2010年07月30日

就職活動のまとめ

約1年間続けてきた就職活動ですが、内定をいただきました。

あんまり、大きくないきっと誰も知っていない会社だけど。

んー、でも内定が出たからよしでもなく、やっほーって手放しで喜べるものなのかどうかってのは正直わからない。

いや、大手じゃないからではなく。
なにがいいかなんて最後の最後までわからない気がする。

とりあえず、いろんな面を知ることができそうだし、キャンペーンだとか、ブランディングだとかってところを学べたらいいなぁと思っている。

もちろんそれ自体に興味はあるのよ。
んでもってそれを活かして、キャンペーンとかイベントとか「何かしら」を創って、世のため人のためになれるビジネスができればいいなと思う。

別になにかを手放すことではなく、
ビジネスもするし、利益もだすし、人を幸せにもしたいし、俺の生きている意味もつけたいし、世界も楽しくしたいし、俺の周りも楽しくあっていたい、そんなワガママを求めていきたい。

だから、なんだか内定が出ましたーなんて報告している自分が多少気持ち悪く感じる。(大変な想いをしている人には言えないかもしれないけど)

ゴールじゃないからね、うん。
ここから、今から、今が勝負なんです。
向かいたい方向性だけは、頭に残しておかないと。



さて、すごく長くなりますが就職活動のまとめをしたいと思います。
誰かの役に立てばいいなぁと想いながら。
読むんだったら最後まで読んでいただけるとありがたいです。就活アドバイスでもなんでもないのであえて整理した形はとりません。

本当は実名を出したいのだか、打ち込みが大変なのでこんな感じで。


受けた会社・・・30社〜くらい?
説明聞いた会社(合説)含む・・・80社くらい?


すごい感覚値ですけど(笑)

1年前の夏にリクルートのインターンだとかっていうのが最初の面接。
まぁ、落ちましたけど(笑)

早稲田祭を11月に終える。

それからちょいちょい説明会には参加するかなーって感じ。
合同説明会に初めて行ったのが、12月。

1月2月も説明会、でもそこまで1日2社とか毎日とかあんまり行ってないからゆるーくだらーっとしてた感じ。んで3月とか4月とかにES書き書き。
※あ、銀行とか金融、保険はほとんど受けてないのであんまり参考になりませんかもです。

この時の自己分析だとかっていうのはまだまだだなーって今では思う。
でもこの時点で受かってたら今こんなこと思ってなかったと思う。
でもまだまだだったから受からなかったのかもとも思う。

ESは、似たようなアピールポイントをいろんな側面(出来事、エピソード)からわかるようにするというのを一番に考えました。

それがちょいちょい通っていたので、別に変更はそこまでしませんでした。
まぁ最終的(5、6月)には、会社にESだとかを合わせるのではなく、自分の書きたいことを押すという割合が強くなった。(軽い開き直り含め)バランスは大事よ。

例えば、
会社の事業→自分の関心のあることにつなげる、ではなく
自分の関心のあること→会社の事業(未来像を含め)にどう関われるか、どう役に立つか、むしろこういうことしちゃいますよ、という

方向でES、面接に行くようにしました。(当たり前なんだけどね。)
無理やりでも、興味ないこと言うよりか自分の興味とつなげたものを言ったほうが良いと思います。


ほんでね、SPIは僕の場合
最初が全くだめで衝撃を受けました(笑)
時間がない、なんか難しい、なんじゃこれ!って。
それからは1冊くらいはやるようにしました。電車とかで。
大学で勉強しっかりしている人はきっと取るに足りません。
大学受験をして遊びほうけてた人は頭の使い方を思い出すくらいやる。
大学受験をしてなくて遊びほうけてた人も頭は使ってれば良くなるのでがんばりんこ。

ま、かく言う私は、SPIは受かったり受からなかったりでした。
後半はもう勉強せずに勝負だ、と開き直りでしたごめんなさい。

でも、これかなと思ったのは、SPI、筆記試験は早さも大事ですが正答率が大事じゃないかなと。(もちろん企業にもよるみたいですけど)
センター試験みたく、わからない=ヤマ勘で答える
ではないのでご注意を。(笑)

どうしても手がかりもなくわからないものは下手に手を出さず空欄という答えも有り得ます。(SPIとか答えなきゃ先に進めないやつは答えるしかないが!)
ともかく正解することを第一に考えるのがいいんじゃないかなーと。


ま、ともかく知ってるわけでもなくなんとも言えないからいろいろ試してみてください(笑)(結局)


んで、とはいえ当初4月にはほとんど一次面接突破できませんでした。

なにが悪いのかなー、元気がない?目が泳ぐ?挨拶ができてない?
とかとか、思い起こせばいっぱいあるはず。

結論から言うと、だからって直そうとか特にしてません。(笑)
正確に言うと、挨拶だとかは普通に人としてできていたいな(雰囲気に呑まれてできなかったなぁ)と思ったので
なるたけ忘れないように心がけました(これを注意し始めたのが5月くらい?)
目は、なんでこの人らにいちいち緊張しなきゃいけなんだ?と開き直ったらなるたけ離さないようにはなりました。

そうしたことに気をつけると、一次面接はなんとか通るようになりました。
「(挨拶、礼儀を含め)普通に」(これがネックなんだけど)会話を楽しめれば通るような気がする。(と、これが5月くらい、遅いね(笑))


でも二次はやはりなかなか通りません。
といってこれか?と思ったことは
元気のなさ、「その会社で働く」ちゃんと捉えられているか、かな。

でも、元気がないのを元気があるとハキハキさせるのはどーも得意ではなく(笑)
いや、別に元気はあるけどおとなしそうに見えてしまうから。
でも、無理に作ることができないのよねー、あー、面倒くさい性格。(笑)
というわけで、まぁこれもまた一興だよね。
笑えるところでは笑うけどね、もちろん。

ま、なんでも人の魅力ってそこだけじゃないし、違うところでもわかってもらえればいいんじゃないかなーと思ったのでした。

(結局開き直り(笑))

そして、「その会社で働く」ことに目を向けました。
ここに働き甲斐を感じるとか、こういう雰囲気とか、どんな人が役に立つとかじゃなくて(もちろんそういうことも大事だけど)

例えば、最後に質問は?と聞かれたら
「利益の割合は?」とか「内訳は?」とか「過去にどんな事例が?」とか「どこ目指してるんですか?」とか「どうやってお金は流れてるのか?」とか「今後の戦略は?」とか、を聞くことにしました。
(勉強のためにもね、こういった意味で会社のえらい人と喋る機会、戦略を教えてくれる機会がないから聞いたほうが良いんだと思う。)

ほぅー、ここの会社はそんな仕組みで儲けているのね。

って頭にちょっとでも入れば儲けモノだと思う。
受かる受からないはこの際、別にして。
いつかこれが役に立つかもしれない、自分がビジネスするときにその考えが役に立つかもしれない。と想いながら聞くべきかと。

だからね、こう考えることもできる。
自分がビジネスしたら=当事者意識が生まれる
ってこと

面接官、役員からすると、「会社をひっぱっていってくれそうだな」って思われるんじゃないかってちょと思いました。
(でも、そう自分で思えない人は違うやり方が絶対良い、これはあくまで僕の場合)

つまり、「ただの雇われる(仕事環境、やりがいとかを気にする)新卒」ていうイメージとはちょっと違うイメージを(結果的に)与えるんじゃないかなと思った。(実際は知らん)


そういう質問をするようになってからは二次も通過するようになったかな。
(それが6月後半〜7月くらい、遅いね。だから受けた会社自体少ないけど)
ま、でもそれが質問できる空気かどうかってのもあるがなー実際。

でもこういう質問を4月とかの時点でしたかったなぁと思う。
質問だけすればいいわけじゃなく、本気でこの会社どうやって利益出しているんだろう、とか、どうやって成長していく気なんだろう、って興味がなきゃできないが。今では聞きたいもんね、リクルートはどうやって今後ビジネスするのか、社員数が減っているのは本当か?とか(笑)
広告はどうやって売り上げ伸ばすのか?どこに力を注ぐのか?どうやって差別化するのか?どういう成長方向性なのか?とか

大きいところにこそそーいう話がしたかったかもなぁ。
当時そういう気概がなかったからなぁ、ちょっと悔やまれ。


という感じでした。
二次面接以降受かったところ(2つしかないけど)は同じように最終も受かったので、特に変更ありません。


本当に、ES、一次、二次という風に段階を踏んだ気がします。
んで少しずつ見つけていった気がします。
めんどくさい性格です。

就活テクニック!なんてものにすがって、すぐに自分を変えられたらどんだけ楽だったでしょうか。

就活ノート!なんてつくって、毎日日経を読んで、「御社は〜」なんて言えてたら楽だったでしょうか。

ま、楽かもしれません。
でも、それを「選べない(can't)」俺だったので。
別に嫌いじゃないですけど(笑)
「何か違うんじゃないかなー」って想いが大切なんだと思います。
それを大事に、大事に。

本当に必要なときに考えてくださいな。
日経は今は読む必要も感じないけど、日経ビジネスだったり日経トップリーダーだったり週刊ダイヤモンドだったりとかはチラチラ目を通します。
本も、しかりです。
それは自分がビジネスする立場に立ったときに引き出しとして役に立ちそうだから。ま、全てのものは役に立ちうるから、なんでもサラーって目だけ通すようになりましたと。

「今では」そうだけど、昔はそんな必要性感じなかったはず。
自分の無力さもわからなかったからだと思う。もがき方すらわからない状態だったんじゃないかなー。んでそれにすら気付いてないと。そんなんだったんじゃないかな。



さて、こんな風な変遷で考えてきました、僕は。

こんな風にして考えた結果、廻りまわって、「自分でも何かできるかもしれない」、「やっちゃえるかも!」って思う希望がなんとなく生まれました。
内定をいただく前から。

前に言いました。
内定が出ない→起業するだ?甘ったれるなバカ野郎。
この時期は、多分自分の無力さを知った時期だったんだなと思います。


今は多少なりあがき方を勉強して(まだまだだけど)、あがけそうな希望をなんとなく信じることはできてます。
いつでも舵を切って世界に挑戦するだとか、世のため人のためとか、ビジネスとかをリアルに考える時期が来ている感じはします。

(感覚だけでなく、具体的手法にまで落とし込めたらいいなと想います。)


自分の可能性をちょっとだけ信じれるようになってきてる。
(僕は他人にはすごくポジティブだが自分に対してはネガティブな部分があるとちょと思っている)


んでもって、もしかしたらそれが大人になるってことじゃないか。
とふと考えた。


「他人と未来」を考えられたら大人、とは前に話したけど。
それとはまたちょっと違う軸で。



大人だという人が「夢を諦める」だとか「現実を知る」とか「これが社会だよ」なんて言い出して、それが大人だなんて言うけれど、本当はその逆じゃないのか。
例えば子供は「野球選手になりたい」とか「ケーキ屋さんになりたい」だとかを何にも考えずに希望、夢を話す。だとしたら本当の大人は「自分が野球選手になれちゃうかも」とか「自分でもケーキ屋さんできるかも」って本当に思っちゃうことなんじゃないかな!「〜なりたい」「〜したい」じゃなく「〜できる!」「〜やっちゃえる!」というのが大人なんだと!!


だと。すごく最近腹に落ちた。

だから、別に関係ないのよ。どこで何していようと、どんな肩書きをもっているだろうと。
そう腹から思えたことが、すごく良かったと思う。
そして何をするにも遅すぎるなんてことはないんだから。
できるんだから。


以上、なんか上手く話せていないけど、全部話せていないけど
ご報告でした。

んで、最後。

読んだことは全部忘れてください(笑)
こんなのjust ideaです。ひとつのモノの考え方です。
いろんなやり方、考え方があって然りです。
こんなものにも縛られず、自由に!行ってらっしゃい!!




就活に限らずなんでも、誰でも。

また飲みましょう。語りましょう。楽しいことを話しましょう。




あーっ、デートしたい!!!




ほいじゃーね!(笑)

タグ:就活 人生
posted by ゆっぽん at 15:29 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 就活 はてなブックマーク - 就職活動のまとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハッピネスイズ・・・2

英語圏に、「ハッピネス・イズ・・・」(幸福とは・・・)とそれぞれの定義を述べる遊びがある。(by 茂木健一郎)
「幸福とは、仕事を終えて最初に口にするビール」   「幸福とは、待ち合わせの場所で恋人の姿を見つけた瞬間」 幸福とは・・・

mixiとtwitterで集まった幸福集。(2010/7/30現在)


・幸福とは、誰かと時間や思いを共有できること
・幸福とは眠れること。
・幸福とは自分のことのように喜んでくれる他人がいること。
・幸福とは幸福を感じられること。
・幸福とは選択できる環境にいること。
・幸福とは洗濯できる天気が続くコト。
・幸福とは、早稲田大学STOMP!に参加しているということ
・幸福とは一緒に笑えたり、共感できたりする人がいること
・幸福とは、何かを他人と共有出来ること。
・幸福とは、追い求めれば限度のないもの。
・幸福とは、ぽっと灯るあかり
・幸福とは、応援してくれる人がいること。
・幸福とは今、東京に、早稲田にいること…この地でいろんな経験ができること
・幸福とは、そんな幸福集を 作るような素敵な人に出逢えたこと。
・幸福とは当たり前の日常を普通に過ごせること。
・幸福とは毎日が多彩な感情にあふれていること。
・幸福とは、目的地までの乗り換えが異常にスムーズなこと。
・幸福とはわくわくした目!
・幸福とは、いろんな人がいるってこと
・幸福とは冷蔵庫の残り物で普段より美味しいものが作れたとき
・幸福とはいやに青い空を見れること。
・幸福とは、人の笑顔を見た瞬間
・幸福とは、ノリが良い人たちがいるとき!
・幸福とは、繋がる・広がるということ
・幸福とは笑えること!
・幸福とは、コミュニケーション
・幸福とは感動。
・幸福とは、誰かの笑顔が咲いたとき。
・幸福とは、単位が無事もらえたとき。
・幸福とは、それが『幸せ』だなって感じられること。
・幸福とは、反応してくれる人がいること。
・幸福とは話に付き合ってくれる人がいること



みんなありがとうね。
手動で拾ってますけど、もしコレもあるよーってあったら教えてください!
拾える限りは拾っていきますので!
こうやって言ってくれる人に囲まれている自分が幸せなんだなー
と、リストを創りながら思ってます。(笑)

僕の目の届く範囲で呟いてくれれば、回収しますえ!

にゃはは!
posted by ゆっぽん at 11:35 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - ハッピネスイズ・・・2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月23日

結論に近いもの。

他人じゃない。自分だ。こりゃ自分の話なんだな。


自分を振り回すのは他人じゃない、
他人がこうだと思っている自分が自分のこと振り回しているだけぢゃー、
そして自分のこころなり。


被害者意識持った時点で、終わり。
なんにも生みはしない。きっと。

不確定要素が多いならば、なぜ不安になる?なんかむずむず?むかむか?する?
僕がその方向に物事を考えているからだしょ。


いや


せめて自分が自分に言ってあげよう。
自己満かもしれないけど、自意識過剰かもしれないけど、今日だけは許してあげます、ご自分さん。

本当にいつも強がって(友達に言われたけど(笑))いるんだなぁ。
弱い部分をなくそうとして、柔軟になろうとして
いつもいつもがんばってる。
いつも誰かを傷つけないように気を張って
暗闇の中どうにか一本マッチつけようとがんばってる

それが光になることを望んでいる。
道を見つける人もたまにはいるかもしれない
でも君を照らしてくれる人はいるのか?
また、周りを見渡せばいっぱいいてくれるって?
本当に?
マッチをすっているのが大変そうだなぁって感じてくれる人はいるのか?
別に大変だとか大変じゃないとかはどうでもいい
でもそう想ってくれる人はいるのかい?

いつも求めなくて
それがさくらイズムだなんて強がって
どこかできっとそんなことも吹っ飛ばして、連れ出してくれる人を待っている、そうじゃないの?
あの人は強いから、考え方が違うから、そんな一言じゃ片付けられない。
どれだけ考えたか、どれだけ強くなろうとしたか、どれだけ自分なりの聖人君子になろうとしたか。

そう考えていないと、ダメになっちゃいそうで
いつも考えてやっとポジティブな考え方を探してそれにすがって
火をつけて・・・の。
だから、誰もこんなことに気付いてないんじゃないかなーなんて想ってしまう。
ひとそれぞれ人生があって他人に構う時間もないのは百も承知だが。

ほんとーにがんばってるよ。
誰も傷つけないように、気を使わせないように、良い人生見つけてもらえるように。
悪かったときは文句は言われる、良かったらなんにも言われない。
一生そんなものなのかねぇ。(だからこそ僕は言っていたいわけだが)

ってことを言っているのも僕ぐらいだ。
こんなやつを助けたいがためにまた自分が動かなくちゃいけない。
だーれも気付かない心地よさ。
そんなものを目指していたりするのかな。君は。

それはきっと僕が死んだときにちょっと、いや、いっぱい(笑)、わかってもらいたいなぁ。
ってわかってもらえなかったらやっぱり力不足か・・・。(笑)

ともかく君はがんばってる。
音楽にも頼りながら、いっつも1人で笑って、どうにか平穏保ってる。
たまには自分は騙さなくたっていいんだが。
元気がなくたっていいんだが。
それでもがんばっている。
そんな君に、エールを送ります。

ありがとう。いっつも見てます。
どれだけあなたががんばっているか、どれだけ人を考えているか
そのためにどれだけ大変な考え方を探してきたか
もういいよなんて簡単なこといえないけど、
私はしっかり見てます。

よくがんばってるね。よくがんばった。
他人のせいにした君はほとんど見たことありません。
最後の最後で優先させているのは人です。
それがわかってくれる人がきっとどこかにいるんじゃないのかなぁって想いながら。

しっかり見ているから。
君がなにを考えて、どう思ったかちゃんとわかっているから。
強がらなくて、君はほんとうにがんばってる。


タグ:人生 恋愛
posted by ゆっぽん at 00:59 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 結論に近いもの。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月20日

ap bank fes '10 2日目のご報告

さっきから書こう書こうとしてるんだけど、呟いちゃったり反応楽しみにしちゃったりであっちへふらふらこっちへふらふらして時間がすぎてっちゃうやらあらまっちゃんちゃん。 なんでこんな時間になっちゃうのかなぁ
マウスがおかしいからかなー。(笑)

まぁそんな寄り道のおかげで素敵な言葉も発見できたんだけどね。うむ、よし。

さて、睡眠時間2時間で、昨日(0時を過ぎておととい)、ap abnk fes '10に行ってきましたよ!!!

あー!!とまぁ、なんかやかんややりまして。


Mr.children
桜井さんをこの目で確認してきました。

まず、桜井さんは空想上の生き物ではなく、実在することがわかりました。


まずbank bandで「よく来たね」

・・・の前に

てゆーか登場したときのパワーが半端ない。

観衆のテンション上がり具合が半端ない。

それを生み出してる桜井さん、半端ない。

黄色のシャツの桜井さん、半端ない。

俺のうっひょー感、半端ない。



改めて聴いたら、めちゃめちゃ良い曲じゃないか・・・。
bank bandとか、初めのほうのミスチルは良く知らないからあまりだったんですが
いやー、こりゃすごいですです。


よく来たね
大変だったんじゃない?
遠方まで疲れちゃったんじゃない?
こんなにいいお天気だから


と、本題に戻りまして。

そんな、パワーをひしひし感じていたのでした。
そして、あの桜井さんの顔。
目を細める笑顔が見えて、すげーっと思ったのでした。
あの顔はすごいんだよ。共感できる、顔に。(笑)

すごいすごい、言いたくないけど、言う。すごい。

私的には、その登場が一番インパクトありましたなぁ。
初だったのもあるけど・・・。

えーと、心が動いたことを書き綴りますね。


まず、fesのスクリーン!!

高画質すぎ!すごく驚いた!!
髪の毛一本まで見えてました。まぁ目視で表情までは確認できないかどうかぐらいの位置とかで見ることもできてたんですが、それよかスクリーンが綺麗過ぎてそっちに目いっちゃいますよ。(笑)
なるべく、スクリーンじゃなく生を見ようとしましたけども!

そして加えて、映像のカメラワーク!!

良すぎ!!ライブであそこまでいいの初めて観た。(そもそも生liveは初だけど)
かなり曲と合ってて、どの部分でだれが引き立つのかわかっていた感じ。
ピントの合わせ方も、憎らしいほど上手かった。
カメラマンもスイッチャーの人も相当すごい。
Mr.childrenのとき、桜井さんのギターと、ギターストラップ?の間から観客を映す
ってどれだけ感動的な絵なんですか。
偶然の産物ですか、なんなんですか。


Salyuさん
(他にも良い所は腐るほどあるのは承知のうえで)リズムの取り方が可愛かった。
肩でとってた。いやー可愛かった。
少しネジが外れてそうなニオイがしたけれども。(笑)
to U、ipodに入れます。誓います。

KANさん
警察KANさん、でした!!(笑)
心配ないからねー君の想いが、誰かに届く明日はきっとあるー(歌詞違ってたらごめんなさい)って愛は勝つ!!
良ければ一緒に、その方が楽しい〜♪
と、一緒に合唱したのは良かったなーすごく良い雰囲気を創ってくださってました。
そしてすごく芸が細かい(笑)
それに笑う桜井さんとかもすごく良かったですです。


その他も良かったー。
いやー、もっと、みんな盆踊りが好きなんだよ!!
ほほいのほほいのほほいのほいっ!!とか、最高でした。
もう決め付け感がいいよね、最高だよね。
みんな本当は盆踊りが好きなんだよ!ってね(笑)

よくわからない内容になってますが適当に読み飛ばしてください。(笑)

そして

Mr.Children

セットリスト
01. Dive 〜 シーラカンス
02. PADDLE
03. 僕が僕であるために
04. I'll be
05. しるし
06. 声
07. Worlds end
08. 【es】 〜Theme of es〜

哀しき哉、シーラカンスとI'll beと声はあまり聴いたことがなかったからピンと来なかったけども。
でも改めてまた聴きたいと想います。
どうやら1日目から少し変更入ったみたいですね。
3日目はどうだったのか気になる。。。

しるしに関しては、この前のザソングライターズで一番良くできた曲って言うてたのも
あったけど
「大好きな 一番好きな 人を思い浮かべながら聴いてください」的なことを唄う前に
言っていたので、しるしのニオイは感じ取れました。(笑)

んで Worlds endですよ。これが聴けただけでも良かった!

「ゆっくり旋回してきた大型の旅客機が僕らの真上で得意げに」

って桜井さんは空を見上げるんですが・・・、桜井さんと同じ景色を見ようと俺も上を見てました(笑)


とまぁ、本当に表情とかMr.Childrenの表現がすごいなぁと思ったのと
おぉ、これがyoutubeとかで見てきたMr.Childrenなのだーと思ったのでした。(笑)
あの目の見開き方、首の振り方、声の高さ、おぉ、桜井さんやー・・・ってつくづく思ってました。


で、も一回言ってみるけど。
桜井さんと同じ景色を見ようと俺も上を見てました。

うーむ、最終的に・・・同じ景色を見れる場所に立とうと思ったのでした。
(こんなことを言うのも憚られますが!!)
ステージを一段下から見るのではなくなく。
向き合うのではなくなく。
「一緒に」どこか向きたいなーと思ったのでした。

もちろん歌う場であるのは厳しいでしょうな・・・。奇跡が起こらない限り(笑)
ほら、ワンピースの主題歌がMr.Childrenになったみたいに。
結局は違う分野でも、止揚的にね。高めあって出会えれば良いんじゃないかという意味で。
そのところまでがんばりたいなーと思ったのでした。
その夢に日付をつけるのでした。35歳あたりまでに実現させたいなぁ。
書いておこう。

なーんてことを感じたfesでした。


あ、そしてRADの有心論をbank bandでやってるときはテンションあがってしまいました。
(前もやったことあるみたいだけど)桜井さんがあの歌詞を歌うとなると感慨深い。




なんか、マウスの調子がおかしいぞ・・・。


まぁいいや。と、炎天下の中ひたすらライブでしたー。日光で火傷するかと思ったー。
なにはともあれ、一度会いたいって人を生で見ることができて
きっと感じたものがたくさんあって、きっと自分がいろいろ吸収してくれて
学んでくれたと思うので、とても良かった。それは言葉ではあまり表せられないのかもしれないねー。

これをどこかで活かすんだー!うひょーい!


まだまだアゲアゲでいくよ!by桜井さん

よく来たね

よく来たね 大変だったんじゃない?
遠方まで疲れちゃったんじゃない?
こんなにいいお天気だから
今年もいっぱい遊ぼう

よく来たね いろいろあったんじゃない?
悲しいこと 嫌なこと 辛いこと
だけどこうしてまた会えたんだよ
笑顔をいっぱいつくろう

ちょっと変わったね 垢抜けたかな?
すこし大人になったかな?
うまく言えないけど
すごく素敵だよ

じゃあ僕はどう?
あっ 別に答えなくたっていや

ちょっと変わったろ?
あれから少し優しい気持ちでいれるから
うまく言えないけど
君も同じように 暮らしているとなんとなく考えてた
それがあたっていたらいい

よく来たね 大変だったんじゃない?
遠方まで疲れちゃったんじゃない?
こんなにいいお天気だから
今年もいっぱい遊ぼう
笑顔をいっぱいつくろう


本気花火もやりました!!スタート!!
posted by ゆっぽん at 01:26 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - ap bank fes '10 2日目のご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月17日

ハッピネスイズ・・・

英語圏に、「ハッピネス・イズ・・・」(幸福とは・・・)とそれぞれの定義を述べる遊びがある。(by 茂木健一郎)
「幸福とは、仕事を終えて最初に口にするビール」   「幸福とは、待ち合わせの場所で恋人の姿を見つけた瞬間」 幸福とは・・・

mixiとtwitterで集まった幸福集。(2010/7/17現在)

・幸福とは毎日が多彩な感情にあふれていること。
・幸福とは、目的地までの乗り換えが異常にスムーズなこと。
・幸福とはわくわくした目!
・幸福とは、いろんな人がいるってこと
・幸福とは冷蔵庫の残り物で普段より美味しいものが作れたとき
・幸福とはいやに青い空を見れること。
・幸福とは、人の笑顔を見た瞬間
・幸福とは、ノリが良い人たちがいるとき!
・幸福とは、繋がる・広がるということ
・幸福とは笑えること!
・幸福とは、コミュニケーション
・幸福とは感動。
・幸福とは、誰かの笑顔が咲いたとき。
・幸福とは、単位が無事もらえたとき。
・幸福とは、それが『幸せ』だなって感じられること。
・幸福とは、反応してくれる人がいること。
・幸福とは話に付き合ってくれる人がいること

まだまだ「ハッピネスイズ・・・」 募集中です!!
僕の目の届く範囲で呟いてくれれば、回収しますえ!


にゃほ!

posted by ゆっぽん at 09:46 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - ハッピネスイズ・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月11日

auto

ちょっとつぶやきをば。

自動能が始まると感じると嬉しいやら哀しいやら寂しいやら。望んでいたはずなのになー。やっぱりそういう性格なんだなーと実感。

いやはや、悪い癖・・・ではないけど。

すごく当事者意識を持っていたい表れなんだなーとも思う。


自分のいる意味とかをにゃかにゃかにゃかにゃか考えてしまう。
うーん、こういう人に意味を与えてあげるのって大変だね。

毎回事あるごとに言ってあげないとだね。(笑)
こういうとこ助かってます。とか。
ここはあなたじゃないとできないぜベイビー。とか。

ともかく、アイデアとか発想の面ではそういう人でありたいからありつづけたいけど
そうじゃなくなっちゃうと、ぷしゅーんってしぼむ自分がいたりするんじゃないだろか。


自分でもめんどくさいヤツだなーって思うが、こういう人が老害になるのよねーとは思うが。


バランスが大事だったりするんだが。

子供が巣立つときってきっとこんな感じなのだろうな。

感覚で言うと
食料がない人に、魚を釣ってあげるのから始まって、つり方を教えて、そろそろ自家調達できるか・・・と思ってたり、でもボートに乗るともっといいよって言ってそう。
ボートまで乗れちゃったらいよいよ必要ないんだろうなぁって思う。


うーん。それは嬉しいことなんだけどね。(前回自分で言っておきながら(笑))


だからきっと、何かをひらめいて、探す、実行するって作業が好きなのかと。
だから常に次これ!そしたらこっち!ってやっているほうが性に合うんじゃないかなーと思ったり。

それ、僕じゃなくても良くないっすか。
て思ったら終わりだもんねー。たりらりら。

僕の場合は。

それはきっと自分の中から生まれない。気がする。
自分が楽しいからやっていること・・・ってあんまりない。blogくらい・・・?いやblog・・?


居場所を見つけるのも一苦労だぜよ。


タグ:日常 人生 性格
posted by ゆっぽん at 00:54 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - auto | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月09日

took The last interview

ま、またそれは後にして、お知らせをば。

えと、STOMP!ならびに下駄っぱーず、WPF出演、無事に終了させることができました。
皆様のおかげです、ありがとうございました。


告知!【みなとみらい】

はてさて、みなさん
STOMP!は今週日曜日(7/11)にもパフォーマンスしてきます!

場所は【みなとみらい】で!にゃほ!
国立でやったときの方がまた声かけてくださいました!
たとえ観客が見向きもしなくてもやりたい放d・・・もとい、一生懸命やっていれば次につながるということですよね!!(笑)



*********************
7/11(日)
イベント:UNIVERSAL FOOTBALL JAM(サッカーイベント)
webサイト(何このエロス?(笑))
場所:キャプテン翼スタジアム(むしろ桜木町が最寄か?)
パフォーマンス時間:13時〜16時とか(なんだか、1、2時間だかもらえて無制限にやりたい放題らしいぞ(笑))

*********************


是非是非ご都合よろしければ、ふらっと立ち寄ってください!
きっとやりたい放d・・・一生懸命やっている僕らがいることでしょう。(笑)
本当に観に来てちょんまげ!





さて、あえて、最終面接行ってきただけなのに日記を書きます。(笑)

んー、人ってね、どーもこういうときってあんま人に言いたがらないらしいんだよね。
成功したときにしか言いたがらない。

何が失敗か成功かなんてわからないけど。

だからそんなブラックボックスに懐中電灯を照らすようにしてちょっと僕なりの光を灯したいと思ったりなんかしちゃうのだ。

まぁでもでも、どうしようか迷うところなんだよなぁ。
この会社に行かないんじゃないか・・・?と多少思いつつ受けてみているからなぁ。
内定がでりゃいいってもんでもないんだよなぁ。

そんなそんな迷いを抱えておるのです。


昨日も将来の話をしたなぁ。
でも例えどの会社にいこうがきっと考え続けることはやめないでしょうな。僕はね。
俺が今やってることこれでいいのか?
人生満足してんの?
って事あるごとに問うだろうね。
てゆーか問いたい。3日に1回は問いたい。それは今でも。

今の目の前のことに一生懸命になるのもいいけど大局観も持ち合わせないといけない。
何も考えなくなって、人生に振り回されて(つつき回されて)、生涯稼ぐ賃金も大体わかっちゃって、なんとなく決まっちゃった人生はちょっと僕は歩まない。気がする。

何かしらちょっとの冒険をするだろうな。関わりたいことにおいての。
ビジネス的なこともするだろな。関わりたいことにおいての。
(あえて言ってみてる(笑))

内定が出ようと出まいと関係なく。
その「もの」を探すためきっと考えるだろうな。

今ね、実験中なんだ。
例えば将来何かになりたいという人はよくいるし、サッカーとか野球とか音楽とか料理とか先生とか経済とか政治とかジャーナリストとかでっかいものとか宇宙とか具体的に関わりたいものがあるというのもよくあるんだが

僕は子供のころから一切そういうものがなくて。
今ではすごく抽象的な「価値観を変えたい」だとかに落ち着かせている。

だからそれを実現する方法ってすごく多様だったりする。

でもね、そんな方法でもどうにかなるのかどうか実験中なのです。(笑)
ほんと自分としても関わりたいモノがあれば楽だと思うがね。

周りはなんだか言うかもしれないが、


意外とどうにかなったぜって言えたら、きっとなんでも僕は言えるようになるんだと思う。
どんな小さな、抽象的な「好き」「やりたい」「すべき」ことでも、仕事につながるよ、大切にするべきだって言えるようになるんじゃないかと思ってみたりしている。


あーなんか、他にも言いたかった気がするけど忘れちった。(笑)


そしてね、4年で新卒で働くっちゅうことは、他の例えば、ワーキングホリデーとか、留学とか、ボランティアとか世界一周とか、よりも働くを選んだってことだからねぇ。

それも含めて本当にそれでいいの?って問いたい、問いたい。
そういう選択には僕からしたら踏ん切りが必要なんだけどね。

でもさ、同期がそいつのすげーやりたい仕事をやっていて輝いているように見えたときに、「うらやましく」思いたくはない。そんな選択はしたくない。
もし同期が仕事ではなく世界一周を選んだとしても「いいなー」とは言いたくない。

そういう状況にいても、そっかーと自然でいられる、選択をしていたい。
ちょうど同期のみんなが留学行ってるときにstomp始めて胸を(勝手に)張れたのと同じよう。
(実際、留学組に負けたくないって心のどこかで思っていたからね)

比べるものではないかもしれないけど、どんなものと比べたときにでも自分の中で負けてないぜーふふーんって思いたい、それが本音じゃないかなぁ。


って、最終面接の話だったのにこんな風になりました。と。
でも実際昨日+今日最終終えてから思ったことはこんなことだったから。(笑)

就職活動して1年くらいになるけど、結構こういうところまで行き着くんだなぁって感じです。
おかげで一生考えることが増えましたとさ。(笑)


無理くそさ、あれがあったおかげでなんて言うのは俺は好きじゃないんだば。
失恋したおかげで強くなりました、みたいな。(笑)
しなきゃ幸せのまんまでそれでいいやんけって思ったり。
でもマイナスをプラスに変えたがっちゃうし、そう思えてしまう人間という生き物はなんだか素晴らしい能力の持ち主なんだけど。


まぁ、こういうことがあったらからこう考えている。それだけか。
最近いろんなこと考えて、だから前よりか興味も広がった。
だからレベルアッープ!してる気がしてる。

それはこの就職活動がなかったら成り得なかったか?


そんなことはちょっとわからない(笑)が今の答え。




あーもっとなにかがあったような気がするけど、するする抜けていったきがする。?
何かいろいろ考えるときって一斉にわっー!って始めてしまう(笑)

全てを同時に上げようとするからパンクしかけるけど、どうにか一段上げてる感じ。


レポートっていう機会を利用して学ばなきゃなー。
パラパラ速読(もどき)をしても罪悪感を感じないのはレポートの時(笑
タグ:就活 人生 日常
posted by ゆっぽん at 00:47 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - took The last interview | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月03日

Don't think it's miracle or wonder only when you're lucky, otherwise you're gonna fail to see your life

って僕の好きなブタちゃんが言ってました。


先に言っておきます。

佐野元春のザ・ソングライターズ
■桜井和寿Part1
7月 3日(土) 23:45〜00:14【教育】
7月 6日(火) 16:30〜16:59【BS2】(再)
7月10日(土) 10:30〜10:59【教育】(再)

■桜井和寿Part2
7月10日(土) 23:45〜00:14【教育】
7月17日(土) 10:30〜10:59【教育】(再)


はい、本題。


・・・残された時間かぁ。思えば誰しも全員時間は区切られてて、それを意識させるものがあるかどうかの違いであって、みんな等しく時間は限られているんだよな。たまたま何か(イベント、留学とか卒業とか)があるだけ。だからいっつも今日でお終いだと思って、一方的でも最悪結果的に自己満でも「伝える」ことをしないと。

「伝える」という気を起こさないと。

今日でおしまいだったら、精一杯伝えられましたか。
好きなことできましたか。
優しくしてあげたい人に優しくできましたか。
がんばりたいときにがんばれましたか。
笑顔を見たい人の笑顔をひとつでも多くみれましたか。
力になってあげたい人のちからになってあげられましたか。


なんだかねぇ、最近影響力とか関係なく、小さな小さなこととか一歩でもすごく大事かなぁと思います。

授業で観た千葉ロッテの難病の子に対する支援のドキュメンタリーだったんだけどね。
人の力って本当に偉大だ。
場の力って本当に偉大だ。

スポーツの影響力ももちろんあるだろうけど、何より千葉ロッテという球団が存在しているから成しえる支援なんだよね。
そこに里崎さんとかボビーさん(当時)とかいたから成り立つんだよね。
6000万とか募金で集めて支援できるのは、本当にすごい。

でも最初に千葉ロッテができあがったとき、きっと誰もそんな支援ができるなんて思っていなかったはず。(と思う)。
その千葉ロッテができたってところはすごく小さな小さなことだったかもしれない。(よく知らないけど)1949年が最初らしいけど。

それが約60年かけてここまで人気が出て、一人の命、いや、その子の両親の気持ち、おじいちゃん、おばあちゃんの気持ちとか救うことができるまでの力になるんだなぁと思って。

千葉ロッテという存在、「場」がある限り、あったからこそ、最初思い描いたものとは、いや思い描けなかったものまで実現させることができる力を発揮できたんだなって思えて。そこの実現に60年とかかかるかもしれないけど。かかるかもしれないけど。
「場」を創っていく、紡いでいく作業がそれだけで本当に尊くて、すごいことなんだなと実感。
どんなスパンでかかってもいい。その頃に僕がいなくなっていても構わない。
「場」があるだけでどんな可能性も残されているから。



野球選手は好きで(もちろんプロ意識もあるから「好き」だけじゃないけど、根本には「好き」があるはず)野球やっていて、その価値を分かってくれる人がいて、やっと成り立つ。

中には、千葉ロッテが大好きで、試合見るその4時間とかは興奮して楽しくて、試合がない日も試合のこと考えたら楽しくなっちゃう人がいるかもしれない。

ミュージシャンも同じく。桜井さんが歌う歌詞を聴いて、あぁなんとか明日も生きようと思うやつがいるかもしれない。明日への活力を与えているかもしれない。

それってすごくすごくすごく人のために、世のために貢献してるんじゃないかって思う。

もちろんその貢献の仕方は他にも形はあるけども、そんなちょっとでも人を幸せに、楽しくできることって実はきっとすごくすごくすごく尊い。

踊りでも同じかもしれない。観てくれた人の人生のほんの一瞬かもしれないけど、どこかわくわくさせて、あぁ楽しかったなて思われたら、ほんとにすごくすごく小さなことかもしれないけど、それにはすごく意味があるのだと思う。
もちろん踊っている本人、歌っている本人もあぁ楽しかった、大げさに言えば生きるのがちょっとだけ楽しくなったって思えば、その「場」があるってことがとてもとても素敵なことなんだと思う。


(私的には)方向的にはなんにも間違っていない。影響の大きさの大小はあるかもしれないけどなんにも、なんにも間違ってないと思う。同じ方向なのだ。




こんなこというのも最近、腹に落ちた言葉があって

株式会社マザーハウスの取締役副社長:山崎大祐さんのblogより

一経営者として経営をしてきて、
自分たちのしているビジネスの社会的価値を信じていますし、
自分たちの主観としてこのビジネスの発展が、歴史の発展に寄与するものと信じています。

しかし、他のビジネスを社会的だとか、
社会的ではないとか客観的に判断するのは非常に難しいと思います。

少なくとも自分にとっては、毎日大量の財・サービスから便益を享受している以上、
多くのビジネスが社会的な存在です。

安価な価格で美味しい高栄養な定食を提供している近くの定食屋は、
社会企業ではないのですか?
明日への活力を誰かに与えてくれるロックを歌っている歌手は、
社会起業家とは呼べませんか?

結局、それぞれの個人が、
好き、必要、応援したい、そんな気持ちから対価を払い、
そのサービスや財から便益を得ている。

その集合体がマーケットであるはずです。

逆にマーケットで生き残っているということは
その企業は何らかの価値を誰かに提供していることです。

誰かが主観かもしれないけれども、その企業の財・サービスを求めている、
社会的価値を感じているということなのです。
誰かにとっての社会企業でなくても、誰かにとっての社会企業であったりする。

人々の価値観が多様である以上、
私は、一般論としてこの起業は社会起業家だとか、そうではないとか
分けることは出来ないと思っています。

また、最近は
「社会起業家になりたいけれど、何をしたらいいのかわかりません」
とたずねてくる学生なども多いのですが、
そのときに言っていることは、

「本気で好きなモノを見つけて、
その社会的発展=その価値を一人でも多くの人が享受することに貢献したら
いいんじゃないかな。」

と伝えるようにしています。





って文章。

はっ。と思いました。
自分の好きでも相手の好きになればそれは立派な活力。
自分の好きな野球とか音楽とか文章とか仕事とか勉強とか踊りとか、相手もその価値を享受できるようになれば立派な貢献。

だから好きってことは大切って呟いたりしてた。(笑)
がんばっちゃうことって言ってた(笑)

だから、本当に好きなことをやればいいんだと思う。
正しく言えば、独りよがりではなく、その好きなことの価値をわかってもらいながら、わかってもらえるように好きなことをするというのが大切なんだと思う。
そしたらね、前の話も混ぜて可能性はそれこそ無限に広がっていくんだと思う。

STOMP!でもカンボジアの子供たちへ何か与えられる機会がやってくる!かもしれないんだよ。



だから


好きなことをやってください。

いっぱいいっぱい考えるかもしれないけど、恐怖と戦うこともあると思うけど、勇気が必要なときもあると思うけど

ほんとうに好きなことをやってくださいと言いたい。うん、言いたい。



(そう考えると、「すべきこと」とほぼ同じ感覚になってくると思う)


千葉ロッテだとか、桜井さんを何か特別なものと考えるんじゃなくて、
自分の近いものに置き換えてください。


そんな方向からドキュメンタリーを観てて僕は授業中にひどく泣けたのでした。

卒業までに具体的答えがでるかわからないけど、いっぱい考えて考えて考えたいと思います。そんな風に人生使いたいなぁと思いました。



そんなことを考えた授業でした。
(おそらく先生の意図とはまったく違うこと考えた俺でした(笑))



さて最後にも告知。そんな僕が関わった「場」→下駄っぱーずも出るし、STOMP!もでます。
僕はSTOMP!に出ます。
命を燃やしながら。

★☆ WASEDA PEACE FESTIVAL 2010 ☆★

ひとりひとりにもっと主体的に、「平和」について身近に、
楽しく、考えてもらう機会をつくりたい!との想いで始まったイベント!
勉強することだけが、平和について考えることじゃない!

音楽、ダンスなども取り入れた、意外性のある、
新しくクリエイティブな平和イベントを開催します!


☆開催日時 

7月6日(火)
17:15 ブース展示開始
17:45 開場
18:15 開演
21:00 終演

☆場所
早稲田奉仕園スコットホール
(早稲田大学西門より徒歩7分、学生会館より徒歩3分!)

地図
http://www.hoshien.or.jp/map/map.html

☆入場料・チャリティーなど

前売り 300円
(一部を「世界の子どもにワクチンを 日本委員会」(HP:http://www.jcv-jp.org/
にチャリティー致します!ワクチンがあれば助かる命が一日に4000もあります。)
※他大生・一般の方も入場可!

☆参加団体一覧

【ダンス】 下駄っぱーず、TAP-lovers、 STOMP!

【音楽】 早大ピアノの会、音楽サークル星空(コバゲン、小松若奈)から個人参加

【映画】 シネサイクル叛頭脳

【プレゼンとブース】
 TABLE FOR TWO waseda、学生NPO法人うのあんいっち、
アジアン・スタディ・トリップ(AST)、WHABITAT

※各参加者は発表内で、「自分たちが思う平和とは何か」を発表します!


☆タイムテーブル(予定)

18:15開演

18:15〜オープニング
18:20〜早大ピアノの会
18:35〜TABLE FOR TWO waseda プレゼン
18:45〜シネサイクル叛頭脳 映画
19:00〜小松若奈
19:15〜WHABITAT プレゼン
19:25〜STOMP!

19:40〜19:55 休憩・プレゼン見学

19:55〜コバゲン
20:10〜下駄っぱーず&TAP-lovers コラボレーション
20:40〜エンディング

21:00終演

☆イベントの見どころと特徴

「平和とは何か」という共通の問いに対して、
各団体が自由に発表の中で答えるという形式をとることで、
観客・発表者にできる限り多様な平和観を提示し、比較しやすくしています!

ただ楽しいだけではなく、国際協力団体も参加するので、学生の取り組みも知ることができます!

また、チャリティーを行うことで、来場した時点で一歩行動に踏み出せている、次の行動への窓口となるようなイベントをも目指しています!


☆HP

PC:http://music.geocities.jp/peace_to_peace_waseda/

モバイル:http://id37.fm-p.jp/188/wpf2010/

各サークルの紹介などが載っています!



☆チケット購入方法

【peace_fes_2010@yahoo.co.jp】まで、
件名を「チケット申し込み」として、氏名・必要枚数・電話番号・メールアドレスを記入のうえ、メールを送ってください!
また、HPからもチケット申し込みが可能です!



堅苦しくない、楽しいイベントです!
ぜひお越しください!(^0^)ノ♪♪


以上


楽しもうー!
読んでいただき本当にありがとうございました。
目は大切にしてくださいね。
posted by ゆっぽん at 22:53 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - Don't think it's miracle or wonder only when you're lucky, otherwise you're gonna fail to see your life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。