2012年11月30日


解決策があるのはわかってるんだけど

わかっているのは「ある」ことだけで

分解して考えればきっとわかることなんだけど

ただただ、大変とか辛いという感情のネガティブに押し込まれて

考えることがうまくできてない

頭が追いついてない


手も追いついてない


ほんと吐きそうだ。


人との関わりが向いてないんかねぇ


わがままなのか


頭が悪いのか


…それもわかったところで救いがない


感覚


相手のことを考える


感覚


感覚で生きる。こと。
posted by ゆっぽん at 15:39 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 沼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月29日

僕の好きな人が、よく眠れますように

救いようのない幸せ。ただその時間だけを切り取ったものはとんでもなく幸せであるように見える。
終わりもそこで終わっているから成り立っているように見える。だってどこへも行けないんだもの。そ
ういうものを示しているようにも見える。
僕の場合は先が見えないことで、そこまでのめり込めはしなかったのだけど、でもそれで良かったとも思う。
この場合ってさ、相手に相手ががいるからそのスリルによって盛り上がってるのかも・・・って想いも
やっぱり消えないしさ。純粋に愛されてないんだよね。
とか(笑)。


相手に相手がいる人と盛り上がっちゃったとしてもだ、それは相手に相手がいるから盛り上がってんじゃないの?そのちょっといけないことしてますよ、感が君たちを盛り上がらせているんじゃあないのかいぃ!って思えちゃうから純粋に愛すことも愛されることもない。救いようがない。うはー。



ただ彼ら彼女らの会話はとても幸せを感じた。幸せを感じたのは私だけかしら?


僕の好きな人が、よく眠れますように [単行本] / 中村 航 (著); 宮尾 和孝 (イラスト); 角川グループパブリッシング (刊)

つぶやき。
さすがに今日飲んだら、月〜土で週6で飲んでしまうことになるので、今日誘われた上司の誘いをやっぱり延期してもらったのだけど、延期の理由を聞いてこなかった上司はかっこ良かった…。はひーその分がんばりますよーと思った。

断られたときとか、なにかの理由聞くのはやめようと思いました(もちろん相手が話したがってたら聞くけど)。言う側としたら変なことでなければ言った方が良いけどね、言う側だったらなるべく言うようにします。でも聞く側だったら尋ねはしない。その方がかっこいいなぁと思ったので。それだけ。





アルバムでたね。
an imitation blood orange

君に会いたい 君に会いたい 何してますか? 気分はどう?
君に会いたい 君に会いたい 愛しています 君はどう?



この2文の微妙な語感の違いと声に乗ったメロディーに惚れ惚れするなぁ。naniとaiとkibunとkimi。
言葉遊び。
posted by ゆっぽん at 23:32 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 僕の好きな人が、よく眠れますように | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月28日

結婚

いや

別に生計をともにするとか

独り立ちとか

住居の問題がとか

そういう意味じゃなくて

そういうのとは無関係に籍を入れることだって可能なんだからさ



お前がそいつに一生添い遂げたいと思ってるかどうかだよ


お前、籍入れられんの?って。



早々に籍(だけ)を入れた先輩を見ると多分本質的にはこういう意味なんだろうと思う。
posted by ゆっぽん at 14:16 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 結婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月27日

のんびり雲が泳いでく


誰にも言えないことは

どうすりゃいいの




教えて!
posted by ゆっぽん at 14:57 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - のんびり雲が泳いでく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月25日

柔らかな体温に触れるとき

ふむ、やはりツイッターで言いたいことをぐっと抑えてこっちに書き込むスタイルのほうが
こっちにいいこと書ける気がするなぁ。

そういう風に自制しようかな・・・。

ミスチルの話。

imageとかやわらかい風とかゆりかごのある丘からとか通り雨とか今まで全然スキップしてた曲をいいなぁと思いだしたのはミスチルレベルがあがったんでしょうか。なんかそゆ風に何かを知って気づいて、知らず知らずに好感を覚える感覚ってすこし幸せを感じる。

いよいよ今週アルバムでござんすな。楽しみ。


免許更新した話。

ブレーキもアクセルも曲がったことも止まったことも発進したことも気づかれないような運転が理想だと思ってます。(キリッ
結局、気遣いなんて、気付かれないレベルになることが最高峰なのです。

そして教習所とかもそうだが、万人が受ける施設って、ほんといろいろな人がいることが想定されてるおかげで、説明ひとつとってもわかりにくい…と感じることが全くないし、こっちに多少の不備があっても相手の想定内だから、楽(甘えちゃいかんが…)。そゆとこがすごい。

なんでこう、わたしは、免許の写真とかって、顔がぼけーっとしてるんだろうね…。



舞台の話。
この3連休で先輩がやっている舞台を観に行きました。
社会人アマチュア・・・?なのかな?よくわからんけども。
でもよくできていて、面白かったし、満足。2200円。
土日とかの稽古がほとんどであそこまでのクオリティ出せるんだからすごいよね。

舞台というかミュージカルというか漫才というかバンドというか、小屋でやるあの舞台、ステージ、小屋モノをやりたい。社会人でもやれるからさぁ!!


プライベートな話。

映画と花火大会に誘われて、これはもしやそういうことか…!っていうことなら、
もしや私もチャンス逃してるんじゃないか…!って考えてみたけど、
どんな誘われ方しても、映画と花火が見たいついでに…って気しかしない、し、
それで正解な気しかしない。なにこれ。

映画+花火大会ならそれはそういうことなのか・・・。
んーでも前後の文脈があるからなぁ一概には言えませんね。
心の底から友だちレベルで、安心しきってて、そんなことを言ってることもあるわけだし。
(というか想定するのはほぼそれなのだけど・・・)


街歩きの話。

東京の皇居あたりの道路が2車線いや4車線いや6車線?
自転車専用になってて、自転車で通ったらすごい気持ちよさそうだなぁと感じました。
東京は、駅ビル地下とか知らないところがたくさんあり、散策が楽しい。
場所としてはファッションなんかも含め、私より上の層の場所だと思うけど
それは同時に私が憧れるような場所でもあるってこと。
私にとって完全に背伸びで意識高い(笑)、って感じだが、
オアゾの本の品揃えも◎で、良い場所だなぁ。
大(手町)丸(の内)有(楽町)は多分今後の中心になるでしょうな。

良いネクタイ欲しい・・・。(ネクタイあんまりしないんですけどね(笑))



感情的な話。

1歩引いていればなんだって許せる。なんだって喜べる。なんだって楽しめる。ただその1歩を詰めると些細な事でも許せなかったり、喜べなかったり、楽しめなかったりする。でも、その分、得られるものも非常に温かくて大きい。そういう1歩を怖がりながらも希求している。

自分のポジティブさがうざったい。ポジティブもネガティブも現実をきちんと捉えられてない意味じゃ同じ。くそぅ。


先輩の話

久しぶりに、電話がかかってきて喋りました。
電話がかけてもらえる相手であったことがまず嬉しいです私。
いろいろあるみたいですが、終わりも始まりもあるのが人生ですよねぇ・・・(笑)






というか、やっとほんとにフラットになってきたなぁと今日の夕方感じて。
こりゃ、第2幕(いや何幕か正確な数字はわからないけど、とりあえず今までとは別のという意味で)
第2幕が始まる、ちゃんちゃんちゃんちゃんちゃんちゃん・・・!!(って頭に響いている。歌舞伎の拍子木が)


今まで、この4年だか、3年だかを、いろんなことに、目を奪われ、心奪われ、全然落ち着いてなくて
地に足着いてない感じを自分でもずっとずっと感じてきていたのだけど、
最近ようやく、自分のやることしっかりやれよ、やることやれよ、という紛れも無い事実を
心から捉えることができたような、(別に何をやるとか決まったわけではないけど)
やっぱりプライベートもそんなになくて、どう生きていくかとか、本気で生きていかなくちゃならないんだ
とか決意して、がんばるほうがかっこいいな・・・と思えてきたのです。

今まで、(別にそこまでされてないけど)ちやほやされすぎだし、それによってどうにか生き長らえてるだけだし、そんなのもう終わりだし、惨めだしね。

outputの為のinputのとき。

ひとりがやだやだ、言ってたって、現状がひとりなんだから、
そんなこと言ってても始まらないんだから。
受け入れて、炎の中、酸素ボンベ抱えてホースを口に突っ込んで生きていくしかないのだから。

っていう覚悟っていうか、決意が、自然とできてきてですね。
(前にも言ってはないよね・・・?(笑))
ネガティブに捉えれば諦め、だけどさ。
ネガティブでもポジティブでもなく、ただただそう思えてきた。


普通は社会人になったときにいろいろ変わったりとか心機一転とか
新たなステージだ・・・!!とか言うけどさ、私の場合、なんとまぁ中途半端なことに
「今」でしょうね。社会人2年目の秋。
ってなんだか今日自覚した。

仕事内容的には全然まだ闇だし、暗中模索だし、社内ニートに近いし、何も変わってないのだけど
それでも生きる覚悟の上では「今」が別のステージに入った感じ。
今日が雲ひとつない快晴だったからでしょうか。

ふたりで生きていくことも覚えて、ひとりで楽しむことも覚え始めてきた。
右も左も行ってきて、じゃあ前に進んでいこうか、って感覚。
そりゃいろいろ失敗もしたし後悔もあるけどさ、でも進むよ。
後悔しないように生きてる!とか言い張ったけど、現状、後悔しても、生き続けなきゃいけないんだよ。
それが今なんだよ、それがこの現状、捉えるべき世界なんだよ。
だったら後悔も認めて、後悔を抱えて前に進みますよ。

いやはや、誰とも付き合わないで1年経つとこうなるのかしら?(笑)

そこのステージは終わり。
でもでも、人生の楽しみ方を増やすのだから、まだまだ未来は好意的に見れている。
悲観的にシニカルに悲壮感があって言ってるわけじゃない。

生きていく目が違うよ。ってことを言いたいのだと思う。
私の大学生編、社会人1〜2年目秋編、完!!って感じ。
(とか大雑把にくくっちゃうとあれですけど、でも恋が区切りなんでしょと言われればそんな気もする(笑))
Seasons of Love ってのもあるかもですね。

posted by ゆっぽん at 23:21 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 柔らかな体温に触れるとき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月24日

易きに流れるな

今日わかったこと:


おそらく多分寝起きが一番寂しい。




隣で寝てくれることよりも
起きたときに隣にいてくれる方が多分幸せ。
posted by ゆっぽん at 09:12 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 易きに流れるな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月22日

神男子。〜the day ワンツー〜

というわけで、一番印象に残っているのは土砂降りの貴船神社、での蕎麦屋(傳兵衛)さん。
もうモモから下はずぶ濡れ状態だった私(笑)

その状態で、14時頃にお店に入る私。
遅めの昼飯。


・・・・と、思ったんだけど全てダイジェストでお送り致します!(笑)

店内にはストーブ

大阪のおばちゃんもびしょ濡れ。
ストーブに群がる。
俺、ストーブで温まりたい。
言い出せない。
おばちゃん帰る。
暖まらせてもらう。
申し訳なくてぜんざい頼む(笑)。
土砂降り止まず。
「ライトアップ観たいんですよねー」
とはいえ、長居し過ぎたので出ようとする。
「ライトアップするまでいてくれて大丈夫ですよ」
「本当ですか?(即答)」
「・・・コンセントも借りていいですか・・?(恥」
約束(?)通りライトアップまでストーブの前でお世話になり
お茶も無制限に出てくるという良いお店でした。

貴船神社にお立ち寄りの際は、ぜひ傳兵衛さんのご利用を!(笑)


はい、夜。(ダイジェスト)

京都で働いている先輩に会う。彼氏の話も聞けた。
いやはや時代は流れる。
とかここに書いてあるのが見られたら・・・!と思うけどまぁいいや(笑)
元気に働かれているみたいでした。多少お痩せになられましたかな?
短い時間でしたが、ぐがががっていろいろ話詰め込んだ気がする(笑)

私は仕事もプライベートもダメダメで・・・といったけど
思うに仕事もプライベートも順調ですよハハッ!って状態になったらそりゃもう終了な気がする(笑)
いつまで経っても、どんなレベルにいても、ダメダメだわ〜って言い続けてそうだもの私。

んでもって、ひとり身で生きていく覚悟が大事(って自分に言い聞かせる)。
ひとりになる覚悟もないと人ってちゃんと愛せない気もする。
ひとりが嫌だから人を愛すんじゃない。
(あ、だから、次が決まっていなくても、別れる人って、結構自分をしっかり持っているんだなぁと思える。
ひとりが寂しくて付き合ってる人はこれができないからさ。)

夜の夜
マンキツへGO
まさかの激混み。
椅子しか空いてない(笑)、しかも相席(笑)
寝方もわからないので、初のマン喫で漫画をひたすら読みオールすることに(笑)
カイジ・モテキ・べしゃり暮らし・・・などをひたすら読む(笑)
カイジって内容でドキドキしてきちゃうから、全然眠くならないのね、あれね。

ただ、マン喫のその不毛な空間といったらなかったなぁ(笑)
いい年した人と一緒に過ごすマン喫の相席・・・。
という感じで夜を明かす。
(朝まで私はずぶ濡れだったことをお忘れなく(笑))
着ながら乾かしたほうがまだいいんじゃないか・・・って判断です\(^o^)/


はい、早朝出発@島根
行きのバスがらがら。爆睡。
玉作神社。
願い石→石なくす→思ってみれば、絶対叶う願いでした。
P1090621.JPG
(願った後に思ったのです、これ以外のことは私は絶対やらないだろうな・・・と(笑)んじゃそれ叶うじゃん!)って思ったから失くなっちゃったのかな・・・。

八重垣神社→早く沈むほど良縁に恵まれるという占い。一瞬で沈む
P1090673.JPG
ぎゃあっぁぁぁぁぁぁ!!






→よし、そろそろ良縁。
ってかやっと厄年が終わるね・・・。








さて、メインイベント出雲
→夜神楽は今週末。遷宮は来年




じゃなんでお前、今来てんの???(笑)








んなことはいいだろう!どうだって!!!(笑)









→でも神ががってきた。と感じることはありまして。
ずっと出雲大社周辺を2時間くらいさまよっていたのだけど、
ずっといるとあそこから得も言われぬ、パワーらしきものをひしひしと感じるわけです。
すべての物が鮮やかに見えたり(いや、クスリとかじゃないよ?(笑う))とにかく
パワーです。

出雲って参拝の仕方が特殊で
2礼4拍手1礼。
住所と名前を心の中で唱えてから。

なんだってさ。
面白いよね。
また行きたいなぁと思う。4つの鳥居を通ったりさ。
縁結び守りげっとん。玉作神社の石の分まで取り返すぜ・・・!!

縁結びの神様なんだけど、結婚式場もあったり。
新婚旅行をぐあーっと世界廻ってきた最後ここに来たいなぁと。


樹齢1000年の木。
P1090760.JPG
ここらへんから神がかりパワー浴びてましたね。
今度から待ち受けこれにしようかなー。



稲佐の浜
P1090789.JPG
から神様がやってきます。
(日本海は荒れております。)
日本全国の神様がやってきて、会議を開くんだそうだ。
だから全国の旧暦10月は神無月。神様がいなくなるからね。
でも島根の旧暦10月は神在月。神様が集まるからね。ここだけ、ほんとに。

神社内の神様の寝床、とか胸アツですよね。
写真をぐあー!って見せてあげたいけど、いい媒体がないわ・・・。FBには上げております。
良かったら見てね。(見れないか・・・)

そば
割子そばっていうそば。ダシがおいしい。山芋おいしい。ともかくおいしい。


帰路前。
意外と確かにかわいいしまねっこ。
P1090804.JPG

もっともっと写真もとったんですがね!!(笑)



よし、最後に京都、島根のベストショットをあげておきましょう。

撮った写真500枚弱!






神無月の京都。
P1090331.JPG



神在月の島根。
P1090773.JPG

珍しい下り参道。と対称性にて!




思った通りすごい乱暴になってしまいましたが(笑)


会って話しましょうね。
写真もipodに入れておくから、おみやげ話ならいくらでもしてあげるから(笑)

是非リアルな私にお会いくださいませ。
会えないよ・・・!!って方は、コメントください(笑)


人とは生身で会いましょうってね^^。



posted by ゆっぽん at 23:40 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 神男子。〜the day ワンツー〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月19日

神男子。〜the day 0〜


やはり、ブログやツイッターの発言のみで彼女ができたのか、と勘違いされる妄想力には定評がございます。
あいさつ。


はい、行ってきました。

神無月の京都
神在月の出雲

神様に会う旅へ。


出来事全部書こうと思ったけど、時間も体力もないので(笑)
今頭に残っていることひたすら書いていきますね。

まず今回って、ひとり旅なんだけど
イトイさんが今日のダーリン
にひとり旅はアウトプットの連続だ。
計画をたてるのもどう行動するかも自分次第で、そこでの喜びや楽しみをひとりながらもどう
共有するのかの選択ばかりだ。と。確かそんなようなことを(笑)と書かれていて。

なるほどなるほど。


私の中では、今までひとり旅、というとやはり人と行く旅には劣ってしまうイメージがあって
じゃあなんで今までひとり旅とかしてんの?と聞かれたら、そりゃ行きたいところがあったからで。
そこだったらひとりでも行くしかないよなぁトボトボ・・・というイメージで向かっていることが多かった。
(多分恐らくみんなからはそう思われていない気がする(笑))

だから、どこにいっても、ここにあの人がいたら・・・!!とかこんな会話したい・・・!とか
そこにないものをねだって、時にはツイッターで誰かかまってくれないかっていうことしか
できていなかったと思うのだ。

それを、イトイさんのコラムを読んで以来、
ひとりでどう楽しむか、もひとり旅のうちなんだな、と思うようになりましたのです。
それもアウトプット、どうしようか、考えて楽しんじゃえ、とそういう回路につながったのです。
ひとりでぼんやりしたいな、という想いもあったけど、
それ以上、今まで以上にポジティブな気持ちで旅をしようと思ったのでした。


はい。

京都駅着。

この日の話は雨に尽きる。

私がどんな話をしていても背景に雨が土砂降りであることを御失念されないよう(笑)。



観光案内所が開店(?)すると同時になだれ込む観光客。
京都さすがだなぁという印象。

早速、私は携帯やら充電がしたかったのだけど、京都の駅近には電源のあるカフェがない・・・。
(知ってたら教えて欲しいレベル)
だからネットで調べるより観光案内所とにらめっこだったんだけどね(笑)。


さて、紅葉の季節。
思ったことは、京都のベストシーズンは多分ここなのだろうということ。

紅葉の方が、楽しみ方が奥ゆかしい気がする。
一見した美しさという意味ではなく、なんだろう、気がつく人が気がつく美しさというか
その色の範囲の広さというか、緑も黄色も紅もオレンジも空の色全部含めて、キャンパスに描いているところ
とか。だから毎年毎年、色の雰囲気が違うんだろうなとか、感じたのです。

例えば、桜ってその「花」が美しい、って終わっちゃうんだけど、
紅葉はそれだけあっても美しいわけじゃないし、その周りを取り囲む世界を考えなければ美しいと
思えない気がするんですよね。

だから楽しみ方的には上級者って感じがする。
(だからご高齢の方が多いの・・・・か・・・?(笑))

そして、その機微なんかさ、言葉では写真では到底切り取れないものたちばかりなのです。


とか、思った。アウトプットを意識してたら(笑)

それだけじゃなく、その空気のにおいも、温度も、質感も、輝きも、距離感も、すべて伝えることができないんだな、と思ったのです。実際にきて見なきゃぁいかんな、と。だって違うもの、きっと。写真の世界と現実の世界はね。



んじゃ、その前提に立った時、どうするか。
その言葉、その写真は表現になる。
私のフィルターを通した言葉であり、写真である。

正確に言えば、どうしたって私のフィルターを通した言葉であり、写真になってしまう。


じゃあ、それらが認められたら嬉しいよね、って思うようになった。
写真一枚とるにも、もし人に見せると考えたら、この構図ひとつ、タイミングひとつ、写しだすものひとつ
すべてが私を通しているわけで。
その表現の世界(といったら大袈裟だけど)で勝負をしましょう、と。
そういう気になってくるわけです(笑)。

それ(アウトプット)を念頭においた、旅。こりゃもう楽しいです。
どうblogに書こうか、どう写真を見せようか、その写真に、出来事にこだわりが出てくるわけですからね。



と、無駄にハードルをあげたところでやっぱり今日はお終い!(笑)
やはり時間と体力がない!腰が痛い!体鍛えます(笑)

また近々。


posted by ゆっぽん at 23:28 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 神男子。〜the day 0〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

感想って


何かを通した感想ってさ




何かをやろうと決意した




やってみたら大変、辛かった
やめたくなった



やり通して良かった感動した


っていう流れはなんなの?
テンプレなの?
どこかで感想文の書き方でも一斉に教えられてきたの?


ってくらいに見かける。

なんならそんな感じで書かれたものを読む時はそこの要素しか見ない。



物語はそんな単純じゃないと思うんだけどなあ。
posted by ゆっぽん at 12:49 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 感想って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月15日

涙がこぼれないように上を向いて歩く。

今プライベートで仲良くさせてもらってる先輩同輩後輩でも、
もしも出会いが仕事だったなら、ひとり残らず仲良くなってない自信がある。


って言うんだから仕事での出会いはない。
出会いはあろうが、俺が心開かないし、油断しない、隙も見せない、皆無。


とか言ってたらタモさん。
『いいとも』にヒャダイン。タモリ「今はね、友達を作ろう作ろうって言い過ぎるよ。友達なんかいなくて良いんだよ」ヒャダイン「寂しい事言わないでくださいよ〜」タモリ「良いんだ友達なんか。かえってカッコいいじゃん。『俺友達一人もいないよ』って奴いたらさ。寂しくないよ」


いいよね。良いんだ。



はてさて


なんとなく「それではないこと」はわかるけど、
人を説得するにはそれではない理由を説明しないといけなくて、
でも(頭じゃ違うって答えが先に出ているのだけど)理由はそんなすぐには明確にならない。
だから物事が流れていっちゃう。

「なんかそれ違うよ」だけで止められたらいいのに。
なんかやだ、だけで全てがOKでいいのにね。


考えすぎで言葉に詰まる自分の不器用さが嫌い、
でも妙に器用に立ち振る舞……えもしない。



私の人付き合いのイメージはですね、
例えば崖から落ちそうな人がいたら落ちないように手を差し伸べて
どうにかこうにか平地まで引っ張りあげる。良かったね、って確認したら、
そいつが立ち上がったら、後ろから背中に蹴りをいれて前に行けって突き飛ばす、
そんな感じ。

最低ラインは保つの。そこから先は、行けるよね?って乱暴に背中を押す。

その点、私必要かな?っていかなる場面でも自問自答する。
でも人の必要性は知ってるので人には君は必要だといつでも言い放つ。
人に必要とされることが、認められることが生きる上でどれだけ必要なことか。


人は一人では生きてはいけない。
けれどもたった一人でも自分を認めてくれる人がいれば案外生きていけるものです。
たった一人でも、たった一人でもいい。


上を向いて歩こう聴きながら夜道を歩いて帰ったら、泣いてしまったぜ。

ひとりぼっちの夜。





posted by ゆっぽん at 23:28 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 涙がこぼれないように上を向いて歩く。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月12日

この世を、もういちど好きになってみる。

昨日から言っているのはIT'S WONDERFUL WORLDの世界。

昨日は私の手書き。
(こんな風に公開するのは初めてかもしれぬ)


ということで、朝は弱音吐こう、吐こう、とばかし思っていたのだけど
(やはり月曜の朝は一番心がやられるのである。)
今思ったらそこまででもないかも・・・と思ってしまっている。

この記録自体、人に見てもらえるのは嬉しいのだけど
やはり自分としても意味あるものにしておきたいので記録として吐いておく。


大学時代の先輩がまたひとり仕事を辞めまして(フェイスブックで見た)
またみなさん活き活きと生きていらっしゃる。

そういう決断と、行動をしている人がいるとなんだか
自分は何をやってんだろうかなぁと思ってしまう。

別に給料は全然良いわけじゃない。
でもじゃあ自分にやりたいことがあるのか?と問えば、明確な答えは返ってこない、し
じゃあどうやって生きていくかと考えても答えは返ってこない。

別にやりたいことがなく、現状にまぁ不満があるってレベルではなくて、
今の現状だけ見てればまぁいいか・・・なんて思っちゃえそうなレベルで、でも
たぎるような仕事があるかというとそうでもなく

今、がんばろうとはしているけれど、がんばりかたがわからないというか
どこに向かって頑張ればいいのかがわかっていない、から、それに向けた戦略も立てられないし
考え方もわからない、状態。

だから、自分に言い聞かせるように
がんばりたくてもがんばりかたがわからない場合、
がんばりかたを考えている時間もがんばってるうちに入りますし、
前に進んでいる時間に入ります。

とは言っているのだけど。


ともかく、なにやってんの?私?状態。

それで歳だけはとっちゃって、過ごして老いるなんて、ちょっと嫌だ。
ちょっと嫌だ、けど、それ以上の策を見つけられていない。
この「どうにかしなきゃ」がだんだんどんどんちっさくなっていってしまうんじゃないかと
ヒヤヒヤする。


私の来た道はあってるのか、ひやひやする。

そういうことを考えながら、朝の電車に乗って
IT'S WONDERFUL WORLD聴いていると、

好きだった人に、好きだったってちゃんと伝えようかな、って意味わからんことまで
考えてしまう(笑)。
世界が終わりに近づいていってしまうのだ。
じゃあ死ぬ前に後悔しそうなことから潰していこう、みたいな思想になってしまう。

そりゃもう、
なんだか焦燥感に駆られてしまう。



でもさ
半年前の自分の仕事をふとみると、今以上に全然できてない自分の資料とかが
あったりして、それに比べちゃあ、まぁ、多少は良くなってるかも・・・とか思える。


ギターの時もそうなんだけど、
今でも全然上手くないな、上達しないな・・・と落ち込みながら数ヶ月前の自分で録音したやつを聞くと、
それが今よりもっとひどかったりする(笑)
それによって、あ、少しは前に進んでるのか・・・?と思えたりする。



別にそれによって、この不安な気持ちとか
焦燥感とか、がなくなるわけではないけれど
今日もこの僕が不安になりました、焦燥感です、明日何やっていいかもわかりません、
がんばりかたもわかりません、
って残しておくことで、それがいつかのいつの日かの自分を励ましてくれるんじゃないかと思う。






今の僕はどう考えたって今の僕の観点でしか物事をすすめられない。




ここまで外向きにして、弱音を吐かず、かっこいい自分!でい続ける必要はない。
し、じゃあ、どこで吐けばいいの?ってなっちゃうしね。
ここだけは、リアルタイムに我慢せず、言いたいこと、泣きたいこと、哀しいこと、嬉しいこと
書いていけばいいと思う。


ともかく、周りで、みなさんがそれとなく自分たちの歩く方向をなんとなく決めていく中で
私もまた、考えられずに、あわあわしているんです。
怖いよ。毎日。気づけば週末で、思考停止だったりしちゃうわけだから。


ギターを弾いてた、ぼんやりといつも、ギターを弾いてた
状態ですよ(笑)。




というわけで、まだもがもがしてます。
いつ泣いたっておかしくない状況です。弱音吐く吐く。


つぶやきからのまとめ
一回社会人になった先輩とかが一回辞めて、違う職についたり挑戦していく姿を見るといいなぁとなぜだかとても嬉しくなる。と、同時に感じるのは、私はなにやってんの?ってこと。別にやりたいこと必ず見つけて、やってなきゃいけないってことはないけど。日々やりたくないことでもないことをやってるくらいな感覚。睡眠時間削ってでもやったるでー!ってものでもない(もちろん自分のやり方にもよるだろうさ、でも)、このまま生きて人生過ぎていくのかい?本当にそれでいいんかい?ってどっかで言ってる。でも言ってるだけで、じゃあ何?とは言えない。この迷子感。



ヒトコト:発展性のない好き、じゃ悪いかバカ!!好きだバカ!!




posted by ゆっぽん at 23:24 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - この世を、もういちど好きになってみる。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月11日

Falling in love with the world once more.



Falling in love with the world once more.






posted by ゆっぽん at 23:12 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - Falling in love with the world once more. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

around

海外欲は学生時代のウユニで結構満たされていて、時間がたっぷり取れない今は国内に惹かれておるです。
青ヶ島
http://www.vill.aogashima.tokyo.jp/star/index.html
とかね、こんな風に国内にもすごいところたくさんあるし、人と行っても楽しいし。海外はあとは、キューバとギアナ高地いければ結構満足、私の人生。

キューバとかその辺は新婚旅行で行きたいぃぃぃぃ。


30歳までに満足し終えそう。



60過ぎたら自由に旅行行くぞーとかよく言われてるけど、30までに行っちゃいたい。

とはいえ、どうせやりたいこと全部やってもやりつくすなんてことはないだろうから、
60過ぎても好奇心を忘れず、旅行に行くだけで楽しむんじゃなく、
「楽しみ方」そのものをたくさん持ってるじーさんでありたい。

それには30くらいまでで1ラウンド終了させなくちゃなーと。
なんとなく思っている。







新婚旅行って単語を発したけれども、こういう私の発言を見てにやっとしてくれるような彼女、













を今妄想しております。









(とか言うと、みんなとだんだん離れるんですよ・・・!!)


そろそろ1年間ずーっといないままで。
考えなきゃいかんのですけどね。

いや、いつも考えているのですけどね。

posted by ゆっぽん at 19:01 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - around | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月10日

見返す。

久しぶりに5年弱前に遡り、見返した。

昔はやっぱり、書き方が若いね。
こいつ若いな・・・わかってねぇーな、って感じ。(笑)

でも、ちょっと良いこともあったり。(自分で言う)













例えば、僕らがカラオケをのんきに歌っているとき


家族の誰かが倒れた。

友達が倒れたってなったら、カラオケなんて楽しめてないだろう。



今、カラオケを楽しめるのは、
自分の周りほとんどすべてがうまくいっているからなんだ。


そんな奇跡の中にいるんだ。


って。今をのんきに過ごせていることがどれだけの奇跡か。


つまり、それは自分だけの問題じゃなくて他人が豊かに過ごせているかがあって初めて自分も満足できるんだ。









と。



これはやはり今でも間違いない。






見方はいろいろきっと増えたけど、
根本の考えはきっと変わらない。

なんなら中3くらいから変わらない。

posted by ゆっぽん at 22:44 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 見返す。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひとり旅。

この感動をどうやってわかち合おうか、どう伝えようか、何しようか、

を考えるのもひとり旅の醍醐味なのか。

全然東京都内だけど、ぷちひとり旅みたいなものだ。つーわけで天気が良いので都庁行ってみる。

121110_1205~01.jpg

posted by ゆっぽん at 12:08 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - ひとり旅。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月06日

僕にしたってそうよ

記憶は好き嫌いで覚えてる。

誰かこんなこと言ってたなぁって思い返すとき、人はすぐに思い出さなくても、その人を好きだったか嫌いだったかが先に蘇る。
この商品俺が好きな人がCMやってたな・・・て先に浮かんできて、誰だっけな・・・と唸ってたら優香さんだった。

そんな風に。


あんなこと誰かが言ってたな・・・その人好きだった、誰だったけな・・・・・。
っていう感じ。

私特有なのか、人間がそうなのかはわかりませんが・・・。






ブログも書きたくなる時期とそうでもない時期があるのかなぁ。
10月はよく書いたほうだと思う。
ツイッターから離れた反動もあり。


11月はどうだろう、今あまり書いてない気がするけども。
ツイッターにちょと復帰したからかな。(笑)


といっても、ツイッターに現れない分、こっちも見て下さった方が
ちょいといらっしゃったみたいなので・・・。
私はその方が嬉しいのですけど。

ツイッターで140文字の制限で垂れ流している言葉よりも
こっちの方が私に近い言葉で
それをわざわざ見に来られている方がいるのかと思うと、感謝感謝ですよん。


ヒトコト
ギターがやっぱりひと通りコードも覚えてきた。
Lv.1って感じ。Worlds end も 靴ひも も ひびき も 彩り も and i love you も
Forever も 365日 も sign も 楽しい・・・!!
社会人になってやり始めたけど、やってて良かったなぁと思う。
始めるまでが億劫だけどさ、今も始めてなかったら・・・と思うとすごく残念な気持ちになるもの(笑)
まぁ本当に始めてなかったらそういう機会、残念と思うことにすら巡り合えなかったのだろうけど。
淡々とギターの時間が積み重なる毎日が楽しい。

posted by ゆっぽん at 23:27 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 僕にしたってそうよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月04日

何にも縛られちゃいない だけど僕ら繋がっている

祝(?)1000エントリーなのです。
と言っても特に何も特別なことを言うわけではないのだけど。

早稲田祭に行ってきた話。

2年目にしてわかったこと。
結論。

そこに戻ろうとするのではなく、そこから気づかれないようにいなくなるでもなく。
見えないところでもいい、いつでも"彼らの先にちゃんといる"ことだ。
逆から言えば"あの人たちの後ろにちゃんといる"ことだ。

そして、ツイッターみたけど、早稲田祭は
この2日間はみんな世界の中心が自分たちだと思っている。
そんな2日間なのだ。

後輩たち、早稲田、が盛り上がるにつれてどこか冷めてる自分がいて
ましてやツイッターとかに想いを書かれると辟易で
(そんなことは直接伝えたい人に伝えろよ、っていうね。)

でもそういうのって、そこに近づこうとする自分がいるからで
蚊帳の外の自分がどこか寂しいからで
早稲田の人たちは自分のことを世界の中心だと思っているからで

だから、私らといえば、一緒になるというよりか
極端に言えば、先のモデルとしていなきゃね。
一緒になろうとするから老害なんだ、彼らの先にいればいいのだ。

そういうことに気づけた、早稲田祭でした。
エンディングとかも見ないで帰っちゃったけど。
それができるくらいにこの大学との付き合い方というのも自分の中でコントロールできてきた感じ。
自分でも1年目とは違うなぁと。
(1年目はなんだか背伸びしてさ、あぁ早稲田・・・みたいななんか感慨に耽ったふりしてさ、またがんばろう!みたいなわけわからん締めで終わらせたりしてたような気がするけどさ(笑)、ほんと落ち着いてなかったなぁと思う。社会人1年目で迷惑かけた人ごめんなさい。右も左もわかってませんでした・・・(笑)今だったらもっといろんな物事に落ち着いて判断して考えられる(はず)なのにね・・・^^)

早稲田王で校歌が歌えたのが良かったかな。
みんなが校歌を好きな大学もそうそうないもんね。
そういうことを確認できる毎年の早稲田祭でもある。


皆様、お疲れ様でした!
しかしながら物語はまだまだ続くのです。





ヒトコト
芸能とか芸術で生きていこうかなぁ・・・。
posted by ゆっぽん at 22:28 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 何にも縛られちゃいない だけど僕ら繋がっている | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月02日

躁病的軽薄

「……今日は一人でいろいろしゃべり散らしたけれども、一見、躁病的軽薄に見えるこの話のなかに、実は奥深い意味と象徴を見つけることのできる読者と、それができない読者とがいるでしょう」

by遠藤周作


かっこいいなー。
posted by ゆっぽん at 23:37 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 躁病的軽薄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やってないことの価値


やってることを意識するのではなく


やってないことを意識する



今やっていることをしているおかげで
今やっていないことを意識する


今やっていることは
今やってないことを捨ててまでやってることなんだと意識する。


フラットに。


やってないことの価値を鑑みてやってることの価値を考える。価値を高める。

自覚すること。

自覚できること。
posted by ゆっぽん at 12:13 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - やってないことの価値 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月01日

さよなら


さよならと言うのはまた会いたいから。


本当のさよならはもっと静かでじわじわと蝕み、忘れることを言うのだ。



そういうのも何度も経験した。
posted by ゆっぽん at 12:45 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - さよなら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。