2010年10月14日

turn life over

先の就活の話で思ったこと。
岩瀬さんの話で思ったこと。



司法試験受かっても弁護士にならなかったり、ベンチャーやったり、会社立ち上げたり、やるごとに「(今に十分な地位も金もあるのに)もったいない」といわれたそうな。
でも今では「かなりミーハーなんですね(聞いてすごいと思うような経歴だから)」ととらえられることもあるそう。

多分最後に勝つということが大事で。


逆に言えば
それまでどれだけ負けていようが、どれだけつらかろうが、どれだけ大変だろうが、最後に笑っちゃえば、笑えれば、それまでがすべて最後を引き立たせるための前振りに変わる。
オセロのように、最初に志を立てた時から間にいくら黒が続こうが、最後に白を置ければすべてがひっくり返る。
すべては良かったと思える。



早稲田祭だって例外じゃない。
オセロだって一発で黒がひっくり返るほど快感はないでしょ。
そのために黒があっても良い。
大変な時期であれ!!
つらい時期であれ!!



卒業だって同じ。
人生だって同じ。



最後に白を置くと、置けると、信じること。



最後に、最期に、白を置く快感を。
posted by ゆっぽん at 15:05 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - turn life over | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。