2009年07月30日

もしも早稲田っていう子がいたら何回キスしているかわからない。


ふと頭に浮かんだだけ。



一人で隈前で早稲弁食べてしまった……(笑)




毎日会いに行って、1日一緒に過ごして、一緒にご飯食べて、一緒に飲んで、一緒に寝……はしないか。(笑)


でもこんな恋も4年間だけ。


だから盛り上がるのかな。



早稲田に何かを残したいという気持ちも、自分の遺伝子を残しておきたい気持ちと一緒なのではないだろーか。




今日の早稲田は涼しいです。
posted by ゆっぽん at 20:37 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - もしも早稲田っていう子がいたら何回キスしているかわからない。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

花火より花火を見ている人の顔の方が好きだ


図書館で眠りこけてる人が好きだ。


だんだん周りが夏休みに入っていくとみんなの図書館利用率が減ってくる。


空席も多い。



こんな時こそ、図書館で一人で読書したいと思う。僕は天の邪鬼。
posted by ゆっぽん at 14:19 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 花火より花火を見ている人の顔の方が好きだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月26日

into summer

夏休みには本を50冊〜70冊(最高)読もうと計画中です。
なんか、こういう時期ってもうあまり取れない気がするので、いっぱいinputしておこうと思って、いっぱい読みたいわけです。


今、ざっと気になっている本

テレビで売り上げ100倍にする私の方法
世界は感情で動く
知的複眼思考法
就活のバカヤロー
ネクストソサエティ
プロフェッショナルの原点
日本人の知らない日本語
人を動かす質問力
あたりまえだけどなかなかできない質問のルール
あなたもいままでの10倍速く本が読める


積読している(あるけどまだ読んでない)本

リクルートのDNA
半島を出よ(上下)
竜馬がゆく
ホンモノの思考力


こういうのって大体amazonでレビューを調べてから買うかどうかを決めます。
んで、本は借りないこと。折ったり、マーカーひっぱったり自由に読めないから。



あっ、【リクルートのインターン】募集ですね。(遅い?)
7/31がWEB試験の1次締め切り(ってなんだ?)
8/12が2次締め切りらしいです。

リクナビ通じて申し込んで、WEB試験がくるのを待ちますー。

今回はしっかり考えて提出しないとね!

ってなにコレ?早いほうがいいの?(笑)



【本】でも【就活】でも、まぁ【恋】でも
これ良さげ!ってものがあったら是非教えてくださいなー。(哲学書読んでみようかな・・・危険か・・・?いろんな意味で(笑)(終わらなくなっちゃいそう))
タグ:夏休み
posted by ゆっぽん at 18:15 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - into summer | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月23日

あぁ

と、前回の話は、日記の話ね。


寄り道のエントリーは生産性がなくても好き勝手心に浮かんだことを。




あー、テスト大丈夫かなー、奨学金とかあるから単位以上に余計に不安になるわー。


所キャンの人は男女限らずいい足してんなー。



所キャンの涼しい風が気持ちいいなー。



目の前の芝を滑り落ちたいなー。



好きに論理も道徳も関係ないんです。



こんな人が好きっていくら並べてみても、こういう風に好きになるっていくら考えても、好きになる過程を考えても、なんでも、






好きとは無関係!!(どーん)



タイプをいくら並べてもそれとは反するところはいくらでもあるでしょう。



どういう所がいいの?って質問があるけど……



好きなったらなんだってええやんけー!




いやー、なんかよくわかんないんだけど好きなんだよねー。

が一番な気がするのは僕だけ?




じゃあここでの疑問は何がその人をつくっているかだなぁ。



性格?顔?しぐさ?声?スタイル?ファッション?


なにがなくなったら、その人じゃなくなる??



うーん悩みドコ。
タグ:恋愛 日常
posted by ゆっぽん at 12:38 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - あぁ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

problem progress

mixiは身近だからなんでも書いちゃうけど、こっちはなんだか不特定多数名への発信だから、内容は考えます。

今日がなんだったー、コレ教えてください、的なことをここで言っても意味がないような気がするので。

ここは俺の内面を感じたことをできるだけ外から(僕を知らない人でも)見てもわかりやすいように論理性を考えたいと思いまっす。


さ、ムダにそんなこと言ってかっこつけようとしただけですが・・・。


「問題」について


今現在、様々な問題がある。

地球規模で、国規模で、ご近所規模で、個人規模で・・・・。
貧困とか戦争とか病気とか経済危機とか摩擦とか人間関係とか勉強とか将来とかダイエットとか・・・。


かつて少年サンデーで連載されていた消防士の漫画
「め組の大吾」でこのような一説がある。


「本当にこの世から災害がなくなってしまったら、俺らの存在価値がなくなるんじゃないか。」


災害なんてなくなればいいのに、でも俺らはそこでしか生きることができない、人の不幸の中で生きているんだ。

そんな話でした。



さて、問題があるというのは問題なんでしょうか。

うーん、ちょっと違うな。言いたいことは、問題意識があるうちはそれは問題である。ってこと。



例えば、日本は平和ボケしてるとか言いますけど。
なんで平和ボケできるかと言えば、危険について考えなくて良いからです。
そのことを忘れている。そのときが一番それに満たされた状況ではないでしょうか。



空気吸うことにみんな必死じゃないでしょ?
それがアタリマエだから。

空気を吸うことと同じように日本は平和がアタリマエになってる。




災害のことなんて考えなくていい社会(備えは必要ですけど)
平和について考えなくていい社会(維持は必要ですけど)


だから、平和なんて言葉があんまり使われなくなったらきっと平和っていえるんだろうなー。


同じく、問題のすべてが消え去ったら問題はなくなっちゃうんだなー。(意識されなくなっちゃうんだなー)




ここで大吾と同じように・・・
大吾に限らず、問題がなくなっちゃったら結局みんな生きていかれないんじゃない?




問題があるからこそ、ここはこうしようって思えて働けるんじゃない?

身近な話をすれば。汚くなった部屋があるから掃除しようって思うんじゃない?


世の中に問題(広義的にこうしたいという「欲求」も含まれるかも)があるからこそ、需要と供給がうまれるんすよね。だから仕事になる。


だからさ、問題それ自体があるだけで、ある人が動く理由になって、それが消えたらやっぱりだめなんだよ。(実際、すべて消える(解決)というのは現実的ではないけど)



実は問題は解決しようとするものではなくて、
「問題っていうのは解決するためにある」っていうこと自体が問題の価値なんじゃない?


わかるかな・・・?



大吾に例えると

災害がなくなるのが一番だけど、そうしたら消防士は必要なくなる。
企画で人を幸せにしたいと願うけど、みんな元から笑顔だったらそんなの必要なくなる。



だとしたら、問題ってなに?


悪いもの?



あるからこそ、素晴らしいんじゃない。



なんか全て飲み込んじゃいそう。(笑)




地球規模で問題があるけどさ、その「おかげ」でなにか役に立つと思われる人たちがいるわけで、解決しようとする人たちがいるわけで。
大吾と何も変わらない、問題のおかげで生きられてる人かもしんねーぞ。



実際、問題なくなっちまったら何をするんだい?



それがあるから動けるんでしょう。



うーん、問題はあるから良いんですよねー。なかったら何にも動けない気がするんだよねー。(結論)




僕らは日々何かを解決しようとしている。
でも、解決が本当のgoalではなくて、解決に向かえていることが楽しいのかもしれない。
タグ:問題 日常
posted by ゆっぽん at 00:10 | 東京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - problem progress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月15日

influence

さて、一人暮らしもどきを始めて大体2ヶ月が過ぎようとしています。


洗濯や掃除もどうにかこうにか・・・・。
洗濯の合間に新聞を読みに学校の図書館に行ける幸せ・・・(笑)



最近はテスト期間なので、ちょい早めの時間に家に戻ることが多くなりました。





そこで、料理にも挑戦です。

どうも俺が作ると全てのものがB級料理に見えてくるのは気のせいでしょうか・・・。(笑)




まぁそれは良いとして・・・。




料理、洗濯、掃除・・・いわゆる今まで親に頼っていた部分は














かなり親の影響を受けていると実感します。







生ゴミの処理の仕方とか、洗濯の干し方とか。

親だったらこうしてるなーとか無意識で考えてます。

子供の頃、家事している親の周りもふらふらしていたからかなー。
今、一人で同じことをしている自分がいて、まさしく影響を受けたなと思います。



そうやって親の周りをふらふらしていたことって大事なんだなーと思いました。ただ一人がつまらなかっただけだけど。



そんな小さなことも自分を形作っているんですね。
ってなことも一人にならないとわからなかったことです。



なんだかんだ言って、(マイナスのイメージがない限り)子供の頃に育った環境を求めてしまうのではないでしょうか。
周りの環境が自分の常識になってしまうから。



うん。これでもう俺はひとりで生きているわけじゃないことがわかりました。
いろんな人からいろんな影響を受けていろんなことを学びながら生きている。






だから・・・・・・・特に言うことはないけど・・・・(笑)


家族っていいっすよね!
一人暮らしオススメします(笑)
タグ:日常 影響 環境
posted by ゆっぽん at 23:24 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - influence | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月12日

リンクアンドモチベーション

就活のやり方って、自分の過去を振り返って自分のやってきたことから自分の興味あることのエッセンスを抽出してそれが活かせる会社・業界、それと自分がやりたいことと会社・業界、とのすりあわせをして、それらの会社や業界研究して、いかにしてその会社や業界で自分が役に立つ(というか自己を発揮できる)のか、を考えてそれを論理構造を意識して説得力のある言葉にして伝えれば良いんじゃないかと思うんだけど・・・楽観的ですか?



090712_2011~01.jpg


先日、リンクアンドモチベーション(以下、LM)という会社のセミナーへ参加してきました。

写真:本社は銀座にあります。


でも、迷いました。(笑)





普通(?)の人たちが多かったです。早慶あたりが多かったような気がしますが、お高くとまっているような人はいませんでした。みんな頭良さそうなのに、うん。それが良いと思います。良い雰囲気でした。6人で1つのテーブルを使い、たまにグループワークしたり、自己プレゼンしたりしました。



まず、LMの軽い説明をば。

最初に1年の春くらいにLMの存在をある先輩から聞きました。
「モチベーション」に焦点を当てた会社。
まぁやってることはコンサルからマーケティングやら人事やら幅広いことをやっているみたいです。

ひとりひとりの本気がこの世界を熱くする。


それが、LMの理念です。
わかりやすいし、僕らみたいな学生はいいなーと手放しで思ってしまいがちである。俺もこのフレーズは好きだ。


ひとりひとりが本気になれるように問題を解決するってことですね。
新卒採用でマッチングがうまくいくようにとか、オフィスの空間デザインまでも扱うらしいです。



さて、いつも世界を動かしてきたのは誰かの「本気」である。
LMのCMで市民がベルリンの壁を壊している映像があったんだけど、ああいうことも「本気」で願った人が行動し続けた結果生まれたんだよなぁ。と思った。

そういう想いって素敵だと思うのです。
それを達成して笑いあって歌いあってる場面とか、胸が熱くなるんです。


でも、世界が熱くなったらなんなの?とも言える。
みんなが本気になったらなんなの?と。
まぁそれはまた別の話だね。


最後にスライドを見たんですが、
「誰もが納得する道なんてない」とか正しいとか間違ってるなんてない、自分の道を進め的なメッセージが流れて、なんか早稲田祭とかのエンディングみたいやな(学生が言ってる戯言・・・??)と思いつつ、うん。良いなーと思ってしまったのも事実です。


こーいった、それぞれの道を明るく照らしていく感動できる卒業イベント作りたいなーと思ったのでした。将来へ向かうのは暗いベクトルではなく、それぞれがそれぞれの本気でそれぞれの道に向かっていく様、明るいベクトルをみんなで共有したいな、と思ったのです。前は、こんなの完全に学生だから青くて夢見てただの戯言だと思ってイベントのコンセプトがわからないなと思っていたんだけど、これだけで充分じゃないかと最近思えました。(笑)夢語ったっていいじゃない。学生なんだから。夢見たっていいじゃない。わくわくできるんだから。



はい閑話休題。完全に逸れました。


じゃ会社説明はこんくらいにして、セミナーの内容っすな。

3年でやめる新卒は大体38%です。

なぜこんなにもやめるんでしょうか?









一番多い答えは「ミスマッチング」でしょう。
こんなはずじゃなかった、もっと良い場所があるetc・・・


だから、就活で大切なのは個人と企業をよくマッチさせること。
(セミナー内では相互理解、相思相愛とか言ってましたが)
いやむしろ、就活の意味はそうやって個人と企業をつなげることを言うのです。



では、企業に求めるものとはなんだろう。

ビジョン:ブランド、理念
活動:事業内容、仕事内容
組織:風土、人的資源
待遇:施設、制度

が主なものらしい。(詳しい説明省略)

では、企業が見ているものはなんだろう

それは、どの仕事にも必要な基本スキル。
(中途採用の場合とかこの割合が変わってくる)
要するに知識とか勉強したものじゃなくて、経験からくるスキル

「対人力」とか「対課題力」とか「対自分力」を見ているそうな。
(これは日本特有だよ・・・・ね?)


(詳しくは「社会人基礎力」で検索してみてください。)



で、じゃあその中でもどんな力がどんな経験から身についているんだろうと考えたのが自己プレゼンでした。

まず、自分史の作成をして成長具合を計って、そのときどんな力が身についたか考える作業です。


SN3C0019.jpg
こんな力たち。


自己分析やろうやろうとしててやってないから、いまいちうまくどんな成長したのかわからず、うまく伝えることもできず・・・。



プレゼンで誰も俺に良かったという人がいなくて萎える・・・(笑)


は、まぁ良いとしてもこういうものの練習というか事前にしっかり考えないといけない必要性を感じました。



そうしたら、今度はその伝え方の話になり(プレゼンの仕方)
・コミュニケーションコンセプト(要はなんなの?)
・非言語コミュニケーション(ジェスチャーとか)

が大切らしいっす。

どれだけ伝えようと思っても伝わるのは数%しかないということを自覚して、努力するのが重要っす。


「プレゼンはプレゼント」何を相手に届けるか?
自分が伝えたいことばかり伝えりゃ良いって話じゃないのです。
相手に持って帰ってもらえないとプレゼントになりません。


とまぁそんなことを教えてもらい。
セミナーは終わったのでしたー。


SN3C0052.jpgSN3C0053.jpg

ノート




とまぁとりあえずここまでです。
まずは自分で(他人とでも)自分を考える必要がある気がしました。




意見があればなんでもどうぞ(笑)
就活仲間募集中(笑)
posted by ゆっぽん at 21:02 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 就活 はてなブックマーク - リンクアンドモチベーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月11日

自己分析とか 強みとか

まず、先日書いた(かな?)
「さあ、才能に目覚めよう」という本を買うとできるwebの自己分析みたいなものをやってきた。

就活に役立つ、というかまぁ自分を見つめる意味でも面白いとおもってやったのでした。どちらでもある。っていう選択肢がなくて大変でした。


まず、僕の強みというか特性の上位5つはこれらしい。
最上志向
責任感
着想
ポジティブ
内省



以下、各能力(?)の説明。僕ってこんな人です。

あっ、もしすぐ後にこれをやるって人はあんまり読まないほうがいいかもです。先入観が入ってしまうと答えにくくなってしまいます。


自分だけの特長的な資質
The Gallup Organizationが長年に渡って実施してきた調査によると、仕事を最も効果的に行うのは、自分の強みと行動を理解している人たちです。 このような人たちは、仕事や家庭生活で日々求められていることをやりこなす戦略的な能力に優れています。

自分にどのような知識やスキルがあるかを確かめることによって、基本的な能力はわかりますが、自分の本来の資質に気付き理解することによって、どのような行動を取ることで将来成功を収められられるかがわかります。

「自分だけの特長的な資質」のレポートは、あなたのStrengthsFinderの結果に基づき、上位5つの資質を強い順に並べたものです。 全34項目中、これらの資質があなたの強みの上位5つです。

「自分だけの特長的な資質」は、資質を最大限に活かし、将来の成功につなぐ手がかりとなります。 個々の資質に着目したり全体を概観することで、自分にどのような資質があるかをよく把握することができ、さらにそれらを強みとして成長させ、仕事やプライベートの両面で一貫してよい結果を得ることができます。

最上志向

優秀であること、平均ではなく。これがあなたの基準です。平均以下の何かを平均より少し上に引き上げるには大変な努力を要し、あなたはそこに全く意味を見出しません。平均以上の何かを最高のものに高めるのも、同じように多大な努力を必要としますが、はるかに胸躍ります。自分自身のものか他の人のものかに関わらず、強みはあなたを魅了します。真珠を追い求めるダイバーのように、あなたは強みを示す明らかな徴候を探し求めます。生まれついての優秀さ、飲み込みの速さ、一気に上達した技能――これらがわずかでも見えることは、強みがあるかもしれないことを示す手がかりになります。そして一旦強みを発見すると、あなたはそれを伸ばし、磨きをかけ、優秀さへ高めずにはいられません。あなたは真珠を光り輝くまで磨くのです。このように、この自然に長所を見分ける力は、他の人から人を区別していると見られるかもしれません。あなたはあなたの強みを高く評価してくれる人たちと一緒に過ごすことを選びます。同じように、自分の強みを発見しそれを伸ばしてきたと思われる人たちに惹かれます。あなたは、あなたを型にはめて、弱点を克服させようとする人々を避ける傾向があります。あなたは自分の弱みを嘆きながら人生を送りたくありません。それよりも、持って生まれた天賦の才能を最大限に利用したいと考えます。その方が楽しく、実りも多いのです。そして意外なことに、その方がもっと大変なのです。

責任感

あなたは責任感という資質により、自分がやると言ったことに対しては何でもやり遂げようという強い気持ちを持ちます。それが大きかろうと小さかろうと、あなたは完了するまでそれをやり遂げることに心理的に拘束されます。あなたの良い評判はそこから来ています。もし何かの理由であなたが約束を果たせない時、あなたは相手に対してそれを何らかの形で埋め合わせる方法を無意識に探し始めます。謝罪では十分でありません。言い訳や正当化は問題外です。あなたは埋め合わせが終るまで、生きた心地がしません。このような良心、物事を正しく行うことに対する強迫観念に近い考え、非の打ち所がない倫理観、これらがすべてあいまって「絶対的に信頼できる」という高い評判を生み出すのです。人が新しい責任を誰かに任せる時、まずあなたに目を向けるでしょう。あなたがその責任を必ず果たすことを知っているからです。人々があなたに助けを求めてくるとき――すぐにそうなるでしょうが――あなたは選ぶ目を持たなければなりません。進んで事に当たろうとするあまり、できる範囲以上に仕事を引受けてしまう場合もあるからです。

着想

あなたは着想に魅力を感じます。では、着想とは何でしょうか? 着想とは、ほとんどの出来事を最もうまく説明できる考え方です。あなたは複雑に見える表面の下に、なぜ物事はそうなっているかを説明する、的確で簡潔な考え方を発見すると嬉しくなります。着想とは結びつきです。あなたのような考え方を持つ人は、いつも結びつきを探しています。見た目には共通点のない現象が、何となく繋がりがありそうだと、あなたは好奇心をかき立てられるのです。着想とは、皆がなかなか解決できずにいる日常的な問題に対して、新しい見方をすることです。あなたは誰でも知っている世の中の事柄を取り上げ、それをひっくり返すことに非常に喜びを感じます。それによって人々は、その事柄を、変わっているけれど意外な角度から眺めることができます。あなたはこのような着想すべてが大好きです。なぜなら、それらは深い意味があるからです。なぜなら、それらは目新しいからです。それらは明瞭であり、逆説的であり、奇抜だからです。これらすべての理由で、あなたは新しい着想が生まれるたびに、エネルギーが電流のように走ります。他の人たちはあなたのことを、創造的とか独創的とか、あるいは概念的とか、知的とさえ名付けるかもしれません。おそらく、どれもあてはまるかもしれません。どれもあてはまらないかもしれません。確実なのは、着想はあなたにとってスリルがあるということです。そしてほとんど毎日そうであれば、あなたは幸せなのです。

ポジティブ

あなたは人をよく誉め、すぐに微笑みかけ、どんな状況においても常にポジティブな面を探します。あなたのことを陽気と言う人もいます。あなたのように楽天的になりたいと思う人もいます。しかし、いずれにしても、人々はあなたの周りにいたいと思います。あなたの熱意は人に伝染するので、あなたの近くにいると彼らには世界がより良いもののように見えてくるのです。あなたの活力と楽天性がないと、人は、自分の毎日は同じ事の繰り返しばかりで単調であるとか、最悪の場合、プレッシャーを重く感じてしまいます。あなたは、彼らの気持ちを明るくする方法を必ず見つけます。あなたはどんなプロジェクトにも情熱を吹き込みます。あなたはどんな進歩も祝福します。あなたはどんなことでも、よりエキサイティングで、より生き生きとしたものにする方法をたくさん考え出します。一部の懐疑的な人たちは、あなたの活発さを否定するかもしれませんが、あなたはめったにそれに引きずられることはありません。あなたの積極性がそれを許さないのです。あなたは、生きていることは素晴らしいという信念、仕事は楽しいものにできるという信念、どのような障害があろうと人は決してユーモアの精神を失ってはならないという信念から、どうしても逃れられないのです。

内省

あなたは考えることが好きです。あなたは頭脳活動を好みます。あなたは脳を刺激し、縦横無尽に頭を働かせることが好きです。あなたが頭を働かせている方向は、例えば問題を解こうとしているのかもしれないし、アイデアを考え出そうとしているのかもしれないし、あるいは他の人の感情を理解しようとしているのかもしれません。何に集中しているかは、あなたの他の強みによるでしょう。一方では、頭を働かせている方向は一点に定まっていない可能性もあります。内省という資質は、あなたが何を考えているかというところまで影響するわけではありません。単に、あなたは考えることが好きだということを意味しているだけです。あなたは独りの時間を楽しむ類の人です。なぜなら、独りでいる時間は、黙想し内省するための時間だからです。あなたは内省的です。ある意味で、あなたは自分自身の最良の伴侶です。あなたは自分自身にいろいろな質問を投げ掛け、自分でそれぞれの回答がどうであるかを検討します。この内省という資質により、あなたは実際に行っていることと頭の中で考えて検討したことと比べた時、若干不満を覚えるかもしれません。あるいはこの内省という資質は、その日の出来事や、予定している人との会話などといったような、より現実的な事柄に向かうかもしれません。それがどの方向にあなたを導くにしても、この頭の中でのやりとりはあなたの人生で変わらぬものの一つです。





以上、ここまで。


なかなか役に立ちそうです。

最近STOMPを始めて、自分ってこうだなーと気づくことが多々あるんですが、ポジティブのとこで、「消極的な人を元気付ける役回りも好まない。この人の積極性が活かされるのは、本質的に前向きの姿勢を持つ人が相手のときにかぎる。」っという一文。
これを読む直前に同じことを考えていて、まさしく!!と思いました。

さぁいろいろやりたいこととつなげていきたいと思いますー。


さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

  • 作者: マーカス バッキンガム
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2001/12/01
  • メディア: 単行本









posted by ゆっぽん at 01:11 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 就活 はてなブックマーク - 自己分析とか 強みとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月07日

motivation



今ストンプで人が来ないとかうんぬんかんぬん、うだってますが……。



(ストンプじゃなくても)一回すべて忘れて、うわーっと今までやってきたことを凝縮して、寝食忘れて打ち込みたくなっちゃうような(1つの)ことにみんなで一斉に向かうことができたら、どれだけ楽しいんだろうなー。



それには今まで経緯が違えば違うほど面白い。



今、人が来ないだけに、1つのことにみんなが打ち込む楽しさに飢えます(笑)






それには、共通項を見つけることかなー。




卒業とか?学年とか?興味とか?コンセプトとか?


(そう進んでいくほど母体は小さくなっていく)



絶対打ち込んだら楽しいのに!



合宿とかでもやることなすことすべて、企画できてたら楽しいものができるのに。




やるならやる。やらないならやらない。




そういう性分なんで、うわーっ!とみんなで本気で考えまくって、モノを創りたいんすよね。




そういう環境にいきたい。


でも、天の邪鬼だからなぁー、いったら行ったで冷めたりすんのかなー(笑)



仲間とも同じくらいの温度で進みたいよねー。
熱すぎず、冷めすぎず。


そんな微妙なモチベーションをどうやって生もうかなぁ。
posted by ゆっぽん at 23:58 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - motivation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月02日

東日本のSuica

090702_1602~01.jpg

今日、駅でふと見かけたキャラクター。


(頭に残って落書きしてしまった。)


あっこいつの名前知らないな。



とはいえ何気なく見ていたこいつ…。




はっ





よく見ると




この角度………







目と口で日本地図を表しているのではないか?!(どーん)







だとすれば比較的この45度でいることが多いはず…!(笑)



(おそらく、別な角度も存在しているけど)





そんな意味が込められていたんですね。

(勝手に解釈)



JRさんに聞いてみようかしら。
posted by ゆっぽん at 16:16 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 東日本のSuica | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月01日

就活サイト


就活に追われます。



下駄っぱーずの振り作成もしているのだけど、就活の時間も少しはとっています。もちろんストンプの時間も削れない。


なにかをなおざりにしてしまえば楽なのに・・・。


というのが本音だが、そんなことばっかり言っていられない。
責任があるんだじょ。


才能があるものは「今度はいつできるかな!?わくわく」なんて思いながらやれるものらしいが、ないものは「いつ終わるんだろう?」と思ってしまうらしい。

(さあ、才能(じぶん)に目覚めよう)より


今、後者を考えている自分がいる。ぶっちゃけてしまえば。
何がやりたいのか、そんなことがわからなくなってくる。



責任感だけで動く?そんなのーはいやだ!(アンパンマンみたく)



いやむしろ、こんな状態でもやりきろうと思えることが、才能であって、好きなことをやっている証拠だったり・・・。


まぁよくわかんねーや(笑)


まぁ早いとこ

「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう」
を使って自己分析してみたいと思います。


自己分析するのも億劫になってしまう・・・。



さ、そんな就活の話です。



・就活支援サイトが多すぎます。

リクナビ・マイナビ・みんしゅうetc・・・

多すぎです。どれかにあってどこかにない情報があるんじゃないか!?って思ったらもう不安で夜も眠れません
全部登録したほうがいいのかな!?なんて思っちゃいそうです。

登録するには住所が必要だったりして、個人情報だだ漏れです。
ひどい世の中です。


だから、そろそろ登録をやめます。
と、登録したのは以下のサイトあたり

・リクナビ
・みんしゅう
・jobweb
・ジースタイラス(いや、つてで・・・)
・good find(いや応募がしたくて・・・)
・テレビ朝日(インターン締め切られちゃったけど)





こんなの多く登録したって、情報過多で処理できねぇっす。
毎日メルマガ届いたって、処理できねぇっす。


そういっているうちに、テレビ朝日とか博報堂とかのインターンES締め切りが過ぎてゆきます。早いっす。会社も自分もわからないのにインターン考えられませんよ・・・ね・・・・。



準備しているやつは相当な準備の下やっているんだろうなぁ。
ひどい世の中です。それを、「努力」としちゃうんだったらどんどん就活する時期が早くなってしまう・・・。1年のときからいろいろ考えなきゃいけなくなっちゃう。それは、おかしいよね。

違うやり方が必要だと思う、のは甘えですか?




とりあえず、就活サイトの一元化を望みます。こんな情報化社会なんです。


うぅー、まずは隙間時間ってかこんな深夜を使って自己分析をPC君と共にしてみよう。(笑)
3日にはインターンES出せるように!(笑)



自己他己分析大会開こうぜ!








さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

  • 作者: マーカス バッキンガム
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2001/12/01
  • メディア: 単行本



タグ:就活 日常
posted by ゆっぽん at 01:14 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 就活 はてなブックマーク - 就活サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。