2009年04月27日

STOMP広報活動。

090427_1542~01.jpg


われらが所沢キャンパスの学生掲示板に事務所からの承認もらって貼ってきました。うん。
ちょっとSTOMPのサイトのブログとかぶるけど勘弁。
少しの間はこちらでもささやかながら広報させていただきたい・・・。


そんな中、事務所から承認をもらうときちょっと事務員の方が相談しにいった後の
「がんばってくださいね。」の言葉ですごく嬉しくなってしまったのでした。




うん、学生を応援してくださる事務員素敵です。
ってか普通こうあるべきじゃないのか・・・。

なにかといちゃもんつけちゃうとお互いに気持ちよくないですから。


と、mailがくることを待つのでしたー。
タグ:STOMP
posted by ゆっぽん at 23:56 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 企画 はてなブックマーク - STOMP広報活動。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Something seems to happen and STOMP


では、早速STOMPの幕を開けたいと思う。
僕はとりあえずとりあえずの選択をしているのかも知れない。
それでも、動かないよりかはずっとましなんだ。
そう言い聞かせて。
誰かの楽しい気持ちを1つでも拾えたらきっとそんな疑問にも堂々と答えられるんだろう。
成功できるかな、とかせっかくやるんだからとか、自分で言い出したんだからとか・・・何かにいつも怯えながら、ちょっとずつ頭を抱えながら歩いていこう。うん。


そして、いつ進路が変わっても僕は僕だと堂々としていられるよう。


Bloom in Your Heart ト○タみたいなフレーズだけど、僕は気に入っている。あなたを楽しませたいって気持ちが伝わるから。



こちら

早稲田大学 STOMP! -Bloom in Your Heart-

んでもってこのノンバーバルさで留学生ともいっしょに共創できたら嬉しいな。





と、話は変わって今日起きた出来事。


友人に呼び出され、語り合ったのだけど・・・。
どうも、俺は強調性があまり感じられないらしい。
いつもうーんとか唸ってて硬い雰囲気で、静かで、相手が喋っているだけで、俺は自分からOUTPUTしないヤツなんだそうだ。

(高校で仲良かったヤツとは俺がふざけすぎるくらいなのになぁ。)


もっと、感情を出して欲しいとか
悩みがあるなら言って欲しいとか。

友人だと思ってていいの?とか。




というのもこういうこと言われるのが初めてじゃないから、なんか心にひっかかってきたのだ。

2回目なのだ。


確かに、最近は"何か"したいってだけでナニカが決まらず、フラストレーション溜まるってことはあったけど・・・。

まぁ、誰をどこまで頼って良いのかって考えるときもあるけど。
結局誰も頼れない。(たまに相談とかしますけどね!)
結局は「何かやろう」って言っても「よっしゃ何かやってやろうぜ!」って目を輝かせる人なんてそうそういたもんじゃないだろう。(俺はいつもそっち側に立っていたいのだが)



特に自分の趣味(?)で人を巻き込もうとするときなんて、相手の時間とか、他にもやりたいことあるんじゃないかって気を使ってしまってやっぱり何にも頼めない。自分が言い出したから自分でやるしかない根性なのだ。
でもそれが悪いとは思ってこなかったし、自分でやらない限り人が動くってことはない。まず自分が動かなきゃっという考えがそうさせているんだ。いつか頑張っていれば力になってくれる人が現れるって信じながら。



だから・・・つまり・・・友達ってなんなんだ?


こんなの小学校で浮かんだ疑問だ。
相互に友達だと思って初めて友達。ならば相手の気持ちなんてわからないから自分に友達なんているかどうかわからない。ってのが小学生のときから持ってる考え。


第一、友達だと思っているからなんなんだろう。(別に友人の言葉に反論するわけじゃないので、勝手な僕の思考です)

なにか、変わるんかね。
「ともだちってそうなるもんじゃねーだろ」ってケンジのセリフが浮かんでくる。

助けてあげたい。とか、力になりたいとか思うんだろうか。
僕は進んで声をかけることは少ないが・・・。伸ばしてきた手を拒むことはしない。まぁそれは友達に限らずかも知れんが。




友達だから相談してよっ!!っていうのは「ともだち」のエゴなんだろうか。

もっとさらけ出しなよ!!って何を伝えればいいんだ?

さらけ出さないのが自分なのか?


だとしたら自分ってなんだ?
(自分探しから帰って来れなくなりそう(笑))



(余談ですが、たまにTVとかで素直に嬉しいとか驚いたとかリアクションとれてる方を見て、こんな風に素直(顔に表せて)リアクションできていいなぁ・・・と思うことがある)
僕は大抵のこと驚かないんだよね。ほとんど想定の範囲内だから・・・。
そんなことあってもいいじゃーんって思っちゃう。




っとまぁ考えのままにつらつらしてきたけど
なんか、さらけださないのもお互い様な気がする。
「〜やりたいんだよねー。」なんて言って過ごしているだけで、本当に行動に移したことあるんかい。こういう経験があってこういう事考えてみたんだけどとか自ら僕に言ってくれる人がいたかい。
本気になるってそういうことだ。自分を出すってことも。

ってかさらけだすってなんだ!?
自分じゃない自分と自分である自分がいるんかい。



どっちかがいやだとしてもそれはどっちも愛すべき自分なんじゃないのか。(ブッタとシッタカブッタより)


あぁ堂々巡ってます。



夜も遅いのでまた今度。
明日は1限!


タグ:STOMP 日常 反省
posted by ゆっぽん at 01:31 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - Something seems to happen and STOMP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月26日

早稲田大学 STOMP!

さて、最近は
下駄っぱーずの音源を(勝手に)作ったり
STOMPのHPやチラシを(独りで)作ったりと大変でしたが・・・


STOMPのHP、ビラが完成間近です。というか昨日午前5時くらいまでやったおかげでどうにか形にはなっております。
今のところこの作業を一人っていうのがなんとも泣き出したくなりますが・・・(笑)


今日中には正式発表できるかと思います。
というのももうアップもされてるし、アドレス打てば行けるんですが、ちょっと、もう一歩待ってからにしたいなと思って・・・。
立て続けの作業なので一度俯瞰したいなと。


blogもbloggerで借りました。


そのタイトルは






-Bloom in Your Heart- 早稲田大学 STOMP! 公式blog

なんですね。
前に「花は観手に咲く」なんて申し上げましたが、それをそのままモットーにして使いたいなと・・・。なんかしっくりきた英訳も浮かんだことだし。(関係者様、勝手にごめんね)
自己満足だけではなくお客さんの心にも花を咲かせられる団体
そして、お客さん側に立っても興味を持てる存在でいつもあり続けようという願いを込めました。



ちょっと今急ぎなのでここまでですが、すぐにまた連絡したいと思います。


これから早稲田を食べにいきますよーーー。(笑)
タグ:STOMP
posted by ゆっぽん at 16:54 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 企画 はてなブックマーク - 早稲田大学 STOMP! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月24日

畢竟、独学に勝るものなし

漫勉より


“今、世の中ではこういうものが受けるから”というんで作るのではなく、
“今、世の中にこういうものないな“という無風状態のところに石を投げ込んで、波風をたてるのが好きですね。


「シリアスは素人でもできるるけど、コメディはプロじゃないと作れない。」
誰か偉い人の言葉だっけ?うまいこと言いますね。
なんだかんだ言ったって自分はいつもコメディを作ってるつもりなんです。
必死に頭を抱えて人を笑わせようとする。


浦沢直樹



タイトルと合ってないとか言わないよーに(笑)




浦沢さんという人は、まず書きたいシーンが浮かんでそれからその前後の話を考えるらしい。


これは(NHKスペシャルで見たが)宮崎駿と同じ考えである。


どうやったらそのシーンに辿り着けるか。



また、「よくこの漫画の意味(メッセージ)は?」とか聞かれるがそんなものはないと答えており、読者の中にそれが自然とできてきてそれが自然と答えになればいい。という感じの話もあった。


これもちょと(一部のめちゃめちゃ深読みをするファンがいる)駿さんに似た感じがする。




つまり、なんか書きたいシーンを書いている浦沢さんや駿さんがいてそれを観て満足して(深読みなんかしちゃったりして)いる僕らがいるってことだけで十分な気がする。


それだけで楽しませていることができていると言ってもいいだろうし。


20世紀少年もヒーローになりたい、だったり、へなちょこなやつが成長していくだったり、ともだちってこうゆうこと起こったら楽しくない?!とかだったりっていうのが詰まった話だったのかなぁ。

(他の浦沢さんの漫画を読んでない俺がいうのも…(笑))


だから作者本人が途中伏線だらけで訳わかんなくなったっていう話もあるし。


だから、20世紀少年とはかなり浦沢さんらしい作品なんじゃないかなーと思いました。


通じてるかな?(笑)



ってこんなこと考えている俺ももう浦沢マジックに掛かってるんですかね。(笑)


関連blog記事
20世紀少年

ヒトコト
結局どんな勉強したかとかどんな大学行ったかとかじゃなくて自分のプライベートな時間を何に費やしたかが本質で、その点において、独学に勝るものはない。
posted by ゆっぽん at 13:22 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 畢竟、独学に勝るものなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月23日

Bloom in audience



花は観手に咲く





能楽の世阿弥の言葉らしいですね。
たまたま本を読んで出会いました。




舞台とか公演(ひいては日常でも)についてなんですが




花、心の花が咲くつまり感動するということは、感動させるものがパフォーマンスする側にあるのではなく、観衆側、見ている人のなかにあるということです。


何千、何万回同じことをしていても感動する人としない人がいるのはつまり観手が違うから。


ということ。




パフォーマンスする側としたら、観衆の心に届くように精一杯やらないといけないということだし、


観衆側としてもいろいろなことに素直に感動できる心の豊かさと好奇心が必要なんですね。




花を咲かせましょう。



ヒトコト
Newton 5月号 面白すぎです。

「『時間』とは何か」


僕としてはかなり興味深い分野です。

こーゆーこと考えるのかなり好きです。

宇宙についても…。果てってなんだ?無ってなんだ?とかね…(笑)


生まれ変わったら物理学者もいいなー(笑)
posted by ゆっぽん at 12:45 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - Bloom in audience | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月20日

楽しむし楽しませるし

090420_0021~01.jpg

はい、STOMP!


興味でたあなた。
一緒にやりましょう!


リズムは人間の本能!
リズムに乗ればいやなことだって忘れるさ!



どーんどかどっどか

楽しむそして楽しませる。













ヒトコト
世界全体の幸福にならないうちは個人の幸福はありえない。

宮澤賢治



胸に刻んでおこうと思います。
posted by ゆっぽん at 00:33 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 楽しむし楽しませるし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

add


はい、お気づきの通りちょっとブログがリニューアル(?)しました。


読書メーターなるものを加えさせていただきました。

読んだ本、最近読んでいる本、などを記録していけるんですね。


実際、Amazonのウィジットを使おうかどうか悩んだのですが(あっちだともしかしたら紹介料も手に入るかもなので)、デザインと使い勝手の良さでコチラ一本にしようと思いました。

なにせ毎日触れるかも知れないものなので手続きはなるべくシンプルなものに限ります。
と、きっとブログを通して1発で本買う人なんてあんまりいないだろって推測。
僕の場合、気になったとしても後で調べて生協で買いますから(笑)




ステータスを見ると読んだ総数がかなり少ないですが、新しく始めたのでしょうがない。
今までの本をまた登録するのも面倒くさい。(笑)



これから登録していきたいと思いますー。




またOUTPUTできる場が増えて良かったと思います。

タグ:blog 読書
posted by ゆっぽん at 10:48 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - add | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月14日

Hara ni Ochiru

これも英訳しにくい言葉ですね。



先日腹落ちしたことがあったので書いておきます。



(就職を見事に決めた)のすけさんとダヘとアイデア会議(のようなもの)をしていたとき



僕は悩んでおりました。

STOMPでいいのかと。
俺のやりたいことって何だろう。
ってか俺ってなんなんだろう。云々かんぬん。


・・・・・・・・・


・・・・・・・・・



なんか、心のどっかでは人とつながりたい意識はあったし、そういう意味でこの企画でいいのかとか。
もっと、外から見たってわかるような企画の方がいいのかなとか。
これ自己満で終わるんじゃねーの?
結局企画の意味ってなんだろさ?
誰のために?何のためにやってんの?とか・・・・。



でもさ





結局はね







○○をやりたいと思う自分が自分であるわけで
○○をやりたいという自分からは逃げられないんです。

結局どんな選択をしても、自分がいるだけなんです。
そしてその選択をしてきたのが自分なのです。
先を見て「こうなりたい」なんてことより、今までの選択のほうがより自分を表しています。
根幹を見れば同じ。STOMPにしても、別の違う人とつながる企画(仮にA案としましょう)にしても例え自分で新たに始めずとも既存の団体に入ったとしても、俺がやる限り、それは俺のやり方であって俺らしいんです。



だから
STOMPでもA案でも同じ理由で俺は動くことでしょう。
(人を楽しませたいだったり新しい人と1つの目標を持ちたいとか)
だったら結局何やってもいいんです。
いかにメッセージを込められるか。



別に誰に褒められるために俺の人生あるわけじゃないんですよ。
(誰かが認めてくれればいいわけで)


やらなきゃいけないことなんてないんすよ。(りんくんのから又聞き)



STOMPだってまぁそこまで渇望しているかと言われればそうでもないんですよ。やらなくたって早稲田で就活に向けて平穏無事に暮らしていけるんですよ。






でも、それは簡単なんです。
そして、俺は少なくともそんな生活望んでいないんです。




だから、この心の向くほうに任せてみたいと思ったのです。


小野梓みたいな空間で、薄暗くして照明たいて音のリズムを繰り出したらそりゃあもう、俺のテンションは上がるし、観客から見てもかっこいいと思えるものになるのは間違いないんです。



そして、もう動くしかないんです。
行動から考えるほうにシフトしていきたいと思います。



下駄、WIF(仮)、STOMPに手を出しつつ並行して全てをやりきるキャパを見せないと3年生やってられんのですよ。


授業とか就職活動とかバイトとかで怯えてる場合じゃないんですよ。
かといって逃げないですよ。全部やるんです。全部。本だって読むし。商学部の読書室にこもるし。自己分析だってするんです。出席だってするんです。


4月病患者です。

解放だ。カイホウダ。


一回楽しいことやりましょうよ。自分から。



STOMP出演者。絶賛募集中
タグ:日常
posted by ゆっぽん at 23:31 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - Hara ni Ochiru | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アタリマエ



思うんだけどさー







例えば、



意識して言う「ありがとう」



無意識に言う「ありがとう」



はどっちが感謝してるんだろう。
(まぁ結果どっちもしてるけど)






親に感謝しなさいって言われて



そんなん当たり前やん



って思うのと




あー親ってありがたいなー感謝しなきゃ



だとどっちが親のありがたさにより気づいてるんでしょうか。





っていうのは高校くらいから感じていて、最近アフォーダンスの概念を知ったので再燃したのでした。



アフォーダンスとは、デザインとか形状から(説明を受けずとも)これはこうやって使うんだなと思う概念です。(「スイッチ=押すもの」みたいな)








なんだってそうじゃんなんて思いながらそれを無意識に利用しているのと(まぁデザイン側はそれを意図してるんですが)




いやーコレ作った人凄いなーと意識して利用する



のじゃあ、どっちがアフォーダンスを理解してるんかね??




謎。





ヒトコト
結局、自分は自分からは逃げられない。(これはまた次の記事で)
posted by ゆっぽん at 11:07 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - アタリマエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

Why3 マクドナルドさんより

以前、Why2という記事の中で、
「日本のマクドナルドのドリンクは、なぜクラッシュアイスを使用しているのか?」
という疑問が浮かんだことに関して。

マクドナルドさんのHPからメールにて質問したところ、回答が返ってきたので、転載とはいかないが一応要旨を説明してみたいと思う。



・各国のマクドナルドは独立した会社であるため、他国の状況はわかりかねるらしい。
・以前までは日本も(カナダ・アメリカと)同じようにブロックアイスをしていたらしい。
・製氷機能の高い機械が開発・導入され、現在のクラッシュアイスとなったそうだ。


まず、こんな質問に答えてくださったマクドナルドさんに感謝。m(_ _)m ありがとうございます。^^


(ぶっちゃけこれは直接的な回答になっていないのだが・・・(笑))
しかし、つまりここから考えられるに・・・

・クラッシュタイプの氷は日本の考えであること。
・クラッシュであるほうが開発技術が必要である。
ということは、

コスト面はどっちもどっちなのかなぁ・・・。

顧客満足面だと・・・クラッシュなのかな?飲みやすいし。氷が水に接する表面積が大きいほうが良く冷えそう(な気がする)

従業員から見ると・・・クラッシュのが扱いやすい・・???まぁ前回触れたみたいに細かい調節がきくし、すぐなくならなそうだから良いのか・・・???


とまぁ、よくわからない仮説ばっかり立てての推察でしたー。(笑)


知ってる方、マクドナルドの店長さん(?)知っていたらどうぞ教えてください。




ヒトコト
今日から走り始めることにしました。気胸もさることながら、体には気をつけて。高校卒業して以来走るのをやめて2年。ようやく、体力のなさに気づき始めました。(笑)とまぁ生活リズムと自己決定意識(自分が決めてやるんだ!っていう意識(勝手に命名))を持つためにはじめるのです!



タグ:疑問 日常
posted by ゆっぽん at 23:01 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - Why3 マクドナルドさんより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月11日

game theory

最近のブーム(?)は早稲田の図書館での興味ありそな分野の本を読み漁ることです。



んー。今まで手の出せなかった分野もいろいろ読んで吸収していきたいですな。


中でも今回はたまたま友達の伝でもぐった国教の授業でゲーム理論(いわずもがなみなさん知ってるかもですが)に出会ったのでそれに関する(やさしい)本を読みました。



こんなに熱中した3時間は久しぶりです。(先週金曜の話)




これを、しっかり吸収するにはどうしたら良いか・・・。
本で読んだのですが、確かな割合がわからずネットで再検索・・・


【記憶の定着度】
読む10%
聞く20%
見る30%
デモンストレーションを観る50%
グループで仕事する70%
実際に他人に教える90%

だ、そうです。


うん。これは90%へ賭けるしかない。(笑)
というわけで、マインドマップを公開してみますが【これが正しいという保証はなく、ご覧になる方にとって有益になるかは謎です。】少なくとも僕はこうやって理解していってますよ、ってことです。あしからず。(間違いがあれば遠慮なくご指摘ください)



そしてまた、セレンディピティになればいいなと思いつつ、誰かとつながる、新しい世界を知る機会になれば。


というわけで以下。(完結してはいないので後日また再開する予定です)


Game theory1.jpg

Game theory2.jpg

Game theory3.jpg




次回は【マックからの返事】(予定)を書きたいと思います。


ヒトコト
もう想いがどうのこうのとか、自分を奮い立たせるだとか、自己啓発系からはちょっと卒業して、いかに本当に【行動】できるかが大事なのです。ぐだぐだ言ってもしょうがないです。(自己啓発時期があったから言えることなんだろうなぁ)
posted by ゆっぽん at 22:52 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - game theory | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TOEIC

書きたいことはいっぱいあるんだが、1記事1topicのほうが見やすいので後に書きます。(どうせ日をまたいでしまったので記事が重なりそうだが)


【TOEIC 過去の関連記事】


といっく・・・とえっく?
TOEIC受験直後



はい、TOEIC第145回の結果が返ってきました。

結果から言います。結果以外言うこともないけど




760点でした。


565→760点



約200点UP!!やったーって手放しで喜んで良いのかよくわからないが
まだまだ上はいるわけで(身近に900点台保持者がいるわけで)


今回の問題がたまたま解きやすかっただけかもしれない・・・ってかなんかそう感じる。(笑)



けれどもまぁ、嬉しいことは嬉しい。




洋楽はほぼ毎日聴けるようになったし(ってか良いと思える機会が増えたので英語目的ではなく普通に楽しめます)

iPodに英語のvideoを入れて満員電車でも楽しめる(全ては残念ながら聞き取れない)


との2つは継続というかenjoy中であるので、良い兆候です。



英語を勉強だと思わなくなること、好きになること、ができてくるとやっぱり違ってくるなぁと感じます。





けれどもなぜか日本で英語を聞くと上手く聞き取れないことが多々あるのでした。

(環境も耳や脳に影響を与えている)
日本語に埋もれた日本で英語を話すのは僕にとっては少し困難で、こっぱずかしくて、必要もないと思っちゃうのです。


こんなやつは留学先で喋ってこいって感じですね。



うん、励みになったスコアなのでした。


ありがとうございます。
タグ:TOEIC 英語 勉強
posted by ゆっぽん at 01:42 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 はてなブックマーク - TOEIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月09日

you know..




あれをして良かったとか悪かったとかは今、現在の時間軸じゃあわからないんだ。ただ現象があるだけ。


それを未来の時間軸から見たときに初めてあぁ良かったなとか悪かったなと【自分が】評価できるんだ。






つまり、どういうことかわかるね?










「行動しない」というのが一番の過ちでありうるということなんだよ。






思い付いたコト

・早大イケメン・かわいい子 スナップショット100


・ブックセンターの人に早大ベストセラーの変遷を聞いて、そこからマーケティング(?)調査


後者はやろう。
posted by ゆっぽん at 17:26 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - you know.. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

ふと




「大好き!」よりも「大嫌い!」の方が愛がこもってる気がする。













いや、Mとかじゃなくて。(笑)
posted by ゆっぽん at 20:34 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - ふと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ASEAN

今日は火曜2,3限が見事に選外になったため(というかおかげで)

3限・本部キャンパスの【人材育成学】にもぐることにした。
(正規で授業とっている方、空間をちょっとばかし拝借してごめんなさい)

てっちゅう君と一緒に。



しかし、着いた時間はすでに満員の教室・・・。

意を決して(雪舟の度胸もあり(笑))、教壇のド真ん前に座って授業を聴くことにした。内心ドキドキです。(もぐるぞーといっときながらチキン)

・・・・








・・・







内容は、充実しておりました。としかここでは言いませんがより具体化してきたら、文章にして書いていきたいと思います。


もぐれます。全然大丈夫です。許可も取りました。(笑)





さてさて、その授業での一説

現象をちゃんと捉えるのには問題関心がないと現象はただの出来事であり、そしてそれをいかに自分に吸い寄せられるかが問題。
問題関心として捉えるには土台とする、知識情報・仮説理論が必要である。一般常識もない人は物事を上手く捉えられないということ。

例えば、事業を展開する地域の人口がわからないのにマーケティングだけを勉強しても活かせないってこと。(わかるかな?)


そこで・・・・常識問題

(ってか今日新聞読みました?授業の中では3〜4割ぐらいしか読んでなかったです。(僕は残りの残念なほうです(笑))



ASEANとは何カ国加盟しているでしょうか??

中国はASEANでしょうか??




困り者です。わかりませんでした。確証持てませんでした。恥ずかしい・・・・。
一般常識の本を買おうかなと思いました。近いうち買います。

というわけです。


勉強しなきゃね。

P1010280.jpg


ヒトコト
ノートはマインドマップな感じでとることにした。
これから可能な限りこんな授業のOUTPUTを残していきたいです。
誰かの何かのお役に立てれば!!


では、コチラ(以下 Wikipediaより転載・・・・なにも言うな。)


現在の加盟国は以下の通りで、ASEAN10とも呼ばれる。

1967年8月8日加盟(結成時)

インドネシア
シンガポール
タイ
フィリピン
マレーシア
1984年1月8日加盟

ブルネイ
1995年7月28日加盟

ベトナム
1997年7月23日加盟

ミャンマー
ラオス
1999年4月30日加盟

カンボジア
他に、オブザーバー・ステータスを持つ国として パプアニューギニアがある。


加盟国別人口(2005年)
順位 国名 人口
1 インドネシア 2億3,845万人
2 フィリピン 8,785万人
3 ベトナム 8,423万人
4 タイ 6,486万人
5 ミャンマー (2002年)5,430万人
6 マレーシア 2,613万人
7 カンボジア 1,380万人
8 ラオス 560万人
9 シンガポール 435万人
10 ブルネイ 35万人


東ティモール92万人
モルディブ29万人
他の経済圏との比較(2005年)

加盟国数 地域・国名  人口   GDP値     一人当りGDP値
10   ASEAN   5.50億人   8,619億USドル  1,079USドル
3   北米自由貿易協定(NAFTA) 4.3億人 14兆USドル 32,558USドル
27   欧州連合(EU) 4.56億人   13兆USドル  28,509USドル
6   メルコスール   2.5億人   1兆USドル   4,000USドル
×   中華人民共和国  13.08億人  2.3兆USドル  1,702USドル
×   インド    11.3億人    8,002億USドル  678USドル

値は2005年時点のもの。GDPは変動為替ベース。
タグ:授業 常識 日常
posted by ゆっぽん at 00:44 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - ASEAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月07日

月曜5限



に、企業実務論取りました。


始めに、教員の紹介があったのだが…

石渡さんという方で、早大法学部出身であるがマーケティングに興味を持ち、コンサルをやっているそうだ。


「1年の時に早々に自分には弁護士とか法律について才能がないとわかった。それからは2、3年生ぷらぷらしており、3年の時に10ヶ月アメリカに渡る。アメリカにいるときに大学でマーケティング、会社経営の面白さと出会い、アメリカの大学院を目指そうとするも、一流ドコには入れないなら仕事できないぞ、とたまたま友だちの伝からアドバイスを受け、日本のコンサル会社に運良く入社うんぬん…………」




これって、ひっかかるのどこだと思います?











2、3年生ぷらぷらして3年生でアメリカに渡るってとこです。



んな、ぷらぷら過ごして3年次にアメリカ留学しようと思う人がどれだけいるんですか??


早稲田じゃ常識ですか?



後のラッキーは十分わかるんだけど、最初の意志が不明だ。



思うんだが、いわゆる成功者(お金を持っていて精神的にも豊かな人ってことにしておきます。)って

こういう部分が曖昧な事が多い気がする。


何が自分を導いたのか。




そこ大事やないすか。





意識してないのか、当たり前だと思ってんのか、隠しているのか知らないが。


僕らが知りたいのは、成功話じゃなくて、失敗話です。どんな劣等感(とは限らないが)が動かしたのか、どれだけの想いでやったのかじゃないすか。




シンデレラはただ綺麗だから王子様とくっつくことができた訳じゃないでしょ。舞踏会で踊りたいと【思った】からに違いない。そこから運命は開けたんだ。




だから俺は成功してもこうやって等身大に記録を残しながら、身近な人を応援していきたいのです。





ヒトコト
大隈塾にはもぐれない。

英語で映画を観るとなんだが大事な部分を聞き漏らしている気がしてならない。
posted by ゆっぽん at 08:09 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 月曜5限 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月03日

Welcome to Waseda

なんて、書いてみて先輩気取ってみただけ。


このblog読んでいる新入生・・・・なんてさすがにいないだろうか。


今日は、決死の想いで親知らずを抜歯し、決死の想いで新歓の様子を見に行きました。

後悔するな と思ったからです。


あぁ歯が痛い・・・。親知らずを抜く痛みを知れました。
気胸も合わせてなんか体がやられ気味です(笑)


とはいえ新歓!!


相変わらず、新入生の冷たい風・・・はしょうがない。
でも、いろんなところに顔出してみたほうが良さすですよ。

興味があれば・・・下駄っぱーずとか踊り侍とかWIFとか(っと所属してきた団体(笑))
自分のやることに誇りと目的をもってくださいな。


早稲田の人はただ知り合いになるだけでも楽しいと思うので、新歓で声をかけられてもうざがらずに、この人は自分に何をもたらしてくれるだろうか。って思うといろいろ興味を持って話せる・・・はず(笑)


1年とき生協で話しかけられてアドレスなぜかもらってたもん・・・
残念ながら男子からだけど。



というわけで、幸あれ!(僕のほうにいつでも連絡かまわないっす)
(なんのかは謎ですが(笑))




ヒトコト

「世の中にこんなにかわいい子がいっぱいいるとかって思うときあるけどそれと同時にイケメンもいっぱいいるからさして関係ない。」
タグ:新歓
posted by ゆっぽん at 17:50 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - Welcome to Waseda | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月02日

Radius

半径3m以内に大切なものはぜんぶある。


そんなことを宮崎駿さんは言ってるらしいですが。


今日の僕は、朝起きてから半径10mも動いていないですね。
どうやら大切なものに囲まれて1日過ごしたみたいです。(笑)


まぁ安静にしなきゃいけないんだけどさ。

本読もうってしても、家だとどうも読むポジションがなくて・・・。
いつも通学の電車内だけなので・・・。集中できず。(唯一トイレぐらいかな・・・でも長くても10分ぐらいっしょ?(汗))



そんなこんなで、PCに没頭・・・。
下駄っぱーずの次の音源も探すという目的も含めながら、インストの曲を集めてIPodにぶち込み、音楽の世界へ。


そんな中今日の収穫(?)
・Merry Christmas Mr.Lawrence (MAKSIM)
・戦場のメリークリスマス(坂本龍一)
・アシタカせっき(久石譲)
・アシタカとサン(久石譲)
・自由(女子十二楽坊)

一日やってた割には少ないな・・・(笑)

結構インストには興味ある派なんですよね。
久石譲とか好きですし、坂本龍一(はアレぐらいだけど)、
壮大な感じか和のロック的なものなんかが好きですな。うん。


なにかオススメのインストがあったら教えてください。
インストは普通の歌詞のある曲に比べて出会える可能性が低い気がする・・・。第一曲名がわからないとかよくあるし、ぱっと思い出せないし(汗)


というわけでよろしくお願いします。

タグ:日常 病気
posted by ゆっぽん at 18:19 | 東京 ☀ | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - Radius | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月01日

lung

先日、お話した胸の痛み。

どうやら、肺に軽く穴が開いているらしいです。
軽い自然気胸というやつらしい。

気胸-Wikipedia-

ちょっと話し逸れますが、
当たり前のようにインターネットは過信しない方が良いです。

例えば、「気胸」って調べればそれなりにいろいろ症状、原因などなど出てきますが(これにしたって確証はないわけで)、「胸の痛み」だと広すぎて訳わからんです。

−こういう症状は緊急性はない。
−神経系による症状。
−心筋梗塞、狭心症。

んー、PCの画面とにらめっこしたって意味ないんです。
そりゃ、「胸の痛み」なんていう抽象的なものでわかるわけがない。


とにかく病院いってどんなものか知ることが一番です。
確信が持てないものにいつまでも悩んでいても仕方ない。


うぅ、というわけで、本題に戻って

自宅安静・・・・。穴が自然に塞がるのを待つことに。塞がらないorもっと肺がしぼんでしまったら手術の可能性もありますが・・・まぁ多分大丈夫でしょう。
このままでは新歓参加できず・・・。(笑)残念だなぁ。



ともかくこの胸の痛みのおかげで「死」について考えることができたことはありがたいと思う。
なんだか人は死ぬことは意識できると思う。(よほど偶発的で突発的な事故でない限り)
あぁこれ死ぬな・・・。とか。死の感覚がまったく持てないときは死なない。とか。そんな気がする。

意外にフッとした瞬間にそんなことがわかって受け入れられると思うんだ。

やっぱり、僕は生きてまだ20年そこそこだ。
死を考えてみるとそこが一番つらいとこだった。まだこの世に何も残せていない。人の心にも残らないかもしれない。俺はなにもできていない。それが一番悔しいことだった。だからもっと必死にならなくてはと思った。

と同時に生まれながらにして、死を意識していかないといけない人とか、病気とか障害とか持っている人の生きる、ということにも考えが及んだ。たった今、俺は「もっと必死にならなくてはと」と書いたが、ただ生きることがどんなに凄いことかも感じた。
喜び、泣き、笑い、怒り、歩き、走り・・・そんなことが生きている証なのだ。
何かを残さなくてもただ単純になんでもなく笑ったり泣いたりできること、それが生きているということなんだ。そういう意味ではみんな必死に生きているのだ。

そう考えたら、生きてるってことがいやに素晴らしく思えた。


「それでも人生は素晴らしい。」ということか。


タグ:日常 病気
posted by ゆっぽん at 11:49 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - lung | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。