2012年11月04日

何にも縛られちゃいない だけど僕ら繋がっている

祝(?)1000エントリーなのです。
と言っても特に何も特別なことを言うわけではないのだけど。

早稲田祭に行ってきた話。

2年目にしてわかったこと。
結論。

そこに戻ろうとするのではなく、そこから気づかれないようにいなくなるでもなく。
見えないところでもいい、いつでも"彼らの先にちゃんといる"ことだ。
逆から言えば"あの人たちの後ろにちゃんといる"ことだ。

そして、ツイッターみたけど、早稲田祭は
この2日間はみんな世界の中心が自分たちだと思っている。
そんな2日間なのだ。

後輩たち、早稲田、が盛り上がるにつれてどこか冷めてる自分がいて
ましてやツイッターとかに想いを書かれると辟易で
(そんなことは直接伝えたい人に伝えろよ、っていうね。)

でもそういうのって、そこに近づこうとする自分がいるからで
蚊帳の外の自分がどこか寂しいからで
早稲田の人たちは自分のことを世界の中心だと思っているからで

だから、私らといえば、一緒になるというよりか
極端に言えば、先のモデルとしていなきゃね。
一緒になろうとするから老害なんだ、彼らの先にいればいいのだ。

そういうことに気づけた、早稲田祭でした。
エンディングとかも見ないで帰っちゃったけど。
それができるくらいにこの大学との付き合い方というのも自分の中でコントロールできてきた感じ。
自分でも1年目とは違うなぁと。
(1年目はなんだか背伸びしてさ、あぁ早稲田・・・みたいななんか感慨に耽ったふりしてさ、またがんばろう!みたいなわけわからん締めで終わらせたりしてたような気がするけどさ(笑)、ほんと落ち着いてなかったなぁと思う。社会人1年目で迷惑かけた人ごめんなさい。右も左もわかってませんでした・・・(笑)今だったらもっといろんな物事に落ち着いて判断して考えられる(はず)なのにね・・・^^)

早稲田王で校歌が歌えたのが良かったかな。
みんなが校歌を好きな大学もそうそうないもんね。
そういうことを確認できる毎年の早稲田祭でもある。


皆様、お疲れ様でした!
しかしながら物語はまだまだ続くのです。





ヒトコト
芸能とか芸術で生きていこうかなぁ・・・。
posted by ゆっぽん at 22:28 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄り道 はてなブックマーク - 何にも縛られちゃいない だけど僕ら繋がっている | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。