2010年09月29日

left

さて、後期が始まった。

最後の半期。
全く興味本位だけで取った空間デザインという授業に行った。


今までいろんな授業にもぐろうとは口では言っていたがいまいち実行できてなくて、4年で単位も大丈夫そうだから勢いでとってみた。



こういうのを実際受けるとなんで1年生の時からこういうことやらなかったんだろうてなんか悔やまれる。


自分の特性上単位は取れるだろうから思いきって若いうちからもっといろんな授業とっておけば良かったといつも思うのだ。


思えば、大学でいろいろなことやったと自分では思ってたが、これ!という心躍る授業に出会ったということはなかったなと思った。


それが多分大学生でやりのこしていることだと思う。


サークルとかで学ぶんだ!とは思っていたが、やはり学問として何か知らないことを知れるというのは面白いことだ。


あー、もっと首を突っ込まないと。


くそーまだまだいっぱいあるはずだ。
最後だし同じようなことはやりたくないので、まだまだ探さなきゃ、勉強しなき、betterでなくbestの選択肢を探さなきゃ。


言い聞かせる満足じゃなく、心躍るものに関わらなきゃー、あー。

なんだかざわざわしてます。
posted by ゆっぽん at 21:46 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - left | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月26日

wasemegu

STOMP!の方で、留学行っちゃう子の餞に。
そしてまたSTOMP!でなにかやろうということで
早稲田〜高田馬場間のSTOMP!をしてみましたのが7月の終わりのこと。

それをちゃんとお知らせしていなかったので、きちんとこちらにも(笑)



いろんな苦難を乗り越えて。(笑)
一生懸命やってきましたよ。^^


是非、なんじゃこいつら。

って目で見てください(笑)


今年の早稲田祭も出るんです。


どうぞよろしく。
posted by ゆっぽん at 22:33 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 企画 はてなブックマーク - wasemegu | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月25日

衝動

馬場さんのblogを読むといつも、
勉強というか、学びというか、チャレンジというか、

そういう欲に駆られる。
なにかそういう衝動をもらう。

だからおさえきれないのでこちらにも書く。


それになんか、やっとこさ、俯瞰的に観てつながりというか、すごさというかを
客観的に見れるようになってきた。
(実際はそれを「乗り越えて」すごくないと感じるほうが良い気がするけど)


意味がわかってくる、ってすごく大事な能力だと思う。
「すごい」がわかると同じような意味。









時代は混乱し続け その代償を探す
人はつじつまを合わす様に 型にはまってく
誰の真似もすんな 君は君でいい
生きる為のレシピなんてない ないさ



息を切らしてさ 駆け抜けた道を
振り返りはしないのさ

ただ未来へと夢を乗せて



        Mr.Children『終りなき旅』

昔の歌だけど、今、同じようなことを歌を聞かずに思っていた。
これから一生懸命駆け抜けるけど振り返りはしないだろう。(今までも)
ただ先の未来へと前傾姿勢のままだろうな。







世の中繋がってます。


がんばろう。
がんばろうと口に出すのは嫌いだといつか、いいました。

「今」はそんな気分じゃなく。


この世界はがんばるだけの価値が十分にある世界だと、思う。
むしろがんばらないともったいないレベル。
タグ:人生
posted by ゆっぽん at 22:59 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 衝動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

月が綺麗ですね。

I love you. をどう訳すか。
そんな問題が江戸〜明治の時代におきました。

そんな折、

夏目漱石が学校の先生をしていたとき、
「I love you」を生徒が「我君ヲ愛ス」と訳したのを聞いて




「月が綺麗ですね」といいなさい。それで伝わりますから…。


といったそうな。










さて、今日は良い天気だったのでそのことでテンションがあがり、夜道を散歩に出かけ
公園のぐしょぐしょした道を歩ってきました。(おかげで汚れました(笑))

気温も湿度も涼しくて最高よす。
感慨にふけってしまいます。


星も見えてきました。
月明かりも影ができるくらいに煌々と輝いております。


これから冬に向かっていくんだなーと。
そうしたら星はもっといっぱい見えて、もっと空気が澄むんでしょうな。


でも、冬の寒さは耐えられないのでやはり今の感じが一番だなーと。
早稲田祭しかりなんていい季節にイベントがあるんだろう。と感動。
涼しいくらいの気候、ちょっと羽織って出かけるくらいの気候。
公園は緑がいっぱいです。空が見えます。感動。


あぁいい季節だ。

あいやー、星観に行きたいねー。今なら耐えられるぐらいの寒さだもんね。
大学生最後の秋とか冬だもんな、ちょっと抜け出してもいいよな。
空気の澄んだ場所に。



あぁ、いい天気だ。
あぁ、いい季節だ。
あぁ。

それだけ。



月が綺麗ですね。
posted by ゆっぽん at 22:38 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 月が綺麗ですね。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

別に巧くなくていい

僕は今日も待っている
君の声を待っている


暑さおさまり、涼しい季節の始まり。


涼しくなってから初の晴れじゃないでしょか。


こーゆう日は気持ち良い。


んあ、きっと伝えられることはたくさんある。

そのことがはっきりしないけど、

もっともっと自分を見せて聞かせて感じさせなきゃ。
posted by ゆっぽん at 12:36 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 別に巧くなくていい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月22日

come on look back again

やはり、blogのペースが落ちてるなぁ。

ペースなんて元からないけども。


書きたくなければ、いや、書こうと思わなけりゃいいんだけどね。

書いてないそれ自体を書くこと、なんか面白いな。まぁいいや。


と、いうわけで!

明日はお伝えしたとおり地球感謝祭です。

お祭りです!!雨の予報もありますが・・・雨のときは・・・・・知るか!!


はい、STOMP!。下駄っぱーず。メガピース。などなど
是非是非、観に来て楽しんでください!!

@早稲田

高田馬場から徒歩20分
東西線早稲田駅から徒歩5分20秒


早稲田大学で!!


適当な告知ですんません。



でも、大事なのは、その後の【SENTOU!】
これが言いたいだけです。

MLで流すのがなんか憚られたため、ここで声を大にして、声にならない叫びを。


銭湯行きますよ!!


必要なもの

入浴代:450円?あれ?そんぐらいだっけ?とりあえずそんくらい(笑)

オプションでもって来たら良いもの

シャンプーとかタオルとか


最悪、買えるし、無料タオル貸してもらえるし!!(笑)


入浴er、大募集です!!痴漢祭出てなくても構いませんから!(笑)



そしたら、明けて24日は卒論指導され・・・12月9日の会議@16時〜です!!
MLは明日また流します!!(なぜここで言う)、みんなやろう!!^^










と、告知(主に銭湯の笑)をしたところで


1年前くらいの自分の日記を読み返した。

いやはや、早稲田祭まではノッてますね。(笑)
もう1年前のこんな時期かと思うと、しみじみしちゃいます。


本当に人のありがたみとか、わかった1年だったなぁ。
STOMP!は2年目でどうあれ(being)ているのでしょうか。

いっそのこと僕の手の届かないところにあればいいのにね。
そしたら余計な口を出さずに済む。とも思ったり。

ま、しかし僕が在学中である以上は無理だろうな(笑)


とま、今年僕が本腰入れるところはどこなんでしょうねー。いやはや。
とりあえず、また明日!





ちなみにね、痴漢祭ってねこんな温かいお祭りなんですよ(笑)
僕が1年生のときの2007年の痴漢祭。(そーらん節)、WIFのそーらん節メンバーです。
声だけでそーらん節を踊ったりしましたね。(笑)



posted by ゆっぽん at 22:52 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - come on look back again | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月20日

My News

この日記3日前ぐらいから書いてますが、いまいちはっきりしないので例のごとくぐだぐだお送りします。(笑

今週?の少年ジャンプの銀魂でジーンときた言葉があったのでちょっと引用。


暗がりの中を僕らはみんな走っている
・・・でも僕の周りの人はみんな足がとても速くて
僕が必死に追いつこうとしてもどんどん遠くにいってしまう

結局僕は最後は暗がりに一人になってしまうんです


・・・・・・・新ちゃん
あなたは幸せね



だって・・・
暗がりの中でも進むべき目標が
追いかけたい人達が見えているんだもの


新ちゃん・・・
本当に悲しい人は走るべき方向も見えずに立ち止まっている人
そして本当に辛い人はどっちが前か後ろかもわからない暗がりをそれでも先頭きって走っている人

確かに歩調を合わせてくれる優しい人なんかじゃないかもしれない
ぐにゃぐにゃ回り道が多い人なのかもしれない

それでもあなたはその人の走る方向が前だと信じているんでしょう
それはね・・・とても幸せなことなのよ新ちゃん


いんよー終わり。


まぁそこにつながる前後の文脈はさておき(笑)
感動しましたとさ。暗がりを先頭きって走るのは勇気がいるものでさ。
追いつこうと方向性がわかっているうちはわからないのかもね。

正解の方向のように走っていく人がいるけど、その人かて何が正しいのかなんてはっきりしてないんだよなあ。きっと。
ちょっとそこに想いを馳せてみると、やっぱりその凄さがわかる。
何かの先頭に立っている近くの人、想像するとわかりやすいかもね。


というわけで、Split the Difference観てきました。

なんだかーライブDVDを映画館で観させてもらってような・・・
おかげでやりたいことひとつ終えました。(笑)


はる、あや、みゆき、ゆかり、というメンバーで、どうもありがとう。
下駄っぱーずに着々とミスチル熱を・・・・(笑)
前夜祭と称して(ひとりで)カラオケ90分やる始末・・・だれかsalyuで一緒に歌ってくれww
(切実)しかしちゃんと後夜祭はやりましたよ、みんなで(笑)


とま、パフォーマンス的にも桜井さんはお勉強になるんだがにゃ。
僕が好きな人(性的な意味ではなくw)も桜井さんを好きで、(いや正確に言うと、その人を好きな要素がつまり桜井さんに影響されている部分でつまりは桜井さんが持っている部分な訳で、つまり俺が好きになるような人は桜井さんを好きであるような人なのか?ん?わかんね。関係ないね。(笑))

パフォーマンスでもそれが表れるような人だったなぁ。

僕もそーゆー(影響されたところを咀嚼して自分のサイズにして)とこ何かで見せていけたらなぁと思うわけですね。はい。




あー、なんかせっかくだから(?)もっとどうでもいいこと書きたいな。



どうでも近況報告


教習所通ってます!
仮免通過致しまして、あと2週間以内には取りたい予定です。
MTだこのやろう!ここからが本番!ぬをっ。


卒論
・・・・・・・がんばります。(笑)



授業
選外多い!最後なのに・・・!!
月 2時限 スポーツ認知心理学 所沢 101-101
火 2時限 FP講座 早稲田 15-202  
火 3時限 音楽論 西早稲田(旧大久保) 57-202
水 5時限 空間デザイン 西早稲田(旧大久保) 52-201
金 4時限 舞台芸術入門II 早稲田 14-102
不定期   卒論@所沢

早稲田でお昼を過ごすなんて初めてです!(笑)
だれかあの人の波から救ってください。さもなくば、僕は隈前でひたすら座っていることでしょう・・・。(笑)
最後の半期です。早稲田、西早稲田、所沢ともよろしくお願いします!!



痴漢祭
9月23日に早稲田で有名な痴漢、もとい地球感謝祭→地感祭があります。
下駄っぱーず、STOMP!が出ます。どうかみなさんごひいきに^^、ご都合よろしければ見にきてください。@早稲田大学

STOMP!が日の目を浴びてからちょうど1年です。いやー感慨深い。
下駄っぱーずもちょうど3年?4年?とか?(すげー曖昧ですみません(笑))


なんだかんだでちかんまつr・・・・もとい、痴漢祭には4年も連続で出れることになりそうです。
んで、4年中3年は祭終わりに銭湯に行ってます。


銭湯に行ってます。



【銭湯に】行ってます。



【SE・N・TO・Uに】行ってm(しつこい)




よし、「みんな」今年も行くぞ!!おら!!(笑)
したらね、おいしいビールを飲みましょ^^





髭が伸びてます。
学校始まる前には剃りますが、伸ばしたらどんなになるのか初実験中です。
あ、こいつ調子乗ってんな・・・そんな目で見てください。僕が傷つきます。(笑)
ま、今しかできないこと(?)だからねー。



下駄っぱーず&STOMP!
を中心としてイベントやりますやります。12月9日@小野梓。空けておいてください。(笑)
協力していただける方。是非参加お願いします。
桜井さんに負けないようにみんなでがんばって創ります。



はたらく
まだ僕は学生っていうあまちゃんなんですが、それでもシュウカツ(という社会との接点をもつ活動)を通した時点で
(いろいろ考えた末)「大根植えれば、死なない」という結論に至ったこと。そんな自分は嫌いじゃない、というか元のサヤというか、にやっぱり収まるんだなーと思いました。
まぁ、就活とおして、「社会はやっぱり厳しいんだよね。」「これが仕事だ」なんてことをいう人も出てくるとは思いますが、そうならなかったところがまずは良かったかなと。
(別に、結果論で話しているわけじゃございません。内定もらう前にあの結論に達しちゃったし。(笑))

という話を社会人の人としました。
次は、(働きながらでも)その気持ちを忘れないこと。(今からでも)行動に移すこと。




インド
インドにちょっと行ってみたい。死なない程度に。(笑)



高島アナ
夢に高島アナが出てきました。リアルでした、良かった良かった(妄想ww)
めざまし登場初期よりむしろ今の方が好きです。(笑)
9月で降板ということで残念ですね。・・・めざまし見てないですけど。




エンジン
が半年ぶり?1年ぶり?にかかってきた気がいたします。もう4年なんですがねー。(笑)
まだまだいっぱいやらなきゃ!って感じです。
>4年生、ふけこましてる場合じゃないですよ。多少の無理はしなきゃ(笑)
祭りは本番前が一番楽しいってね!卒業がそんなお祭りだったらいい。
もちろん、社会人になっても甘えたこと言わないよう。


下駄っぱーずでの最後の(わがまま1分演舞)制作一緒にしましょー(笑)
STOMP!も1つ演技創れたことだし!^^
走らなきゃね!時間は短い!




いっぱい飲んでください。皆様。
最後です!!!もう一度言います!最後です!(笑)
最後の半期です。略して最期です!(人生的な意味含め)(ぇ
万が一あればの話ですけど、遠慮ならしないように。^^

付き合ってください!!(笑)









あー付き合いたい!(違う)







と、どうでも日記でした。



よし、たまには本気出すよ!(笑)








っという日記をmixiで書いたけど、やっぱり最近自覚しだしたことは
自分は主役っていうか、責任があるというか、そういう立ち位置じゃないと燃えてこないのだなと思った。
4年でなおまだ何かやりたいともちかけるのは、自分のそういう舞台が欲しいからに他ならない気がする。


老害になりやすいけど、ってもまだまだ僕は若いからはっきりいって気にしてない(笑)


自分で出て行っちゃおうとする癖。ま、悪くはないけど。
多少は出過ぎないように自覚しているつもりもあるから。

だからさ、中、高、大のサークル、もそうなんだけど、大体自分の舞台はここじゃなくなったなって自覚するから出て行っちゃう(辞める意味で)んだよね。
そして1回やったことはあまりやらない性格だから。

そういう活動において昔を振り返ることはほとんどない。(哀しいかな人間関係もちょっとそんな気がするが)

うーん。ま、そんな自己分析でしたと。


だから本気出す(感覚的に出せるタイミングと出せないタイミングあるのだけど)
ん?出そうと思えるタイミングと出す気にならないタイミング?(笑)


というのも、その時だけでてくんのかい、って感じでやっぱり、やな性格なんだけど。
本気、本気っていつも出してないんかい!とか
今までのいいわけかよっ!とか
いろんなことを思ってやな性格だなーとは思いますがね。


さ、こういうのをどう活かしていけばいいんでしょうか(笑)
タグ:近況
posted by ゆっぽん at 23:18 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - My News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月12日

同じような舞台に立てますよう。

昼寝して眠気に耐え切れなかったら正直諦めようとしてましたが(睡眠優先(笑)、タイミング的すっと起きれたのですぐに飛び出しました。

何かと思いの向かない、心が向かないことはなんとなく避けてきた僕にとって、眠気(+めんどくささ)というものが邪魔をしていたのだけど(もちろん会ったほうが良いことは頭でわかっているが!)、睡眠が思いのほか90分くらいで終わり(どんだけ寝ようとしてたんだ)、意外とすっきりしたのでポジティブになって出かけたのでした。



本:「裸でも生きる」
昔に「こーゆーの好きそうだよね」と言われるが本は読んでいなく、なんとなく耳にはしていた程度だったけど、最近考えるようになり、何かとチェックしていたのでした。
とはいえ、ブーム(?)のきっかけとなった情熱大陸は見ていませんでしたが。


と、そんな山口絵理子さんが店頭に立つということで、話せるチャンスだ!っていうことでお話に。
特にそこまで質問があるわけじゃなかったけど、とりあえず思ったことを伝えてみるとか、outputすると、inputで返ってくることあるから、とりあえず行ってみよう、と。


その前にbag買ったりしてお店の人ともちょっと話したりしてたから行きやすかったけども。

やはり山口さんがいるということでお店に来ている方多かったです。
(普段の日曜日の来客を知らないから比較できないけど、前回前々回に比べるといっぱい人がいました)


んで、会ったときのお話。

まず、笑顔が素晴らしい人なんだなーと思いました。多分これに尽きます。

ほんでもって、バングラディッシュという国からバングラ発でなんで会社とかが生まれないのか?って疑問をぶつけてみました。
(山口さんが思う)結論を言うと、政治だそうです。
セーフティネットがないこと。

確かに政治に向かうにはエネルギー必要だもんなぁと思ったのでした。
何かを変えるためには外力が必要な場合だって十分あるよなと思い直したのでした。


そして、本の感想を伝えたりしました。
1冊目はもやもやしましたって。(笑)、なんでここまでできるのかわからない、と。
でも、2冊目で「やりたいからやっている」っていう感じがわかってしっくりきたっていう話。

そこは俺も考えていた通りの感じで、自分のやりたいことじゃなきゃ続かないよー、あっちだって君らのためにやってるって思われるの嫌だろうしっておっしゃってました。
利益を出すだけでも大変なのに、利益を出した上での活動が「良いことやっている」で片付けられるのはちょっと・・・って感じでした。
うんうん。


んで山崎さん(副社長)のblog見て、就活の考えが変わったとも伝えました。
社会のため、誰かのための何かがあるんじゃなく、自分の好きの価値をわかってもらうこと。
それがきっと誰かの役に立ち、元気を分けているんだと。
そしたら伝えておきますーって丁寧におっしゃってました。


あんまりノープランでいったから、特にいっぱい喋ったわけではないのだけど、そういう人生を楽しんでる感を再確認できて良かった。
何かよくわからないけどすごいな、という人にはできるだけ会っておいたほうがいいですね。


うん。あんまり喋ったことのない先輩でも。
(この前に、社会人4年目の先輩とも会って話をさせていただいたけれどそれも同じく!、でも考えてみると(自分で言うのもなんだけど)すごいことで、大学生活1年も被ってないのにOBに会いに行くってえらいこっちゃだと思う。今の高校3年生が俺に会いにくるようなもんだもんねー。俺もそんな人物になりたいわー)



その他僕は他の従業員のかたとも話して、インド行ったほうがいい、なんてことを考えてました。(笑)
学生のうちにインドに行こうかなー本当に。



とま、何に結論づけるかなんていうことはなにもないんですけど(笑)
また、考える、もやっとするきっかけをもらえてよかったなーと。




最近は、良いのか悪いのかよくわからないのだけど確認作業が多い。
すごいなーとかって人の話をいざ聞くと、「やっぱりそうだよなー」と思うことが多い。
たまにそれ以上に振り切れる話のこともあるけど。


(俺が同じような感覚を持つ人の話ばっかり聞いてる+頭に入ってくるからか(笑))


テレビ越しに見る人は結構まだ追いつけないなーと自覚することが多いけど。

でも、なんとなく感覚的に思考としてはそういう人たちに近づいてきている気はする。
だからどうにかこれを昇華させられるようにしたい。
そしてすごいなーって人たちと分野はきっと違うけれど同じようなレベルの舞台で会いたい。

ほら、
イチローはイチローの分野からきっと世界を変えていて
マイケルジャクソンはマイケルジャクソンの分野からきっと世界を変えていて
マザーテレサもマザーテレサの分野できっと世界を変えていて
北野武も北野武の分野できっと世界を変えていて
Mr.ChildrenもMr.Childrenの分野できっと世界を変えているんだろうな。
そんな意味で。
みんな同じことやっちゃいないけど、こういうレベルで。
憧れの対象じゃなく、同じ舞台に立ちたいなー。と思ったのでした。




そう、
「分野はきっと違うけれど同じような舞台で会いたい。」
と、くそ生意気なことを山口さんに伝えて、写真を撮ってもらって、サインをノートにしてもらって(笑)、また出会えることを願って、マザーハウスを後にしたのでした。


うむ!あまりアウトプットできてないけど!(笑)
がんばっていこう!やりたいこと全部やろーう!人生はそんなもんだ!!
稼ぐのは前提。その上で何をやるかですねー。
ていうても、最悪大根育てりゃ死にやしない。(笑)、きっとそういう心持、大事。


P1040758.JPG
posted by ゆっぽん at 22:22 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 同じような舞台に立てますよう。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月07日

次世代リーダー会議とマザーハウスと

今日は次世代リーダー会議という学生の(創った)イベントに(聴衆として)参加してきました。

思ったことを率直に言うと、中身的にはちょっとどうなのかなと思ったけど、最後山口絵理子さんの言葉で全て上手くまとめられていたんじゃないかと思う。


それはまた後に紹介する。


僕もただの聴衆であり、あれだけの人を呼ぶ(ゲストとしても、お客さんとしても)を相当な労力が必要だろうし、中身を考えるのも相当な労力だろうし、その苦労を僕はわかっていない。
本当にこんなこと書くこと自体失礼にあたるのかもしれない。
でもそれを承知の上でなんにも知らないような顔しながらとりあえずここに記しておきたいと思う。

メモにしたがって書いていきたい。


初めて拝見した山口さんの話を聞いた感想
思ったより声がしっかりしていた。柔道をしていたおかげか腕の筋肉がしっかりしてた。
最初は主に本にも書いてあることで自己紹介されていた。

きっと何回も何十回も何百回も講演されてきたんだろうなぁと馴れた口ぶりだった。
(昔、早稲田で夜回り先生の講演聴いたときも同じことを思った。あの人は格別うまかった)

(それまでにいろいろな経験を経ているのだけど)
バングラで必死に手足が動かなくても水を売ったりして生きている人たちをみて
誰かを手助けするよりもまず自分の「やりたい」をチャレンジする責任がある。とのことを話していた。

僕はこういう話の方がしっくりきている。
前に書いたように、「誰かのために何か」があるのではなく「何かを誰かのために」なるようにするのが本質だと思うところがあるからだ。

極端な話、やりたいからやってんだバカヤロー!みたいな。
途上国、あなたたちのためにやってるのよーって雰囲気がないのだ。そんなものいらないと思うが。
だから、別にプロ野球選手ともなにも変わらない選択なんだろう。
やりたいことやっている、でもそれが夢を与えたりもするわけじゃないですか。

まぁでもプロ野球とかよりかは、厳密に言って社会をどうにかしたい欲はあるんだろうなぁ。
うん。


そう、だからむしろ講演とかでも(講演に出ること自体何かメッセージの発信なのだけど)、聴いてる人の気を変えたいだとか、どうしたいって気はあまりないのかなと思った。
実践向きな方なんだろうな。

「社会を良くしたいんです!だからみなさん踏み出しましょう!」なんて言い切っちゃうような人よりかはよっぽど良いかもしれない。
すごく自分のやっていることに集中しているというか・・・(本を読んでも思ったことだけど)他の人をどうこうさせようって気はあまり感じなかった。(自分だったらそこを気にしちゃうけど)


でも、現地の人へバッグを買った日本人を本当に紹介したりしていてそれが本当に現地の人たちの光となる、と言っていた。ダンボールに詰めて終わりのバッグがどういう結果であるのかを知るとやっぱり変わってくるそうだ。現地の希望を灯すことには力を注いでいらっしゃるみたいだ。


しかし疑問に思ったのは、そういうものはバングラ発でなぜ生まれないのかだ。
確かにそうやって希望を灯すのは大事で素晴らしい。
でもなんで、日本からやってきた人に希望を灯されているんだろうか。
バングラ発の希望は生まれないんだろうか。
そう思った。これは別の機会で考えたいと思う。


次は松田公太さんのお話だった。
名前とかはよく耳にしたりfollowしたりしていたけど話を聞くのはこれが初めて。
日本を世界でやっていけるように!的な話だった・・・(かな?)


思ったこと
「いわゆる帰国子女」って自分のことを第三者みたいにいえる帰国子女はどれだけいるんだろう。客観視だなーと思った。
セネガルで暮らしていたそうだが、セネガルでは日本なんて知られちゃいないらしい。


思ったこと
日本の教育はやっぱり凄いと思った。
それなのにあまりそこに気付いていない。自分らだなと思った。
たとえセネガルといわれても「あーアフリカ?」ぐらいわかるだろう。それってきっと凄いことなんじゃないだろうか。だからもっと世界を舞台になんかできる気がした。


食文化の違いも話していた。
昔、ウニ・生魚を食べているのが理解されなかったらしい。


思ったこと
きっと欧米からすると、ウニとかを食べるというのはゴキブリ食べているように映るんだろうか。
そう思うと、きっと文化ってもので気持ち悪さってものが規定されるんだなーと思った。
先入観に染まっちゃってる人間がそれをとっぱらうのはなかなか難しいことなんだ。





さて、学生からも登壇者がいて話をしていた。
学生が出ると、山口さんや松田さんとの差がすごくあって、あぁ学生団体の代表だとかNPOだとかの代表でも結局学生なんだなーと傍から見てて感じてしまった。
そして考え方も学生っぽいってか、せまいんだなーと思った。

学生の時間があるうちにどうのこうの、何かを残したい、とかって話すんだけど(俺もそういう一部だったんだなって思い知らされたけど)
山口さんなんか大学4年で初めて途上国行って今やってることにつなげちゃってるから。自由があるうちにとかっていう次元じゃないんだよね。
そんなスパンで考えてないんだよね。
そんな型にはまってないんだよね(もちろんそこに葛藤はあったろうけど)

元から自由なんだよな。
なんで学生の子は学生が4年間だと思っているんだろうか。
なんで学生の子は学生の次は社会人だと思っているんだろうか。
なんで学生でも社会人でもないなんでもなんにも所属のない自分を排除するんだろうか。

勝手に期限決めなくてもいいのにね。
今のうちに・・・なんて言わなくていいのにね。


って思っちゃった。
なんか熱そうなこと言っているんだけど、そこに本気で実践して人生そっちにハンドル切ってる人が目の前にいるとなんだかその話もすごく滑稽に思えてしまった。

そして、学生学生って学生は何かと「学生」をアピールしたがるけど、なんなんでしょう。
学生初とか、運営みんな学生でとか。
何アピールなんだろう。ハンデアピールなのかな?(僕にはそう聴こえてしまう)
なにもノウハウないけど金もないけどやったのよ、すごいでしょ?って代わりに「学生」って言葉を使っているように思えてならない。
それは自分が「学生」であることの甘えじゃないの?って思ってしまう。


そんなに学生言いたいのなら、テレビに取り上げられるとか、政治を動かすとか、会社をどうにかするとかしてから初めて「学生でした」って明かして欲しい。学生である甘えを最初から使っていたら学生が「学生」である限りいつまでも社会で勝負できない気がするのだけど。どうだろう。



そして、「恩返し」って何か言う。20数年で恩を日本に返したいと思えるなんて立派過ぎる。
そりゃあもう相当な幸せをもらったに違いないんだろうなーうん。
だからこういう話はなにかしっくりこなくて、やりたいことをやることが恩返しになるようにすればいいじゃんって思ってしまう。
なんで恩返し第一に考えてるんだろうって。それが本当に恩返しできれば本望でやりたいなら別にいいけどさ。
ひねくれている僕からすれば、こういう人たちは「何かのためにやっている」ことが輝いて見えるんだろうなぁと思う。


山口さんへ「原動力はなんですか?」って質問があったけど
原動力・・・うーん・・・原動力というより、できると思っているからなぁ・・・て感じでした。
できると思えることが原動力、そして次の扉を開けていくことが原動力だと。

うん、そうだよな、と変に納得。
そりゃできると思ったらやっちゃいますよね。って感じ(笑)。
案外そんなものも良いんだろうなーと思う。


なんか凄いこういう人たちと飲みたくなった。くどくど話を聞きたいと思った。
でも、そんな時間は多分ないだろうから限られた時間で自分が聴きたいこと(自分がにやけられるもの、心躍ること)を訊く技術というか力というか空気を読む、理解するという力が必要だなとしみじみ思った。



んで、学生が言うことってとかくぼやーっとしてしまう。(しょうがないんだけど)
一人ひとりが変わりましょう!とか一歩踏み出そう!とか、それは一体なんなんでしょうね。
「熱い」ことに憧れがあるんだなーって(周りが熱いと冷める)天邪鬼の僕でした。
ぼやっとするから説得力に欠ける。

んで、ここにきて言うのもなんだけど、このイベントのゴールってなんだったんだろうなぁと
何を伝えたかったのかなぁと
どうなってほしかったのかなぁと

何か残したい(感動、憤り、嬉しさ、etc)とかってよくみんな言うけど、運営側は結構狙わないとだめなんじゃないかなぁ。何かを残したかどうかはただの結果であるから、何を残す目的はないと結局だめなんじゃないのか・・・?(ま、言うてもゲストも呼び、難しいのでたいしてつっこみません)


んで、そんなこと思っていると

客席のほうから、「もっと喋れよ!」とか「つまんないよ」とかって声がとんだ。
中には意見する人もいて(ここにも運営の趣旨が曖昧なためなのかそのまま意見が通ってしまうのだけど)
雰囲気が悪くなった。うん。

まぁ、そういう意見も取り入れつつって感じで流れていったんだけど、
最後の山口さんのまとめが本当に良かった。


会社立ち上げるときに毎日批判された話をした後に
「口だけで言うのは簡単なこと。でも1番大事なのは実際に行動にうつせるかということ。どれだけの批判にさらされても」
というようなことを話していました。

何がいいのか悪いのかもやってみなきゃわからない、このイベントだって新しいシステム(twitterとか)取り入れたりして、こういうイベントやるの初めてなんだもん、それはしょうがない。
失敗かもしれないけどそれはやってみなきゃわからない。
「それだけ新しいことやってるんだもん。やってみなきゃわからない。」

とおっしゃってました。


言葉の重みが違いすぎて感動ってか目が覚めました。


そうなんだよ。
「新しいことやってるんだからやってみなきゃわからない」んだ。
そして「やったからこそわかる」んだ。
そう最後メッセージを発信した山口さんすげぇと思った。


(とまぁここまでぐだぐだ言ってるだけをしている僕が言うのもなんですが)


stompやったときも、「初めてなんだから、失敗もくそもない」って言ってたのを思い出しました。
みんなで「初めてだものー」っと言っていたのをすごく思い出しました。
何か近いものを感じておぉって思ったのでした。




んで、マザーハウスへ直行し、暑い中の来店を労われ、アップルティーをいただいてしまった。
(バッグ屋さんなのに(笑))そーいうの好きです^^。入谷店にバッグの在庫がなく小田急店に取り置きしてもらったのだが、どちらの店員さんも親しみやすくてよかったです。
なにかニオイを感じますよねー。早稲田で関わってきた人たちと同じようなね。(笑)
店員さんベースで考えたことなんてなかったなのに。



そして今日の講演を思い出しながら、「失敗かもしれない。でもやってみなきゃわからない。それだけ新しいことやっているんだから」というのを思い出すツールとしてもバッグを買ったのでした。


ビジネス的な観点からするとそういうブランディング(たまたま僕がそうなっただけかもしれないけど、そこになにかしら想いを込める人も他にもいるだろう)って大変だなーと思った。
フルオープンでストーリーを語ってきたマザーハウスだからこそできることなんでしょうな。
僕だったらどんなブランディングを考えるでしょうか。どんなストーリーを付加するだろうか。

そんなことも考えた1日でした。


うむ。

posted by ゆっぽん at 23:57 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 次世代リーダー会議とマザーハウスと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月05日

mixiにしたメモのメモ

「僕」という過去って何だかすごい表現だなぁ・・・。うん。

とまぁ最近なにかを吐き出したかったのだけど、いざ書くとなるとなんにもしっくりしたものが出てこなくて、それだったら日記として皆様に見せるようなものでもないなということでここには公表しなかったりするんですが。

今回はもう書き始めちゃったので、とりあえず書いてみるという行為をしてみる。^^
もうメモのように。


メモ1)
日産のCMからPerfumeの曲がずっと気になっていたがやっと今ちゃんと聴いてるなう。Everything you need to know. the voice. 575もね。なかなかハイセンスだなぁ。
続くならぁー
「あー、ヒマなう」←これってチャンス?



メモ2)
情報や知識を与えることを最終目標とするならば、その人はマーケティングではなく教育を職業とすべきである。
さらに生活態度や価値観を変えることを目標とするならば、その人はマーケティングではなく伝道者、ロビイストあるいは芸術家とみなされるかもしれないが、マーケターではない。
マーケティングは教育者や伝道者の技法を用いることがあるかもしれないが決定的な違いはその最終目標が(変化させるにせよ、維持させるにせよ)行動に影響を及ぼすことである、ということである。
(非営利組織のマーケティング戦略より)

みなさんはどこでしょうか。そんなこと考えたことないでしょうか。
僕は芸術家にでもなってるかもしれません。(笑)
仕事しながら学びながら考えようっと。



メモ3)
「めんどくさい」を大事にする。
長話省略)、ともかく気が進まないことは「やらない」という選択肢も大事に考える。
もちろん我慢してやったら意外と良かったってこともあるだろうけど
我慢するよりも自分が楽しくできそうなほうを選んでいく方が大切な気がする。
(と思ってやりたい放題してきた大学生活(笑))
だって我慢してたら本当に自分の好きなこととか向いていることとか向きたいことがわからなくなってしまいそうだから。
可能性は無限、時間は有限(by東工大ですれ違ったおっちゃん)



メモ4)
だから人を基本「めんどくさい塊」だと思ってみる。
0だと考える。人形だと考える。
そしたら言葉一つ、気遣い一つ、連絡一つ「うわーこんなめんどくさいことなのに良くやってくれたなー」って感動できます。
わざわざどうもありがとう。って感じです。



メモ5)
だからきっと行動すべてに意味があるんだよなぁって思ってしまう。
そんなわざわざめんどくさいことしてくれる意味をちょっと考えてみる。
そこでやっとその人が見えてくるのかもねー。
「当たり前」の思考停止に陥らない。



メモ6)
死んだときになんて思われたいかなー。
細かい話省略)とりあえず周りの人が泣いてくれるぐらいの人間にはなりたいなー。
だからなにか渡せる人間でありたいと思う。



メモ7)(主語は全部「俺」)
【何か得体の知れないものにみんなで向かっていく】、多分コレが一番たぎる。
楽しいことに向かうんじゃなく、楽しさはボーナスいや、セットみたいなものだ。
楽しめとはよく言うけど、それが良い結果を生むのを知っているから。
つまりはハイパフォーマンスができるから。
人のために、より良いもの見せるために楽しんでいるんだよ。
楽しんでいるから良いものが見せられるんだよ。
だから楽しめなくなったらある意味おわりだし
良いもの(クオリティ、レベル的に)が見せられなかったら(それでやっぱり俺が楽しめないから)おわりなんだよなぁ。

と、思うこの頃。全てのこと(パフォーマンスもお仕事も)も同じくだがね。

得体の知れないものを創ればいいのかー。




メモ8)
言い忘れてた。れみ父のすごいところは思考回路は(何か似たようなニオイを感じるので)理解できるのはわかるのだけど、それに加えてそれを言葉で伝えるということ(言葉になっている)をしているところ。話を聞きながらそんなこと思ってました。なかなか感覚や腹落ちしてわかっていることなんだけど、それを言葉にするのは難しいんだよなぁ。
あぁこの方は、言語化までのレベルまで達していらっしゃる!と。僕はまだまだです。うん。



メモ9)
就活中に最悪、仕事がなかったとしても家の庭(という資産はすでにあるのだし)に大根植えれば死ぬことはないよな・・・(そこからビジネスを考えることも含め)っと自分で納得した話を思い出した。それに近い(ような)話をれみ父としたので(笑)
仕事っていうとなんだっていうとすぐ生活費や食っていけないみたいな話になるけど、現実にいや食っていけるよ(それだけ人様にお世話になることもあるけども)、っていう話。だから本当に心が向くことをやろうって話でした。




メモ10)
どうでもいいことはどうでもいいんだ。本当に大切なことに本当に大切ないのちをかけていくんだ。みつを

って言葉も思い出してた。

うんその通り。
どうでもいいことをどうでもいいと思えることも大事なんだよなぁ。

お、なんかちょっと一貫性あるぞ・・・(笑)


というわけで、(全く無関係)


メモ11)
映画 Mr.Children / Split The Difference
9/4〜9/17
観に行きますよー!!!はい、ほら一緒に観に行くよー!!(笑)
新宿ピカデリー集合!ww



メモ12)
そろそろ何にも言うことなくなってきた。思いつかない。(じゃやめろ)



メモ13)
あぁ気付けばあと約半年で卒業です。楽しいことやりましょう。
やることたくさんです。もっとやりたい。(笑)
over capacityとの勝負。



メモ14)
いや、そろそろもう・・・いいでしょ?



メモ15)
そんな言うことn・・・(ry


メモ16)
"if you are not happy, pretend as if you are happy. So, you can find a happiness and feel happy."


メモ17)
ほんじゃ、免許取りにいってきまーす。(ぇ
タグ:人生
posted by ゆっぽん at 23:36 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - mixiにしたメモのメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マーケティング

情報や知識を与えることを最終目標とするならば、その人はマーケティングではなく教育を職業とすべきである。
さらに生活態度や価値観を変えることを目標とするならば、その人はマーケティングではなく伝道者、ロビイストあるいは芸術家とみなされるかもしれないが、マーケターではない。
マーケティングは教育者や伝道者の技法を用いることがあるかもしれないが決定的な違いはその最終目標が(変化させるにせよ、維持させるにせよ)行動に影響を及ぼすことである、ということである。

(非営利組織のマーケティング戦略)


この一文を読んで少し納得してしまった。
伝道者とか芸術分野のほうが興味あったりしちゃうのかな。
行動までに影響を及ぼそうとしているのかなー。


これ比較できる場面が結構鮮明にあって
stompやったとき、早稲田祭を迎えたとき担当してくれたスタッフの人が「僕も新しいサークル立ち上げます!」ってなんか感じてくれたみたいだったことがあった。

それ自体嬉しいことで、目指していたことの一部ではあったのだがいざ目の前でそう人が変わり行動していく様を見ていると俺はそこに喜びを感じているのかどうか疑問に思った。

要は行動しようかどうかなんてあまり喜びを決める要因にならんのじゃないかと思ったのだ。
自分のやったことで何かが変わる人がいた、でも変わったその人がその後何していようかなんてあまり興味がないんじゃないだろうか。
変えることそれ自体に興味があるんじゃないだろうか、って就活しながら考えていた。
(この出来事があったときから何か違和感は感じていたのだけど)
(仕事では行動自体変えなきゃ利益にならないからもちろんそこまで求めるけど)


だから仕事では、その「手段」として使われている価値観を変えるだとかを学ぼうと思うのだ。
それが目的になるかもしれないし、行動を起こさせることがやっぱり目的になるかもしれない。
何かを変えるということは行動を変えさせるということだろうし。


それはちょっと働きながら学ぶつもり。

posted by ゆっぽん at 21:45 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事・アイデア はてなブックマーク - マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月02日

9月に入る。

7月、8月とblogの更新があまりなかった。

誰に伝えるでもないから別にいいのだけど、自分の中の発見もこれまたすくなかったのではないか、と
ブログの更新が滞ると思う。

でも、twitterやらの効果も実際あると思う。
140字以内で済むことはtwitterになってしまっているような気がする。

けれどもなるべくこちらにもちゃんと残したいなと思う。
twitterは本当に玉石混交だから読み返す行為があまりない。





といって思ったから今読み返してた。

面白かった(笑)


定期的にこちらにもコピペしようかなぁ・・・んーめんどくちゃい。


まぁいいや。


さて、9月おそらく大学最後の夏休み、駆け抜けたいと思います。
具体的な話はまた今度!

それでは!


posted by ゆっぽん at 01:31 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 9月に入る。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。