2010年08月30日

九州に行ってきたお話。

さて、明日からゼミ合宿な僕です。
荷造りも卒論の発表の準備もなにもしてません。

鴨川とか適当なことほざいていましたが、苗場でした、ごめんなさい(笑)
今日知りました。


さてさて、そんなことよりも長崎を日記に書くと?と「と」最強説があったので日記を書きたいと思います。想いに任せて。


先に言っておきましょう。
と最強説とは?!


九州に行った際に経験した方言の増し増し効果ですね。ハイ。

特にちっちゃい女の子の「〜食べていいと?」とか「暑いと?」とか
とにかく「と」がつく方言は反則的な(かわいい)力を発揮しているということに気付きました。(笑)

れっつセイ!「〜と?」
Hey!(笑)

(あくまで)方言でいうと、九州、沖縄、京都、ここらあたりが良い気がします。
はい、異論何も認めません。笑
ただの趣味です。はい。


はい、そんな「と最強説」を広めたところで本題に。


というても何を書こうか迷うのですが。


ともかくすごく人にお世話になった旅なのでした。
広島では書いたとおりだけど、長崎はとてもとても。

まず広島を始発・・・の次の電車に乗り(笑)
5時間くらいかけて博多へ到着→らーめんをすする→3時間ほどかけて(僕は4年前にタイムスリップしながら(in島鉄))島原in長崎へ。
(途中下駄っぱーずの後輩の子(1年生)と合流)


あ、えーと「UNIQLOあるんだー!」なんて会話をしてましたが、帰り路の福岡で会ったWIFでの先輩が、入社してから半年で店長ということで!!なんと、今度UNIQLO島原店の店長になるそうです。何たる偶然(笑)
島原にお越しの際は是非UNIQLOにも寄っていってくださいね☆

レストラン、ラビータ(寄れなかったけど)も是非お越しくださいね☆(あってるかな?(汗、笑))


そこで、えーと、(4年のだめっぷりをあえて公開すると)
島原案内していただいたわ、洗濯させていただいたわ、ご飯作っていただいたわ、お酒飲ませていただくわ、燃えよドラゴンフルーツいただくわ、後輩父と話すわ、後輩弟と話すわ、服にアイロンかけていただくわ、寝かせていただくわ、猫と戯れるわ、けいおん!を見るわ(違う)・・・と、悲惨なお世話になりっぷりですが(笑)



もう感謝の限りなのです。本当にどうもありがとうございました。
大事なのでもう一回言っておこう、ありがとうございました。
ありがとうございました。(過去形は嫌いなので)ありがとうございます。

お酒が強くなったらまた島原に行きたいと思います(ぇ
また飲み交わしたいと思いm・・・(ぇ、
弟くんが二十歳を迎えるころにね(笑)


でもね、(身勝手ながら)こーいうつながりが大切なのだなぁとしみじみ。
会えてよかったーと思える方たちばっかりでしたから。
出会える人たち(+出会いたいと想う人)なら出会っとけ!って話なんだよなぁ。うん。
何か話せる人が一人でも増えたというのはとてもありがたいことだよなぁ。
というわけでこちらの近くに来る際はご自由に家でも俺でも使ってください、ということです。(笑)



とゆーね、感謝を胸に島原を飛び出し、長崎に向かうわけです。
・・・・・・長くなりそうだからダイジェストでお送りします。(笑)


さて、広島でも行きましたが長崎でも原爆資料館に行きました。
テンション下げに。

もうこんだけ回ったら平和学習の旅みたいなものです。
いつの間にか平和学習です。

平和祈念像(をつくった西望さん)に想いを馳せて、なんであの形なんだろうか・・・と唸ってました。


あ、ここ大事です。

「人の創ったものにはほぼ必ず全てに意味がある。」


そう思います。ハイ。僕が勝手に思ってます。
そう想うとね、細かいところまでほへぇ〜って感心できるのよ。
そうすると凄さがわかって、感謝とか尊敬とかになるのよね。
はい、真面目なこと言いました。にょほん。


とはいえいえ、原爆だとかという普段全く話さないテーマを同年代(と言っていいのかな?(笑))の後輩と話す機会があるというのもすごく貴重な体験でした。
本当にありがたいことですね。感謝。


さてさて、その後はテンション上げに(?)観光地。
いやー暑いんですよ(全国各地暑かったでしょうけど)、しかしそれでも1日回りに回って楽しかった!!長崎は見るとこ多いけん、良かとこです!!

オランダ坂で君を待って〜♪て歌があるくらいだからね!!(笑)
でもオランダ坂見てがっかりすんなよ!(日本3大がっかりに入るとか入らないとか)(笑)

ほんでほんで、稲佐山の夜景ですよ。
(日没から20分後くらいが良い時間帯らしい。)
ほぼベストなタイミングー、にゃふー(笑)

日本3大夜景のひとつ!港町素敵です。
本当に良い夜景でした。(ロープウェイが見つからず迷ったのは内緒。)

さんざん言いますが・・・・・・
1人じゃなくて本当良かった・・・・(心底)
・・・・・・(批判は僕の聞こえないところでするように(笑))

あのー共有できる相手がいるってことは本当に大事なことよ?うん。
あ、あんまり言い過ぎるとダメk・・・・(自重)


とりあえず長崎の街自体デートに素晴らしい場所であり、夜景ももちろんデートに使ってくださいということです。(結論おかしい)

そして稲佐山を降り(片道ロープウェイ料金ぴったり出せず(100円多い)従業員にすごくがっかりされたのは内緒の話)

そして下駄っぱーずOG様と出会い、はたまたここでお世話になるのでした。
ご飯を食べながらあんな話やこんな話をしていたのでしたー(笑)

とそして次の日は佐世保でバーガーを食べ(有名人の写真もたくさんあるお店!しかしハリーポッター出演者への扱いはひどい店(笑))、私服で海に入り、結果見事にくらげにチクチクされてくるという楽しい1日を過ごしたのでした。(ダイジェスト(笑))
れみとはここで感謝感謝のお別れをし(カステラありがとう!)
この日もほりめぐ様にお世話になるのでした。感謝。

OG様「女の子と回れただけでも幸せでしょ、しかもあんな良い子と」
ゆ「・・・そうですね、その思い出だけで生きていけます。」

・・・という現実逃避をしながら長崎を終えたのでした。(笑)


そして先輩に感謝感謝をし、博多へ向かうのでした。
そして、ラーメンを食べ、港にふらふら立ち寄り、途中のトンネルで1人だからってto Uを熱唱し(笑)、太宰府天満宮で小吉を引き・・・・、とりあえず運が上向くまで待ちか!と納得させ、天神うだうだして、先程申し上げた先輩とご飯を食べて仕事の話(UNIQLO)などを聞かせてもらって、21時の飛行機に滑り込んだのでした!

(次の日は朝から下駄っぱーず、そして舞台でした。)


以上長々と書いてしまいましたが、放浪記でございました。

福岡は見るところという感じより買い物とかのほうらしいです。
だから、長崎が(他の九州いってないけどイメージで)一番いろいろあるような気がいたしました。観る所あるし、ご飯もおいしいし、うむ。

なにはともかく、人に会える旅というのは本当にありがたいことでした。
会っていただいた人に感謝。お世話になった方々に感謝。
ありがとうございます。

ご迷惑はおかけしますが、一番楽しい旅の仕方かなぁと思いました。
だから、本当ありがとうございます。なのです。
また人のためも思いながら人に迷惑かけながら精一杯生きてゆきます。^^


うひー楽しかった!この夏のやりたいことの1つだったことが見事にできて本当に良かった!
ありがとうございました!
日記もtwitterも読んでくれた方、うざったいと思われた方、ありがとうございました。(笑)
ありがとうございます。
書きつくせないほど楽しいこともありました!詳しい話はまた今度!(笑)
ありがとうございます。

感謝はいくらしても足りないくらいだけど、だからってしないのは本末転倒。
だからさっきからありがとうございます、ばっかり言うのです。(笑)足りてないけど。
ありがとうございます。



それでは長文お付き合いどうもありがとうございました。



またねーぃ。(*'ー')/







・・・しかしあと1ヶ月くらい夏休みあるのよね!!(笑)
posted by ゆっぽん at 00:25 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 九州に行ってきたお話。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広島に行ってきたお話。

8/22のお話。(mixiにあげてたもの)

どうもこんにちは。昨晩から東京を飛び出し現在広島まできちゃった僕です。(こう書くと家出少年ですね。)


さて!そんな楽しい道中のお話をば。


まず昨日、社会人の方にソーラン節を教えていました。
ついに俺も個人で評価される時代になっt・・・(ry

ひょんなことからWIFのつながりつながりでソーラン節を教えていました。出会える人なら出会っとけ精神ですね。

とはいえ、ソーラン節踊るのは久しぶりすぎて、カウントも途中途中忘れていt・・・のは置いといて、身体がさすがにやられてました(笑)
昔は何回も踊っていたのに・・・。
ががーんって感じですね、自分の限界を最近感じちゃいますよ・・・ね・・・。とまぁそれも置いといて。

だから足がもうガクガクしちゃってたわけですよ。
階段上るのもおっくうになっちゃうわけです(笑)


と、その晩に夜行バスで広島まで来ちゃったわけです。
新宿からバスに乗ったのだけど、その30分前くらいになぜか個人宛に電話が来て
「今カラ行クノデ待ッテテクダサイ」ってなぜかカタコトで連絡きた。
親切なんだか不審な人たちなんだかわかりませんね。(笑)

一抹の不安を抱きつつも(ちなみに僕は遅刻気味だった意味も込めて不安だった(笑))、バス酔いしながらも、広島にたどり着いたわけです。

バスで起きたときは足は固まってました。
ハイ、筋肉痛いただきましたー☆



とはいえ広島じゃー!!(広島弁のつもり)


しかしここであまりのノープラン加減に気づく。



あ、そういえば広島って厳島神社あるじゃん!!(ごーん)(今気づく)

・・・路面電車あるらしいぞ!1日乗車券だ!


あー!!
たまらず同時に下駄っぱーずOG広島出身(後の神)に連絡!(笑


しかし、ここらで携帯の充電がなくなる。(朝10時くらい)
コンビニで買うかー・・・

よし、買ってはみたものの

・・・(電源が入らなくなる前にご使用ください)・・・

え、なにこれ?


・・・・・


・・・・


・・・・・充電されないな( ゚_ゝ゚)ノ ホイ

というわけで、各所のトイレで電源をいただいて危機をどうにか切り抜けたのは内緒の話。



(笑)


はい、というわけでコンビニで冷やし広島ラーメンをいただき原爆ドームへ!

・・・・つくづく平和を感じます。
広島平和記念資料館・・・・・・言葉にするのもなんだけど、なんともいえない、「なんかわからなかった」が素直な感想。
いろんな疑問、感想も浮かんだけどね。
アメリカ側はどんな気持ちなのかなーとか、テロを起こすやつは人との交流を避けるように教え込まれてるって話も本で読んで、そんな風なことがあったのかなーとか、逆に言えば誰かが何か交流を持っていればそんなことにはならなかったのかなーとか、とかとか

でもわからなかったが今の答えとする。
わかった気にはならない。でも、なんかすごいな(プラスでもマイナスでも)と思った。と。

もっともっと若かったら(高校で沖縄に行ったけど)きっと「自分がわかってないこと」もわからなかったと思うんだよねー。高校でなんにもわからなかったし。そこまでなにやらすごいということを感じてなかった気がする。

修学旅行で、よりも一人でこういう場に来るとなんか、うーんって感じになります。どうぞみなさんも。


さて、そんな感じで原爆ドームを終えて、次は神(OGの先輩)の情報もいただき、宮島へ!!
情報が懇切丁寧(神!)で本当にありがとうございました。


宮島ったらもう、お宮=神社の島ですよ!?(笑)

フェリーで行くのです!




結論から言います。



宮島に生まれたかった。







というぐらいな場所でした!(笑)
鹿もいるのよ!(写真は帰ったらあげます)
たぬきもいるのよ!
猫もいるのよ!
日本っぽい場所なのよ!
世界遺産神社もあるのよ!
山もあるのよ!
海もあるのよ!
穴子めしがおいしいのよ!(\1400ちゃりーん)


ほら、生まれたくなってきたー(?)


と、宮島はあの大鳥居が海に浮かんだり(満潮)地上に出たり(干潮)するアレです。
と、僕は思ったのです。着いたとき(3時くらい)が干潮に近いので帰りは満潮に近づいて、夕日がきて・・・綺麗に違いないっ!!

と、まずは厳島神社にいきましたと。
おみくじ引きましたよ!なおかさん!!

・・・宮島の厳島神社は女の神様がおると言われて,男性は好かれると言われてます。


・・・・凶でした(ずーん)


あれ?・・・結びつけてなかったことに。(笑)


そして、山を散策散策ー♪



弥山(みせん)にはロープウェイがあるのさー♪


・・・あれ?


ロープウェイ最終17:00
下り最終17:30

現時刻:16:40

やばい!

というわけで、一目散にロープウェイ!せっかく来たんだしね!
30分でも登らなきゃ!(\1800ちゃりーん)


んで、着いたのが17:00

ほーう良い眺め!!

家族らしき人に「写真撮ってあげましょかー」なんて調子こきっぷり。(笑)
そんなこんなで17:10





しかしそこで見てしまったのです。












【弥山展望台まで1km(徒歩約30分)】





へ、へーん、どうせ高さ変わらないんでしょ・・・?


・・・・・・



・・・・・・・・


・・・・・・・・・



そこが頂上らしい。


・・・・・・・・・・悩む。数秒。


いや、コレ山だから徒歩時間盛ってるでしょ?
走っていけばいけるんじゃね?!(と調子こきっぷりww)
(サンダルww)


「ともかく、今から往復できる時間は限られているからそれを2で割った時間数だけ進むだけ進んで無理なら諦めよう!」(キリッ



そこからダッシュが始まったのです。


最初の0.3km(といっても石段とか岩とか時々舗装道路)は下り気味。

(あれ、登るんじゃないのこれー?いけるんじゃない?)


・・・・・・



・・・・・・





あ、0.7kmがそういうことね。(どーん)






というわけで、急な石段を登り、坂を登り、岩を登り、(急だともう走れないのね(笑))
ぜひぜひ言いながら、これもう体力の限界。
古き陸上部時代の合宿思い出す。



タイムリミットがせまる。


頂上まであと0.3km・・・0.2km・・・時計チラッ。

上を仰ぎ見る・・・・遠っ!!いや無理でしょ!って頭によぎる。



ピピー!試合終了!










と、思ったんだけどね。








何を思ったか、あと少しなのに引き下がっていいのか?!って思いと








待て待て、最後の0.7kmがほぼ上りならば、帰りは逆だから帰りは早く行けるでしょ。(っていう体力を考えない調子のこきっぷりww)










というわけでGO!!!(笑)


・・・そして途中で同じく頂上を目指している欧米の方に出会う。

「英語デキマスカ?」


「a little bit」

・・・割愛(笑)

ロープウェイの最終の話ではなく、フェリーの最終の話を聞いてきた!(笑)
でも、「18時じゃないよね?(in English」って言うから
まぁ「それはないと思うよー(in English)」で、僕は先を急ぐ!!


ぜはぜはっ・・・・ぜはぜはっ



頂上に着きました!!!

すぐ後にその人もノコノコ来ました!!


私は一目散に写真をとり、風景を心に留め(?)、帰ろうと思った!


でもちなみに聞いてみた。

「ロープウェイなくなるけど、歩いて下りるつもり?」

・・・「うーんどうにかする、ここまで45分かかった。(今から急ぐという)そんな大変なことできないよー。」

(これは、俺が正確に聞き取れてないためかなりの意訳である(笑))




・・・そうか!とりあえず急がなきゃ!じゃまた!
(なんかこう見ると俺だいぶ酷いな)




(登山道あるにはあったけど2500mとか書いてなかったかなー・・・・歩いたら結構かかりそうだ・・・、暗くならないうちに帰れて欲しいなー)
(なんかこう見ると俺だいぶ酷いな)




つって思いつつ走り出したのでした。そんなこんなで時間を過ごしてしまったから、あと7分とかそんな時間しかありませんでしたよ、と。


やべー!!ぬをー!!石段だんだん!!(サンダル)


んで、走りながら思ったこと。
はっ、下り坂でブレーキかけるのやめよう。
(山道でこんな危険なことみなさんしないように)

(中学時代の下り坂で同級生に勝った合宿を思い出しながら)
かかとで接地してなるべく早く足を踏み出そう!
ぬわー!!


足痛い!筋肉痛だってば!!



しかし行かなきゃ歩く羽目になる!!


と残り300m!!(ここらで発車ベルがなんだか聞こえなくなってくる)

やべーやべ−!


ここからの上りがきついのなんのって!!



足が動かなくなって諦めてました(笑)でも行かないとー・・・・


(でも俺終電逃すキャラなんだよなー・・・多摩川花火のときも逃したし・・・俺とのすけさんは違うんだ・・・)



と思いつつ(いやホントに(笑))


でも最終的に走る!


やっと見えてきたー!!

ぬわー!!


駆け込む!!

(汗だく)

改札の柵が閉まってる・・・・!

(汗だく)


しかしロープウェイにはまだ人が乗ってる状態!!

(汗だく)


係りの人が出てくれて、「もうちょっと早く来てねー、30秒遅刻だよー」「はーい」(むしろよく30秒だけで済んだもんだ!と心の俺(笑))

と入れてくれたのでした。

(すぐに切符出せなかったけど、「車内でいいから^^」というやさしさ!!(笑))


(汗だく)


そこで一緒に乗った欧米のカップル!!(さっきとは違う人)


というシチュエーション。



ともかく無事(?)に1000m×2を20分でこなし、乗れたので良かったのでした。(笑)



そしてそして、車中・・・(汗だく)
一人旅の寂しさ(?)から、いやー・・・・話しかけました欧米のカップルに。
(何度も頭の中でシュミレーションしたのは内緒の話。)



フランスから来ているお二人でした!

(会話割愛(笑))


しかし、「日本の家の前にある水の入ったボトルは何のためなんだ?」と質問をくらいました。

(bottleが聞き取りづらくてブッタのなにやらかと思ったのは内緒の話。(笑))


そこで言ってやりました、

「あれは、猫よけ、だ!!」と。
あれ?違う?僕はそう教わりましたけど(笑)


そしたら「んー、いろんな説明を受けたわ、雨のためとか、花に水をやるとか・・・(新しく)ネコね。」

との反応。
あれ?(笑)そういわれると自信がなくなるものです。人間!(笑)


まぁそういう話(?)をしながら、今度は子たぬきが出てきたので、「あれは何?狐?犬?と聞かれたので」

たぬきのEnglish名はわからず
「英語名はわからない、しかし日本語名なら・・・→Japanese・・・TANUKI!」って言っておきました(笑)


昔の短期留学が見事に活かされてます。


・・・・伝わればなんでもいいんだ。



ってね。(笑)(いや、まじめな話よ?)


ま、そう思っているから話しかけちゃったわけですけどね。
おかげで会話ができて楽しかった。


んで、神社まで歩いて「have a nice trip!」って律儀に僕は別れました(笑)


とまぁ、宮島=汗だくで走った記憶へと塗り替えられていったわけです。
(結局)
そして、サンダルで走ると靴擦れするな・・・ってことを身をもって知れたわけです。(走る予定があることがおかしいのだが)


ちなみに夕日は雲に邪魔されてしまいました。
それでも綺麗だったけどねん^^。


で、揚げもみじまんじゅうを食べ、広島焼きを食べ!広島市民球場(MAZDA広島スタジアム)広島カープが運よく試合しててカープファンに混ざりつつ、球場を(外から)観て、カープファンのように流れにのって帰ってきて、川のほとりをミスチル聴きながら散歩して、マンキツを探して、今に至ります!(笑)だいぶ割愛。




結論:広島良い所です!!
京都も住みたい場所ベスト1ですが、次点で広島ってくらいです。(勝手なランキングww)

なにより市街地に川があるってそうとう強いな・・・。って感じです。
広島も川がたくさんあるんです。そんな街はおしゃれです。
球場が広島駅から800mって立地良すぎ。
カープが地元愛に支えられているのもこのおかげでしょうねー。と。

そして、観光客だからだけど「じゃけぇ」ってここで聞くとなんだか嬉しくなるものです。(笑)




というそんなこんな、1日を送りましたとさー。

明日はいよいよ九州入りです!


よっしゃー!・・・まだマンキツのシャワーの順番回ってこない!(笑)

始発ででる予定なのに!!


やっほーい、おやすみなさい!

こんな日記にお付き合いどうもありがとうございましたー。
一人旅だからねー・・・こうも書きたくなっちゃうものです。(笑)
posted by ゆっぽん at 00:21 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 広島に行ってきたお話。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月28日

beyond myself

あ、そもそもこのblogで伝えたいことなんかはなくて、強いて言うなら未来の自分になにかを残したいだけで。
このblog自体を何か伝える手段にしようとか思ったことはないわけで。

はい。



いろいろ書きたいこと(広島・長崎・九州の話)はあるのだけど

近々で、下駄っぱーずでのイベントに参加させてもらって踊ったのでそこについてまず書いてしまいたい。


いやはや、このイベントに参加する前から自分は自分の期待値を越えられるのかなぁと思ってましたが。
(最近08年の早稲田祭の自分の映像を見てこれが一番よく動けてたんじゃないかなーと思ってた)
結論から言うと、こらまた「いまいちよくわからん」。

周り(1年生〜3年生いや4年生、全員)が「楽しい」ということを連発するので、あぁ単純に「楽しい」と言える彼ら、彼女らがなにかうらやましいというか、そうなのかーって感じだった。

楽しいの一言に尽きますとか、幸せーとか、好きだーとか。いや、それはもう素晴らしいことなのだけど。


実はそんなシンプルにそういう感情を持ててたのは2年生までだったんじゃないかなーと思う。
そりゃそりゃ侍のときとかね。レベル的にいってもそういうところで満足できてた。

最近はそれがなくなっている感じ。
んー、舞台に出るときって大体自分の中で、かちっとハマッて満足感を得られていたのだけど、最近はそーいうのがなくなっている気がする。
伝えられるものがまだあるはず、と思って踊ろうと思っていたけど、実際そんなものはないんじゃないのかなーなんて思ってしまう。


実際、早稲田祭もちょっと躊躇している。


あれ(08)ほど、一心な姿を見せられるだろうかとか。


ただ単に舞台の大きさとか照明とかでテンションがあがるという感じではきっとないんだよなぁ。
渋谷は舞台も大きくてお客さんも多くて盛り上がっていたけど、やっぱり1年前くらいのギラギラ感はなくなってしまっている気がする。気がする。

単純に楽しめないとはなんかめんどくさい奴だなー(笑)
みんなが楽しい楽しい言ってるから天邪鬼的に楽しめないのかなぁ。

目指しているものの違いなのかなぁ。
楽しいことは目的じゃなく、結果的に楽しめる、いや何かに本気で打ち込む、何かに向かっていくことに必死になることが楽しいんだと。
「楽しませよう」「お客さんにどうにか何か残してやろう」「良いもの見せよう」と(外向きなことを)本気で思っている人らとの団結の方がテンションがあがるんじゃなだろか。
【何か得体の知れないものにみんなで向かっていく】、多分コレが一番たぎる。
やったります!って思える、一番のシチュエーションだと思う。

楽しいことに向かうんじゃなく、楽しさはボーナスいや、セットみたいなものだ。

楽しめとはよく言うけど、それが良い結果を生むのを知っているから。
つまりはハイパフォーマンスができるからなんだよなあ。

人のために、より良いもの見せるために楽しんでいるんだよ。
楽しんでいるから良いものが見せられるんだよ。


だから楽しめなくなったらある意味おわりだし
良いもの(クオリティ、レベル的に)が見せられなかったら(それでやっぱり楽しめないから)おわりなんだよなぁ。


と、思うこの頃。ま、すとんぷ、いや全てのこと(パフォーマンスもお仕事も)も同じくだがね。


得体の知れないものを創ればいいのかー。にゃふ。


タグ:踊り 人生
posted by ゆっぽん at 22:50 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - beyond myself | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月20日

なんにもない

今日は久々(ホントに久々)に地元をウィンドウショッピングした。
ぐるぐる回って2時間強くらいは回っていたと思う。

4年生になったらおしゃれに目覚めるだとかなんだとか。(笑)
おしゃれにもお金が必要なのね・・・と。

でも、これ高いなー!って思うくらいでは、自分の金銭感覚が追いついてない証拠なんですよね。
絶対的な値段ではなく、この品物に対してこの値段、妥当だなーとか安いなーとかって思えたときが買いどきなんでしょうね。

背伸びしたって結局自分に合わない気がする・・・。




自然になるのが一番である。
だから高いっ!!って思ったものは基本買わない。(笑)


でもオシャレをするには・・・・。


というのにしてもウィンドウショッピングはかなり有効な気がする。
こんな着方あるのねー、とか、こういう人がいるんだーとか
なんかみんな同じようなファッションだなつまり流行なのか、とか、そういう知らず知らずのinputが必要何だと思う。

さっきのシャツと合わせたらこんな感じかなー(モワモワ)って妄想も膨らますことも大切かと。
脳みそ使ってるーぅ!って感じになりますね。


とりあえず、外に出て刺激をもらうことの大切さを実感。


と、

また短期留学していた頃の話。


いつも授業は4時くらいに終わってしまっていて、7時くらいのご飯までには毎回時間が余っていました。
タイミングがよければ一緒にカフェに行こうなどありましたが、ほぼ1人で過ごす・・・・・(泣


でも、まっすぐステイ先に帰ってはせっかく来た意味がない。
なにかを感じて帰らなくては!
と、先に留学していた人から「まっすぐは一回も帰ってない」との話を聞き、よし俺も!っと思ったのでした。


そこからなにもなかったらウィンドウショッピング(たまに買う)の連続。(笑)
ショッピングモールやチャイナタウンに行っては良さそうな服とかお土産とかを物色!

H&Mとかセールで2ドルとかで洋服売ってるっていう事実!!

日本との違いをそこで感じていました(笑)


とまぁね、なんにもやることがないと、そうウィンドウショッピングとかの楽しみがわかったり、ささいなことが楽しくなったりするのです。

下駄とかSTOMP(当時まだできてない)のこととか、将来のこととか、何も考えずただそこにいて、何かを吸収したい、ただ生活している、ただいつもと違う環境で生活している、それだけにフォーカスしていたので

やる(べき)ことがなにもない状態だったんすねー。



今日ウィンドウショッピングをしながら昔を思い出した。

なんにもないと何かを見つけるんだなぁと思いましたとさ。

だとしたら、なんにもやることがないというのも、楽しさを見つけるためのstepになりうるんだなーとしみじみ。


ちゃんちゃん。


タグ:時間 性格 人生
posted by ゆっぽん at 19:21 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - なんにもない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

shake hands

1年半前ほどにトロントに短期留学していた時の話。

途中からビジネスクラスに入れてもらった。


そこでは主にビジネスを想定して英語を話すんだけど、文化だとかという話も先生はしてくれた。
ビジネスをするには相手の文化を知っておくことも大事だから。


まあ


そこで、握手をしようという話になった。
欧米は初めて会うときに握手をよくする。
日本人はbow(お辞儀)が普通だけど、グローバルスタンダードは握手っぽい。



で、そこで



クラス全員と握手をしようという話になった。
そして、誰が一番心地よい握手だったか、アンケートするというものだ。


これがなんだかすごく面白かった。


誰が心地良いってなんじゃらほい、って感じだったけど

何気ない握手なんだけど、一度にいろんな人と握手をすると一人ひとり握手が違うことに気付く。
心地良い握手ってモノが存在するかもしれないな、と思った。


触感、力強さ、手の位置、握手している時間、人それぞれなのだ。



ある人は力強く、ゴツゴツしていたり、一瞬のような握手だったり、柔らかい手だったり。

なんか握手一つでもすごくテクニックがいるんじゃないかって思ったのをなぜか憶えている。


そして、アンケートをとる。



不思議なことに全く手の上がらない人と、数人上がる人という風に分かれた。
心地良い握手というものは共通して存在しているらしかった。

すごく興味深いお話。



と、同時にみんな変わらなくね?と思っていた握手にさえ個々人が宿るのだなと思った。
こんな何気ないところでも人それぞれ違うように受け取られるのだから、個性というものはほとほと滲み出てしまっているものなのだ。

どう生きていようが、自分からは逃げられないんだなぁ結局。
だから、自分を押さえ込んでも、○○すべきって思いこんでる自分がいても、結局は自分の思う方向にいっちゃうのよねー。

そう思ったこともしばしば。


っと、なんでこんなことを思ったのか忘れたけど(笑)


思ったことは思ったことなので書き留め。
タグ:人生 留学
posted by ゆっぽん at 11:19 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - shake hands | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月18日

step,step

なんか五感が冴え渡るような、ヒリヒリするような、駿アニメで言えば毛が逆立ってくるような、感覚から遠ざかってるのが問題なんだな。今の自分よりちょっとだけ上のレベルのことに挑戦しなきゃ。


ということで、なにか一個でも上のレベルのことに挑戦したいなぁと思った。

近しい人(たち)が、留学に出かけてしまって、でもそんな環境でがんばってる+全てが新鮮+ドキドキする、というようなことを話しているのに影響されて(影響されやすい体質(笑))

俺もそんな環境から少し遠ざかっていたなぁと反省。


短期留学前は思っていた。
なんにもわからないようなトコってきっとヒリヒリする。
行ってみて、全てが違う環境はやっぱりなにかどこか臨戦態勢に入る。
1人だという紛れもない事実が奮わせる。

あぁ、やっていかなアカンぞ、コレ。
って想う。

特にいつの間にか飛行機が欠便になってたときとか、結構ゾワゾワした。
そうでなくっちゃ!っと軽く思ったのも事実。


STOMP!も下駄もやっているときもそんな感じはあった。
やってることが多くなってくると、逆に冴えてきて、なにか燃えたりする。


でも、ここ最近
4年目にして、なにか結構ほとんど経験したような気分になって腑抜けが始まっていたような気がする。


まさにSURFACEの歌のような


「やりたい事をやって 暮らしてるなんて言って 実はやれる事だけ やってただけでしょう?」


状態ではないかと思う。



曲を創るだとしても踊りを創るだとしても、なんとなくやってきたことなんだよな。


やれることの外にあるやりたいことをやりにいかなくてはいけないんじゃないだろか。
でもそれってなんだろう。


思いつくことはあまりないけど、

とりあえず、English Twitterを始めようと思う。
英語で呟いていきたい。
まずはそこから、それしか思いつかないから(笑)


英語圏のfollowを増やしたいなぁと思う。

是非、機会あればfollowや英会話お願いします^^
@yuusukie

もっと、自分のレベルよりちょっとだけ上なことって何だろう。
留学はもういちど行きたいと思っている、タップ?ストンプ?ダンスもしようかと思う。できればインドにも行きたい・・・かなぁ。

毛が逆立つようなこと見つけに行きたい。

キラキラした1,2年生に負けないように。



タグ:人生 挑戦
posted by ゆっぽん at 10:44 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - step,step | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月13日

聞き慣れた言葉

ふと思い立って筆(?)をとってみる。

なんか長らくblogを書いていなかった気がする。実際そうだ。

就活をひと段落させて、すごくなんでも人と飲んだりだとかをすごく軽くしている。
表面的なことなのかもしれない。
しっかりと根を張って楽しんでいるかと言われるとちょっと考えてしまう。
だからといって一緒に過ごしてくれる人が悪いとかそんな話じゃない。

1回きりの飲み会とかそーいうものはそろそろ卒業したいなぁと思う。
そろそろ1日をどう過ごせばいいかもわからなくなってきたし。
九州に行くだとか、免許取るだとか。場当たり的なことじゃなく具体的なことをちゃんと見据えてやる時期が来ているんだろうなぁと思う。


さて、なんだかふと、今までもらった手紙だとかを読み返してみる。
夏だとか春だとかって別れの季節だったりするもんだ。


とはいえ、たまに言われるのが「出会えてよかった」と言われるのだけど
なんとも言えぬ気持ちになってしまう。

嬉しいことにはきっと違いがないのだけど、実感がわかない。
出会えてよかったといわれても・・・。
出会わなきゃ出会わない人生があったわけで、それと比べることはできない。
それを確信持って出会えてよかったと言ってくれているんだろうけど。
うーん、そしてそれが別れの言葉になってしまうのがなんとも・・・。

それはなんだか聞き慣れたというか、よくある言葉だからじゃないかなぁ。
こんなこと言ってしまう自分がなんだかひどいことは知ってる。

Nice to meet you

出会えたときに言う言葉だ。


初対面でこんなことを言ってしまうんだから。
出会えてよかったと思えた瞬間瞬間に想いを発するほうがしっくりくる。きっと僕は。

なるべくなら、誰も使わないような言葉で、文章で、何かを伝えられたらいいなぁと思う。

それはまぎれもなくどこにもない自分の言葉だったりする。

だから具体的なことをいったりする。
いろいろありがとうございます。なら誰にも言えるけど
お茶一杯出してくれたり、あのメール一通ありがとうございます。とは誰にも、きっと僕しか、君しか、誰か一人にしか言えない言葉なんだと思う。


別れの常套句なんてない。
そういうものに頼ってしまうのもできれば避けたい。

聞き慣れた言葉じゃなく
想いを馳せて、言葉は単純でいい。意味のある言葉が一番届く。


僕にはね。


そう思ったこんな季節。

タグ:人生 別れ
posted by ゆっぽん at 17:43 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 聞き慣れた言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月05日

すごいものがすごいとわかるすごさ

本日、映画「インセプション」観て来ました。

その感想をば。

でも内容的なことには全然触れないので、どうぞ。
ただの感想だけです。

stompとかで映像編集に携わることはあって、やっぱり全く及ばないけど、そういう観点から物事を見るようにもなっているのね。

映画って今までほとんど興味はなくて(インセプションはその中でも観たいと思う映画だった)、あまり何かを思うことはないのだけど、
どこからCGなの?って思っちゃうようなCGの技術とか
このカット割、ワンカットのように見えるけどどうやって撮影してるんだろか?とか
渡辺謙さんがそうそうたる(もちろん謙さんもその1人)メンバーの中で、フィルムの表面(みんなから見えるところの)で主要な人物の1人をはっていると思うと、すごい人なんだなとか
監督この最後の演出やらしいな、とか
最後の最後はこういう意味だよね、とか

ほんと、一人ひとりがやったことを観ていくと、もう宝箱みたいないっぱい想いとか、工夫とか、アイデアとか、遊びとかが詰まった作品なんだなーと。

と、同時に今まであんまりそういう捉え方ができてなかったなぁと思う。
そういう星の下に生まれた人、そういう人が演技して、なんとなく映像とか(できあがったものしか観客は見れないわけで)なんかすごいなーって思うくらいなのね。

でも、最近は(もちろん全然技術とかわからないけど)腹からすごいなーって思える。その衣装ひとつとっても、場面に合うように選んでいるんだよな、とかどこに傷があったほうがリアルかなとかきっと考えている人がいるんだよなと思うと、人が創っているものには必ず意味があるはずなんだよなーって思うとすごく面白い。

というのも多分最近、編集だとかモノを創るだとかっていう作業をしてきているからだと思う。
多分ミュージシャンが1曲作るにしても、リズムとか歌詞の意味とかすごく一言一句、一音一章節、なにか意味が込められているはずなんだよなーと。

そう完成された、パッケージされたものを紐解いていくと、すごく面白いし、その人を近くに感じられるし、なんだか愛らしく思えてくる。

なにも変わらない同じ人間だなぁと。


(それを同じように考え付くかどうかは別としても)


そして、自分のことをいっても、まずここに気付くことが大事だよなと思う。
なんとなくすごい、で終わらせる、もしくはその1歩手前、すごいと思えない場所で止まってしまうのはもったいない。

すごいと思うからこそ、自分との距離(差)がわかる。
すごいと思うからこそ、自分はまだまだだなーと思える。
すごいと思うからこそ、相手の工夫とかアイデアがわかる。

固いこといえば(笑)、すごいから、自分にはできないから、感謝とか尊敬とか謙虚が生まれるんだと想う。

そう感じたら、別モノとして扱わずに、ちゃんと距離を測る。
だから本当に尊敬できる。





毎年200本安打を放つイチローはすごいか?
ぶっちゃけピンと来ません。第一、俺野球やってないしね。


でも

「僕は1日10分の素振りを365日続けた。」
と、イチローが言ったとする。

なんだか近くなってきた感じがする。
(もちろんそれだけじゃないけど、例えばの話)
僕はそれはできないな、と。

だからリアルさがわかる。なんとなく距離が測れる。
だから凄いなと思う。単純に200本安打がなんとなくすごいというレベルじゃなく。

距離が測れたら、同じ直線上、フィールドに立てたときに、本当にイチローのすごさってモノがもっともっとわかるんだろうな。


すごさを感じられるっていうのはその一歩だと思う。


世の中当たり前なんか何一つない。
当たり前のように思わせてしまう技術があるってことだと思う。


そしたら、人が優しい言葉かけてくれるときとか、メールくれたりとか
励ますとか、電話とか、手紙とか、贈り物とか、プレゼントとか、一緒に遊ぶとか、もちろん怒るとかも含め、そんなことに時間とかエネルギーを使ってもらえてることが、凄すぎてたまりません。

その人はそういう人だからって考えるのはもうやめました。
この人は楽しい人だから
この人は下品だから
この人は優しいから

違います。多分。いろんな考えの末にでた優しさだったり楽しさだったりするんだろうなと思うように変わってきました。
(むしろ、そういう人であった場合も、そういう人であることがやっぱりすごいなーと思う)

だから細かく細かく、感謝とか反応ってものを返せたらなぁと思う。


ほんと、感謝感謝、って感じです。

そう生きれると楽しくて仕方ありません、と思う。


んー、うまく言葉にできてないな(笑)


まぁ、また今度に。

って、全くインセプション関係なかったね(笑)ごめんちゃい!!
タグ:人生 映画
posted by ゆっぽん at 23:56 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - すごいものがすごいとわかるすごさ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月04日

ひとつだけ

楽しいことは他にもある
満月の下のパーティ
テニスコートを駆けまわる
選び抜いたもの集め作る中華料理

 けれどもいま気がついたコト
 とってもたいせつなコト
 一番楽しいことは、君の口から
 君の夢、聞くこと

 離れている時でもボクのコト
 忘れないでいて欲しいよ ねぇお願い
 悲しい気分の時もボクのコト
 すぐに呼び出して欲しいよ ねぇお願い

 離れている時でも私のコト
 忘れないでいて欲しいよ ねぇお願い
 悲しい気分の時も私のコト
 すぐに呼び出して欲しいよ ねぇお願い

(ひとつだけ/矢野顕子)ちょっと改変
posted by ゆっぽん at 13:53 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - ひとつだけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。