2012年10月31日

見返り

見返りを求める時点で
あ、この人は別にそれを好きじゃないのかもしれない、と思う。

楽しい理由を探す時も。
好きである理由を探す時も。



本当に好きなものに理由も理屈もいらないのよ。

それなりの理由をつけて自分がそれを好きであるかのように振る舞うのはやめよう。

ちゃんと自分を見てあげよう。



それがそうだからやってるだけだよ。

何かが見たくて、何かが欲しくてやってるわけじゃない。
なにかを報酬として得たいわけじゃない。

そうしてるのが好きだから、そこにいて、
そうしてるだけだよ。


変な言葉でそれを濁さなくていい。
嘘っぽくなるから。


キレイに作った言葉ほど
嘘っぽくなるから。











posted by ゆっぽん at 00:49 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 見返り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月30日

正しさ


歩いてきた道の正しさを
言い聞かす


歩いていく道の正しさを
言い聞かす


この道であってるのか?
この道でいいのか?
この方向でいいのか?


何度も何度も確認する


それが正しいという根拠も
後ろ盾もなにひとつないけど


正しいんだよな

正しいんだよな


って自分に言い聞かせる


ひとつの知識と経験を武器に


紙っぺら一枚で


方向もわからないまま走る


何もわからないくせして
何もかも知ってるような顔をして

不安と怠惰と焦燥でいっぱいのくせに
精一杯自信のあるような顔をする







それが切り拓くということであり
先頭に立つということ







誰も前にいない自分の人生の
先頭に立つ


人生だけじゃなく


実際的にやっている仕事でも立つ


立ってるんだ



生きていく



生きてく
posted by ゆっぽん at 20:32 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 正しさ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月29日

えもいわれぬ

ギターを弾いてて、知ってる、好きな、あるいはかっこいい曲のギターの
弦の音とおんなじ音が出ると、

すごい、えもいわれぬ、感動がある。

この
ニシヘヒガシヘとかかっこ良すぎるし。



まだまだ全然上手くないから、先がまだまだあって楽しい。
できるところからかじっていく。
とりあえずはそれでいいんじゃないかな。
あまりにジャンプしすぎると、これ俺一生弾けない・・・と挫折しそうだし(笑)




posted by ゆっぽん at 23:05 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - えもいわれぬ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


なんだか恋愛的に

なにか起こった人ってその後が気まずかったりする


何かを、正確に言えば身体的接触だろう。


それ以外でいくらうだうだしても別に一定期間過ぎるとケロッとする。


いや、それは人によってであって
もしかしたら僕が、そう、なんだか違和感を感じるだけなのかもしれない。


一般論にするとしたら、恋愛的に好きになる、
ここで言えば身体的接触がある人って

その人と自分との間に

一定の溝があると思うのね。



一定の溝というか距離というか、領域というか。


それを埋められるのが恋愛感情だったり、身体的接触であって、その人とは、それによって関係が成り立つ関係であるんじゃないかなと。


だから、そういう感情がなくなったらまた溝ができてしまう(疎遠になる)のは当たり前のことで。


また同じように…なんて難しい気がする。梯子となる感情がなくなったらそこを行き来できなくなってしまうからね。
(というかあれだな、また変わらずにいようね!、とか言う方が大体あっけらかーんとケロッとしてるよね!(笑))


じゃあ、友達はどうなの?
と考える。

おそらく友達には始めから溝がない。
溝がないから梯子(恋愛感情、身体的接触)も必要ない。


それ故に友達でもあったりするのだろうけど。
埋められない絶対的な距離ってものがないんだろうな。
だから仲良くなれる。



なるほど、
恋愛はべったりベタベタゼロ距離よりもある一定の(精神的な)距離感も必要なんじゃないのかなー、と思うのです。
というかもしかしてそれがあって恋愛感情って成り立ってんじゃないの…?
ってことを最近思ったりする。




全然別の話


好きなことで食っていかないとそのキャリアは積まれない。
だからなまじバイト、仕事をして、自分で稼いで自分で生きてる気になるっていうのは怖いことだと思う。

だったら親のすねをかじってでも、しゃぶり尽くしてでも生きていって、私は自分の力じゃまだ生きていけなくて、親にどうにか生かしてもらってる!恥ずかしい!って自覚しながらもっともっと24時間好きなことをやってキャリアとして積んでいかなきゃ、って追い込んだ方がいいと思う。

目先に踊らされるな。

ふざけんな。

甘えんな。

勝負していけ。


私も。
posted by ゆっぽん at 19:08 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 溝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月28日

経過

さてさて、ソーシャルとつながりを断とうとして1週間とちょっとが過ぎ。

その分こちらのブログに、書きたいことを書く。
思えばツイッターなどは、140文字制限があって、
それを思った経緯とか補足とか、配慮とかが細かくできないんだけど
こちらはそんなこと気にすることなく、自分のしたいだけの回り道をして
包みたいだけオブラートに包んで(または包まず)発信できるから
こっちのほうが素、って感じがやっぱりしますな。

断とうとしている理由は
1.早稲田祭も近いので後輩に近づきたくない。(一番濃縮される彼の彼らだけの時間を彼らだけで使って欲しい)
2.みんなに向けた発言よりもひとりひとりとちゃんと話がしたい。
3.私がいない世界を観てみたい。
4.私はソーシャルのその架空の世界に何を求めてるんだろうか、と寂しくなったから

というところが主な理由。

1.はその通り。第一いつまでも先輩と変わらず話が出来る環境ってなんかあんまよろしくないよね。
先輩は先輩でしゃしゃり出てくるし、その前に僕は僕のフィールドで頑張らなきゃいけないはずなのにね。
いや頑張らなきゃいけないというよりも、私もそっちでがんばることを望んでいるのだから。
私の寂しさなんて、お前そんなもんちょっと置いておけよって話ですよ。

2.は書いてきたこと。結局どこの誰がみてもいいような、迷惑にならないような発言をしなきゃいけない。
全員が。そんな風に全員に向けた発言って結局誰にも向けられていない言葉になってしまったりしている気がして。もちろん告知とかの手段にはすごく適していると思う。
けれど、僕は今、誰にも見られないような、誰に見られちゃいけないような、会話を私とあなたでしたい。
誰にも向けられたような言葉じゃなく、あなたのために言葉を紡いで(たとえそれがツイッターで使うのと同じ単語になったとしてもだ)、ひとりに向けて言葉を発せられる、そういう類の言葉を大事にしたいな、と思った。

3.私がいなくても、もちろん当たり前だけど、みんなはいつもと変わらないように呟いている。仮に僕が死んだとしても。こんな風に私のいない世界は廻っていくんだな、となんだか実感。実に私の存在の小ささがわかる。卑屈になっているわけじゃなく、きちんと自分の存在(の小ささ)を理解しようということ。
僕という取るに足りない存在が、少しでも何かみんなのプラスになるように、ちょっと哀しいなぁと感じてもらえるように生きていこうということ。

4.TLでも圧倒的にみてしまうのが、後輩たち、知ってる人の呟きだ。でも後輩たちのTLをいつまでも見ているとやっぱり違和感に襲われるし、ははぁーん、そこはそうじゃないよ、っとアドバイスしたいような気持ちになってしまう。これって後輩がいる限り(例えばまた1年生と知りあうとか)多分一生繰り返す感じで見てしまうのだろうと思う。そういう違和感。
だからたまに、社会人になった人だけ、センスのある人、有益な情報をつぶやいている人だけのリストもみてTL確認したりするのだけど、最近はそういうところを覗いては、ふむ、こっちの世界で生きていくほうがしっくりくるな・・・と思えてきた。し、なんだかそっちで安心する自分がいる。そこに後輩がいなくても僕のフィールドはこっちで、身体、感覚もそういうステージに立とうとしていることをなんとなく内面から感じる。
(その分後輩たち(もがいてる)ツイートもかわいいもんだ(でも口出しはしない)と眺めるように(笑))



やっぱり、今までのように無駄にTL確認してしまったり、自分の発言がどうだったかなーとか
返事が来たらすぐ返そうとか、そういうのがなくなったので自分の時間が取りやすくなっていると思う。

なら本読もうかという気持ちにもなり、アドビソフトのスキル習得や、三味線子たちのWEBサイト構築も
時間を見つけてはちょくちょくやろうと思っている。もちろん今後の人生に繋げる意味においても。
そういう絶対的な時間が生まれることで、こんな風に考えることも多くなる。そのおかげで思考が一歩進んだりする。
考えることが多くなるからこんなふうにブログの更新も多くなる(笑)
(それにしても自分でもよくこんなに考えてるな・・・と思う、ほぼ毎日何かしら書くことをはたと思いつくってなかなか自分でも自覚していなかった。)


そして、今、阿川佐和子さんの「聞く力」を読ませてもらっているのだけど
インタビュアーを経験されたそのフィルターを通した、会話の機微の良さだったり、会話の生モノ、の様子
を見ていると、やはり会話は面と向かった生モノで良いよなぁとしみじみ。
昔は、別に顔合わせなくてもメールでほぼどうにかなるじゃんって思ってた。いや、ほんとに。
(でも逆に言ったら、それくらいでどうにか済んじゃうコミュニケーションしかしてなかったってことだよね・・・。もしくは、それで成り立っちゃうコミュニティだった。)

私も最近は、会っても、実にいろんな情報をもらえるものだなぁとしみじみして、会話の大切さとか、いろんなことを相手から聞きたい・・・!!と純粋に思えるようになってきた。
その人との自分との差があって、そこを聞いていくのがなんとも結構楽しいな・・・と思い始めたのです。
それぞれ違ったものだから、その人のこんな1面あんな1面、わたし用に用意された顔、そういうものを見たり、聞いたり、感じられるのが、楽しみになってきている。
細かく、細かく、みてそういうサインを感じられればと思う。

と、同時に、相手もまたその会話を楽しめるようだったら良い。
会話をしていくなかで相手が「私、こういうことが好きだったのかもしれない」と気づいてもらったり
「あ、私、そう考えてたんですね」と改めて発見をしてもらえるような、
そういう相手で(僕が)あれたなら、僕はとても嬉しく思う。

というわけで、たまにね、ツイッター上では、すごい後輩にも突っ込みたくなる(お笑い的にも、励ましでも、なんでも)衝動はあるのですが、ひとまずは置いておき、どんなことが起こるんだろ、と見守っている次第。



私も、早稲田祭出るかもしれないことどうやって告知すれば・・・(笑)
まぁひっそりとストンプやってうぇーい!ってやってましょうかね。
その前に神楽坂のストンプもね!よろしくお願いします。



ヒトコト:
ミスチルのツアーの1次予約がスタートしてたので応募。2枚しかチケットは予約希望してない。
もしとれたら、恥ずかしさとか気まずさとか置いておいて、誘いたい人を誘えばいいんだと思います。
断られようがね、なんだろうがね、断られるのが当たり前だと思えばね。
・・・もしかしたら当たっちゃうんじゃなかろうか・・・。(笑)


どーでもいいんだけど、これ書いてる最中youtubeに転がっておる、JAZZ聴いておりました。
受験時代もJAZZで勉強することはたまにあったのだけれど、うまく邪魔されずにはかどりますな。
作業にJAZZはオススメです(笑)
posted by ゆっぽん at 00:05 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 経過 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月27日

相手



話していると


相手が

相手の脳みそが整理されていくうちに

「あぁ、もしかして自分こういうことが好きだったのか」


とふと気付いてもらえるような話し相手でありたい。
posted by ゆっぽん at 08:47 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 相手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月24日

いうねー。

最近好きなCM。




「あんた自分のことかわいいと思ってるでしょ?」

「あんたが思ってる以上に思ってるわ」


「いうねー」



その手の構えも好きだし、こんなノリの人好き。

もちろんあおいさんも好きだけども。




posted by ゆっぽん at 23:34 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - いうねー。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

当たり前にあること





なくなってから、自分がそれを好きだったことに気付く。






posted by ゆっぽん at 21:17 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 当たり前にあること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

存在と飲み込むこと。

今まで繋がってきた人と
その繋がりを絶つことは

その人にとって私が死ぬのと同じなのだろうか。


私と会話もしない、私の存在を確認しない、

その時、私が生きているのと死んでいるのにどれだけの違いがあるのでしょう。


Twitterで人生とか世界を表すのにはあまりに短絡的だけど


私がいなくても世界が廻ることが実によくわかる。
私がいない世界というものを観てる気分になる。

誰ともつながらないリアルも同じく。

その人の中に私が死んでいるという事実があるかないかだけの差でしかないんじゃなかろうか。


私はその差をどれだけの価値にできてるんでしょうか。


生きているうちに光り輝いていた人はその反動に死んだときに周りの人に深い影を落とす。


とは言ったものだけど。
(どういう生き様が良いんだろうか。)

自分が存在していること、存在していないこと、事実だけの違いか?
今この瞬間実はあの人が亡くなってたと聞いたとき、聞くまではその差すら感じられないし、つながりがなかったら認識した後ですら世界の差を感じないだろう。


別に静かに死にたいけど、なんとなくふとしたときに差を感じて欲しいかなぁ。
光り輝く生き様じゃなく、誰かに影を落とすような死に方じゃなく、(生きていてくれた世界は)なんか良かったよね、(いなくなった世界は)なんか寂しくなっちゃうよね、なんかつまんなくなっちゃうねって一筋涙を流してもらえるようないなくなり方が今の望み。


その世界の差。
ちょっとは意識してもらえるようにこの人生目一杯かけたい。それぐらいの差を生みたい。









ヒトコト
できる人の言い回し、っとかって本を読むよりも、あ、これ良く聞くなぁとか、気持ちの良かった言葉を、試して使ってみること。そうやってフレーズを覚えて自分のものになるんだから。
生の現場で血や肉にしたものじゃないと自分の言葉として出てこない気がする。

留学したときもそうだったけどビジネス現場でも一緒で。あ、こう言うのか、ネイティブの言い回しってこうなんだ、あ、こうやって聞かれるんだ、とかって言うのを自分で経験して初めて自分の言葉になる。

最近、よく使う便利なビジネス言葉は、恐れ入ります、と確認、って言葉。(笑)
よくよく周りを見渡して耳を澄ましてみることをオススメします。
posted by ゆっぽん at 19:11 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 存在と飲み込むこと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月23日

まだ信じてたいんだよ

forever
君の好きな僕を演じるのは
もう演技じゃないから。

ってとこの、なーいからって部分がすごく好きです。私です。





何にしても、アイデアな気がしてきました。



あ、あれやろう、あの人に聞けばどうにかなるかも、こうやったら面白いかも、こう考えればいけるかも、こういう風にしたらみんな楽しいかも、これだったら売れそう………


とかとか、そういうのはアイデアだったりする。


ものの見方、考え方ひとつ、聞く人ひとり、によって何かが解決されたりする。







そゆことに、すごく魅力を感じるよ私は。






なんか、諦めるのは早いよ、って言われてるようでね。








視野の外に答えはあるのかもっていうね。







あと、スケジュールとか
なにすれば良いのか?を考えるのもどちらかと言えば好き。







そうそう、
なにか特別なことに人はどう反応するのか見て楽しむ番組があるけど


僕はそれよりも


日常のなんでもない積み重ねの中にある人の特異性を見ることが楽しいと思う。
特異性なんて大袈裟なもんじゃなくても、その人の言葉、なんでそれを選んだのか、なぜそこにいるのか、目をどちらに動かすのか、何に手を伸ばすのか、

そゆ個々の些細な違いが面白い。

やっぱり人間て人それぞれ例え寸分でも違うんだな、って改めて思うから。


だから愛しいのだけどね。

いろいろなサインとして現れるその行動ひとつひとつが。

それを読み解くことも。




とかいきなりメール送っても
引かれなかったらいいなぁ。


(笑)


ヒトコト
吉田沙保里さんと伊調さんのアルソックのcm見てるとだんだん2人がかわいく見えてくる不思議…(失礼)
栄誉賞おめでとうございます!
posted by ゆっぽん at 22:12 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - まだ信じてたいんだよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


この吹いても


寒いとも暑いとも

感じない風が大好きである。
posted by ゆっぽん at 12:20 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月22日

へいゆー日が暮れる。


メールとか

会話でも


電話でも


なんでもいいんだけど
やはり、Twitterとかよりも大分愛しさを感じられる気がした。


なんていうか
その言葉ひとつが、自分に、特定の人のために綴られてるのかと思うだけで嬉しいし


会ってる時だったら
その顔、その声、その表情が、私に、あなたに、向けられているのかと思うと、なにかすごく大切なもののような気がしてくる。


マスに向けられたものじゃなくて、私に、あなたに、あの人に、向けられてるものの価値、というものを、じんわりと感じる。





昔じゃこれが当たり前だったと言うけれど、当たり前には幸せなことが多いようだ。



そして私もそういうものを渇望している気がするわ。


マスじゃなく、あなたに届けるものを探してる。



秋。いい季節。いい風。
posted by ゆっぽん at 20:52 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - へいゆー日が暮れる。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月21日

そーしゃる?

ツイッターとかをちょっと自重してみて数日。

どんどんと距離が生まれていくのを感じる。

タモリさんが27時間テレビの司会をなさったときに
おっしゃっていたこと


「27時間テレビ…まー、団結、団結と言って、団結したんですけど、その分、国民からは離れたかもしれません…」

という言葉で締めていらっしゃったことを思い出す。




中の人達は、わいわいやっているのだけど
そこから1歩引いてみたら、どんどん距離は生まれる。そんな感じ。



国民からは離れていくものなのかもしれない。
もうちょっとそっとしてみる。





ヒトコト

ギターって、箱(?)に入れておくのと、部屋にそのまま置いておくのだと全然違うんだね。
チューニングが変わっててびっくりしました。
posted by ゆっぽん at 23:15 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - そーしゃる? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ともすれば



冬の始まりの曲。
posted by ゆっぽん at 20:48 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - ともすれば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ほんも


自分の人生の選択肢において

この選択間違ってなかった!って思うことあるじゃないっすか。


正確に言うと間違ってるかどうかも比べられないのでわからないんですけど。


正しいということはないけれど私は正しい選択だった!って思えるときあるじゃないすか。


今日は稲門祭だったのですが、やっぱり早稲田で良かった、となんとはなしに思ったのね。


いやいや東大いったやつ、ハーバードのやつがこっちの方が良かった!と言い出すかもしれないけど

そういう選択も頭に思い描いたとしてもどれだけ想像したとしても、東大が良かったな…、とかハーバードが良かったな…とかは思えないんですよね。


つまり、早稲田の生活とつながりに僕は満足をしてるってことになると思う。
これ以上を求める気もなく、ここが最上だと思っちゃってるんだもん。


人生もそういう風に生きたい。

これ以上なかったな…って思い込みでもいいから、そう思いながら終えたい。


人間関係にしてもそうだけど、例え、世界の30億人と比べても、あぁこの人で良かった!!って思える人と繋がりたいでしょ。

逆に言えば、もっといいものはないかって探してるってことは現状に満足してないってこと。

でも実際に比べる必要はなく、
満足ってものは感じられるのだよね。
私が他大学に行かずとも早稲田大学いいな!って感じられる
ってことは、




人の満足は比較から生まれない、ってことでしょうから。



良いものとか人って比べるまでもなく、






良いものってわかるのよ。




追記
と思っていたら、1年前の自分のツイートから発見。

2011/11/11
「そういうのじゃないと思う。ほんとに。比べるものじゃない。比べてしか価値のわからないものはまた別の秀でた価値に負けるのだ。だからどんなに比べても意味のない色褪せないものを持つんだよ、どアホ!!」

考え変わってないなー(笑
posted by ゆっぽん at 16:44 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - ほんも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月20日

暇なので思い起こす


洋服を買う。

ちと買い足りないのだが。
明日もうちょい買おうかな…。お金はないのだけど…笑


よくショップだと店員さんが話し掛けてくれるんだけど

そこで私は







人見知りパワーを発揮してしまうので







むしろ、接客しにくそうだな!!ってこっちが申し訳なくなる(笑)




しかも今日はマイスティックを持ってたもんだから


「ドラムとかやられるんですか?」
って3回くらい聞かれた…。
ドラマーならカバンの口から入りきらないスティック飛び出してませんから!!

(笑)



声かけられるのとそっとしておくのバランスがもうちょい取れないものかね…。



まぁ、この一年ほとんど貯金できてないのだけど
旅行とギターと買い物だな。

今年は自己投資の年にしよう的な言い訳です。


これによって、糧にして、さらに良い私になろうってこと!!

5年後くらいにはしっかりその効果をね!!\(^ー^)/
posted by ゆっぽん at 22:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 暇なので思い起こす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

母親に彼女いないの?!と言われた朝


例え私が誰かに殺されたとて、
その犯人を追求するとか憎むとか、そういうのであなたの時間を無駄に使って欲しくない。

あなたの時間はあなたのために使って欲しい。あなたの人生なのだから。

憎むことで縛られないで。

と思うかもしれない。






あ、



今日ふと思ったこと


大企業は中小企業を含まない。東大生はフリーターを含まない。
人生に上も下もない。


一般的な偏見いっぱいの例だけど
大企業、東大生って国内トップの所属だからといってその人たちがなんでもできるというわけではないのね、


たまたまその位置にいて、自分の能力なりが発揮しやすかった場所がそこであったというだけで。


例えをあげるのは面倒だからやめるけどさ笑
posted by ゆっぽん at 12:53 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 母親に彼女いないの?!と言われた朝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分が決めたこと


自分が決めた道なんだから


とか、そういう言葉あんまり好きじゃない。


というのも、そういう言葉ってネガティブにしか聞こえないから。

嫌々なんだけど、自分が決めたんだから!と自分を鼓舞してる感じ。

過去の自分を言い訳に使ってる感じ。

過去の自分がなんて言ってようがどう決めようが、今の自分が何をどう感じているかなんて、そいつ(過去の自分)は知らないわけなのだし、
常に自分は変化するし、意識だって、考え方だって、意志だって変化する。


だから、自分で決めたんだから!とか言い出すのは、きっとそういう色々、今の自分で考えることを放棄してることじゃないの?って思っちゃう。


確かに、やる気の出ないことに立ち向かうときに使うのかもしれないけど、そうだとしたら、そもそもやる気の出ないようなことをやると決めた、ことがおかしかったんじゃないの?

っと考えてしまうのだけど笑


例によって恋愛にしてみるけど

私が決めた人だから…!とかも同じで、そりゃあなた過去の自分を言い訳にした思考停止だよ、と。
じゃあ今の自分はどう思ってるの?と問いたい。


そんなことをやってたら、何にも難癖つけて、一生自分のやりたいこと、好きな人に出会えないって??


僕は見つかると思ってる。
むしろそこで止まってしまったが故に本物に出会えない方がよっぽど僕は怖い。


いや出会うよ。必ず。
見ておれ。
posted by ゆっぽん at 01:23 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 自分が決めたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月19日

恋人との


今日はなんだか

恋人との過去の積み重ねを思い起こしてなかなかその人と別れられなくなる人の気持ちがわかったような気がしました。

なんかきっと2人笑い合った経験を思い出して、あんなとこ行ったな、こんなことしたなって思うんだろうなって







なんで思ったかと言うと
一緒に遊んだ(と言ってもやらしい意味ではなく)人レベルで
そんなことをふと思ったからなのです。


あぁー楽しかったな、って思い出がぐあっときて、なんだかそこが私にとっての良き思い出であり居場所だったような感覚にさせられる。



わかる。


こういう風に生きていけばいくほどいろんな感情を知っていくんでしょうね。



わかる。
わかるけど、人は過去によっては生きない。過去の積み重ねによって生きるのであらば、それは情だけで成り立つ、恋愛じゃなく、情。長期的に見たら崩れるし、前に言ったけどそゆのはしたくないし、だけど今までの恋人に近しい人ではそゆ思い出がなんだかほとんど出て来ない。



結局愛したことがないのか。
これから知るのか。
posted by ゆっぽん at 22:51 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 恋人との | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月18日

そろそろと

意外と早稲田のオープンカレッジは一講座3万くらいでお得に見える。

例えばスペイン語講座

スペイン語もやりたい(他にも面白そうなものはたくさん!)けど、
こんな風に夜間でもアドビのソフト(イラレとかフラッシュとかWEB制作とか)学べる所ないかなー?


働きながら社外セミナーを4ヶ月くらい行かせてもらっていたお陰で、週一くらいの夜のお勉強なら
どうにかなるものだな、と思えてきた。
これから、アドビのスキルがあればまぁどうにか食っていける気がしている・・・。(笑)
そのための準備なんだけどね。


早稲田のそれくらいな感じで他の講座どこかないかなーと目下探し中。
もし、アドビじゃなくても、こーゆー学校いいよ!とかあったら教えて下さい!!



早大生は卒業してから勉強する・・・ってね!(笑)


posted by ゆっぽん at 22:49 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - そろそろと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。