういう所に気づくのはありがたいと同時に全く気付かんかった自分の情けなさを感じるのである。


∴人は大事でありがたいってこと


と同時に、僕らでもこーゆうことをできるんなら人間はやっぱり大差ないと思います。



イベントについて

フタを開けてみなきゃなんとも言えない状況だった。開場直前は隈前に多くの人がいたように見えて、なにかデカイやつを相手にしようとしている気がした。

そりゃお客さんで埋まれば素直に嬉しい。広報すげーな。


嬉しいんだけど…、何かなぁ。下手の同じ目線の高さで見てたからか?

すごいのはわかるけど、ワクワクはしなかったかなぁ。お客さんが感動した、面白かったっていうのは良いんだけど…
面白いから…どうしたって思っちゃうんだよ。この手のイベントって。だからお客さんを楽しませることで笑顔になる、つまり、笑顔で人を救える。そう思いきかせてやってきた。


例えば、ゲームなんかそうだと思う。やっている時は良いんだが、やり終わった後に感じる虚無感…。それに近い。今日の2時間楽しかったから…何?とやっぱり言いたくなってしまう。


見る分にはいいのかもねぇ。自分と関係ないし…。TV見ているような感覚なのだろかなぁ。




ごめん寝る!眠い!
posted by ゆっぽん at 01:01 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - don't know | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月09日

impress

メモってあったけど忘れてた、早稲田祭において心に残った言葉。


早稲田は実行力

あっというまの短い人生。だったら好きな人とだけと会うだけで十分。嫌いな人には会わない。


盛り上がればなんだっていいじゃん。


好きなことだけやって生きていく。


もし世の中が不穏な方向に向きだしたら、すぐ逃げろ。そして好きに生きろ。死ぬのは自分達のような年配者だけでいい。


今までいろいろなことをやってきた。だから何を聞いても答えるし、自分の人生なんだから恥ずかしくともなんともない。
posted by ゆっぽん at 14:56 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - impress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月08日

three people



3人介せば世界中全ての人にたどり着ける。
posted by ゆっぽん at 23:37 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - three people | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

idea


こんなことを想像してほしい。


あなたの喉はカラカラで今すぐ水が飲みたい!!



そこに出てきたコップに注がれた水。




ひとつは満杯






もうひとつは4分の1ほど残っている








どっち選びますか?





満杯?4分の1?

味は一緒ですよ。











満杯ですよね。

普通そうだ。誰でもそうだ。









でも











そもそも
4分の1のコップが満杯のコップの10倍の大きさ


満杯のコップがおちょこサイズだったら?





こんな答えは網の目くぐってきます。




ただ目の前の情報だけから、そして思い込み、先入観から手を探すのではなく、多角的な視点で物事を眺めよう。そういうところを突きたいなぁ。





誰彼構わず笑えたらいいね。
今日のWIFクリスマスパーティーでそーらん節の楽しさを再確認。
posted by ゆっぽん at 23:26 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - idea | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月06日

human


読む本は補給したのだけど、車中今日もテーマに沿って書きたいと思う。


人間というもの、というか社会だ。



世界のはじめ

なーんにもなかった混沌、カオスであったと思う。正確には「認識ができなかった」世界。



そこで世界の整理が始まった。


それを可能にした道具は
【言葉】であり、【名前】だ。


僕らはものを区別して名前をつけて認識した。名前は相対的につけられる。(世の中にブタしかいなかったらブタという言葉は生まれない)


ちなみに、
ヘレン・ケラーは、先天性の病気で二重苦(目と耳)の中でこの法則を見つけた。すべてには【名前】がつくことを。(僕らは生まれてこのかた、どれほど目と耳に頼っているんだろうか…)



そんな始まりから世界は今も回ってる。こんな社会になっているのは人間のチカラが大きい。文明ってやつかな。


でも逆に考えれば…
この社会は所詮人が作ったものなのだ。


人が作ったものって完璧じゃない。いわゆる、イイ加減が存在する。



そう、人間は完璧じゃない。それは面白い所だ。


先日学館地下2階で作業している所にある有名どこのサークルが大人数集まってきた。


作業するのは数人なのに。超非効率だ。


僕の知ってる人はあれは地下2階の名物だといった。


僕は嬉しくなった。
人間完璧じゃないなぁって。そして俺が戦っていける余地があると。


人間でもね、完璧すぎる女の子(男の子)を見かけると僕はダメなところを見つけようとする。それで自分を安心させようとする。親しみを見つけたいんだね。


つまり何が言いたいかと言うと…



言いたいこと
・人間は欠点があったほうがかわいい。そうすると欠点はプラスに働く。(結果欠点はなくなっている矛盾は気にせずに。)ちょっと抜けている友達のほうが仲良くなりやすい。


・誰にでも何にでも社会でもシステムでも人がつくっている(やっている)限りはイイ加減な部分がある。そこは僕らでも突いてゆける。自分はダメだと諦めるのは早い。



ということ。
諦めるには早すぎる。
君には君にしかできないことがある。なにもかも僕と一緒じゃないのだから。
posted by ゆっぽん at 00:30 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月05日

李がロイヤル

081205_1615~010001.jpg












どうやら噂のリーガロイヤルホテルではなく




リー が ロイヤルホテルらしい
何の告知やっ(笑)
posted by ゆっぽん at 23:58 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 李がロイヤル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月04日

open

通学読書の本が切れてしまったので、ブログに思いを馳せたいと思う。

まぁ30分くらいだな。(実際それ以上でした(笑))


“情報”について

今は「情報化社会」です。


いや「情報社会」です。

もう変わっています。


僕はこの話を1年前スポ科の授業で来た

現・早稲田大学ラグビー部監督の中竹竜二さんから聞きました。

(三菱総研とかに勤めていらっしゃったみたいですね。知と機知と静を感じました。)


もう情報に価値のある時代は終わりました。
情報は無料が当たり前になってきます。(インターネットなんかが最たる例かと思います。)

そうしたら、自分だけ持っている情報なんて価値がなくなるわけです。

いかに
情報を提供できるか

が鍵になってくるわけです。

こんなことを習いました。

これからの情報について⇒静の情報と動の情報



・静の情報
 ・情報量に限界がある
 ・情報は特定の場所、ヒトに存在するもの
 ・情報は入手するもの
 ・情報は情報を集めて増やすもの

・動の情報
 ・情報の量は無限である
 ・情報は留まっておらず常に動いているもの
 ・情報は提供するもの
 ・情報は動かして増やすもの

いまや、情報収集力は情報発信力〜

かなり時代の先端を見つめている方だと思いました。
それ以来僕は情報とは無償で提供するものとしています。
それがつながって、どこかで化学反応を起こす。
そういうものだと思うのです。持っているだけでは反応できません。
できるだけ、僕の知っている情報は知りたいという人がいれば教えるようにしています。流れる水は腐らないのです。

そんなスピードの情報社会が今です。
早く反応したもの勝ちです。


なんでも聞いてください。流せるものなら何でも流します。
だから自分からも発信していかなくてはならないのです。
恐れずに。Openに。
posted by ゆっぽん at 22:48 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - open | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月03日

しばー

siba-


雲ひとつない所沢キャンパスの芝の上に寝そべることはどれほど気持ちいいことなんだろうか。
posted by ゆっぽん at 10:40 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - しばー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月01日




深夜にやって仕事した気になるのはやめよう。
posted by ゆっぽん at 08:16 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - … | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。