2012年01月31日

どうにも

覚悟。必要なのは覚悟。

身ひとつになれる覚悟。

優しくあろう。自分の幸せなど最後の最後でいいのだ。

強くなければ生きて行けない。優しくなれなければ生きている資格がない。


優しくなりたい。


結局何もかもを拒んで、でも愛されたい、愛したいころには、僕の周りには、なんにもなくなっているのだけど


それでも、優しくありたい。



-----------------------


とか、センチに入っちゃってましたね
ごめんなさい。

センチにすればなんかいいように見えるとかそういうの悪い癖よね!改めますね(笑)。

ぐあー!っと振り返ってみれば、もう大丈夫!

時間じゃなく納得。

俺も調子のって気取ってるだけでしたね。うんこでした。えぇ。ちょっとなんか色々ある素振りして、考え事して、思い込みが激しくて、ただのうんこやろうですよ、はい。うむ。地に足が近づいた。



私信

いや、もしかしてこのブログを遠いもっと遠い地方のあの方も見てるんじゃないかと思って、
僕はいつも期待と感謝をこめつつ書いていたりいなかったり。

僕は好きですよん。家族も全部含めてそう、あなたの。
でも僕に(対して)はもう興味がなくなってしまうかもしれない。

そうしたら、ちょっと暇つぶしにでも読んでいただければ幸いにございます。
私はいつでも応援してますし、好きですから。ふふ。

それでは。


ま、多分気を遣ったのだろうと思うのだけどね。

でも遡れば簡単なことでした。

posted by ゆっぽん at 23:47 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - どうにも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たとえばつらいこと


というのは今まで何度か訪れていたはずだし

悩んだこともあったはず

しかしこゆことは得てして、何がどうつらかったかとは思い出せないもの。


今もなんだかすかっとしない感もあるし、なんだかうまくいってないし、すっからかんだなーと思うのだが。


今のここが大事なのだと思う。苦しくて苦しくてもがいた先が見たいのだ。(そこまで苦しい苦しい意識はもってませんが…)

だから今のこの自分の気持ちを書くことも大切なのだ。

先を見るために。先から見るために。


何をどうしたら一番すかっとして楽しくあれるかってことがわかっていないのだもの。


とにかくもがくしかないよね。

苦しいときはチャンスなのだ。苦しんでる自分をよーく見つめること。
美化しないこと。
安易に答えに飛びつかないこと。

苦しいときには苦しむことを。

味わうのだ。


そう、例えば、人をより深く愛するために。

そう、例えば、仕事をより楽しくするために。
posted by ゆっぽん at 20:54 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - たとえばつらいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月29日

夜。

思えば、恥の多い人生です。生き恥。もう遅すぎるかもしれませんが、それでもどうにか公平に。できることなら誠実に人に接したい、生きたいと願ってる夜。

ほんと僕が言えたことじゃないんだが。

すくなくともこれからはどうにか。
posted by ゆっぽん at 21:05 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 夜。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

希望

実感としてジャンプしてる感じもない、どちらかといえば、いや完全に膝を曲げてぐぐぐってする時期。


暗黒時代かなー切り抜けよう。


しっかり向き合ってね。

ここで甘えちゃいかん。

時に光を差し込んでくれる先輩には深い感謝。(相手の)知らずにうちに励まされたり、(自分の)知らないうちに励ましたりするかもしれない。
そこは常に忘れない。

それが希望かな。
posted by ゆっぽん at 20:35 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 希望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かがわ

サッカーの香川くんとは同世代で
斎藤佑樹くんとかマーくん坂本くん前田くんとか石川遼くん(はもっと若いけど)、錦織くん・・・

ココらへんはすべて同世代。


黄金世代ともよく言われますね。


それ故に自分の非力さも感じます。



ただ、ここでよくあるのが昨日も言った「じゃあ自分もがんばろー!」

だと思うのだけど。



気づいちゃったんですよ



がんばろー!


というよりも、


心に従う勇気をもとうー!




の方がなんかしっくりくることに。



自分の心に従う勇気を持つこと。

何も「頑張る」ことじゃない。心に従う勇気を持つこと。

Follow your heartができること。


それが香川くんに近づくための一歩。





がんばろーがんばろー言う前に、心に従う。それが一番難しくて、一番大切なことかもしれぬ。

posted by ゆっぽん at 09:27 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - かがわ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月28日

かんしゃーん

感謝、感謝。
入口も出口もないけど、やっぱり電話に限るわね。(相当相手が迷惑なんだが(笑))

ありがとうございます。
できることなら、人のために、自分のために、人のために生きていく人生送りたいものです。

がんばろー。(がんばろーがんばろー言うの嫌いだって言ったけど、これはその類のがんばろー(笑))


うむー。
posted by ゆっぽん at 22:57 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - かんしゃーん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ただ

僕はその人にとっては数ある中のただのひとりで。

ただの1/100000くらいな存在なのかもしれない。

そうだと思うと気が滅入るな。今日も。

ふひー。


でも、それはそういう感情なんだろうね。

こういうところが辛いとこ、でも一番の醍醐味だろ。
posted by ゆっぽん at 17:32 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - ただ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

つぶやきから

つぶやきから。

たまに本気でつぶやいているものをピックアプ

1/24
仕事にどちらが偉いとかないんですよ。みんな与えられた役割をこなす上での話。いわばみんなロープレしてるだけ。商流的に上とか下とかあるがそれもただのロープレ。だって電車の中だったら目の前のおじさんがどんな大企業の重役でも、ただのおっさんにしか見えないしただのおっさん。そんなもんです。

よって、どんな仕事をしているか、どんな肩書きを持っているかは、ロープレ内だけの話。

電車の中でも魅力的(に見える)な人でありたいね。



---

1/24
そのうち(残念ながら)被災地支援詐欺とか起こりそうだなぁ。
でもさ、ステマでもそうだけど、基準はその情報が本当か嘘かであるよりも

「自分」がそれを信じるか信じないか。だと思うなり。

+みんな本当のことを知らされてると思いすぎ。
菌と同じで無菌状態が続くと抵抗力なくなっちまう。

本当に大事な事は知らされていない場合が大半じゃないかなー。

大事なことの認識がずれているから起こっているってこともありそうだけどね。


1/24
やりたい:愛のままに〜わがままに〜僕は君だけをウルトラソゥ!!(ハィ!!

やった:ストレイト ドキドキする視線はまるでレーザービーム心をシュワりと突き刺すの虹色の ウルトラソゥ!!(ハィ!!


1/25
その時だけがんばろう!とかきれいごとぬかして満足してるのが好きじゃない。
毎回同じ事言う人は毎回同じ事言うもの。だからがんばらないじゃなくその感情は今の一瞬であることを自覚しなさいってこと。その上でがんばり方を考えなはれ。がんばろう!でもこれすぐ消えるな…からの?ってとこ聞きたいの。

多くの人は「がんばろう!」で自分が変わった気になってそれで満足。
だってすぐ数ヵ月後に同じこと言うんだもん。
そう「言ってること」が好きなの?、本当にやるなら次のステップ踏まなきゃだめだよ。



1/26
よくターゲットだなんだってよく言うけど、例:いわゆるでき女でおしゃれに気を配り、自分磨きも欠かさず、たまにアロマでリラックス・・・とか、君等はよく言うけどおそらくそんな人どこにもいないし、君が生きてきた世界の人しかターゲットにできない。全く違う世界で生きてきた人の想像できる?
思いつく範囲の人間なんてとてもとても範囲のせまい世界。

自分の生きた世界が当たり前すぎて、他の想像なんてできないの、ほとんどみんな。だから(すげー偏ったイメージだけど)広告の高学歴が考えられるターゲット像の職業なんて、(就活の時に見た)IT企業とかメーカーとか広告代理店とかばっか。世の中そんな風になっちゃいないのにね。

だから唯一感性のわかる顧客って「自分」だと思う。だから、自分が良いと思うやり方、モノをリリースできることが一番いい。いいものはいいのだから。そこで認められなくても実力だし、よりイイを突き詰めていくのだ。

でも、そのイイがわかるかどうか、自分の感性を磨くためにもより多くのイイものに触れていくのが大切だし、そしてそれを伝える、売っていくためにも、この社会での消費のされ方を知るべきだし、マーケとか消費者を知ることは大事。

例えばいくら僕には音楽がありますから!って言ってても、クラッシックもテクノもレゲエもボサノヴァも聞きましたって人と自分の音楽だけやってましたって人だと引き出しも違ってくる、そんな感じ。なんていうかな難しいな、人に合わせるのではなく、かと言ってひとりよがりでもない、そういう生産がベスト。

いろんなモノ、意見を聞いて、最終的に自分の感性で決めちゃうって感じかな。


というわけで最終的にはメーカーとかプロデューサーになりたいな。うん。ともかく自分のやり方、モノのエッセンスが入る所で伸び伸び本気で向き合いたい。それが何かはまだ謎だけどねん。




企画書の大枠だけでめちゃんこ直された…。だからそこがわかんないじゃーい!って逆ギレしそうなのを(しかし、わからないことでキレても自分のアホさでキレるわけだし、何も伝わらない文構成しかできないのは自分だしな…)こらえた・・・。
でもま、相手の立場にたってみると、それをいちいち確認してここができてないとかいちいち言って修正させる側も大変だし、そんな時間使いたくないよなぁ

→俺期待かけられてるんだなぁっていう変なポジティブさでどうにか生きながらえています笑


1/27
JPOPの歌詞が最近ストレートになってるの?でも歌詞に「マジ」とかあると萎える私。そういう俗っぽい言葉を歌詞にするのあまり好きじゃない。確かに洋楽はストレートが多いかもだが、婉曲が日本人の美しさかなーと。ミスチルははっきり言わないしストレートじゃないしどっちつかずの歌詞多い(でも核なことは言ってる)からこそ人間らしくて好きなんだがー


就活について
RTした10°カフェのグループOB訪問も行ってみるといい。そりゃ10°カフェだし、商社だし、変に目を輝かせた学生が「どやっ」顔で居たりするイメージがあって、うわ、そんな一部になりたくないって思うかもしれないけど(言い過ぎw)、OB訪問をなんとなくでもしたって事実は自分に残るからさ。

俺はそんな活発にできなかったけどさ。そういう自分をちょっとは認めてあげられるなって自分が思えるし。私なんにもないわ・・・って思ってる(そんな人はいないのだけど)人は、またそういう事実を活かして自分に無理のないOB訪問探してがんばりましたって言えばそれはまたアピールになるもん、毛嫌いせずに、まずはステップを踏みます、私がんばる人ですよーって、うん。今だからアドバイスできるが笑


1/28
就活とか社会とか政府とか語り合り出すと、強者の、頭の良い人の理論になるよね。そりゃ個人がどこでも生きていく力を持つことが答えだと俺も思う。でも社会的圧倒的弱者の立場でも一回考えてみればいいと思う。議論は頭いい人、社長ばかり集めず、自殺対策してる人とかもっと異分野の視点いれるべき。
強者も強者で強者の世界しか見えていないからね。
そんな一元的じゃないのが日本だし、だからこそ判断ができない。
まぁ、それでも舵を取る人が必要なのだけど。









意外と毎日真面目に物事考えている気がする・・・(笑)

でも深くないのが残念ねー。もっと早く深く考えられればなぁ。
人の会話でそのばその場で新しいこと言えるかってことだと言えないもんね。

上のような一回考えたことなら言えるけどね。
だからいろんな物事を一回考えたことがあるかどうかが会話ができるかどうかにつながる。
(僕の場合)

ともかくTwitterから追記のoutputでした。
posted by ゆっぽん at 15:08 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - つぶやきから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Time waits for no one.

まとまらんな、想いが形にならん。

でも、ストレートに正直に。
未来への自分へと書く手紙ならきっと素直になれるだろうー、はいけいー。ってね。

自分に不利なこともあるだろうけど
不利とか有利とかきっと違うのだろうと思う。

不利とか有利とかじゃないよってみんな言うかもしれないけど
無意識下でどこか動く場所があるから、そこへの意識はできない。
でも、それはそれ。

さて

さて、今度人に会いに行く。
そこで何をしにいくのか、僕も実のところ明確な想像が全くできていない。
「とりあえず、さよなら」があるのならば「とりあえず、こんにちは」だってあるはず。

ただ、おそらく、今の僕にとっては、多分、一番かけがえのない存在だとは
どこかで気づいている。(都合の良い言葉にはなってしまうのだけど)

でも、だからと言って、僕は何かを強制はできないし、したくもない。
どういう環境にいるのかすら知らないのだから。

そして、これだけずっと想ってきたんだから(本物なんだ)!とかいう考えは
やめたいと思う。(読んだ本の影響だけど)
そういう別次元のものを引っ張ってきて、自分にその真実加減を信じこませるとは
非常に怖いことで、重いものだ。

そして相手はもう自分のことは何にも想っていなくて、いち普通の人として捉えているのならば
僕がそこを無理くり「とおりゃ!」ってこともおそらくできない。

もしかしたら、すべてが無駄で、意味がなく、僕は帰ってくるかもしれない。
もしそうなら、多分それはちょっと大変なことだろうけど、ほんのちょっと、ぐぬぬって、膝と腰と腕を曲げながら、最後の最後では耐えようと思っている。
そしてまたがんばろう、と思って(ダンディな大人への(笑))階段をひとつずつひとつずつ登っていきたい。

こうやって、一番危ない時の想定をして少しでもダメージを和らげようとするのは僕の癖なのだ。

(でも、頭の中にある一番危ない想定は、そんなことは関係なしに何らかの事故で僕が死ぬことだ。
もしかしたら誰か悲しんでくれれば御の字である。もちろん自分から死ぬ気はさらさらないが。)

その、この、つっかかりというか、頭の中に存在する影というか
それをどうにかしたい、というか・・・うーん。

でもある種開き直った答えは出ていて、
そういう(自分が思える)人と一緒にいたい、ってことは紛れも無い答えなのだ。

生きていくのが上手くなる前に。
感性で右と左が決められるうちに。
そういう機会は人生に1度か2度しかない。

なんていうかね、「付き合う」とかっていう言葉が滑稽なものに思えてきて
それよりも、一緒にいたい、とか話をしたいとかの表現の方がしっくりくる。
そして、それを僕は求めていたから

なぁんだ方向性は合ってるじゃないの。
って思えたのだ。

なーにを都合のいいことを・・・って感じだね。
でも、ううん、ちゃんと全部を通じて考えたことだから。
もうわからないことなんてあんまりない。(なんちゃってね)

でもさ、こういうことを言えるだけで、本当に自分は幸せだなぁと思う。
そういうことを言う、思える人がいるだけで幸せだなぁと思う。
思えた人と出会えただけすごく幸せだろうなぁと。
感謝ですね。ありがとうございます。
だから
少なくとも、相手に迷惑をかけない範囲で幸せを感じようと思う、うん。


QT 「人というものはあっけなく死んでしまうものだ。人の生命というのは君が考えているよりずっと脆いものなんだ。だから人は悔いの残らないように人と接するべきなんだ。公平に、できることなら誠実に。そういう努力をしないで、人が死んで簡単に泣いて後悔したりするような人間を僕は好まない。個人的に」

posted by ゆっぽん at 14:01 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - Time waits for no one. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月22日

どれだけ

そういえばどれだけの人がこの文章を見てくれているのでしょうかね。
多分200アクセス/月ほどはいっているようなのですが^^。

ありがとうございます。

私を全く知らない人も、もしかしたら見てくれているのかなぁ。
だとしたら嬉しいことですけども。

知っている人も見ながらにして、しかし俺に「見てるよ!」とは言わない人達がいるのかなぁ(笑)
(Twitterでもそうだけど、陰ながら見てます、みたいなことにはよく言われる(笑))
見てるよ!とは言われないからいまいち全然実感がありませぬが・・・。

日本全国津々浦々。誰かの助けになれば幸いです。

どうぞよろしくお願いしまする。

どこかに響きますよう。
posted by ゆっぽん at 23:18 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - どれだけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

つよがり

今になっていい曲だと再確認です。






まっすぐ向き合えるか、わからないけども。
posted by ゆっぽん at 22:34 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - つよがり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月17日

のんのん、まどもあぜる。

30代くらいで南米行きたいなーと思ったら、子供ができたら少なくとも10年は行けないじゃんと思ったら40後半くらいまで行けないやん。

んー。子供が生まれる前に休職して行こうかしらー。雇用形態を変えるか。ということを考えてます。今。

まぁ40代でもダンディ(?)だったら南米行っても冒険できる(?)と思うけど。
何があるかわからないからなぁ。

子供が出来る前に南米ですね。
てゆーかキューバに旅行ですね(笑)


んーどこいきたいかなぁ




と、休職しても大丈夫な体制を創っておくってことが目下のやること。うおいっしゅ。


ほい。

私自分で自覚してるんですけど、自分の失敗を人に指摘とか笑われるのが一番こたえる…。自分でわかってるから、言わないでくれ…って思う。失敗に気づかせてくれるのはありがたいと思う、でも明らかな(自分でもわかる自分の)失敗を更に追及されるのはすごく萎える。

つまり、私を不機嫌にさせたい場合、キレさせたい場合、泣かせたい(悔し泣きな意味で)場合はそこを攻めるのが一番です。まぁ世の中それをわかってる人ばかりじゃないとはわかってるけど。些細な言葉が相手に残ったりするのよね。気をつけよう。ポジティブな言葉かけられるよう。


今アラハタ聴きながら思ったのだけど、何かを変えるとか言い出すの多分早稲田周辺の子達だけだと思う。極論すると頭がいいだとか行動をする子。ほとんどは世界を変えようだなんて思ってない。何かを変えると思うのが自然な環境だしそれが歓迎される世界に生きてるんだよ、君たち。うぬぼれだと思うな。そのままがんばれ。何かを変えるのは何か変えたいと思える人だけだ。







のんのん。まどもあぜる。(ていう時はだいたい、なんか指し棒を持って、シルクハットをかぶって小太りな紳士のつもりで呟いています。)




のんのん、まどもあぜる。
posted by ゆっぽん at 22:10 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - のんのん、まどもあぜる。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月16日

変わる

そりゃ何かがいきなり変わる

寝て起きたら変わっているってことはないけどさ。

今日読み終えた本の中に(最近ちょっと本読めるようになってきた^^)


身近な人に成功者がいないので、成功慣れしておらず、また家族には小さな時から
「あまり無理をするな、どうせ先が知れている」というような言葉を常日頃からかけられて育てられているので知らない間に「成功回避の心理」にどっぷり汚染されています。

これがどういうところで差が出るかといえば、ゴール間近の追い込みです。


と、ありました。


いや、別にゴール間近の追い込みが弱いんじゃないんだが
ゴールが近くなってくると、なんかもういいやーって満足するのは、すくなからずこれがあるのかもなぁ
と思う。
家族には「○○で食べていく!」とか(まぁ適当ではあるが)言うと
どーせそんなことはできないから、ちゃんと働きなさい、

とかよく言われた(笑)

その度に「いやー、可能性は伸ばさなきゃだめだ。そんなつまらないこと言ってる人からつまらなくなっていくのだよ!」とかっていう論理を子供の時から親に言ってたんだけどね(笑)


でも最終的に結果がでてこないのはこういうところがあると思う。うん。


ちなみに本はこれ。
成功できる人の営業思考 (PHPビジネス新書) [新書] / 太田 彩子 (著); PHP研究...


営業思考

目標を遠くに置くこと。
仮設を立てる→行動、検証する→情報を仕入れる→仮設を立てる→・・・

というところをもっとしっかり学びたかった。

途中から、何が言いたいのかよくわからなくなったことと、有名な例を出しすぎていることと
個人的こじつけに見えちゃうことと、自己啓発っぽくなってしまうのが残念・・・。
(とか批評できる人でもないんですけど私。)

でも人生はフラクタルという考え。
人生はでっかい波のようなものがあったとしたら
それと同じようなことがもっと小さい周期で起こっていて
小さい周期の中にもまた同じようなことが起こっているってこと。

ある図形を書いて、その図形の辺を底辺としてまた同じ形がありその形の辺をまた底辺として同じ形を・・・っていう図形をフラクタルというらしい。

つまり、1年は人生と一緒だ。みたいな。春夏秋冬は人生単位でもあるし、1日単位でもあるかもしれない。


そういうのに例えるのはどうなの?!って今まで思ってたけど
まぁ、そういえばそうだよなぁと。そこから人生を学べたらまあいいよなと思った。
箱根駅伝は人生だ。みたいな。
漫画を書くって人生と一緒だみたいな。(バクマンでも言ってましたね(笑))



先の営業思考の部分

あと、「本物」

「本物」の近くにいると不思議なことが起きます。
おそらく、その方々が共通して持つ、情熱が伝染するのでしょう。
こちらも何かやらなきゃと思うようになり、また何かできるのではないかとおもうようになります。

っていうところ。
憧れとする像ですね。



全然まとまってないけど。





一番残念なのは、全てをなんとなく過ごすことだ。


って言葉に今出会って、ふむふむと思った。


あぁ、雑記になります。


そして、好きなモノを好きというのは大事だと思った。
というのもミスチルの曲を聴きながら、帰り路になりきって、にやにやしたり睨んだりしながら
帰ったのだけど、その時の幸福感が溢れて、誰かに伝えたい!と思ったし
うあー、「桜井氏の曲が好きだ」と言いたいという気持ちに駆られたのだ。
(だからmixi上でもいきなり変なこと言ったのだけど(笑))


好きってことを言うのは長く生きていても少ない。だから数少ない何かを誰かを好きときちんと言う、それを言えるのは、とても幸せなことで、そういう機会を逃しちゃいけないと思う。好きってだけで幸せになれうる。

って思ったのだ。

好きってことはそれだけで幸じゃのう。


うむ。
posted by ゆっぽん at 23:14 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 変わる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月12日

part

最近の仕事の行き詰まり感は先に書いたとおり。

(歯ぎしりとかしてるし目の下のクマとかでてきたしハゲやしないかってちょっと本気で思ってるのよ?(笑))

そこではてなブックマークでも人気なこのエントリーと出会う。

僕は自分が思っていたほどは頭がよくなかった - しのごの録

この中の返信の中に

君がAをとったのは、君が勉強をしたかあるいは授業内容が簡単だったからです。君がBをとったのは、おそらく、どうやって扱ったらいいのか分からないことや、そう簡単には腑に落ちないようなことをすぐ理解してしまうのに慣れすぎたからだと思います。思うに、君は早いうちに認知と知性に関する道具をつくり上げて、新しいことを身につけたり処理したりということを素早くできるようになったのです。でも、あまりにもそれに頼り過ぎてしまって、それだけでは対処できない事態に必要となる、ちゃんとした道具一式を全く発達させなかったのです。私がそうでした。でも、大学一年の一学期に壁にぶつかるまではそれに気づきませんでした。君に質問があります。だれか今までに時間をかけて勉強の仕方を教えてくれた人はいますか?それとは別に、先生やカリキュラムなしで自分自身で勉強する方法を君は学んだことがありますか?これらは習得することのできる最も重要な道具です。なぜなら、この道具を使って、さらに強力でさらに遠くを見通すことのできる道具をつくることができるからです。それがだた雪だるま式に大きくなることで、Rのようなひとになるのです。


MITを卒業するのに失敗する人というのは、入学して、いままでに経験したなによりも難しい問題に遭遇し、助けを求める方法も問題と格闘する方法も知らないために燃え尽きてしまうのです。うまくやる学生はそういう困難にぶつかったとき、自分の力不足と馬鹿さ加減に滅入る気持ちと闘い、山のふもとで小さな歩みを始めます。彼らは、プライドに傷がつくことは、山頂からの景色を眺めるためであれば取るに足らないということを知っているのです。彼らは、自分が力不足であると分かっているので助けを求めます。彼らは知性の欠如ではなく、やる気の欠如が問題だと考えます。私は、やる気をみつける方法を教えてくれる人と出会えて幸運でした。インターネット上でできることは小さなものですが、私があなたに対してその役割を果たすことが出来ればと願っています。


君はとても若い。頭があんまり良くないのではなどと悩むには本当に若すぎる。年をうんととってボケ始めるまでは、「頭がよく」なるチャンスはあるのです。括弧付きで言ってみたのは、「頭がよい」というのは単に、「とても多くの時間と汗を費やしたので、難なくやっているようにみえるまでになった」ということを言い換えているに過ぎないからです。君は、自分は燃え尽きてしまった、あるいは、燃え尽きてしまうかどうかの岐路に立っているという風に感じています。でも実際には、燃え尽きることにするかしないかを決断する岐路に立っているのです。これが決断であるということを認めるのは怖いことです。なぜならそれは、君にはなにかをする責任があるということですから。でも、それは力が湧いてくる考え方でもあります。君にできるなにかがあるということですから。



ここらの部分。


最近できていない(とはっきりと自覚した)、対人への交渉だとか、コミニュケーションだとかに置き換えて考えて納得してしまった。

考えてみれば

僕は今まで、自分というモノを考えることは多分多くやっていて、自分についてだとか人生についてとか
(恋愛についてとか)もしくは、自分と親しい人の間柄について考えることはあった。

そして、大学受験くらいまでのいわゆる「お勉強」なんかもそこそこのレベルではあるが
それでも周りの人よりかできていることはよくあった。

それはそういった、「自分について」だとか「お勉強」について、(引用文からひっぱると)認知と知性に関する道具をつくり上げて、新しいことを身につけたり処理したりということを素早くできた

からだと思う。
そういうことは苦がなくできていたのだと思う。

問題なのはここからで
例えば「他人について」「他人に認めてもらうために」「研究」などにおける自分はどうなのだろう。
(引用文からひっぱると)あまりにもそれ(上記)に頼り過ぎてしまって、それだけでは対処できない事態に必要となる、ちゃんとした道具一式を全く発達させなかった。
のだろうと思う。


だから(またしても引用文よりひっぱると)
いままでに経験したなによりも難しい問題に遭遇し、助けを求める方法も問題と格闘する方法も知らないために燃え尽きてしまう、

可能性も十分にあるのだと思う。
自分には可能性がないから・・・、向いてないのかな・・・と思えばそこで終了だったでしょう。



でもそれは
(引用文より)
君はとても若い。頭があんまり良くないのではなどと悩むには本当に若すぎる。年をうんととってボケ始めるまでは、「頭がよく」なるチャンスはあるのです。括弧付きで言ってみたのは、「頭がよい」というのは単に、「とても多くの時間と汗を費やしたので、難なくやっているようにみえるまでになった」ということを言い換えているに過ぎないからです。

ということなのだとこの文で思い直すことになりました。


例えば、僕はね

おそらく「自分のこと」で悩んでいる人の相談には多分うまく乗れる、気がする
どう感じているか、何を考えているか、そういうこと考えるのは
先に出たように、素早くその感覚というか、認知と方法論を持っている気がする。
今まで、考えぬいて全部がどうでもいいやーと思えるくらいな感じはしてる。

でもね、「他人のこと」に悩んでいる人の相談に乗れるかと言ったらわからない気がする。
わかってもらうには、とか相手のために、とか
そういう感覚、認知、方法論は全然道具として発達してないし、道具一式何もない。
だから他人のことどうでもいいやーって思えてないの。

※物事を考えぬくとその物事はどうでも良くなるっていう説に基づいてます(笑)。


だから仕事の交渉ごとでも、今、全然ダメ。
全然「どう相手に認めてもらうか」考えられていない。

でも、それは、「とても多くの時間と汗を費やしたので、難なくやっているようにみえるまでになった」
レベルまでいってるかどうかの話だと。

僕は「自分のこと」に時間と汗を費やした(し、比較的方法もわかっているから)からそっちはわかれども
「他人のこと」について時間と汗の費やしが足りていないのだと、そこが確立できていないんだなと
思った。

だからま、やるべきことは「くじけずにがんばれ」ってことになっちゃうんだけどね。




確かに、僕の根底には「気の進まないことはやらずに生きる」的なものがあって
苦手なものをやる(続けている)と本当に好きなものに時間が割けなくなっちゃうってもったいない!
って考え方があるから
ある意味こういった考えとは矛盾する。

自分が知らずにできてること伸ばしていけばえーやん!って思う。
中には私の逆で
例えば、「接客が大好きで」「ありがとうと言われるのが生きがい!」なんていう
私には(理解はするけど)考えられない生き方をしている人だっているのである。
世の中そうやって成り立ってんじゃん!!っても思う。

でもこの文にあることも、説得力があって
(かつ、今弱っている自分に)そうかぁ・・・なら希望が見えるかなぁとも思う。

結局は、すべてが自分のベストになるように間違えずにすべて選択出来るかといえば
そんなことは限りなく難しいのだ。

で、僕は今ここにいるのであって、ここで結果を出したいと思っているわけであるから
0から道具一式を揃えて、道具にしようと思う。


(でも根底に流れているものはあるから、将来的にはそっちの方(「自分について」とか)で生きていった方が、楽だろうし、楽しそうだし、しっくりくるだろうとは思う。
芸術方向とかプロデューサーとか脚本家とか(昔から占いでよく言われてるから!(笑))
で、将来的には生きていくんじゃなかろうかと・・・(笑))


というね、悩みながら少し考えたお話。
なかなか、社会人になってから考えることってあるのよね。
すごく一方的ですが何をどう感じているか伝えていければなと思います。



今まで考えてこなかった(知らずに逃げてた分野だった)から。
でもそれだけ。できないのだ、当たり前だ。
くじけず、馬鹿さ加減に滅入りながら、時間と汗を費やそう。



最終的には楽しく生きるけどね。

1日1日。
posted by ゆっぽん at 22:36 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - part | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月11日

よわねー。

つぶやきから。



今までさ、「交渉術」とかうさんくさくて、くそ!って思ってたんだけど、ある程度必要だなと知りました。


いけ好かない奴になる必要はないが良い人な「だけ」じゃビジネスはできない。良い人かつ、ってとこ。

結果が全て。結果さえあればどんなラッキーだろうが関係ない。

逆にどんなにがんばろうが、結果に繋がらなきゃ無意味。という考えだから、結果につなげられなきゃ自分が無意味なのがわかって怖い。なんだか大言壮語を吐き気味な僕は、言うだけで終わったら本当にクソ野郎になってしまうよ。


行動に移さなくては。明日からちょと早く行こう。

(早く出社して、誠意を!とか皆無です。やることやるため早く行く努力をするけど、それが知らん間に認められたらラッキー、っていうしたたかさくらいです。かつ早く出るからには定時退社目指す。)

(といったけど今日あまり早く(会社も家も)出られなかったな・・・)




考えることって生産性じゃない。ってか何かものができるわけじゃない(まだ企画書とかにできるわけじゃない)から、何も生めてない。から不安。自分が役に立ってない。

だったらまだ与えられた仕事をExcelこね回してる方が仕事してるって言える。


ここ(Twitter)に弱気なことは金輪際書かないでおこうかと思ったが、やはり人間弱い部分があってこそで、そこからの道筋をリアルタイムにオープンにすることで(誰かを勇気づけられるかもと)意味があるかもしれないので、弱音も吐きます。

実は大変だった…なんて実感させてあげられないし感動でもなんでもない。
生きてること、生き抜くこと、今が感動なの。


裏を返せば、ここ(Twitter)に弱気なこと書くってことは最終的にプラスにさせる…、ってことへの意思表明、なのだな。



blogにだけつらつら書こうと思ったけど

やっぱりTwitterにも垂れ流すわ。


こんな状況です。わたし。



posted by ゆっぽん at 22:03 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事・アイデア はてなブックマーク - よわねー。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月09日

looking for

さてさて、振り返るのは、3月くらいにしようと思いつつ
先輩がまとめ日記を書いていたことに感化され、
じゃ、俺もちょっと書いてみるかと思い、筆を走らせてみる。

とはいっても、考えるごとの話題になるから多分支離滅裂。ごめんなちゃい。

■仕事
ともかく9ヶ月が過ぎ、10ヶ月目に突入中。
9月に配属が決まったから、実質仕事を初めて4ヶ月弱。
考えることが(時間的に)多くて、それでも考えつかなくて
毎日ちゃんとアウトプットができてない実感があって、焦ってはいる。
それには確実にインプットが足りてないからだと思う。

だったらそれはどこから仕入れるものなのかも定かじゃない。
多分、世の中を見ること、かつ、「何を」インプットするよりか「どう」インプットするかだと思う。
それって、内面的な話で、まず見方が自分の中にないとただたんに「ふーん」で終わってしまう。

今の
自分の勝手な実感としては2/100ぐらいの進捗状況だと思う。
100完了したらやめるイメージだけど(笑)



今も、交渉がうまくできなくて1つ諦めることになりそうである。

確かに口ぶりとかも必要な要素だし、今の自分には予算感もないし、これぐらいの話ができれば
これぐらいの収益につながるっていう感覚も乏しい。
(言い訳っぽいね。じゃあこれを掴むにはどうする?
とにかく今あるモノとかでどれくらいの金額で動いているのかとか聞くしかない・・・。)

そして、何より見方が足りないのだと思う。
例えば交渉するときに、どちらか一方しか見えていない。
2社に話をするとき、どちらの敵ということではいけない。

どちらの味方でもあり、win-win(-win)を提供できる見方
構造を考えなきゃいけないのだ。

これを考えていると本当にすこぶる頭が真っ白になる。
頭が真っ白になると何も考えられないから眠くなる。っていう悪循環パターン。
(まぁ昼寝の時間はとってしかるべきとは思いますがそこは置いておいて。)

っていうね、これが続くと無駄に時間が過ぎて
自分に何も蓄積されていない!と思って相当焦っているのだけど
でも答えは浮かばなくてやきもき。

どこでも生きていけるようにするにはここができないといけないとは自分ではわかっているんだけれど。

圧倒的に未熟で、かつ上に登る道筋も見えていないから
なんか、上に登るハシゴのない2階を見て呆然としているイメージ。

メーカー!っていうほどのモノがないから、そういうとこでがんばらなあかんのやけど
やっぱり根底にはイイものは売れる!って前提はあるから
イイものを持っているメーカーっていいなぁ(楽そうだなぁ)と何も知らない私は思ってしまっている
現状です。

ただ耐えてたら何もできずに終わるから、
打開策を見つけたいけど、見つからない。ハゲますね。


確実に成功することしよう、なんて夢を見ず、でもつまづきながらってのも痛いっていうこのバランスをとりだす。
ふあー。Mr Childrenを聴きながらひと踏ん張りするしかない。

(大学)同期は寝もせず毎日がんばっているのだから。
(他人ががんばっていることを自分のモチベーションにするには少し抵抗があるけど。)

本当に感覚で言えば、進捗状況は2/100。
9ヶ月で2ってことは、100まで
9ヶ月×50=450ヶ月。40年弱・・・。

有り得ない・・・。スピードあげよう。

具体的に
・机の前でうんうん唸らない。世の中の見るべきモノを明確にして
それを見に行く。会社にいる必要などほとんどない。
アイデアは中では浮かばない。

・作業に入る前にアプローチ方法を考える。

・各社各人にとって何がメリット・デメリットか想定した上で
交渉する。


■プライベート?未来会議?
今年からちょいちょい動き出します。

ぼやーっと私の頭にあるのは、痴漢祭で踊るとか
農家の料理情報とか

この前ちょいと出たのは
シェア別荘を持ちたいということ。
年越しとか将来のみんな(の家族)で集まって、ちっちゃい子供を連れてわいわいしたら
楽しそうだねと。

休みの日は広告のひとつも見たくないけど
(いや、スイッチ入れて見るべきなのだけど)
そういう技術をプライベートに活かしたいなと思う。

まだまだぼやっとしてる。
なにか一つをビジネスモデル化したいよね。
ビジネスまでいかなくても、ある程度の「巻き込み」をするお試しをしたい。

ぼやっとしてます。

わいわいやいやい言っていきたいなーとは思っている。
ここでこそ、自由に発言出来なかったらもうパンクします。(笑)
会社にいるとどうしても実現可能性がちらついてしまって、ホント面白くないこと
ばっかり言ってしまっている自分がいる気がするので
ここでは本当に妄想を現実にっていうスタンスでいたい。


とりあえず中心はこの2つかなー。


あとは、人間関係とか。
最近また迷走気味である。
○○じゃなきゃいけないってものが生まれてやしないか。
かと言って、じゃあ違うのか。
なーんかよくわからない。そういう時は放棄なのかなぁ。

でも進んでみなきゃ何もわからない。
なーんか色々忘れちゃったような気がする。
進んだ先にそれがどうなるのか、です。

すべてタイミングが悪くってどんがらがっちゃんーってなっても
それは自分のしたことだし、全部受け止める覚悟は持ってないと。
忘れちゃってたらそれでもいいし
違うぞ・・・となったらそれはそれだし

ともかくなんじゃこりゃなんじゃこりゃでふわっふわしたまま
いるのがいけない。
(心のどこかでは今本当にひとりでやっていくことがどういうことか
理解できていないのだと思う。そーゆーのが怖いんじゃないの?って思う。
多分どこかしら、最終的には「なくならない」って糞な考えがあるんだろうと思う。)

「なくなった」時の気持ちとどう対峙するかがわからないんだよなぁ。




ま、でもそゆのも体験できればまた吉か・・・。




昔からさ、なんだか「間違っている」感覚とか「正しい」感覚とか
持っていたのだけど、最近そういうのがめっきりわからなくなってきちゃって。
(ここで言ってるのは一般的な正しいとか間違っているとかじゃなくて
俺が思う「正しい」「間違っている」なの。)

自分の中ですら、これ、これ、と決められなくて、ほんと分解されてるような気分。
何が良くて、何が悪いのか、何を求めているのか、何が好きなのか
わからなくなってきてしまった。

都合が悪いからわからないってことにしてるのか?

なんだかわからないや。
思考停止になりたいの?

とりあえず今の身だから考えられること(いや感じること)もあるはず。

なんだかそういう感情に無気力になってしまった感じもする。
正直、それが怖いというのもある。
毎回毎回それだから。なんじゃろね・・・。
とりあえず置いておきたいのかなー。

でもそうだよね、ある程度の間隔は必要かもしれぬ。
必要なのは間隔。あ、今しっくりきた。うむ。

間隔頂きます。(まさかの解決)

急がず。





よし、じゃあここであまり心は向かないがざくざくっとした展望を
生きていればの話である。


〜27歳
100/100の習得

27歳〜32歳
夢の実現に向けて始動

32歳〜50歳
地方でのびのび仕事。

50歳〜
早めに引退!旅行とか

・・・・・・

あ、これ暇だな。(笑)多分修正します。
あんまりすごく先まで考えているわけじゃないです。
32歳にはピークもってこれるように。

もっとがつがつやる時期があってもいいかも。
夫婦でフレキシブルな何かやれば、子育てもしっかりできると思う。


好きな人と好きな場所で。は外せない。
そこを第一条件にできるように。(それも夢の実現のうち。)

それを優先できるように。
そのために生きるのだから。


ふいー。明日からまたうんうんうんぬんしてきます。ぐべー。
応援メッセージ募集中です。(笑)
posted by ゆっぽん at 22:51 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - looking for | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月03日

創ってみたから

創ってみたから晒してみる。

お正月はこれで終了したな・・・(笑)


千と千尋とperfumeとstomp要素を入れたいと思って全部盛り込んじゃった(笑)


はいよー


良かったら聴いてみてくださいー。
多分期間限定で出しておきますー。
耳にしっくりくればこれで踊ろう(?)と思うかもしれぬ・・・。

まだ試作段階でげすね。
posted by ゆっぽん at 23:01 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 創ってみたから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あけま


別れる理由がないから付き合ってる

とか


少なくとも30過ぎからとかでいいわ。


別れる理由、付き合わない理由がないから付き合うのではなく、

付き合いたい理由があるから付き合うのだ。

別れたい理由があることよりも付き合いたい理由がないから別れるのではないかしらー?


あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。
posted by ゆっぽん at 02:08 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - あけま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月01日

あちら

あっちにもあっちの生活と生き方があって

自分が何もすべきじゃないと
思うと何をするのもできないわ。


それを越えるほどなの?と自問自答しても答えは出ない。


わからないぬ。
posted by ゆっぽん at 15:13 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - あちら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。