2012年09月29日

祝!

超お世話になった先輩が今週末入籍されて、
来週には結婚式。
うおー\(^o^)/。

2次会の入場ダンス振り作った隈前。

時代は変わる。

でも楽しみ続けよう

戻るじゃなく進んだ先で

楽しみを作れるのが私たちでしょ。

幸あれー!!
posted by ゆっぽん at 00:45 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 祝! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月27日

ねぇ、くるみ。

Signを聴きながら書いてみる。

最近、「面倒くさいと思うことはやらない」ということはなかなか大した才能なのではないかと思うことがある。

面倒くさいことは大体いろんなリスクを勝手に頭が考えて、その結果、それは面倒くさいぞ・・・って
判断を下すから。
まぁ面倒くさいって思いながらやることに、良いクオリティはでない。

だから、面倒くさいことはやらないか。
面倒くさくなくなるまでリスクを下げてやる。
どうすれば面倒くさくないかな・・・と考える。
動く前に、頭を動かすってやつだ。

頭を動かすよりも、身体を動かしたほうが仕事をする気になるのはよくわかる。
いやいや。面倒くさいと思うこと、みんなやってきてるんだよ、とか考えだすと
「面倒くさい」と思うことがどこかいけないことなんじゃないかって思えてくる。
まぁ、そんなことはない。
面倒くさいことは面倒くさいし、そもそも面倒くさいと思っている時点で自分のやりたいことではない。
例えば、
曲の編集はみんな面倒くさいって思うかもしれないけど、それを好きな人もいる。
教科書読むのは面倒くさいけど、それを好きな人もいる。
あるいは、こういう状況じゃ面倒くさいけど、また違う状況じゃ面倒くさくなく感じる人もいる。

そういう面倒くさいと感じることと面倒くさく感じないことの差
の中に才能というものが隠れている。
そんな気がする。

だから、「面倒くさい」と思うことも立派に才能だと思う。
どうして面倒くさく感じるのか、どうしたら面倒くさくなく感じるのか。
面倒くさい・・・いや、我慢・・・。で終わらずに、あれーこれは面倒くさくないぞって思えたり、
面倒くさいから面倒くさくないへの架け橋を作れたら
それも才能だと思う。

例えば、
この解説書読むの面倒くさすぎる
→なんでこう書かないの?
→こう書いたほうがわかりやすい

って道筋まで立てられたら立派だし
そうやって世界をある意味疑ってかかるとより世界は広がる。

与えられた世界(というと大きくなっちゃうが)は作られてる世界だし、
それを理解するのを面倒くさいと思えるのは
→自分にとって(またそれは多くの場合人にとって)もっとわかりやすい、面倒くさくない世界に
変えることができる、っていう第一歩。

世界は自分にとってもっと理解しやすいものであっていいと思う。
っていうある程度のわがままも大切だなぁ。と。






さて、ここまで言っておきながら


さして、世の中の人は、こういうことには興味がないんじゃないだろうか
とも思えてきた最近。

だって
世の中、自分の生きたいように生きよう!とか
周りの目を気にせずに!とか
有給休暇もばっちりとるよーん!とか
人生なんて意味が無いし、生きてればいいじゃない!とか
今言った、世界が自分にとって生きやすいものであっていいんだ!とか
だって私達幸せになるために生きてるんだから!とか

そういうこと別に考えてないんじゃないか・・・と思い始めたのです。

確かにさ、僕も自分の生きたいように生きたいし(それは傍若無人を意味しないけれども)
自分の人生なんだから、楽しく生きたいと思っている、
(働くのが本当に嫌で嫌で、ぎりぎりの生活(でも楽しい)を送っているphaさんという人がいるけれど)
別に、なんなら、
自分の好きなように生きる!!とか
これ働くのマジ勘弁だわ!!

という自分の、生きる、というところにもしや大多数はあまりこだわってないんじゃないかな・・・と。
それなりに学校行くし、それなりに友達と遊ぶし、それなりに就職するし、それなりにサラリーマンになるし、(いや全ての人に人生はあって「それなり」というのは失礼だとは思うけど)
いや、別に目くじら立てて、いやー!とか俺はこう生きるぜ!!とか、必要ないんじゃないのって。
大多数は思ってんじゃないのって。

第一、ほとんど全てのことは自分で選んで今があるんだから。

それでも
あー、有給休暇とれて羨ましいなーとか
あー、海外旅行行きたいなーとか
あー、私社畜なのよwwとか
ってなるのは、そう言ってるのが好きなんだと思う。

そんなことをずっと言いながら過ごす人生が楽しいのだろうと。
あるいは、そう言えなくなった時がその人達にとって一番怖い状況なのかもしれない。
(そう思うと何か言い訳があるというのはなかなか素敵な状況なのかもしれない)

ただ、本当に心の底から思っていて
それでも今の状況を打破できずに、
心の底から「海外に行きたいのに!!」と想っている人が
行けない(行動できない)というのは、どうにかしなきゃいけない状況だと思う。
そういうことだけはするべきじゃないよなって思う。
何かを変えるべきだと思う。
極端に言えばそれ以外は、戯れ言。


んまー、
人の人生をとやかく言っている暇も資格も免許もないのだけど
とりあえず、私のことと言ったら
社畜wwとかは考えてない、だっていつでも「辞めます」の一言で辞められるし
そうしたらこれでもかってくらい暇な時間をもらえるもの。

んー、何が言いたかったんでしょうね(笑)。

ともかく

働きたくない!とか
自分の人生楽しくしたい!とか
幸せに生きるために生きる!とか

考える人は、
(今まで私も、そうやって考えて生きてきたのだし、それが普通、あるいは美しい輝かしいものだと思っていたのだけど、もしかしたら、そういうことではなくて)
自分の人生へのこだわりがわりかし強い方ということなんだろうなと思ったのです。

だって
普通に考えたら、働きたくないからってニートは選びにくいし、
周りの目があるからって有給休暇は取りにくいし、

そういう普通も、まぁ世の中に普通としてあるよねって。
それで大多数はまぁうだうだ言いながら(うだうだ言うことで満足しながら)生きてますって。

そう、別に鬼の首とったように、好きなように生きることが人生だ。じゃなく
そういう人は自分の人生へのこだわりがわりかし強い方ってだけ。
そしてその人にとってはその方が恐らくラクなのである。


どちらがラクかということだね。

あ、最初の面倒くさいの話とつながった(笑)。

ということは
どちらも面倒くさくない人生の生き方をしているだけなんだろうなぁ。

(私にとって見たり聞いたりして気持ちがいいのは、うだうだ言っているよりも、好きなように生きてなんぼのもんじゃい!って方だけどね。)


面倒くさいって基準は結構大事。
面倒くさいことはやりたくないなー。


っていうお話。(笑)

ちょっと文章上手くなくてごめんなちゃい。
posted by ゆっぽん at 23:20 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - ねぇ、くるみ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月25日

四角

一番正確に言うと、好きにならないようにしている。
posted by ゆっぽん at 12:19 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 四角 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月19日

FBより素敵だった言葉。

小さい水槽の中に同じ種類の魚と、違う種類の魚を入れると違う魚はいじめられる
でも大きい水槽に入れるといじめられない
だから、小中高校でいじめられても社会に出れば味方してくれる人もいっぱいいるから…
だからあきらめないで!!
ー さかなくん ―


強いからヒーローなんじゃない !喜ばせるからヒーローなんだ。
ー やなせたかし ー


あなたが現状を変えられる唯一の人間だ。
あなたの夢が何であれ、それを追いなさい。
ー マジック・ジョンソン ー


直感には邪念の入りようがない。
長く考えると言うのは道に迷っている状態なんですね。
「勝ちたい」とか余計な思考も入ってくる。
だから、いくら考えても分からない時は
最初に戻って直感にゆだねることがよくあります。
ー 羽生善治 ー


どうすれば自分がいちばん楽しいか、いちばん気持ちいいか。

それを自分で考えて、自分で選ぶこと。

しかもそれは、今まではこうだったとか、

他の大勢の人から見てこう思われるとか、

そうゆう枠すら取っ払った、もっと自由で自然体なもの。
ー 中田 英寿 ー


(おにぎりが貰えなかったらどうするのかを問われ)
おにぎりが貰えるまで歩くから、貰えないってことはないんだな
ー 山下 清 ー


昔はできたとかじゃなくて今やれよ
求められたときにできるのがかっこいいんだよ
ー 所ジョージ ―


大切なのは、自分のしたいことを自分で知っているってことだよ。
ー スナフキン ―


与えることだよ。
ただ一つの本当の喜びは与えることだ!
チャーリー・ブラウン


私はいつも自分のできないことをしている。
そうすればできるようになるからだ。
パブロ・ピカソ


確かにさー、最近は夢を持ってないって人が多くて、俺も子供の時から夢なんてなかったんだけど、それって「自分のやりたいことが自分でわからなくてもいい」ってことじゃないからね。
夢なんて必要ないのかもな、って最近思う。
でも、「自分のやりたいことはなんだろな」はずっとずっと考えてないといけないと思う。

posted by ゆっぽん at 23:24 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - FBより素敵だった言葉。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月18日

そうやって暮らしてる

血が流れるようなことがあれば、

僕は好きな人や愛してる人に


やっぱりちゃんとそれを伝えなくてはと思う。
posted by ゆっぽん at 08:34 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - そうやって暮らしてる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月17日

忘備録

下駄@新潟

やってきました。

感想をつらつらと。(Twitterには控えめに。)

Festivoをひたすら踊るのだけど
1日目は3回目になってようやく身体が動き始めたか・・・って感じ。
1,2回目は、本当に来るべきだったんだろうか・・・って思っちゃうくらい
自分が動けていなくて、どうしようか、考えてた。
3回目でようやく、ちょっとは動けだしたかな?って思えて
明日はもうちょっと楽しくなるかもなぁと思う感じでした。

んで、その後には、南中ソーランを踊る機会があって(なんと2回も)
ダッシュしてはお客さんが居るところを目指し、そこで久しぶりに本気の本気で南中ソーランを
踊るという無理やりテンション上げる作戦へ・・・!!(笑)
1回目踊ったら、もうぜひぜひ言いすぎて、どんな1000m全力疾走だよって感じでした。
足も既に筋肉痛(笑)
2回目は走る元気はなく、でもお客さんの居るところがあったのでそこで残りの体力で本気の本気。
サビ部分を8カウント待ちで、どうにか回復させながらがんばる(笑)

大体この辺でテンションを振り切る感じになりました。
下駄総踊りも元気でなかったらやめよって思ってましたが、
想像以上に、連の前で踊る地元の大学生2人がかっこ良く踊るもので、刺激を受け踊りきりました。
(ちゃんと踊れてなかったけど)

2日目は老害ズが多くて初回からやりたい放題(ただいかんせん暑くて暑くて死にそう・・・)
自由すぎて迷惑だろうなー・・・、と思いつつでも、そゆのができるのって良いことだなぁと。
上手さについてはうーん・・・なので動画は見たくありません^^。
ただ最終回だけは、演出に逃げるのはやめて、羽織も着ずに、本気で踊ろうと思って、集中したのでした。
個人的には、楽しもうやっほーい!ってよりも、そういう本気出して一泡吹かせたる!って方が
たぎるんだなぁと改めて感じました。
まぁまぁ・・・満足いくようには踊ったかなと(幸か不幸か途中で下駄が脱げて踊りやすいったらありゃしない(笑))。ステージのフリで動きも特にないし
頭の中で考えていたことはほぼほぼできたんじゃないかなーと。
何気に4年の時のFestivoがうんこだったので、終わりのFestivoを新たに書き換えられて
良かったなって感想。
もう踊ることはないんだろうなぁと思いながら。

下駄を履くかどうかはわからないけれど(もし新潟出る機会を作れるなら下駄履いて踊ったほうが下駄総踊りにふさわしいと思うしね)
きっと(すごいわがままなことを言えば)、もうちょっと難易度があって、踊って叫んでスカっとするような
動きをしたいと思ったのでした。
かと言って、よさこいを踊りたいわけじゃないし、それがなんだろうというのはずっと探しているのだけど。
というのも、メジャーになったからかもしれないね。
大多数になってきたからそこから抜け出したいのかもしれない。
そしてまた、何かを率いたいのかもしれない。

あーでもないこーでもないを繰り返している感じだけど(笑)。
なら一回創ってみて満足するのかしないのかやってみろって感じですよね。

ともかく、今回機会をいただけたのは感謝感謝。
ありがとうございました。

何か踊りたいと思うんだけどねー。うーん。
posted by ゆっぽん at 19:06 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 忘備録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月15日

素敵すぎた音楽まとめ

いやー、私、知ってる曲のオーケストラアレンジとか大好きなんです。
ということで、それ関連で調べてたら素敵なものがざっくざっく出てきたのでおすそわけまとめです!


坂本龍一 戦場のメリークリスマス (オーケストラバージョン)

はい、素敵〜。壮大。







和楽器とオーケストラによるWe will rock you(Queenカバー)

おまえら、素敵かwwwwコメントの詩吟!に吹いたwww








Daft Punk - Technologic Live @ Bercy (High Quality)

かっこええ。PerfumeのJPNの演出も元はこっからじゃないの?








ビッグブリッヂの死闘/Vanilla Mood

格好はよくわからんけど、曲を選んだら相当うまいんだろうな・・・。
(ビッグブリッヂはエレキがいいけども。)









Chrono Trigger / Cross Medley

クロノトリガーやってないからよくわからないんだよねぁ、名曲ってよく聞くけども。 









シモンボリバル・ユース・オーケストラ ノリノリのアンコール!

こういう技術ある人、そしていつも厳格なイメージの人たちがふざけだす(失礼)と、ホント何もかなわないww、最高っ!これ私のエンターテイメント最高峰かも










「そばかす(るろうに剣心より)」RASMUS FABER PRES. PLATINA JAZZ - LIVE IN TOKYO

そして、そばかすJAZZアレンジ!かっこいい!!








いかがでしたかー??
本当、youtube漁って幸せな時間でした(笑)
再生回数によって良いものが淘汰されているから探しやすいし^^とても楽しかったです。
やっぱりふざけるのにも実力がなきゃ面白くないんだなーと。どっちも映えるんだよね、え、こんなに上手いのにってふざけるの!?ってというのと、こんなふざけてるのに上手い・・!!っていうのと。どっちも輝く。あー素敵。

それではではー。
久しぶりに人前で踊るかなー。


来年は自分で創って早稲田のお祭りに出れたらいいなーと。(言うの2回目(笑))
24歳だから微妙かなー・・・とも思ってるんですけどね。
ちょっと新潟行ってきますー。
posted by ゆっぽん at 00:09 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 素敵すぎた音楽まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月12日

なくしたものと手に入れたものを秤にかければ。

社会人になってもどんな仕事、どう生きたいか、なんてずっと考えるよ、就活生。

最初ですべては決まらない。

何かをするのに遅すぎることはない(エドはるみさん)。

焦った時は気休めにでもしてくれ。


なにもうまくやろうとしなくていい。正しく生きていれば正しい歯車が回りだす。それに逆らわず、流れる。

さて

こういう仕事をしているから言うわけではないのだけど
例えば電車の中吊り
「女子会前に電池切れ!幹事なのに、行方不明の私って。」

というコピーにもメッセージがいっぱい。
ピンク色にも、背景の表情も、商品写真も、検索窓も、

なんでそこにそれがそういう風に置かれているのか考えてみよう。

制作者とやり取りしてる気分になれる。

音楽も同じ。
ゆずの北川さんが桜井さんや小田さんにダメ出しされたように、
なんでそこにその音がくるのか、なんでその言葉なのか。

考えていくと作り込まれ度が見えてくる。
その制作者のメッセージを受け取れると感動もするし、嬉しくもなる。

そしてそんなこと相手に考えさせずとも感動させちゃうのが本当のプロ。


ダンスも同じ。(以下略)
単なる上手い、なのか、感動するか、はそこの差かなぁ。
posted by ゆっぽん at 23:05 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - なくしたものと手に入れたものを秤にかければ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

想う

思ったことと

思ったことを口に出すこと

は違うし

ましてや

口に出された思ったことと

頭の中で思ったことも

違う。


今まで全部一緒だと思ってた。
posted by ゆっぽん at 08:23 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 想う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月11日

1日弾かないとFが弾けなくなる。

サッカーがあるから言うわけじゃないが、

サッカー試合を見ててもシュート打つ人だけが素晴らしい、
じゃなく

パスを出した人、
ボール持ってない人の動き(スペース消しましたね!)
相手をひきつけた人

とか、解説で言われるようになってきたのって昨今だと思う。
それってつまり日本のサッカーのレベルがあがったってことだと思うんです。

というのはサッカー以外でも(仕事、サークルとか)同じくで。
何かをズバッとやった人!だけが良いのじゃなくて、

パスを出した人、
環境を整えた人、
走って敵を欺いた人、

目立たないもの含めすべての動きが連動してるってわかったら(気づいたら)
レベル上がってきたってことだと思う。
(なんの?って聞かれたら困るんだが・・・。)


みんなが気づかない、でもそれがなかったら場面が動いてなかった決定的な一言って、ごろごろたくさんあるんだよなぁ。
逆にそう思うと、あ、これここで言わなきゃ伝わらない!…ってものも見えてくる。

最近のイマココ。


そこの入口に足を踏み入れようとする辺り。
次は何がでてくるじゃろ。


最近ようやく、「仕事に慣れてきた」と言ってもいいんじゃないのかなぁと思えてきました。
先輩に対しても、「何言ってんだろうこの人は・・・」っていう目線が出てきたし(いいのか、悪いのか)
全くわけわからない言葉が飛び交うことっていうのが少なくなってきた
というか、自分のフィールドに落としこんで物事を咀嚼できるようになってきた。
後は、それが本物かどうかを確かめること。
本物ならば結果がついてくる。
本物じゃなければ、やり直し。




そう、ブログ(を書き続けてかれこれ4年とかその辺なんですが)
っていうのは、一方的に物事の主張ができるところが良いのよね。

文字でいろいろな話をしようとするのってすごく限界がある。
そういうのに最近やっと気づいたのです。
よくおじさんとかが言うやないの、
いや、人っていうのはメールやなんかで意思疎通ができないじゃないか
デジタル世代はなんなんだ、とかよく言うあれ。
あれが理解できちゃったんです(あれ、おやじの仲間入り?(笑))。

本当に大事なことは多分、文章にならないような気がする。
(いや、それをうまく表現する人も確かにいる。)
正確に言えば、この画面では伝わらないことがたくさんある。

ツイッターに書きながら思ったのだけど
本当に大事なことは誰も話さないし、書き込まない。
本当に大事なことはここになんかない。

顔を見て表情を見て眉が上がるのを見て口が開くのを見て、声を聴いて声の高さを感じて
言いにくいのかなって間を感じて行間を読んで目が動くの感じて手が動くのを感じる

そういうことができる
そういうものを全身で感じる

それが私たち、人間なのだと思うのよね。
だから、もっともっと人に会いたくなってしまったよ。
会って話したいし、会って笑いたいし、会って泣きたい。
会うことって大事なんだなぁ。

なかでも日本人はその感覚とかに対する感性の深さ、豊かさは世界一だと思う。
私、自分のことを合理的にもの考えるタイプだと思ってたのだけど、
考え方は欧米的だけど感覚はすごく日本的だと感じました。
文化における日本大好き。
観光とかホント絶大な力を持ってくるんじゃないか・・・と思ってる。

それが日本人的かどうか合ってるかわからないけど
いまだにわからない(でも言葉にしたい)ことは、
震災直後のことを考えると涙が出てくるということ。
怖いとか悲しいとかそういう感情じゃなく、

日本人は復興しようとすぐ動き出したこと、
犯罪がほとんど起こらなかったこと、
世界から賞賛を浴びたこと、
世界が日本を応援したこと、

を思い返すと涙が出てくる。どちらかと言うと、誇りを胸に心奮えるって感じ。
日本の言語の豊富さ(それゆえ曖昧だし)
オノマトペイア、トトロ、空想する力、想像する力、数字にならない価値、
それをどうのこうの一番上手いのはおそらく日本。
っていうかその価値で世界を食ってく(ルールを変えていく)わ。

無目的、道草をしたくなる心。
あることよりも「なる」こと。
矛盾を含んだ文化。

そういうのが全て愛おしい。く思える私もまた日本人だなぁって思う。

そういう、五感の働きというか、感性というか、最近わかるようになってきて
(それがわかるようになってきたから、仕事もわかるようになってきたとか言ってるのだろうけど)
ちょっとはレベルアップしたかなぁ、と思うのです。

社会人になってから、悪くはないよ。
これからあともうひとふんばり。

posted by ゆっぽん at 22:54 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 1日弾かないとFが弾けなくなる。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月09日

後方確認。

昔の自分のブログとか日記を観てふんふんしてしまた。残しておいて良かったのぅー。たまにいいこと言ってるなぁ(なんてね(笑))。んで紹介しておきたいのは所さんのインタビューを書いた時の日記。所さんカッコイイなぁと改めて。

ミクシィので出しておきますね。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1361047945&owner_id=21019860







と、それ以外にもその楽しかった09年あたりの記事を読み返して
後方確認したのでした。
posted by ゆっぽん at 01:38 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 後方確認。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

徒然日記

つれづれなるままに頭に浮かぶ由無し事をつれづれと。

ギターは楽しい。
でも意外と傷がついてしまっていて結構ショックを受けておる。
と、ここらで聴いてくれる人はどこにいるんだろうか・・・と思った(笑)
まだまだ人前でやるレベルでは全くないけど、いつかどこかで弾きたい。

ちなみに、私には好きな音がありまして、最近わかったので紹介しておきます。
ヴァイオリンを指で弾くのはpizzicato(ピッツィカート?)という奏法らしい。この音。こんなメインで使われなくていいけど(笑)。私はこの音が好きなのです。久石譲さんの曲にも出てくる音で、何かなー、なんの音かなーと思っていたものがようやくわかりました。
http://www.youtube.com/watch?v=U5KRqc7Hud4


さて、呟きから
家電量販店に行ったのだけど、どこになにがあるかさっぱりで自分の欲しいもののカテゴリー分けも分からず、 店の人(メーカーの人も混じってて探しづらい)に聞くんだけど、それは◯階のipod担当に聞いてください、とかたらい回される。そもそも自分たちでカバーできないもの売るなよ…。

メーカーの人間に任せておけば…って考えがもしあるなら、各メーカー来ちゃったら無駄にフロアに人多すぎるし、自社商品しか勧めないし、無意味。
出版社ごとに本を置く本屋ぐらい無意味。
メーカー思考だよ、消費者思考ならその無意味さがわかるはずなのに。最近はコンシェルジュなんてもてはやすけど、一昔前なら、売り場の人が商品をほとんど把握してるなんてふつうのことだったんじゃないの?。
把握できないほどの領域と種類に手を出すなよって思う。

なのでこれからは専門性が高いお店の時代だわ。
買い物も保険の相談屋みたいなのできるんじゃん。各社のスペックを損得なしに評価してくれる場所。
それかAppleストアのように完全にその人向けの専門店。
ブランドで愛されて顧客をしっかり掴めればそれで成り立つよなー。
なんでも一カ所に集めれば楽って考えはそろそろなくなるんじゃなーい?とか考えた今日。

本屋やったら、絶対作者ごとに並べてやるんだ。
むしろそれだけで他の本屋に勝てる気がする。
いろいろしがらみがあってそういうふうに置けないのかなぁ。


そして
今日は先輩の結婚式でした。僭越ながらムービー制作担当。
新婦のお父さんが泣きすぎでもらい泣きしかけた。
・・・結婚したくなりました、ねぇ。
したらすごく幸せになれるイメージはできてるんですけどね\(^ー^)/
イメージは…イメージは……ね。笑

幸せにしたり、なったりするのは当たり前のことだけど、
たとえ不幸せになったとしてもこの人とだったら喜んで。って結婚をすると思う。
これは、前に思ったことだけど
いつ0になったって、また0からはじめればいいよ。0からやっていこー。って思える相手かどうか。
一緒に0から始められる相手かどうか。
一回別れたとしてもう一回告白するかどうか。
っていうことを考えながら決断するだろうから、多分間違いはないと思う。(笑)
人見知りって、結婚で失敗しないのよ(笑)
いや、しないことが失敗かもしれぬが。
恋を匂いと感覚とフェロモンでできたらいいなー。

ほんでね、
結婚式を良いと思うのは大人になった気分。
毎回思うけど自分がやったら…と想像してしまう。
スティービーワンダーのハッピーバースデー並みの曲かけて
花嫁はウェディングドレスでヴァージンロードに現れ1回ポーズ決めてノリノリで入場してきて
それを待ち構えて抱き合って1回まわってキスをする。
牧師は外国人タレントを起用。笑
もちろんお相手さんが許してくれればだけども。
とかいう妄想が広がったなぁー。


仕事の話はちょっと置いておきます。(笑)
でも最近ようやく中身に慣れ始めた気がします。
何をどうするべきかを少しずつ理解してきました。
あとは実績を積んでいく感じです。
この1年が勝負。


思ったのだけど、思うほど普通いや多数の人は
自分が今何を思っているか、何を感じているか、心の底では何を考えているか、
に耳を傾けずに生きている気がしなくともない のだけどどうだろう。
私は、底の方の感情を優先させてしまうタイプだから、気の進まないことはほとんどしない。
現状が◯◯だから・・・とはあんまり思わない。
でも普通は、現状が◯◯だし・・・、それは考えちゃいけないことだし・・・と思って、あんまり自分の内面と向き合うことがないんじゃなかろうか、って何となく思う。



不意に早稲田祭の打ち上げ12次会までやった09年を思い出した(8次会くらいまでずっと衣装着てたから汗まみれ黒ずんでた)。4年に1度くらいでいいからそういうピークをつくりたい。
25歳あたりにもってくる…??
過去を観て、楽しかったなーとか振り返って、その事ばっかり思い出してるとか、すごく好きじゃないんだけど(今はどうなの?って思わされるから)それでも、控えめに言って、すごく楽しかったのだよね。
言いたくはないんだが(1回だけ言わせて)当時は、比べ物にならないくらい、君にもおすそ分けしてあげたいくらい楽しかった。
まず14人で打ち上げして、14人がひとつの話題で隙間なく喋れて盛り上がってたってすごく奇跡的で楽しいことなのだ。2次会とかでも誰も帰ろうとしないし、そこでなんかいろいろ確信した(だから12次会とかになっちゃったのだけど(笑))
あの時に勝つために、あの時は良かっただなんて言い続けないために、生きていかなきゃと思ってゐる。
もらい物じゃなく、0から創れたらと思ふ。よし、ふんばろう私。
ずーっと打ち上げしていたくなるような、そんな山場を今度は自分から作ってあげないといけないんじゃないかって気がしてる。そうじゃなきゃ機会がないんだもの。
早稲田祭はもらい物だったんだねぇ。


あとは何考えたっけな・・・。
とりあえず、いい男になろうということ。

ふひー、やっぱりあんまりないわ。


あ、別にショックではないのだけど、
なんか手にとってわかるということがあるんだなぁと思った。
なんか手に取って形が確かめられてしまう感情。
人は鏡。
疎ましい現世からちょっと距離を置きたい気分になった今。

眠くなり申した。おやすみなさい。
posted by ゆっぽん at 00:05 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月03日

戯れ言

できるだけ人を幸せにして

私にはできるだけ何もなくていいから、

静かに。

居なくなって1ヶ月後くらいに

みんなに涙を流してもらえる

そんな人になりたい。
posted by ゆっぽん at 00:35 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 戯れ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月02日

summer has come and passed

真夏のピークが去った。

好きな人と美味しい物を食べたり、良い景色を観たり、素敵な舞台を観たり、笑い合ったり、したいというのも当然そうなんだけど。逆に、一緒にそうしてきた人を好きになることもあると思うんだよね。というか、余程じゃないければ大体そうだと思うんだよね。

好きって共有だし

共有って好きだし。






posted by ゆっぽん at 17:19 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - summer has come and passed | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。