2010年12月31日

Do

言い寄ってくる男の品定めをするには、彼の言うことは無視して 
することだけを見ればいい。 ただそれだけのこと。





本当この通りだと思う。




まぁ、女の子も同じじゃないかな。


結局、行動に移ったことはそれほどってことで行動にうつらなかったものはそれだけってことだよなぁ。

感情なんて後でいいんだ。
posted by ゆっぽん at 03:03 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - Do | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月30日

Let it be

今起きた。

その夢の話。

なぜだか、とある男の先輩との別れみたいになって、なぜだかビートたけしさんが、一番お世話になった人みたいな感じで出てきて、

バスでのお別れなんだけど、みんな別れをいうためにバスに乗り込む
バスはもういっぱいでたけしさんは後ろからトランクをあけるような感じで、乗ってくださいと言われる。

何していいかわかんねぇよ、といいつつ乗ってきてくれるたけしさん。

なんかそういう場面を夢で見て、別れって悲しいなと思って、

完全にたけしさんもそうなんだけど寝るまえに見たテレビの影響なんだけど、

ノルウェイの森のワタナベくんがなおこを失って泣き叫ぶ場面が思い出されちゃって



そしてそれをなんか自分の出来事とも重ねてしまって(別に死ぬという意味で失っちゃいないけど)、好きな人に重なって

なんか喪失感がすごくて

寝起きの布団の中で涙が出た。
ワタナベくんのように泣き叫びそうになった。

はぁー。

そしてノルウェイの森の感情もちょっとだけ理解できた。


はぁ、どうなっていくんだろう。

君は今、どう、なにを、思っているんだろう。




あるがままに、書いてみる。




追記
おれあんま、「好きな人」とか言わないんだけど(笑)
posted by ゆっぽん at 09:05 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - Let it be | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月28日

気付く

最近ツイッターのせいにして、blogを書くのが大分減ってしまった。

ちゃんと文章化はこちらでするべきで、物語がある場合はこちらじゃないと書けないんだけど。

ツイッターで表面だけさらってなんかわかった気になるのもいやだな。

ここにちゃんと書くと、しっかり考えないといけないから、いいんだけど。

ちゃんと書くって第一よくわからない表現だけど(笑)

ツイッターといえど、流れていってしまうからね。

blogなら結構すぐに探すことできるけど。日時とかもはっきりするけど。

ツイッターだけで満足して、こちらに理路整然と書けなくなっちゃあいかん。

って意味でこちらに書いてみる。


kizuku
って日記を書いたけど、

最近のテーマ化している気がする。

気付かれないほどのスゴさってホント街中に溢れてる。
自然もそうだしね。人もそう。


それを本当に見過ごしていると思うんだよね。

わかった気になってる気がするんだよね。

そういうところをどしどし探して生きたいなぁ。

ほんと、これ、簡単に言ってるけど、ウルトラ大事だと思う。


さて、今日は1年の棚卸し作業!!そして鍋の日!

大学在学中はいいけど来年からあるのか、存続できるのか心配です(笑)
意地でもやりたいですが^^

んで一生やっていきたいですねー^^。

そういう人がいることに感謝感謝。

感謝できてる?

posted by ゆっぽん at 12:39 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 気付く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

kizuku

先日とても心が動いたというか、すごく気づかされる場面があった。



昔ここに書いたかもしれないけど、僕は夏に一回よさこい(といっても南中ソーラン)を社会人のとある人に教えていた。

その人は、つながりつながり(WIFとか運スタとか)で僕のところに教えてほしいとお願いに来た人であった。(「ソーラン節」で僕のところに辿り着くのは嬉しいことだとは思う。(笑))もちろんその時が初対面。話を聞くと、


とある外国でソーラン節を踊ってみたいのだそうだ。


(ソースは忘れたが・・・)現地の国の子供たちと一緒に踊るというところに感動をしたみたいだそうで。
社会人でもあるその人は自分の周りの人を集めて、チームを作って外国に行って踊りたいんだと話していた。そのため、ソーラン節を教えて欲しいという内容だった。


話を聞いた当初
僕自身、ほぼソーラン節は引退した身ではあるけども、なんか面白そうな感じだし、なによりこのきっかけでつながりが生まれるのも良いことだなぁと思えたし(知ってる人からのつながりだし)、振りを教えるぐらいであればできるかな、となんか役に立てればいいなーとの思いで了承することにした。


そして、夏に1回・・・2回?(忘れてすみません)ほど練習をした。
振りを教えるので精一杯だったけど、一応全部教えたし、その後もそのチームは練習しているみたいだった。そして、都内の祭イベントにゲリラで踊ったりもしたそうだ。


それでも、そのあとの連絡はなくなった。




別に自分自身怒っているわけでも、何を考えているわけでも、感じでいるわけでもなかった。




そう自分自身あまり気にも留めていなかったのだけど
(第一、(社会人でもある方々が)外国に踊りに行くという行為は難しそうだなとは感じていたから実行するのは難しいのかなーって思っていた。)



最近、その人からメールが来た。




どんなメールだったかというと
よさこいを教えてくれて感謝しているということと、


まだ最初に言ったことが実現できていない(イベントにゲリラで踊ったことで満足した自分もいる)ということでした。そして、それは、よさこいを教えてくれた僕に対して、僕を紹介してくれた人に対して失礼なことだったという謝罪のメールだった。


そしてその人も僕を紹介してくれた人に言われるまでそういったことに向き合ってこなかったということだった。
僕を紹介してくれたその人は、その人に対して



「人を巻き込むといことは本当に大変こと。そして一度人を巻き込んだ以上最後まで責任をもて」とおっしゃったそうだ。

それがきっかけで、逃げていた自分と向き合うようになったという話だった。





さっき言った通り、僕自身、怒ってもいなかったし、気にも留めていないようなことだったのだけど、こういうメールをいただいて、なんか納得というか気付かされた。
そして、こう報告してもらえるということでこちらも気持がいいし、嬉しくもあった。
この「報告」という形がとりあえず今の「責任」なのだろうと思う。



自分自身気付かされた部分もあったし、久しぶりに「おおぉ」と思えることだったし、教わるべきことだった。
僕自身、イベントやったりだとかサークルやったりだとかで、何かで人を巻き込もうとすることが多々あったと思う。僕の場合元々、自分から言ったことは(自分に多少の犠牲があろうが)やりきるというところを大切にはしている。でも、それはこんなことを思ってるからじゃなく、それが結構当り前であり、それがなんとなくかっこいいと思っているから。


でも
今回のことがきっかけで、「何かを始めて(人を巻き込み)、それをやりきる」ということはすごく大事なことなんだなぁと改めて思えた。
人を巻き込んだ以上は責任があるわけで、それを最後まで全うすることが責任をとるということなんだろうと改めて思えた。


そして、こんな風にこんなことを気付かせてくれた第3者の先輩がとてもありがたいなぁと思う。
この世の中、誰かが何かを(ちゃんと)指摘してくれることなんて少なくて、特に年齢が高くなっていくと、そういうこと教えてくれる人は少なくなっていって、気付かなきゃいけないことに気付かずに終っていくことも多々あるんだろうと思う。


ましてや、当人が言うわけない。
例えば今回で言えば、俺が社会人の人に、「せっかく教えたのにどうなったんですかー?」とは絶対に聞かないだろう。したら、こういうこと(人を巻き込む責任だとか)に気付く場面なんてなくなる。

今回じゃなくても、何かをしてくれた人が「○○やりましたけど、どうですか?」とか聞かないだろう。(だって本人が言ったらかっこ悪いじゃん!(笑))

その意味でも第3者が今回みたいに教えてくれるってすごくすごく奇跡的なことなんだろう。




だから




今まで(第3者がいなかった場面でも)

きっとものすっごいほどの気付かなきゃいけない場面を俺は見逃してる。
あーこいつ、気付いてないんだー、ってきっと神様が言ってる。


だから、感謝感謝なんだろう。
いくら言っても言い足りない。
いつでも気付こうとしなきゃ

もらってるものをちゃんと見なきゃ

気付かなきゃ。





本当に気付け、感謝できるような、そして責任取れるような大人になりたい。

と思った。

結構ハっとした、出来事。
タグ:人生
posted by ゆっぽん at 19:23 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - kizuku | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月17日

擬態からSENSEとクジラが来てる気がするんだよなー。違うかな。

今回はどうでもいい僕の世界を書きますよ。

やっとMr.ChildrenのSENSEを購入したんだけど、
あのアルバムの中の軸って、擬態だと思うんですが僕だけ??

まず、気に入ったとこの歌詞だけど

富を得たものはそうでない者より満たされてるって思ってるの!?
障害を持つ者はそうでない者より不自由だって誰が決めるの!?
目じゃないとこ耳じゃないどこかを使って見聞きをしなければ見落としてしまう何かに擬態したものばかり

とありますな。


このSENSEって(他の場所でセンスってそれこそ言葉が出てくるんだけど)
五感のこといってるんじゃないかなー。
感覚のことだよね。きっと。だから目じゃないとことか耳じゃないとかいっていらっしゃるじゃないかと。


てゆーか、その前にさ

血を流し〜ってところが、シロナガス〜(クジラ)に聴こえるんだよね。(笑)


思わずジャケットのクジラが何クジラなのか調べようとしたけど結局わからなかった・・・・。
クジラ情報ください。(笑)
でもシロナガス有り得る。

っていうところから変な確信があるんですけど(笑)


擬態からSENSEとクジラが来てる気がするんだよなー。ちがうかなー。

飛び跳ねるトビウオってとこから、飛び跳ねたクジラになったんだろうし・・・。

って思います!(笑)
タグ:Mr.Children
posted by ゆっぽん at 02:04 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 擬態からSENSEとクジラが来てる気がするんだよなー。違うかな。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月11日

job

先日のイベント「おとアわせだ」ご来場の皆様ありがとうございました。

おとアわせだ公式blog
http://maruta.be/otoawaseda

映像などもできればあげていくのでよろしくお願いします。

自分の不手際が映像で残っているとは少し嫌なんですが・・・。(笑)

イベントに関しては、お客さんをもっと入れたかったかなぁやはり。
もちろん内容的には素晴らしかったし、評判も良かった。
それだけにもっとお客さんを入れられたらもっと良さを伝えられたかなぁと思う。

1,2年生とかには特にいろいろ考えるきっかけになって欲しいなぁ。

例えば、みんながウルトラできる人たちの集まりで
パンフもすぐできて、渉外ができて、演出も面白くて、連絡も早くて、広報も計画立てされて効果も予測できて、指示されなくても大丈夫、とかな人たちの集まりだったら
会議も一瞬で終わって、イイものができたりするんだろうか。

でも僕ら(少なくとも俺は)はそうではないから、そうでないことを知っているから
じゃあどうしようかを考えなくてはいけない。
あぁ、もっとこうすればよかった。と思うことは自己否定の上に成り立つし、もっと上にいきたいと思えるからこそ思うこと。そして次は本当にその行動ができるようになるといい。

不満、文句は自分のキャパのなさを主張しているだけで終わる。
ならどうするかを考えなくては。
同時に「頑張ります。」だけでも意味はないんだと思う。
ならどうするかを考えなくては。

自分すごいな、自分駄目だな、この人すごいな、の繰り返しだと思う。
君はここがダメだよなんて、ここ気をつけな、って言ってくれる人なんてこの社会ほとんどいないと思っていい。
だからこそ、できるだけ自分で気づこう。
そのためには周りを見られるように、自分を見られるように。

自分が与える影響、周りが周りに与える影響、それを考えよう。


また今回もいろいろ経験できた気がする。
それが種になる日と芽吹く日を待ってます。(今回の経験に関しては未だ土壌ができたぐらい)
いつかこの経験が繋がってくるはず。ま、それはまた今度。




さて、就職活動。をしている子をみて思った。
先輩が昔に言ってたことを思い出す。3流は大企業にいく、2流はベンチャーにいく、1流は自分で会社を興す。大企業は使えない人でも働かせられる「システム」があるからこその大企業である。

という言葉。
大企業を「いいとこ」と言ったりするけど。あの人就職先どこ?結構いいとこいったよーとか。
何が「いい」んだろう。(細かいことに反応するようで悪いんだが)


給料の話をしているの?
ブラックじゃないってこと?

そもそも仕事と企業にいいも悪いもない。
それはそれぞれにとってのお話。好きか嫌いかならあるだろうけど。

そういう言葉って恐ろしいなと思う。
そういう気づかないうちに使っている言葉がきっと潜在意識にあって
大手がいいって意識生まれるんだろうね。



んで、いい話にのまれないこと。
国際ビジネス、国際協力、インフラで人をつなぐ、環境を・・・・

いやぁ、傍目からみれば響きがいいよ。こういう言葉って。とてもそう思う。
でも(僕の場合)それにあんま興味がないっていうところにも目を向けなきゃいけない。
やるなと言われてもどうしても気になるものをやるべきだと思う。

マザーハウスのときも思ったことだけど、○○のためって考え方ができるのがすごすぎる(正直皮肉的に言っているのだが)(僕はマザーハウスはそういう考えが強くあるわけではないと思っている)

僕が何もしらない、何かができると思い込んでいる若造だったら
大きい会社に入って、世界で働いて、世界を幸せにするんだ、なんて思っていただろうか。

もちろん何かができると思っているのは悪くない。
でも同時に、1人の力のなさを知ることも大事だし、会社ってあくまで会社だから自分のやりたいことのためにあるわけではないこと知ったほうがいい(大きい企業ならなおさら)(たんに大きい仕事ができてすげーって言われたいのなら大企業でも大丈夫だと思うが)
誰かの生活を変えるとか、よくそういうこと思えるなぁ。

あ、就活中に「頭のいい大学の人は自分が国を変えると思っている人が多い」って関西の子に言われたなぁ(笑)

それなのに、なんでどこか型(会社)にはまって、その中でやりたいことを実現しようとするんだろうかなぁ。
高校のときから疑問だった。なんでお仕事図鑑ありきなんだよって思った。
やりたいことやっていたらそれに需要があってたまたまそれに仕事の名前がついただけだろう。
それなのに名前からやりたいことを探すなんておかしいっと思ったんだよな。


だから、会社に頼らず自分で何かをしていける力の方がよっぽど大事だよ。
(1人ではなにもできないと多少矛盾するようだけど、やりたいことをやるには会社にいる必要はそこまでない、と思う。)
その会社を辞めたとき、君に何が残るの?を考えたほうがいい。

例をあげてみる。
今回のイベントだって、「早稲田」生じゃなかったら、協賛だってもらえなかっただろうし、場所もお金がかかるだろうし、照明のコネもないし、団体のつながりもないだろう。
だから「早稲田」であるうちにこういったイベントができて、いろんなことを学んでいろんな人に出会えるってすごく大事だと思う。

この経験がなかったらきっとこの先何かをやろうとは思えないだろうから。

今「早稲田」を会社のように扱ったけど、実際はここまで自由にできることはないだろうな。
でも考え方は同じで、会社にいる間に「学ばなきゃ」いけない。
会社に入って100%やりたいことができるなんていうのは、不可能だろう。
だから会社にいなくても(いないからこそ)やりたいことをやっていく力が必要。

ってか本当にやりたいことなら会社なんて関係なしにそこに突っ込んでいくようなものだし。
それくらいの「やりたいこと」を見つけたいんじゃないのか?

だから会社で会社を選ぶっていうのは結構ナンセンスで
会社に入ってやりたいことをやろうっていうのも違っていると思う。
やりたいことできますか?って質問もおかしい。
やりたいことをやるために会社に入るわけではないからね。
せめて会社に入って、やりたいことに対してやれることは「間接的に関わること」ぐらいだと思う。
そしてしなきゃいけないのはやりたいことに対しての方法や現状とかを「学ぶ」ことだと思う。


それが見えてきたら、会社を興すなり、足を運ぶなり「行動」に移って欲しい。
それが財産である。実際いつ会社を辞め(させられ)ることになるかもわからないんだし。


○○のために、とかあんまり好きじゃない。
そうじゃなくて、○○が好き。
といってくれたほうが大分しっくりくる。
「貧困とか見逃せないんだよねーほんと私の性格面倒くさくね?、もっとケーキとか食べてぐうたら過ごしたいのに」とか言ってくれたほうが
大分共感できるし、あぁそういう問題解決が「好き」なんだな。頑張れって思える。


僕だけでしょうーかね。
まとまらない文章。
タグ:就活 人生
posted by ゆっぽん at 01:34 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 就活 はてなブックマーク - job | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

こちらにもおとアわせだ!!

おとアわせだ
-リズムで作るみんなの空間-


<日時>12月9日(木)
<場所>小野梓記念講堂

<開場>18:00
<開演>18:15-19:35

*入場無料*

<内容>
なんでも自分達で考えて、
好きなこと楽しいことを、おもいっきり楽しんじゃえ!
とのコンセプトのもと、
音やリズムを奏でる最高にhotな団体が集結☆

出演団体のコラボ企画やエンディングでの会場全体企画もやっちゃいます★

パフォーマーとお客さんとの垣根なんていらない!

みんなで一緒に、おとアわせだ!!


<出演団体>

○ハッピーでソウルフルなミュージックゴスペルクワイヤー
・・・SAfro FAmily
(ゴスペル、from上智大学)

○日本一の下駄集団
・・・下駄っぱーず
(下駄ダンス、from早稲田大学
2010伊豆長岡下駄ダンスコンテスト優勝)

○床とシューズと情熱と、他になんかいる?
・・・TAP-lovers
(タップダンス、from早稲田大学)

○声はなくてもリズムで会話
・・・早稲田大学stomp!
(掃除用具等によるストンプパフォーマンス、from早稲田大学)

○心にいつも晴れマーク!てるてるじゃないよ★
・・・輝&輝
(津軽三味線、from国立音楽大学
2008〜10 全日本津軽三味線競技会名古屋大会デュオの部優勝)

○そして、キミ!


主催:下駄っぱーず

・・・その他、早稲田大学stomp!やゆかりのあるメンバーが
「おとアわせだ実行委員会」として只今絶賛奮闘中〃


代表:永池友輔(スポーツ科学部4年)

公式Blog:http://maruta.be/otoawaseda/




なぜか、今blogの調子がわるいみたいですね。
携帯から更新試みます。

さて、いよいよ明日に迫りました。
「おとアわせだ」!!!!このネーミングにも1ヵ月半費やしたのは良い想い出です(笑)
みんなのおかげでここまでこれたと思っております。

本当に楽しんで欲しいと思います。
楽しむのは楽をすることじゃない。
同じ字を書くようで違うものだと思っています。

楽ではなくても、それでも楽しいと思えるからこそ!!

イベントをやる毎に想う事なのですが
こういったイベントをやるとなんでもない12月9日が意味を持ち始めるのです。
意味を持たせるのは、それまでそこに向かってきた軌跡によってであり
みんなであり、そしてお客さんも含めたみんなによってです。
何もしなかったら何もなかった12月9日が、こうみんなが動くことによって意味のあるものになる。

それってすげーなぁと毎回思います。
そしてこの12月9日の「機会」があるから出演者様や協力団体の方との交流
そしてあとは卒業(卒論・・・)だけである4年生が、みんなと関わりを持てるんです。

ちょっとでも話せたり、一緒に何かを創れたり、そんな経験がとても尊く感じています。
本当にありがとうございます。
今回そのような機会に恵まれ感謝しております。皆様あってのことなのですが。^^

今まで本当にありがとうございました。
そして本日18時より「おとアわせだ」
存分にお楽しみください!!!!!!!!!!


おとアわせだ代表 ゆっぽん
posted by ゆっぽん at 05:28 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - こちらにもおとアわせだ!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月05日

おとアわせだ2

flyer2nd.jpg

tatekan.jpg

おとアわせだ

広報用の(当日)立て看板だったり、チラシだったりが続々できあがっていきます!!
本当に人のチカラというものは計り知れません。
みんながいればなんだってできるようになっていきます。
と、同時に僕1人ではほとんどなにもできません。
そこに開いている穴を埋めるように動いていくだけです。

下手なところも見せられないがね。

自分自身何が「できるように」なったかってわからないんだよね。
最終的に目的があるからそこへのぐあっと集まるチカラが集約されるんだが。
やはり自分の役割というものはその本人はわからないんだなと思う。


今まで4年という立場からみてたけど、実際の動く本人となると俯瞰した時の自分の役割というのがイマイチわからん・・・。
他の人に見てもらうのが一番だがね。


ま、そんなご挨拶はさておき。

何かと、4年間追い続けてたものが形になるかなーと思います。
お客さんが参加できる舞台。あまりないのよ、こういうのって。

誰でもスポットライトを浴びる日は訪れる。
ステージに立つ日はいつでもやってくる。
ステージに立っている人と座っている人、何も変わりはしない。

そしてスポットライト浴びるのが楽しいこと
ステージにあがることが楽しいこと

感じて、いや、知って欲しいと。


舞台にあがるの性じゃないから
私は運営だから
私観客だから
見ているのが好きだから
人前なんて恥ずかしいから

そんな人たちを引っ張り出したいなぁ(笑)




おとアわせだ
-リズムで作るみんなの空間-


<日時>12月9日(木)
<場所>小野梓記念講堂

<開場>18:00
<開演>18:15-19:35

*入場無料*

<内容>
なんでも自分達で考えて、
好きなこと楽しいことを、おもいっきり楽しんじゃえ!
とのコンセプトのもと、
音やリズムを奏でる最高にhotな団体が集結☆

出演団体のコラボ企画やエンディングでの会場全体企画もやっちゃいます★

パフォーマーとお客さんとの垣根なんていらない!

みんなで一緒に、おとアわせだ!!


<出演団体>

○ハッピーでソウルフルなミュージックゴスペルクワイヤー
・・・SAfro FAmily
(ゴスペル、from上智大学)

○日本一の下駄集団
・・・下駄っぱーず
(下駄ダンス、from早稲田大学
2010伊豆長岡下駄ダンスコンテスト優勝)

○床とシューズと情熱と、他になんかいる?
・・・TAP-lovers
(タップダンス、from早稲田大学)

○声はなくてもリズムで会話
・・・早稲田大学stomp!
(掃除用具等によるストンプパフォーマンス、from早稲田大学)

○心にいつも晴れマーク!てるてるじゃないよ★
・・・輝&輝
(津軽三味線、from国立音楽大学
2008〜10 全日本津軽三味線競技会名古屋大会デュオの部優勝)

○そして、キミ!


主催:下駄っぱーず

・・・その他、早稲田大学stomp!やゆかりのあるメンバーが
「おとアわせだ実行委員会」として只今絶賛奮闘中〃


代表:永池友輔(スポーツ科学部4年)

公式Blog:http://maruta.be/otoawaseda/
posted by ゆっぽん at 00:23 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - おとアわせだ2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月03日

おとアわせだ1

こちらにも大々的に告知をしなくてはー!!
毎日書いていきますよーこちらにも!!

せっかく宣伝文を作ってもらったんだから。

こういうことを言いだしっぺすると、みんなはどう感じているんだろうとすごく考えてしまうことも多く
あぁ、あいつ楽しんでなさそうだな、と思ってしまうこともしばしばあったりして
でもなんかどうしようもない自分もいて、えっちらほっちら
まぁ、俺がしっかりやるとこ見せとかなきゃいかんだろうって踏ん張る。

それにしても3年生だとかっていう子達はやはり成長しているんだなーと思う。
こうやって人材って育っていくんだね。
一緒に働きたいって思われるのはこういう人なんだなーと実感した。

僕がどういう評価もらえるか怖いけど(笑)

さて、イベントの詳しい話はまた一週間かけながらお話します。
とりあえず、近々になってしまいましたが是非お誘い合わせの上お越しください!!


-----

おとアわせだ
-リズムで作るみんなの空間-


<日時>12月9日(木)
<場所>小野梓記念講堂

<開場>18:00
<開演>18:15-19:35

*入場無料*

<内容>
なんでも自分達で考えて、
好きなこと楽しいことを、おもいっきり楽しんじゃえ!
とのコンセプトのもと、
音やリズムを奏でる最高にhotな団体が集結☆

出演団体のコラボ企画やエンディングでの会場全体企画もやっちゃいます★

パフォーマーとお客さんとの垣根なんていらない!

みんなで一緒に、おとアわせだ!!


<出演団体>

○ハッピーでソウルフルなミュージックゴスペルクワイヤー
・・・SAfro FAmily
(ゴスペル、from上智大学)

○日本一の下駄集団
・・・下駄っぱーず
(下駄ダンス、from早稲田大学
2010伊豆長岡下駄ダンスコンテスト優勝)

○床とシューズと情熱と、他になんかいる?
・・・TAP-lovers
(タップダンス、from早稲田大学)

○声はなくてもリズムで会話
・・・早稲田大学stomp!
(掃除用具等によるストンプパフォーマンス、from早稲田大学)

○心にいつも晴れマーク!てるてるじゃないよ★
・・・輝&輝
(津軽三味線、from国立音楽大学
2008〜10 全日本津軽三味線競技会名古屋大会デュオの部優勝)

○そして、キミ!


主催:下駄っぱーず

・・・その他、早稲田大学stomp!やゆかりのあるメンバーが
「おとアわせだ実行委員会」として只今絶賛奮闘中〃


代表:永池友輔(スポーツ科学部4年)

公式Blog:http://maruta.be/otoawaseda/

-----
タグ:企画
posted by ゆっぽん at 01:59 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - おとアわせだ1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月02日

すんすん

言わなきゃ伝わらないと思うが、誰が何を言わなくても受け取ろうとしてないと大事なものはすんすん通り過ぎて行くよ。そこに気づかない人は残念だなぁと思いながら僕は通り過ぎていくだけ。


ってつぶやくと何をわかった気になってるんだろうと思うが、それでも今はそう思うからそう思う発信をするだけ。
あ、俺もまだまだだなーと思ったらその時にまた階段登ればいいだけ。
posted by ゆっぽん at 23:48 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - すんすん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。