2012年08月30日

恋人はいるの?

むぅ、彼氏彼女がいると誘いにくい誘われにくいってあると思うけど、まぁ別にそういうのがなくても当人たちで幸せだから別に成り立ってんのだよね。

強く生きなくては!!

一応…。とかいうのは、失礼。
で、自分が自分に無理。
posted by ゆっぽん at 01:02 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 恋人はいるの? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月29日

メモ

メモ

40歳からの

本を出版

取材、松井

プロモーション、俺

装丁、未定

営業、未定


救命士。

どこかで医者に対する憧れ
医学部もちらちら見ていたし。

といっても慢性的なものではなく、緊急のときに動ける人でありたい願望。

それを突き詰めたら、救命士って答え。

いつも、のっぴきならない状況だから、うんぬんかんぬん言ってられないだろうし。


考えておこう、と。


風邪でぼーっとしてるからか、頭が冴える気がする。
つらいから余計なものごと考えられないから。
posted by ゆっぽん at 19:31 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月28日

1回しか生きてないのだから、

いくらかっこ良くても、性格良くても、おしゃれでも、どうであろうとも、相手の好きとは無関係。


ってことがあるのよね。

好きじゃないんだったら努力のしようがねぇっつの。


でもそれが真実。




この事実だけ受け止めないといけないらしいっす。





ほんに、だから恋愛なんて奇跡のようなものじゃ。





また誰かの背中を押せますよう。



いつか立ち直り方について考えたいなぁ

時期がずれたらまた。


記録してるって素晴らしい。

大体こういうので、わかるんです。
こういうのがなくても、わかるけど(笑)。

齢23ですが、永遠を感じてしまうことがあるんですね。
感じた気になるだけですけどね。

あと1割くらい。これは気持ちじゃなくて、頭の問題。
理性の問題。
逆にいいところがなかったらもう出会わないもの。
大体は1年くらいで会おうと思うのかもしれない。

あー、そういう「人と会う(合う)」って周期なのかな。毎日でも会いたい人もいるだろうし、3日間隔で会いたい人もいるだろうし、1年に1回がちょうどいい時もある。その周期が10年に一度とかそういうことになっているだけの問題かもしれない。
とりあえず、今が何の周期でもなさそうなことは感じておる。
感じる、生きている。

感じるというのは、第六感とかそういうことじゃなく、
目に見えるものから、耳で聞こえるものから、のサインを無意識に受け取っている、そういう意味なんだけど。

何を言ってるのかわからなくなってきたな(笑)

人と激しく会っているときって、急に、こりゃそろそろガス欠になるな・・・とか
考えだしちゃうんですよね。ひとりが恋しくなるのかなー。

いや、なんか、こういうことを言いたかったんじゃなかったと思うのだけど、
言葉がなかなか見つからない。

ツイッターもちょっと落ち着きたいと思っておる。
その分blogに流れたらいいなぁと。

ギターを弾きだして1年になって
ギターを買って、やはり楽しい。

姉が結婚して
兄が結婚すると言い出して
私はちょっと残されているのだけど。

咳が半年近く止まらず
ずっと咳をしていて、最近久しぶりに体調も崩しておる。
頭がすわーっと痛い。

短期留学時代のメキシコからのお客さん(?)友達、をご案内。
久しぶりに英語オンリーな会話だったけど、いろいろ忘れててもどかしさいっぱい。
メキシコに来なさい!と約束される。
ぜひカリブ海には行きたい。

posted by ゆっぽん at 23:48 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 1回しか生きてないのだから、 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月25日

せかいをうらむ

詳しいことはホントに何も知らないけど

亡くなった人に対して
亡くなった人が悪かったよね、

っていうのはごく控え目に言って胸くそが悪くなる。


なんで亡くなった上にそんなことをどこの誰かも知らない誰かに言われなきゃならないんだろうと。


それでもなんで、なにがそうさせたのか考えるべきだし、

地球の歩き方を読めば書いてあることは守って欲しいよね
って、聞いてて悲しくなった。

だったら脳天気でいられない世界の方を憎むよ。
posted by ゆっぽん at 22:59 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - せかいをうらむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月20日

進み方を探すのも進んでいるうちのひとつ。

薄暗い道で独り 答えを探してた
でも良く見ると皆 同じようにさまよってた
分からないなりに本気で進む皆は輝いてて
僕の行く道明るく 照らしてくれたんだ



早稲田祭2009のテーマソング。うふ。


仕事を見つけないと仕事にならぬ。
受動的な仕事のラクさハンパない。
ここに飲み込まれて仕事した気になるだけ、そりゃただの時間の浪費と切り売り。

とはいえ+αをやっていく、考える難しさ、煩雑さもハンパない。

とりあえず目標を紙に書いておこうと。
「金メダル取りましたありがとうございます。」っていうあのボクシング村田さんの奥さんのあれ。夢を過去形にして感謝して紙に書いておくやつ。効果あると思う。
昔やってたのだけど、今はその夢が思いつかなくて・・・(笑)。
私もとりあえずやってみよ!!

1億円の売上達成できましたと、のんびりだらっとでも収入が入る生き方を見つけられましたってことと
素敵な人ができました、ってこと。

理想は高く^^。


メモに近くつらつら書いていくよ。

もしこの人がいなくなったら?って想像は僕も毎回毎回する、そこに響くかどうか。こういう話を聞くと、別れる人とは早く別れよう、って思うし、愛する人はもっと愛そうって思う。/Betsyの話 - 愛の日記 @ ボストン http://yokichi.com/2012/08/post-342.html … via @yokichi


愛媛の道後には赤シャツっていう日本酒(だっけ?)があってとても飲みやすくおいしかったです。鯛めしに日本酒とか、大人か!って感じになりました。(詰め込みで記憶が断片的なので、四国のこと思い出したらツイートで残していこう作戦・・・!)

いやはや、そもそも私と旅行行ける!とか思う人はだいたい頭おかしい人だからその時点で一緒に行ったら楽しいことは確定しとる気がする。…ほらそこの女子!私と旅行すると楽しいy(ry
でも、私と旅行したら楽しい自信はどっかにあるというか
正確に言えば、俺がこの人とは楽しく行けるだろうなぁというのを自然と考えているからだろうし
相手もまた同じように私といったら多分楽しい大丈夫、って思ってきてくれてるから、そりゃまあ
そういう意味でも楽しくする自信はある。

しかし、東京にいるってことは一緒に遊んでくれる人と、さっと遊べるってことで、やっぱりいいものだなぁと。最近痛感。

(海に飛び込みに際して安全そうだったので)生まれて初めてバク宙の動きをしました。意外といけるんじゃないかって調子こいているので、今度芝生のある公園で気が向いたら練習してみます。

というわけで、次はどこじゃろねー…って話してたら、「白川郷で年越し」案が出てきて胸が熱くなりました(笑)。囲炉裏を囲んで雪の中で年越し(蕎麦あり)したら、楽しいだろうなー。(もわわわーん)

気になっている子からも振られる始末だからなー。いよいよ覚悟が必要かも(笑
独り身なら革命起こして暗殺されて死ぬのが理想だけど、一緒に居てくれる人がいるならその人がこの世を去るのをしっかり見届けて3日後くらいに私も亡くなるのが理想。できれば相手も私も自然死がいい。

多分もうひとつは、気になっているけど、一過性なのだ・・・!!って自分に言い聞かせてる(笑)
あぁーいいなぁと思うのだけどね。
でも(人の幸せそうな(?)、誰それが好きとか、彼氏とどうのだとか、話を聞くと)やっぱり、私も愛したいなー(いや、愛する人が欲しいなぁー)と思うわん。


PerfumeのJPNライブDVDを買って、ジェニーはご機嫌ななめのかわいさにはまり、演出がMIKIKOさんすげーなー。となって、買って大満足でした。(だいぶ端折りました(笑))
posted by ゆっぽん at 23:09 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 進み方を探すのも進んでいるうちのひとつ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月18日

二条城展

いやー多分京都に住んだら1年かけてメジャーなとこからマイナーなとこまで観光地を駆け回ってお気に入りの場所見つけて、もし来てくれる人がいたら、ここいいよ、ふふふって紹介しつづけるだろうな。


京都じゃなくても同じだろうけど。


今は東京にいるから、遊んでくれる人と、さっと遊べてありがたいことだなぁと思うのだ


から、もし東京じゃなかったら…って妄想をしてみたのでした。


それでも遊ぶこと、遊ぶときに楽しいように動くみたいね、自分の文章読むと(笑)。

四国楽しかった!秘境すぎる。山の奥とか、車がぎりぎり通れるレベルで対向車怖すぎ(笑)。

四万十川に飛び込んだりもしたし、ホント詰め込んで全部消化\(^ー^)/自然万歳。

小豆島とか豊島とか心臓音録音とかレンタサイクルとか日本一怖い吊り橋とかうどんとか鯛めしとかカツオとか阿波ポークとか阿波踊りとか川下りとか。


丸5日間の旅だったのだけど
あやうくあと1日半くらい一緒にいたら好きになっちゃいそうだなぁと。

うまいものを一緒に食べたり、素敵な景色を一緒に見たり、楽しい体験を一緒にしたり、怖い体験も一緒にしたり、一緒に寝たり(笑)、するとやっぱりいいものだな、って思う。それで十分だよ、やっぱりさ!まずはさ!


好きになる、とかってそゆことだと思います。うん。
そゆのの積み重ねですよん。


…いや、とはいえそんな経験なかなかできないから難しいんだよね(笑)
posted by ゆっぽん at 08:57 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 二条城展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月11日

島ブーム。

行ってきます!四国!島々の旅!

先日購入した社会人になって一番高いお買い物。ギターを持って!(笑)
1年間の練習の成果を島の海に投げ出して、じゃんじゃかやりたいと思います!

1999年、夏、沖縄!!

後輩のコたちのFBをみて、人数多いなとか、こーいう世界には私は(いろんな意味で)行けないだろうな、
と思ってちょっとセンチだけれども、

それでも、大切に、丁寧に楽しみたいと思います。

そいじゃーね。島ブーム!

あでぃおす。

posted by ゆっぽん at 00:31 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 島ブーム。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月08日

愛しい。

柄でもないけど


すべてが愛しい。


posted by ゆっぽん at 23:08 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 愛しい。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月07日

歳を追うということ。

オリンピックを観ているとニュースだけで(リアルタイムであまり観れていないのだ)
泣きそうになる。

なんつーか、「わかる」(実際的にはわかるなんておこがましいですが)
ことが多くなってきたからだと想う。
おとなになって、歳をとって、涙もろくなるのは
いろんなことが「わかる」ようになったからだと想う。

単純に、疲労感や体力的なきつさもそうだし、プレッシャーもそうだし、家族とその周りの人間関係もそうだし
応援にくる人もそうだし、現地にいる自国の旗を振ってくれる人もそうだし、同種目内の仲間もそうだし、
寝食共にした仲間もそうだし、こうしてTVを観させてもらってる僕もそうだ、いろいろな関係・感覚が「わかる」ようになる。

そういう、すべてがぎゅっと詰まった形を一瞬にして見せられるからだと想う。
そしてその一瞬の選手が嬉しそうに飛び跳ねる様子だったり、
抱きあう様子だったり、拳を突き上げるガッツポーズだったり、時には涙したり、
その表現に僕はじーんときてしまう。

やっぱり子供の時は、あー、すごいね、すごいね!で終わるのだけど
やっぱり歳を追うと、その舞台はいろんなものの積み重ねの上にあるものだということが
想像(妄想含む)できてしまって、涙腺が緩くなる。

何考えてたんだろう?とか考える。
同い年のような人たちも頑張る中で、単純なヒーローには見えなくなってきた。
(単純なヒーローなんてどこにもいないのだけど)
泥くさく、プレッシャーのなかで、ちょっとずつちょっとずつ、じりじりと歩み寄って
それが実現されているんだな。と。

それが率直な感想。

でも、そんなもの見せない舞台で輝くヒーローでもある。
例えば、子供たちにとっては。

私もヒーローじゃないけど、ヒーローじゃなくていいんだ。
じりじりと近づけるようにがんばる。
ここぞってときにヒーロー面してやるんだ(笑)。


ヒーローの道も一歩から。
posted by ゆっぽん at 23:48 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 歳を追うということ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

worlds end

ミスチルの中で1,2を争うくらいに好きな曲なのだ。

昔、恋愛で悩みに悩んだ時に、この曲に励まされた、というか覚悟が決まった。

以下の歌詞。

「飲み込んで 吐き出すだけの 単純作業
 繰り返す自動販売機みたいにこの街にボーっと突っ立って 
 そこにあることで誰かが特別喜ぶでもない
 でも僕が放つ明かりで 君の足下を照らしてみせるよ きっと きっと」


私なんて、自動販売機くらいの価値、飲み込んで吐き出してぼーっと突っ立ってるだけなのだけど
別に私がいることで誰かが喜ぶでもないのだけど

でも光くらいは。
あなたが迷った時に、せめて足元を照らしてあげられたく
そう思った。

それだけの価値、使命はどうにか果たしておきたいなぁと思ったのでした。
(簡単に言えば、ただのかっこつけなのだ(笑))

私に何もなくても、せめて、それくらいの役割でも
喜んで引き受けようと
そう思った。

そんな曲。



サビ前の
ずっちゃちゃーずちゃっちゃーって入ってくるエレキも好きだし、
ライブだと最後には「ハァォ〜〜〜」ってなるのも好きよ(笑)。


曲は想い出と共に。
posted by ゆっぽん at 23:08 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - worlds end | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月06日

お久しぶり。


雑魚(久しぶりだなこれ…)の狭間を行き来しておるような気がします。



っても、曖昧にうがうが言いません。(それはそれでどうなんだという意見もあります。)


うーむ、不思議な感覚だが。
posted by ゆっぽん at 18:50 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - お久しぶり。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月04日

大事にする。


呟きたいけど呟のがと怖いので

また明日に以降に。


きちんと自分のもとに来てから。


きちんと受け止められたら。


しっくりきたら。


大事にします。


一生付き合うと思ってね。


はは。
posted by ゆっぽん at 16:38 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 大事にする。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日を忘れちまうだけだ

昨日のあなたが嘘だと言うなら昨日の景色を消しちまうだけだ!


昨日までの過去なんてなかったかのように歌い出すんだ!!
posted by ゆっぽん at 09:40 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 昨日を忘れちまうだけだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月02日

one year four me

働き出して1年と4ヶ月目。

つまるところ、今新卒の子は4ヶ月目を迎える頃。

僕の4ヶ月目と言ったら全然元気なかったのではないかな、と。
まぁ今でも元気はありません(笑)
し、後輩に元気?って聞いて「元気です!」ってフレッシュに答えてくるので

「なんで元気なの?」って聞き返してしまうほどです。(ダメなセンパイ(笑))

朝とか全然元気じゃないし特に週明けは、もうこれ終わったわ・・・くらいなテンションなんですが

そりゃまぁいつものことなので良しとします。

(良しとできるくらいになったってことですね。・・・いや、よしっていうか諦めてます。元気が無いなら無理して元気装わなくていいし、元気出るまでじっとしよう・・・みたいな(笑))


さて、ようやく仕事に慣れ始めたかな、と感じたのはちょうど1年経つ頃です。

1年目は学生の延長でしたし、それでまぁいいと思ってました。
1年くらいは(卒業式なかったし)、学生気分からのフェードアウトが目標にいつしか変わっておりました。
思ったとおりにそれくらいで、感覚的なフェードアウトがされてきたように思います。
(大体自分の感覚っていいところ突いてくるな・・・!って感じです。)

だから新卒の子は、あー4ヶ月経つのに・・・!とか言ってないでまぁ気長に捉えるのもいいかもしれません。私もそれくらいかかるし、仕事の内容によってバリバリできるかできないかも変わりますから。
バリバリ系な子は営業バリバリしてるかもしれません。受注しているかもしれません。

でも私もやっと初受注したの最近なんですよね。あはは。
最近、初企画書も見よう見まねで作り(会社には企画書という概念(?)はなかったのです)、初プレゼンをして、ようやく仕事の流れ、いや、成り立ち、構造がなんとなく理解できてきました。

伝えるべき相手は?何を用意すべきか?どこに落とすか?などなど。
間の使い方と次を見据えた話しをするのがまだまだ課題、ではありましたけど。


んで、思ったことがですね。
営業(に限らず、マーケも企画もなんでも、なんなら人と話すときも)は、


どれだけうまく交渉するか、じゃなく、どれだけうまく「誘導」するかだな、もしかしてこれ。

ってことに気づいたのです。


例えば向かい合う相手に自分の右側通って欲しかったら、自分は先に道の左側に重心をもっていく。

相手は空いた右側を通る。
でも相手は右側通らされた!なんて思わない。

そういう種類の誘導。
企画書はそういう気づかない誘導の伏線を散りばめる、ことが大事です。
交渉の場にすら立たないのが理想ですね(笑)
私の性格がそうなのかもしれません。

とはわかったけど、それをできるかどうかはまた別の話でありますが(笑)。


と、かんがえながらふむふむ。と思っていたのです。それが1年と4ヶ月目の感想。(笑)
1年と4ヶ月ってまだまだ甘ちゃんだね。1年前の3月はまだ学生だったのよ私。
そう考えると、うそぉ!って感じもする。
自分の感覚的な年齢でいえば、歳を半年上回って24歳な自分であります。
っていう感覚。


最近なんだかわかってきた(ような気がする)のです。
それを言語化できるのはまた別のレベルで。だからわかってきた、としか言えないんだけど(笑)
人生やら恋愛やら。



さて


なんとなく他人との比較の中で(僭越で思い過ごしかもしれんが)多分自分がちょっと秀でてるかもと思うのは、(学生の頃に確信は持てなかった。遅きながら今になって気づくものもある。)

・物事の本質まで比較的早く辿り着くことと
・他人が言わんとしてることをなんとなく察知する能力だと思うかなぁ。
派生して
・底から団体のピーキングをすることかなぁと。
(ある照準に合わせて盛り上がりを持っていくことね)

(あくまで思い過ごし含む。みんなの目から見た私ってどうなんでしょ?)
言わずもがな、それをうまく言葉にするとかはまた別の能力なんだけども。


っていうのは、「なんとか力」って言葉になってないから気づきにくいものだし、

例えばESにも書きにくいものかもしれない。
そーゆーのをきちんと押さえて表現を変えれば多分輝く。

(だから就活生は「なんとか力」に括られない強みをうまく表現できたらきっともっと魅力的になる気がするんだから、そーゆーES書いて欲しい。)


んまー、何が言いたいかというと。

特にありません。ただのエッセイでした(笑)。



一言:
だれか四国に一緒に土地と家買わないか・・? http://p.tl/J3NX 300万前後で5人で60万ずつ出しあってバカンスとかをシェアすれば楽しい気がするし、そこがあるから最悪大丈夫だ・・・!ってセーフティネット的な役割、かつビジネスの事務所みたいになったらいいなぁと思う。

ついでに、無人島も1800万とかで売ってるみたいだから(鯛とかアワビとか捕れる・・・!!(笑))http://www.aqua-styles.com/island_japan.html
こっちもみんなで買ってシェアして、年に1回とか大規模にお祭りをやるっていうのはどうかなーと。


働きながらこんなことばっかり考えてます(笑)。
現状を把握できてきたから地に足着いたリアルな革命起こしていきたい。

ね。
posted by ゆっぽん at 23:18 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - one year four me | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

living

相手に迷惑だよね…、って相手の迷惑にかけないために生きてるんじゃないし、



残念ながら君の人生は君しか好きなように生きてあげることができないんだわ。
posted by ゆっぽん at 20:35 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - living | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月01日

BOOK

この6,7月は比較的しっかり読書できてる気がする。
というわけで、7月分を気ままに紹介。

いいのがあったらぜひぜひ教えてくださんし^^。

7月の読書メーター
読んだ本の数:3冊
読んだページ数:928ページ
ナイス数:10ナイス

深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)
話には聞いていた名作を読み始め。一番の感想はこの人旅の道中をよくもこんな細かく書けるなあということ、細かくメモっていたのかな。今同じ所に言ってもきっと同じようには味わえないし、時代は違うけどほへーと思わされる。んで、このタイミングで読もうと思ったのにも意味があるんだろうな、とあとがきの対話をみて思った。社会にも出て、女も知って、すいもあまいもわかった25,6歳のタイミングで世界を見つめる旅にでる素晴らしさが書かれていた。奇しくも私24歳。呼ばれているとしか思えないわ(笑)出なきゃいけない!って思わされる。
読了日:07月31日 著者:沢木 耕太郎
ボールのようなことば。ボールのようなことば。
読むページ読むページ、ドッグイヤーで厚みが増えちゃう。読み始めは お、糸井さんと同じこと考えてる!と思っていたけど、読み進めるごとにこの人は自分の50、60歩先にいるようだと思わされる。正直に優しく、でも本質をつく素敵な言葉であり本でありました。
読了日:07月31日 著者:糸井重里
1Q84 BOOK3〈10月‐12月〉後編 (新潮文庫)1Q84 BOOK3〈10月‐12月〉後編 (新潮文庫)
なんか危うく泣きそうになったわー。何はともかくタマルがナイスガイ(ゲイ)でした!この作品は珍しくいっぱい名前が出てくるけど、一番好きな登場人物。いろんなことに論理と現実感が足りないけど伏線もあるいは回収できていないかもしれないけど、そんなことはどうだっていいっていう。ね。そこがどんな場所であろうと、どんな世界であろうと、どんな試練も君となら乗り越えよう。
読了日:07月04日 著者:村上 春樹

2012年7月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター
posted by ゆっぽん at 23:44 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事・アイデア はてなブックマーク - BOOK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。