2009年03月31日

death


今日はなんともセンチメンタルと言おうかナーバスな日だ。



うーん。というのも昨日からずっと胸が痛い。心臓かな。違うかな。



もし死ぬとしたらどうなるんだろう、って。
(多分…そんな重大でないと思うが)


「毎朝鏡に向かって、もし明日死ぬとしても今日やろうとしてることをするか?と自分に問う」
そんなジョブスの言葉が浮かんだ。

本当に死ぬとするならば本当にこの事を考えなくてはならないんだ。



毎日必死こいて、1日生きなきゃいけないんだ。

じゃあ
今の僕に何ができるっていうんだ?


それすら模索してしまう


情けない。






なんとも一人泣きたい気分である。
posted by ゆっぽん at 14:21 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - death | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月30日

Yes

I watched the movie,Yes-man in English.(no subtitle)
I managed to understand the story but maybe I could get English only 70%.

the movie was funny. I like it. I wonder if it's gonna be my favorite one when I watch it with Japanese subtitles. I mean the movie itself, not for English study. lol

"Yes" makes our world wide. Because of it, we may have an opportunity to meet someone or do something. And we can face many occurrences regardless of good or not.

You can't have any chance if you say no.
No one can win without joining the game.



Anyway, the heroine was pretty. lol
I like her.
The most impressive word is "I think I love you."
It's like bomb......haha

And I could see many Korean words in this movie. That must be funny to Korean. I wanna recommend it to my Korean friends.


On the whole, it's a good movie.


....I wanna use adverb more....;(
タグ:映画
posted by ゆっぽん at 12:26 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - Yes | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月29日

MECE

今日は下駄っぱーずでずっと地下2Fに籠もっていたのでした。


誰も来ないのにもかかわらず・・・(笑)


しかし・・・収穫はあります。(なんでもないのに収穫と言えるところが人間の素晴らしいところですよね)



まず、IPodの音楽(特にインスト)を大音量で聞くとかなりハイになれます。前から大音量派でしたが、さすがに電車などでは控えねばならない。しかし、地下2Fならやりたい放題。
没頭してました。(笑)



んで、本題はそのときに読んだ(ダンス練習しろよ)
勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 ビジネス思考法の基本と実践

を読んでわくわくしてたんですよねー。

とりあえず読み途中ですがOutputに走ってみたいと思います。


論理力をつけたいなと思ったり水平思考力ももちろんなのですが。
ポール・スローンのウミガメのスープ―水平思考推理ゲーム
を買いたいと思ったり、論理ゲームをやりたいと思う今日この頃。)


仮説→検証の大事さを知った。そして行動すること。

それらをできるだけ早く繰り返して、より良い結論に辿り着きやすくする力。

MECEという考え方で、漏れなくダブりなく事象を分析することが第一歩である。

分析すればより仮説が立てやすくなる。そしたら検証。
の繰り返し。

そういった力を養うためにも観察から仮説を立てたり(あの人はAランチ食べそう!とか)、論理パズルをせっせと解くこと、「なぜ」を繰り返すことが大事である。



あと、気になったのが視覚化の話。
スイカの改札のあのタッチする部分の傾き具合。あれも計算と試行錯誤の末にできた代物だった・・・。驚いた。
見た目が9割なんていいますが、人に説明するときも視覚化されているととてもわかりやすい。プレゼンだってそうだろう。
だからデザインに関しての教養が少しあればより良いアプローチができる。色彩にだって意味がある。(知ってたけどあんまり信じられなかったんだよねー)

って読んですぐ帰りは新宿紀伊国屋に直行!!

デザインの本をチェックしてきたのでしたー(笑)
Let's 検証!(ちょっと履き違えてそうですけど)



といって勢いそのままに、生協に10冊以上の本を注文してしまったのでした。



posted by ゆっぽん at 21:44 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - MECE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

思考



他人と経験を共有できないことが難しいところ
posted by ゆっぽん at 12:44 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

感動をつくれますか?



「何を伝えたいか」が大事
posted by ゆっぽん at 09:24 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 感動をつくれますか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月28日

軽く軽く



変化を楽しめる自分に。
posted by ゆっぽん at 17:12 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 軽く軽く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月27日

drag out myself to the stage


自分にはできない

この人と自分は違うんだ


そうは思わない。


この人も自分と何も変わらない。人間で。
もし同じプロセスを踏めるなら俺も同じようになれる。


イチローにでも、保育士にでも、サラリーマンにでも。



そう言い聞かせて、自分をステージに引きずりだす。



君は観客じゃない。ステージから一段低いわけじゃない。



やれるんだ。




それが第一歩な気がします。
posted by ゆっぽん at 13:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - drag out myself to the stage | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

容疑者Xの献身



真実になんの意味があるのか。





ときに感情に突き動かされる僕らは


どうしようもなく人間である。
posted by ゆっぽん at 00:20 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 容疑者Xの献身 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月26日

all you can imagine could be happened


悲しい時 いま 何が できる?
ひとりの時 いま 何が できる?
さびしい時 ひとりの時 いま 何が できるかって
友だちのつごうがいい時なら会えるけど
夜中だったりしたら どうしたらいい?
どうしようもないことを知らなくっちゃ
ひとりを楽しんでみるとか
いまはできることしかできないよ
シャワーをあびよう 音楽を聴こう
たいくつは悪いことじゃない
いま 何が できる?
いま 何が できる?
いま 何が できる?

いま何ができる?


ギタリストになりたいって?
いま 何ができる?
ギターを弾くしかないよね
小説家になりたいって?
いま 何が できる?
原稿のマス目をどんどん埋めるしかないよね
「…したい」「…になりたい」って
悩んでいてもしかたないよね
ホントになりたい人は
言う前に もうやってるよ
どんどん 行動しているよ

いま 何が できる?


昨日はもう死んじゃってる時間
明日はまだ生まれていない時間
生きている時間はたった今




いま 何が できる?







ブッタとシッタカブッタ 2





用もなく家から出てみることにした。
posted by ゆっぽん at 15:33 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - all you can imagine could be happened | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月24日

できること


できるうちにできることをやろう。
posted by ゆっぽん at 16:02 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - できること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月23日

Tokyo marathon 2009

昨日は東京マラソン2009に友人の応援にいきました。
(今年、自分も出場するはずが見事に落選)


P1010220.jpg


お祭りなので楽しくいきました。




でも、なによりも楽しかった&感動したことは

沿道の応援と選手の頑張りです。


ハイタッチをしようと手を差し出せば、いろんな人が叩き返してくれる。「がんばるよー」「ありがとうー」とかいいながら。
わざわざハイタッチを求めに寄ってきてくれる人もいる。
ランナーの笑顔はなんともさわやかで。

あぁやっぱり、人と触れ合うってものは良いもんだな。
そーいうものを何かできたらいいなと思うのでした。


マラソンは厳しい競技であるから、選手は応援してほしい気持ちがあるだろうし、沿道も応援してあげたいって思うのかな。
だからこんなにも人が集まって、簡単に楽しく応援ができるのか・・・。


うん、純粋に楽しめるイベント。(特に俺は人とのふれあいが楽しく思えるので)

そんな東京マラソンでした。すごい。


芸能人はほとんど気づけませんでした。(笑)




P1010226.jpg



posted by ゆっぽん at 09:29 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - Tokyo marathon 2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月21日

What I feel, what I write

僕がブログに書くこと、それはすなわち僕が感じたことだ。

だから


僕がブログを書かないときは何も感じていないのではないか。


そう思ってしまった。(更新が滞ってるときは特に)

その証拠に、留学中は常にいろんなことを考えたし、それをアウトプットしようと思った。くやしさや悲しさや嬉しさ・・・・。


ブログはOutputする場所。
inputがなきゃoutputは生まれない。

黙って立ち止まっているだけじゃなにも感じない。
頭は動かない。



常にどこかへ踏み出していかないとなぁと思った。
地元の駅でもいい。デパートでもいい。運動でもいい。なんでもいい。
ずっと家の中にいても外のドキドキは味わえない。



そして、出かけるときは外を意識して。
もし、「誰も見てないしいいや」ってダサい格好で外に出かけたら、極端な話、自分を好きになってくれるはずの子も好きにならないかもしれない。そりゃ相手にとって失礼だし、自分にとってもチャンスを失っているに他ならない。


っていろいろ発見したいな。と思った今日でかけてみて。



(恋愛とかを例に当てはめてみるといろいろな物事を理解するヒントになりそうです。(笑))
タグ:blog
posted by ゆっぽん at 23:17 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - What I feel, what I write | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3/20議事録

学生会館で行いました!!
新メンバー、タミフルも参加してもらってのダヘ、のすけさん、俺の四人でしたね。本当に毎回毎回みんなの時間を無駄にしてないかなぁとか、かなり不安なんだば。内心。せっかく集めているしね。メールウザったくないかな・・・。とか、チキンなんです。(笑)でも、今までもこれだけ付き合ってくれてることにホントに感謝です。もう少しこんなカオスに付き合ってください。


報告
(こんな要素が欲しい)
熱い
自分たちも楽しい
自他共に感動する
いろんな価値観も認め合う
人の努力が見える(過程が大事)
「だからなんなの?」にも答えられる企画。


具体的に。(※は考えられる短所?(反対意見?))

STOMP→身近。楽器経験なくとも、使うものは身近な物で基本1人1パート(ハードル低いので)やればできるの実現。観客も巻き込める。(※人に伝わるかわからない、だからなんなの?が伝わらない?。)


(ものは未定だが)→賞、大会、(テレビなど)出演を目標としてやる。達成したときの感動。やればできる、ささいなきっかけを持つことの大事さを実証?(※人に伝えるのが難しい?。)


映画、ドキュメンタリー、映像→知らない早稲田を伝える。(例)5万人のきっかけ。(人は経験から成り立つ。5万人それぞれ今のきっかけを探る)。

(例)Road to 早稲田祭→サークルの裏側を取材。早稲田祭までの記録。パフォーマンス前に流すと感動度UP。(※長期間他サークルなどにつくので大変。自分のサークルなどなら理解できるがそこまでやる意味は?)

ってか○○クスとか運ス○やればいいのに。


(笑)っていうのは置いといて。(あれだけ大きいから逆に俺らみたいに思いつきを実行に移そうとすることが簡単にできない→スキマがあるっ!)


次回、
ストンプやらドキュメンタリーなどの具体案と個々人の夢とをすりあわせていきます。



形にしていく作業に変わっていきました。
形があってそれを自分たちの伝えたい形にrecreateしていくという方向もアリなんだな。っと実感したのでした。

SN3C0048.jpg

SN3C0047.jpg
タグ:企画
posted by ゆっぽん at 15:05 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 企画 はてなブックマーク - 3/20議事録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月19日

3/16議事録

はい、ご無沙汰。企画のミーティングを久方ぶりにやりました。

まっつんともこの前話して、原点に立ち返ろうと思いました。
ムダに人数を増やさず・・・。
やりたいことはなんなのか。


英語を学んでいるときには、どうしてもspeaking listeningの練習としてペアを作って会話したりすることが多くあります。


そこで、思ったんです。
こんなに話題があるものかと。


普段喋らないようなことも話題になると考えざるを得ません。
人生観だとか夢だとか将来だとか愛だとか犬が好きか猫が好きかとか。


そんでもって日本ではこんなことも友達と喋ってないんだなぁと感じたのです。



だから!!

そこに立ち返って話してみることにしました。
夢とか人生観、今の自分を創っているもの。

それを掘り下げるとはすなわち自分の潜在的にやりたいところに行き着くんです。(就活の自己分析に似てたりするのかな)
(結果的に「なにかをやらせるには他のなにかをやらせろ」っていうランディ・パウシュのいう頭のフェイントです。」



友達に価値を置いたり、周りの人だったり、笑顔だったり、自信だったり、ポジティブ思考だったり、真実を伝えることだったり、知らせることだったり、権威欲だったり、人と違うことだったり。。。


それを形にするのはまだ時間がかかりそうですが、ちょっとでも進んでいけたらと思います。


時間よりも回数。
一人の賢者のより百人のふつうの人のほうが賢い。
量は質を超えられる。


そんな原点にも立ち返ったのでした。



とはいえ、3月中にめどが立たない場合は企画は行わないことにしたいと思います。
その場合はSTOMPに本気で取り組みたいと思います。
STOMPサークル立ち上げ。


その場合は、いっしょにやりましょう。(笑)


議事録


SN3C0046.jpgSN3C0045.jpg

すべての議事録写真




タグ:企画
posted by ゆっぽん at 12:23 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 企画 はてなブックマーク - 3/16議事録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月17日

といっく・・・とえっく?

先週の日曜日にTOEIC受けてきました。

約1ヶ月前に話した、留学前と留学後の変化?成長をみるためにです。


正直に言いますけど、前回は渡航後に結果を知りました。

得点は・・・・・・・・565点くらい。
はい、僕はそんなたいそうな人物じゃございません。精進します。
なんでこんなことまで言うかって言うと、(傍目に)たいしたことないやつが起こすことをしっかり伝えたいからなんだば。そりゃ僕だってこんな成績かくしたいわさ(笑)
ほとんど誰しも最初から天才なわけじゃない。でもだからってあきらめるわけじゃない。
僕は最初からできる子じゃない。

って、そうやってもがいてる人がいることが誰かの励みにならないかなぁと思うわけ。(なんて自分に言い訳みたいに聞こえてしまうかもだが)
等身大が人を元気にさせられないかなぁ。
そして、これを通して人生捨てたもんじゃないって感じてくれたら、もう奇跡です。(笑)




はい、そして前回のTOEIC。


留学前よりかはしっかり聞き取りやすかったです。何げに自分でびっくりしました。3週間は短いからあんまり期待していなかったのに・・・・・笑)
というか時間内に終わらせることができて良かった。(笑)(リアルにTOEIC用の勉強は一切してませんよ、問題集とかね。洋楽とかは聞いてたが:-))


とまぁちょっと手応えがあったから書き込んだんですけどね。
これで低かったらそれこそ笑い者だな^^;

でもそれでも、胸は張らないといかんのよね。恥ずかしいことじゃない。



といって30日後の結果を待つのでした。
タグ:英語 TOEIC 勉強
posted by ゆっぽん at 01:09 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - といっく・・・とえっく? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月15日

why2

先日の「化粧品売り場ははなぜデパートの入り口か?」の問いに対して答え(らしきもの)を発見したので、載せておきたいと思う。


・華やかさ
・デパートの主なターゲットは女性(購買意欲を増すため)
・繁盛しているように見える
・匂いが籠もりやすい。(換気のため。同様に食品は地下一階)
・デパート一階はメインで集客を狙うため。
・化粧品売り場は化粧品会社の店員のためデパートも人件費がいらない。

っていうのが主らしいですね。

参考:Yahoo!知恵袋〜デパートの一階に、ほぼ必ず化粧品売場があるのはなぜですか?〜



そして、ここでまた疑問をあげたいと思う。
海外のマックで思ったのだが、日本のマックは何故に
ドリンクの“氷がクラッシュアイス”なんだろう?
あっちでは普通に大きい氷なのに・・・。

テキトーな仮説
・日本のマックは氷まで食べさせようとしている。
・クラッシュのほうが量をごまかしやすい。
・氷の量を調節しやすく経済的に良い。
・伝統的に・・・。


またわかったらUpしたいと思います。
タグ:疑問 日常
posted by ゆっぽん at 18:32 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - why2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月12日

why

素朴な疑問を書いてゆきます。


なぜデパート(お店)の出入り口に近いところは、化粧品売り場なんだろう??



どこかで聞いた気がするのだが忘れてしまった。
換気させるためだっけ・・・・?
タグ:疑問 日常
posted by ゆっぽん at 23:16 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - why | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月09日

No one has a right to laugh at the earnest.

久しぶりに日本語で書きます。先日のまとめの意訳(抜粋)です。
(そして補足です)


この記事がどこかの(留学とか考えている)だれかの役に立ちますよう。



ニューヨークは、思ったよりも危険ではない。
といってもなめないでください。ルームメイトはしばかれてました。
服装と時間帯と場所によります。
夜に華美な格好でハーレムなんて歩かないように。

僕は平日(水)空港に行くのに朝4時くらいに地下鉄乗らなきゃいけなかったんですが、意外と人がいて(黒人だけじゃなく)普通に乗車できました。


あなたがすべきこと

楽しむ。(たとえ、何をいつどこでどんな風にやっていても楽しむことはできる)
たとえ一人でも観光とか街歩きをして楽しむこと
人に感謝。
国の文化を知ること。


必要のないこと

恐れること。
先入観。(けれどもステレオタイプとかは話題になりやすい)
日本語。(本当に英語を喋れるようになりたいなら日本語を読まない、聞かない、話さない)



私意見

人間、国が変わっても人はあまり変わりません。まぁブラジリアンとかはクラブとか大好きみたいな感じでしたけど(笑)中にはしっかりシャイな外国人もいます。日本人だけがdon't be shyじゃないってこと。

性格は英語喋るからってやっぱり変わらない。僕は元からそこまで喋る性格ではないので、喋らないでいたこともしばしばなんだけどそしたら英語が上達しないっていう悪循環。(笑)無理に喋る必要はなくて、喋れるタイミングを見て自然に喋ればいいのよねん。

あっちの人たちは(トロント、ニューヨーク)thank youとyou're welcomeをかなり頻繁に何事もないように使います。ドアを次の人のためにちょっと長くあけておいてあげるとかするとすぐに聞こえてきます。僕は時たまyou're welcomeのタイミングがうまくとれなかったのですが(笑)でも、気持ち良いことだと思う。日本もそんな気軽な会話ができればいいのに、と思った。

日本人は極端に走りたがらない。あっちの携帯ってめちゃめちゃ小さいんですけど、日本のって折りたたみで大きいでしょ?こっちも最新の技術は持っていると思うんだけど、そこまで極端にいくことに美学を感じないんだろうなと思いました。何事も8割ぐらいを好む傾向がある気がする。

英語ってまどろっこしい。いちいち主語は何や副詞は・・・って考えなきゃいけない・・・。異様に文章長くなるし・・・(笑)まぁそれは日本語にルールを気にしないほどに慣れているから感じるのかな。

返答とか会話は、自分の常識と経験によるところが大きい。ブログでも書いたように、ファーストフードでも何を聞かれるか大体わかっていればすべてを聞き取れなくても何を言っているかはわかる。(経験)また、その時々の状況で聞かれそうなことを予想できてれば柔軟に対応できることもある。(常識)


気にかけてくださった皆様。本当にありがとうございました。
昨日書きかけた記事
posted by ゆっぽん at 22:01 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - No one has a right to laugh at the earnest. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

For going abroad (to study)

This may be the last article written in English.
I'd make it end.


I hope it be useful for someone going abroad about not only studying and traveling.


I should have brought...
・muffler

I didn't need
・other shoes.(three weeks was short)


I was happy to have...
・a guide book.
・a pair of slippers.
・a paper written the places address and number I'd stay.(especially when I was going to U.S.A)
・(IPod)
・dictionary.(English-English is desirable)
・something for laundry like washing-up liquid.


Toronto is...
・not so big city.(you can see around by walking)
・a little bit dirty.
・relatively safe city.


Everything is huge...
Danger depends on time, clothing you wear...
You don't have to worry about safety so much in early morning subway...
in N.Y.


You shoud...
enjoy everything.(you can enjoy whatever, wherever, whenever and however you are(do))
go anywhere you wanna see even by yourself.
thank anyone who supports you.
know cultures of countries.


You don't need
to be afraid.
a preconception to everything.(but sometimes, it could be a topic)
any Japanese.(if you really want to be able to speak English)


In my opinion,
people are not so different from us. Of course, some people are shy as Japanese.
if though we speak English, we can't chage our each character easily.
Japan is sooo clean.
western often say "Thank you", "you're welcome" and "have a nice 〜" more than Japanese.(Japanese rarely say that.)
Japanese seems reluctant to go extreme.(e.g. tiny cell phone)
it's important to have experiences and knowledge.
How you can answer(react) is dependent on your experience and common sense.


Though it was just three weeks, I can do something for you.
Please, feel free to ask me.




I'll write it again in Japanese.


Thank you so much.
That's all for my studying in Canada and America.
I must start walikng again.

posted by ゆっぽん at 14:29 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 留学 はてなブックマーク - For going abroad (to study) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月07日

What you wanna do is what you can do

This article was wtitten on 28th Feburary, the final day of my studying abroad. I wrote everything I felt in Canada.

_______________________________________________________________

The last day.

I took many pictures with my friends, teachers, host mother and housemate.

I can't say that it was either short nor long and everything was enjoyable.


But

It's certain that I lived in Toronto 3 weeks.
It's true that I had a very good time and experiences.


I wrote many things I felt on my blog. I tried to tell just not only for my expression but for encouraging people who read this.


I hope this blog could be encouraging.
I'm also facing a difficulty. The life is not obliged to work out as you'd planned.


But as I felt through the this blog, I'm not alone. There are many people who support me. We are living in a huge chain. Someone must help you even if it was unconcious.

Then, we are growing up with finding weakness. To know weakness is to be strong. You can help other people where already you've known in.
It's a very useful way of thinking when you are in a problem.


Anyway, I'll sum up the experience in English and Japanese in the near future.
I hope it to be something for you.

Thanks a lot.
Thank you very much for reading. Thank everyone who made a comment on my blog.
Thank everyone who send any massege for me.
I really appreciate it.

My 3 weeks gonna end.


Yap, I worry whether I can buy something in N.Y. because my suitcase is full. There is no room for new



Don't be afraid.
What you wanna do is what you can do.
Don't be shy.



P1000596.jpg
タグ:留学 カナダ
posted by ゆっぽん at 11:28 | 東京 ☁ | Comment(5) | TrackBack(0) | 留学 はてなブックマーク - What you wanna do is what you can do | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。