2013年04月09日

得たものは。

就活で得たもののひとつは、

まぁなんにせよ、ひとつのものの判断で、なにか人生全てが決まることなんて全くないってことだ。
そして答えの出し方は無数にあるってことだ。


それに対する世間の目はあるかもしれないが、悪く言われる筋合いなんて全くない。

前の『うちの母ちゃん凄いぞ』エントリーで、結構確信に変わった。

多分それがどうのこうのより、認めてくれる1人の人間さえいてくれれば、どこまでも走れる。
posted by ゆっぽん at 23:49 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 就活 はてなブックマーク - 得たものは。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月16日

就活するあなたへ

どうも!

最近「テレ朝 面接」とかのキーワードで当ブログに辿り着く人が大多数過ぎて
(だって、「テレ朝 面接」でGoogleの検索TOPにこのブログが出てきちゃうんですもん(笑))
本当にあれ(3年前のエントリー)が役立ってんのかどうか申し訳なくなってきたので
(なぜなら、私はあのテレ朝面接落ちてるからね!今もテレビ局にすら就職してないし!)

というわけで他力本願
自分のオススメのエントリーを紹介しておきます。

面接云々に関しては別に直前になって何を用意しなくちゃ!!とかそういうのでは
別にどうにもならない気がしているのですが・・・。
直前テクニックを知りたい方はどうぞいろいろググってください。

あ、一般的に言って。
挨拶とか「失礼します」とか「恐れ入ります」とか
会話をするだとか、軸を持っておくだとかっていうのはできると良いと思うぞ。
あくまで一般的に言って。


さて、
ちょっと一度根本から軸をしっかり立てれば
直前になって浮き足立って検索することもないでしょう、と、

以下、過去エントリーもしくは勉強になるブロガーさん達

過去エントリー
2013 就活について考えよう

(2011卒 自己体験記)
就職活動のまとめ

化粧品会社→議員への道を進んでいらっしゃる先輩のblog
就職活動ワンポイント

最近では大分有名になられたちきりんさん
Chikirinの日記

ちきりん流・就活で失敗しない方法は?

「ちきりんの“社会派”で行こう!」

ついでにこちらも
ちきりん×phaの「そんじゃーダラダラと」(1):
5W1Hに忠実な新聞よりも、グチャグチャな「圧縮新聞」の方が面白い理由



こうやって、又リンクみたいにしちゃってごめん!

でも私のはさておき、良質な記事揃いなので目にとめていただけると、何かしら、はっ!って思えるかもしれません。
就職活動(する方は)がんばってください^^。

ま、どーにかして生きていけますから。

posted by ゆっぽん at 14:25 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 就活 はてなブックマーク - 就活するあなたへ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月06日

2013 就活について考えよう

私は社会人2年目だけど、近くに(後輩とか)就活している人もあり、
社会人から見た就活というものを腰を据えて見ることができてきたので
最近感じることをまとめておきたい。

このブログの文章は、私の思想と哲学によるものであり、何かを代弁したり代表するものでは
ありません。あしからず。

さて、就活について

まず、紹介しておきたいのが、ちきりんさん。
私が就活中にこの方の記事を読んで、すごく感銘を受けたことを覚えている。
あぁそういう考え方でいいんだ。とか
こういう人も居ていいんだ。とか
そういう感情が生まれたのを覚えている。

本も書かれているし、ぜひ読んでもらえば、こんな私の文章など読む必要ないレベルかもしれませんが。
こういうのとか
ちきりん流・就活で失敗しない方法は?

「ちきりんの“社会派”で行こう!」

もしくは、blog
Chikirinの日記
就活関連の話もちらほら。

本はコチラ。
自分のアタマで考えよう [単行本(ソフトカバー)] / ちきりん (著); 良知高行 (イラスト); ダイヤモンド社 (刊)


というちきりんさん祭りになったところで・・・。
(あと、phaさんもだいぶ面白い方です。京大卒でニートなのですが、考え方が
あ、これでいいんだーってゆるく思わせてくれる方。このお二人の対談もネット上にあったりするのでぜひ興味ある方は検索かけてみてください

ちなみに本はコチラ)

ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法 [単行本(ソフトカバー)] / pha (著); 技術評論社 (刊)

blogの記事やら、本やら、お読みになりました・・・・?





なら、私の拙い意見は必要ありません(笑)


ありがとうございましたー。














とはいえど、なんかちょっと書いておきますね。(笑)


2013 就活について思うこと。


まず、就活ってなんでしょうね。
ゴールはどこなんでしょうね。


私が考えるに、就活って自分の生き方を考えることだと思うのね。

例えば、企業に就職しようって考えて、あんなことやりたい、こんなことやりたいと考えることもだし、
音楽をやってきた人が、何度も考えても、やっぱり音楽やりたいって考えてギター抱えて出ていくのもそうだし、
やっぱり働きたくない、彼氏彼女見つけて結婚しようと思うのもそうだし、
とりあえずどこか入って、そこからまた考えよう、というのもそうだし、

とにかく、こういった生き方を考えることが就活だと思う。


というのと、企業への内定というものをごっちゃに考えている人が多い。
(正確に言うと、当時は私もそんな感覚だったからみんなも錯誤しているんじゃないかな、と。)



だから自己分析をしたからといって、内定に繋がる話ではない
と考えているのが最近。

自己分析は、自分のためにするもので、過去とか環境とか今までしてきた幾多の選択について
自分が何が好きか、どんなことに魅力を感じるかっていう、あくまで自分目線なことで
内側に向かう考え方。

(私が考える就活には、不可欠だけど。)

その結果、(手段としてかゴールとしてかはキミらに任せますけど)企業への内定といったことを目指すのであれば、自己分析した結果を、よりわかりやすく、より見栄えが良く、より相手が興味を持つように、表現しないといけない。

ここからは、おちおち自分がどうのとか、あまり関係ない。
仕事をするんだ、と思ったほうがいいかも知れない。
それをなんだか取り繕っているようでいやだな、とか、そんな表面的なこと・・・とか
思うかもしれない。(私は思っていた)

だから、ごっちゃになっていると感じたのだ。

つまり、
自分を見つめること、そこから導き出された答えと、
面接官に答える、ESに書く答えってイコールじゃない
ってことを言いたいのです。

内定ということを目指すのであれば、そこからは
(コミュニケーションをする仕事にいるからこんな考えになってしまったのでしょうけど)
何を伝えるのか、どう書いたら伝わるのか、どういう質問が来るように書くか、
すべてはもう、コミュニケーションのプランニングです。

じゃがいもを土から引っ張りだしたら、おいしく食べられるように味付け、調理をしなきゃいけない。
そういう話です。

テクニックどうの、という話はしませんが(いや、できませんが(笑))。


だから、自己分析したところで内定に近づくわけではないです。
どうも、自己分析しなきゃなぁとかってなんとなく思って、なんとなくして、なんとなく会社選ぶ感じ
があるなぁと(私がそうでしたし)。


なんのためにやっているの?っていう
アウトプットを考えない、というのと似ているかな。


だから、社会ってそういうものでしょう?とか
そういう世界だから仕方ないじゃん。とか
いう考えが根底にあって動いているならそれは、全く違うと思います。

よーーーく考えて、答えを導き出してほしいなぁ。
答えというと◯と×のように聞こえてしまうけど、
君の回答だね。考えを導き出して欲しいと思う。


名前とかイメージに引っ張られることなく(引っ張られたい人は引っ張られたいと自覚しながら引っ張られろ、そうじゃないやつはたちが悪い。)
大事なものはなんなのか、ゆるく生きていってください。

なにを大切にしたっていいんだ。
あー自由な時間に起きたい、とか、昼寝ができる会社がいいとか、
PCに向かいたいとか、考え事したいとか、茶目っ気が欲しいとか
外で歩きたいとか、制服がいいとか、スーツがいいとか、
私服がいいとか、ごはんが美味しいとか、家から近いとか

ただ、それを言ったからって、相手を説得できるかどうかは先程言ったとおり。
(ただ混同しないで欲しいのは、こういうのも絶対大切にすべきファクターだということ。)

就活は生き方を考えること。

自分が「あ、こう生きよう」とか生き方が決まった時点で、現実的に会社から内定が出ようが出まいが
人生的には内定なのです。
だって、それを実現する手段は山ほどクソほどあるのだから。
それが一番大切。だと思うなぁ。

例え時間がかかったとしても、1年、2年、3年、かかったとしても、
親に迷惑かけてるなぁとか感じても、借金してしまったなぁと感じても

君が生きているうちの1、2、3年だ。
残りの何十年で返せばいいし、君がやりたいと感じていることはそれだけ価値があることだろう。
その価値を認めてもらえばそこに君の価値も生まれる。

時間のかかることかもしれないけども
価値のある物事にはそれだけ時間がかかるんだ。

君はそれだけのことをやろうとしているんだ。
短いスパンでやろうと考えちゃいけない。
1ヶ月?3ヶ月?いや5年、10年、30年かかってやっと華が咲くこともある。

目先にとらわれないで、楽しい就活(生き方の模索)をして欲しいなと。


そんなところです。
早く人生の内定が出るといいねぇ。

ゆるーく生きたい。っていうのでも構わないのだね。




posted by ゆっぽん at 12:20 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 就活 はてなブックマーク - 2013 就活について考えよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月28日

就活生のために(再UP)

最近、blogのアクセス数が伸びてるから、何事か!!

と思いきや、検索されたワードを見ると

就活:テレ朝に行ってきたお(´・ω・`)が隆盛。つまり

「テレ朝 面接」

のお陰で増えているみたいですね。

必死になって就活生がなにか情報はないかと探しまわっておるのでしょう。


結局はあれは1次で落ちてしまったし、何も知らない状態でのレポートなので
あまり参考になるかどうかはわからないのですが・・・。


ともかく、あのページだけで「こんなもんか・・・」って去っていく人も
大多数だとは思いますが、万が一TOPページも見ようかなと思ってくれた人のために
自分なりの就活まとめを載せておきますね。



カテゴリ「就活」
時系列だから昔の分から読んでいけばきっと似たような感覚の人はなんとなくわかっていくかも。

そして、大学の先輩(といえどお話させていただいたことは一度もないのですが)の
就活の話も的確ではあると思うので、一度ご賞味あれ。
「就職活動ワンポイント」


社会人になっていろいろものが見えるようになるけど
確かに、まだ何もできない学生なのだから
「考え方」や「姿勢」がアピールできればいいのだと思う。

こういう時には、こう考えます。っていうね。

そしたら会社の人も、こいつはこういう時に役立ちそうだな・・・
て思ってもらえれば大丈夫^^。だと思う。
(逆に言えば、それがイメージできるよに展開させる必要があるのだけどね)


とは言え、何かに続く道が全くなくなるということは無いので、考え続けて
考えつかれたら友だちと話したり、先輩に話したり、なんなら私でも・・・(笑)

乗り越えて行ってくださんし。



就活生、応援してますよー。
posted by ゆっぽん at 23:50 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 就活 はてなブックマーク - 就活生のために(再UP) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月11日

job

先日のイベント「おとアわせだ」ご来場の皆様ありがとうございました。

おとアわせだ公式blog
http://maruta.be/otoawaseda

映像などもできればあげていくのでよろしくお願いします。

自分の不手際が映像で残っているとは少し嫌なんですが・・・。(笑)

イベントに関しては、お客さんをもっと入れたかったかなぁやはり。
もちろん内容的には素晴らしかったし、評判も良かった。
それだけにもっとお客さんを入れられたらもっと良さを伝えられたかなぁと思う。

1,2年生とかには特にいろいろ考えるきっかけになって欲しいなぁ。

例えば、みんながウルトラできる人たちの集まりで
パンフもすぐできて、渉外ができて、演出も面白くて、連絡も早くて、広報も計画立てされて効果も予測できて、指示されなくても大丈夫、とかな人たちの集まりだったら
会議も一瞬で終わって、イイものができたりするんだろうか。

でも僕ら(少なくとも俺は)はそうではないから、そうでないことを知っているから
じゃあどうしようかを考えなくてはいけない。
あぁ、もっとこうすればよかった。と思うことは自己否定の上に成り立つし、もっと上にいきたいと思えるからこそ思うこと。そして次は本当にその行動ができるようになるといい。

不満、文句は自分のキャパのなさを主張しているだけで終わる。
ならどうするかを考えなくては。
同時に「頑張ります。」だけでも意味はないんだと思う。
ならどうするかを考えなくては。

自分すごいな、自分駄目だな、この人すごいな、の繰り返しだと思う。
君はここがダメだよなんて、ここ気をつけな、って言ってくれる人なんてこの社会ほとんどいないと思っていい。
だからこそ、できるだけ自分で気づこう。
そのためには周りを見られるように、自分を見られるように。

自分が与える影響、周りが周りに与える影響、それを考えよう。


また今回もいろいろ経験できた気がする。
それが種になる日と芽吹く日を待ってます。(今回の経験に関しては未だ土壌ができたぐらい)
いつかこの経験が繋がってくるはず。ま、それはまた今度。




さて、就職活動。をしている子をみて思った。
先輩が昔に言ってたことを思い出す。3流は大企業にいく、2流はベンチャーにいく、1流は自分で会社を興す。大企業は使えない人でも働かせられる「システム」があるからこその大企業である。

という言葉。
大企業を「いいとこ」と言ったりするけど。あの人就職先どこ?結構いいとこいったよーとか。
何が「いい」んだろう。(細かいことに反応するようで悪いんだが)


給料の話をしているの?
ブラックじゃないってこと?

そもそも仕事と企業にいいも悪いもない。
それはそれぞれにとってのお話。好きか嫌いかならあるだろうけど。

そういう言葉って恐ろしいなと思う。
そういう気づかないうちに使っている言葉がきっと潜在意識にあって
大手がいいって意識生まれるんだろうね。



んで、いい話にのまれないこと。
国際ビジネス、国際協力、インフラで人をつなぐ、環境を・・・・

いやぁ、傍目からみれば響きがいいよ。こういう言葉って。とてもそう思う。
でも(僕の場合)それにあんま興味がないっていうところにも目を向けなきゃいけない。
やるなと言われてもどうしても気になるものをやるべきだと思う。

マザーハウスのときも思ったことだけど、○○のためって考え方ができるのがすごすぎる(正直皮肉的に言っているのだが)(僕はマザーハウスはそういう考えが強くあるわけではないと思っている)

僕が何もしらない、何かができると思い込んでいる若造だったら
大きい会社に入って、世界で働いて、世界を幸せにするんだ、なんて思っていただろうか。

もちろん何かができると思っているのは悪くない。
でも同時に、1人の力のなさを知ることも大事だし、会社ってあくまで会社だから自分のやりたいことのためにあるわけではないこと知ったほうがいい(大きい企業ならなおさら)(たんに大きい仕事ができてすげーって言われたいのなら大企業でも大丈夫だと思うが)
誰かの生活を変えるとか、よくそういうこと思えるなぁ。

あ、就活中に「頭のいい大学の人は自分が国を変えると思っている人が多い」って関西の子に言われたなぁ(笑)

それなのに、なんでどこか型(会社)にはまって、その中でやりたいことを実現しようとするんだろうかなぁ。
高校のときから疑問だった。なんでお仕事図鑑ありきなんだよって思った。
やりたいことやっていたらそれに需要があってたまたまそれに仕事の名前がついただけだろう。
それなのに名前からやりたいことを探すなんておかしいっと思ったんだよな。


だから、会社に頼らず自分で何かをしていける力の方がよっぽど大事だよ。
(1人ではなにもできないと多少矛盾するようだけど、やりたいことをやるには会社にいる必要はそこまでない、と思う。)
その会社を辞めたとき、君に何が残るの?を考えたほうがいい。

例をあげてみる。
今回のイベントだって、「早稲田」生じゃなかったら、協賛だってもらえなかっただろうし、場所もお金がかかるだろうし、照明のコネもないし、団体のつながりもないだろう。
だから「早稲田」であるうちにこういったイベントができて、いろんなことを学んでいろんな人に出会えるってすごく大事だと思う。

この経験がなかったらきっとこの先何かをやろうとは思えないだろうから。

今「早稲田」を会社のように扱ったけど、実際はここまで自由にできることはないだろうな。
でも考え方は同じで、会社にいる間に「学ばなきゃ」いけない。
会社に入って100%やりたいことができるなんていうのは、不可能だろう。
だから会社にいなくても(いないからこそ)やりたいことをやっていく力が必要。

ってか本当にやりたいことなら会社なんて関係なしにそこに突っ込んでいくようなものだし。
それくらいの「やりたいこと」を見つけたいんじゃないのか?

だから会社で会社を選ぶっていうのは結構ナンセンスで
会社に入ってやりたいことをやろうっていうのも違っていると思う。
やりたいことできますか?って質問もおかしい。
やりたいことをやるために会社に入るわけではないからね。
せめて会社に入って、やりたいことに対してやれることは「間接的に関わること」ぐらいだと思う。
そしてしなきゃいけないのはやりたいことに対しての方法や現状とかを「学ぶ」ことだと思う。


それが見えてきたら、会社を興すなり、足を運ぶなり「行動」に移って欲しい。
それが財産である。実際いつ会社を辞め(させられ)ることになるかもわからないんだし。


○○のために、とかあんまり好きじゃない。
そうじゃなくて、○○が好き。
といってくれたほうが大分しっくりくる。
「貧困とか見逃せないんだよねーほんと私の性格面倒くさくね?、もっとケーキとか食べてぐうたら過ごしたいのに」とか言ってくれたほうが
大分共感できるし、あぁそういう問題解決が「好き」なんだな。頑張れって思える。


僕だけでしょうーかね。
まとまらない文章。
タグ:就活 人生
posted by ゆっぽん at 01:34 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 就活 はてなブックマーク - job | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月14日

就活して就活

先日は友達の就活生(留学帰りだから会おうと話して)の合同説明会「たまたま」ついていったら
ライフネット生命の副社長:岩瀬大輔さんの講演があるということを知り、

授業に出て間に合えばその講演に参加しよーと思い、ちょっとの遅れをして参加させていただいた。


思うに、一度就活を経験してからこういう合同説明会に参加するというのはとても新鮮だった。



そんな岩瀬さんの講演についてはコレだけ紹介することにしておく








岩瀬さんが影響を受けたとおっしゃっていた詩


"Tell me, what is it you plan to do

with your one wild and precious life?"

(Mary Oliver, "The Summer Day")

「さぁ、教えてください。

あなたの一度限りしかない、ワイルドで、かけがえのない人生。

あなたはどうやって過ごすのですか?」

(岩瀬さんのblogより引用)








人生は一度きり!!



さて、合説に話を戻す。

ちょうど1年前僕もこんなような会に参加していただろう。スーツで。
でも今回、いきなりなことなのでスーツでもなんでもないジーパンの僕がいた。
(ま、服装自由なんだけど)スーツじゃない人も思いのほか多かった気がする。


1年前はなにもわからず(今でもよくわからないが)、ただ知っている企業の名前とかを見て
すごいんだなーとわけもわからず憧れていたような気がする。
でも今はそういうのにあまりとらわれない自分がいた。

電通かーふーん。ってくらい。あ、日テレきてるのかーとか。
それぞれ多分目指すべきところが違くて、ただそれをやりたい人たちが集まっている団体なんだなと思うと格別すげー!とか思わなくなっていた。

だからま、自分は自分のフィールドがあるわけで、そこで頑張って名前を上げるじゃないけど自分も環境も相手も満足させられればどちらが上ということもないなと。

そういうこと思えずに自分の企業はあんまり知られてないから・・・といって引け目に感じちゃう人もいるのかなーと思う。逆に大きいところに入ったからすごいだろーって人もいるんだろうな。

じゃあ君がひとりになったときに何ができるの?
そうしたら所属が大きいとか小さいとか別に関係ない。



そしてね、合説にきている企業さんを少し見て回る。
このときどちらかというと会社目線で見ている自分がいた。

本当にいいことばっかり言うんだなーと思った。
そりゃもちろん本当にいいことなんだろうけど、自分もそんなプレゼンしろと言われたらそういうことを言ってしまうんだろうが。
とりあえず取りこもうってイメージかな。
まぁだから悪いとかではないんだけどね。そう思っただけの話。


もう1つは
まだ何でも聞けるということ。
就活したけど、僕はまだ学生という身分であってそれを利用できる立場にいる。
だから何を聞いたって変な顔もされないし、商談がダメになることもない。
変なプライドなどいらないんだ。最悪どんなに失礼でも「学生」だから許される。(最高に甘えているけど(笑))

これを就活しているときは気付いていなかったと思う。というか興味持ててなかったし。
例えば、電通なんて会社を知っていなくても良いわけで、でも電通みたいな会社の社員と喋れるチャンスなわけ。
すごく単純に、電通ってなんの会社なんですか?って聞くこともできるだろう。
(むしろこんぐらい単純なほうが相手は困るかもしれない)

学生って、質問するときにいやにスケールがでかかったり、中国がどうのなんの、グローバルがなんのその
前置きが長かったりするんだけど、今この立場に立つとそんな必要はないような気がする。
(いや、本当に気になるんだったら是非聞けばいい)

モルガン・スタンレーってなんの会社ですか?ってアホな顔して根本的大事なことをまっすぐに聞けるんだよ。
それが許されるのに。そういうことをしちゃったほうが先入観もなく考えられると思う。



つまりはなにやってんですか?
どうやって儲けているんですか?
利益の内訳どんな感じですか?
これからどう儲けるつもりですか?



とか、(前置きのいらない3秒くらいで終わる)単純な質問がすごーく大事な気がしてならない。
そしてすごく勉強になる気がする。
(僕にとってはね。そりゃ有給の日数とか労働時間とか裁量がどうのこうの本当に気になるひとはそっちを聞けばいい)

だから今後そういう機会があれば是非アホみたいな顔してそういうことを聞きたいなーと思った。
そういうところでも学生って恵まれているから活かしたい。
若いから何でも失敗できると若いうちに思えると強い。(思えば、会社に電話かけるときもこっちが就活生ってわかるからえらく優しかった気がするなぁ)


(近場で合同説明会とか情報あったらください!僕も一緒に行きます!^^就活話しながら受けましょう(笑))

posted by ゆっぽん at 12:14 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 就活 はてなブックマーク - 就活して就活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月30日

就職活動のまとめ

約1年間続けてきた就職活動ですが、内定をいただきました。

あんまり、大きくないきっと誰も知っていない会社だけど。

んー、でも内定が出たからよしでもなく、やっほーって手放しで喜べるものなのかどうかってのは正直わからない。

いや、大手じゃないからではなく。
なにがいいかなんて最後の最後までわからない気がする。

とりあえず、いろんな面を知ることができそうだし、キャンペーンだとか、ブランディングだとかってところを学べたらいいなぁと思っている。

もちろんそれ自体に興味はあるのよ。
んでもってそれを活かして、キャンペーンとかイベントとか「何かしら」を創って、世のため人のためになれるビジネスができればいいなと思う。

別になにかを手放すことではなく、
ビジネスもするし、利益もだすし、人を幸せにもしたいし、俺の生きている意味もつけたいし、世界も楽しくしたいし、俺の周りも楽しくあっていたい、そんなワガママを求めていきたい。

だから、なんだか内定が出ましたーなんて報告している自分が多少気持ち悪く感じる。(大変な想いをしている人には言えないかもしれないけど)

ゴールじゃないからね、うん。
ここから、今から、今が勝負なんです。
向かいたい方向性だけは、頭に残しておかないと。



さて、すごく長くなりますが就職活動のまとめをしたいと思います。
誰かの役に立てばいいなぁと想いながら。
読むんだったら最後まで読んでいただけるとありがたいです。就活アドバイスでもなんでもないのであえて整理した形はとりません。

本当は実名を出したいのだか、打ち込みが大変なのでこんな感じで。


受けた会社・・・30社〜くらい?
説明聞いた会社(合説)含む・・・80社くらい?


すごい感覚値ですけど(笑)

1年前の夏にリクルートのインターンだとかっていうのが最初の面接。
まぁ、落ちましたけど(笑)

早稲田祭を11月に終える。

それからちょいちょい説明会には参加するかなーって感じ。
合同説明会に初めて行ったのが、12月。

1月2月も説明会、でもそこまで1日2社とか毎日とかあんまり行ってないからゆるーくだらーっとしてた感じ。んで3月とか4月とかにES書き書き。
※あ、銀行とか金融、保険はほとんど受けてないのであんまり参考になりませんかもです。

この時の自己分析だとかっていうのはまだまだだなーって今では思う。
でもこの時点で受かってたら今こんなこと思ってなかったと思う。
でもまだまだだったから受からなかったのかもとも思う。

ESは、似たようなアピールポイントをいろんな側面(出来事、エピソード)からわかるようにするというのを一番に考えました。

それがちょいちょい通っていたので、別に変更はそこまでしませんでした。
まぁ最終的(5、6月)には、会社にESだとかを合わせるのではなく、自分の書きたいことを押すという割合が強くなった。(軽い開き直り含め)バランスは大事よ。

例えば、
会社の事業→自分の関心のあることにつなげる、ではなく
自分の関心のあること→会社の事業(未来像を含め)にどう関われるか、どう役に立つか、むしろこういうことしちゃいますよ、という

方向でES、面接に行くようにしました。(当たり前なんだけどね。)
無理やりでも、興味ないこと言うよりか自分の興味とつなげたものを言ったほうが良いと思います。


ほんでね、SPIは僕の場合
最初が全くだめで衝撃を受けました(笑)
時間がない、なんか難しい、なんじゃこれ!って。
それからは1冊くらいはやるようにしました。電車とかで。
大学で勉強しっかりしている人はきっと取るに足りません。
大学受験をして遊びほうけてた人は頭の使い方を思い出すくらいやる。
大学受験をしてなくて遊びほうけてた人も頭は使ってれば良くなるのでがんばりんこ。

ま、かく言う私は、SPIは受かったり受からなかったりでした。
後半はもう勉強せずに勝負だ、と開き直りでしたごめんなさい。

でも、これかなと思ったのは、SPI、筆記試験は早さも大事ですが正答率が大事じゃないかなと。(もちろん企業にもよるみたいですけど)
センター試験みたく、わからない=ヤマ勘で答える
ではないのでご注意を。(笑)

どうしても手がかりもなくわからないものは下手に手を出さず空欄という答えも有り得ます。(SPIとか答えなきゃ先に進めないやつは答えるしかないが!)
ともかく正解することを第一に考えるのがいいんじゃないかなーと。


ま、ともかく知ってるわけでもなくなんとも言えないからいろいろ試してみてください(笑)(結局)


んで、とはいえ当初4月にはほとんど一次面接突破できませんでした。

なにが悪いのかなー、元気がない?目が泳ぐ?挨拶ができてない?
とかとか、思い起こせばいっぱいあるはず。

結論から言うと、だからって直そうとか特にしてません。(笑)
正確に言うと、挨拶だとかは普通に人としてできていたいな(雰囲気に呑まれてできなかったなぁ)と思ったので
なるたけ忘れないように心がけました(これを注意し始めたのが5月くらい?)
目は、なんでこの人らにいちいち緊張しなきゃいけなんだ?と開き直ったらなるたけ離さないようにはなりました。

そうしたことに気をつけると、一次面接はなんとか通るようになりました。
「(挨拶、礼儀を含め)普通に」(これがネックなんだけど)会話を楽しめれば通るような気がする。(と、これが5月くらい、遅いね(笑))


でも二次はやはりなかなか通りません。
といってこれか?と思ったことは
元気のなさ、「その会社で働く」ちゃんと捉えられているか、かな。

でも、元気がないのを元気があるとハキハキさせるのはどーも得意ではなく(笑)
いや、別に元気はあるけどおとなしそうに見えてしまうから。
でも、無理に作ることができないのよねー、あー、面倒くさい性格。(笑)
というわけで、まぁこれもまた一興だよね。
笑えるところでは笑うけどね、もちろん。

ま、なんでも人の魅力ってそこだけじゃないし、違うところでもわかってもらえればいいんじゃないかなーと思ったのでした。

(結局開き直り(笑))

そして、「その会社で働く」ことに目を向けました。
ここに働き甲斐を感じるとか、こういう雰囲気とか、どんな人が役に立つとかじゃなくて(もちろんそういうことも大事だけど)

例えば、最後に質問は?と聞かれたら
「利益の割合は?」とか「内訳は?」とか「過去にどんな事例が?」とか「どこ目指してるんですか?」とか「どうやってお金は流れてるのか?」とか「今後の戦略は?」とか、を聞くことにしました。
(勉強のためにもね、こういった意味で会社のえらい人と喋る機会、戦略を教えてくれる機会がないから聞いたほうが良いんだと思う。)

ほぅー、ここの会社はそんな仕組みで儲けているのね。

って頭にちょっとでも入れば儲けモノだと思う。
受かる受からないはこの際、別にして。
いつかこれが役に立つかもしれない、自分がビジネスするときにその考えが役に立つかもしれない。と想いながら聞くべきかと。

だからね、こう考えることもできる。
自分がビジネスしたら=当事者意識が生まれる
ってこと

面接官、役員からすると、「会社をひっぱっていってくれそうだな」って思われるんじゃないかってちょと思いました。
(でも、そう自分で思えない人は違うやり方が絶対良い、これはあくまで僕の場合)

つまり、「ただの雇われる(仕事環境、やりがいとかを気にする)新卒」ていうイメージとはちょっと違うイメージを(結果的に)与えるんじゃないかなと思った。(実際は知らん)


そういう質問をするようになってからは二次も通過するようになったかな。
(それが6月後半〜7月くらい、遅いね。だから受けた会社自体少ないけど)
ま、でもそれが質問できる空気かどうかってのもあるがなー実際。

でもこういう質問を4月とかの時点でしたかったなぁと思う。
質問だけすればいいわけじゃなく、本気でこの会社どうやって利益出しているんだろう、とか、どうやって成長していく気なんだろう、って興味がなきゃできないが。今では聞きたいもんね、リクルートはどうやって今後ビジネスするのか、社員数が減っているのは本当か?とか(笑)
広告はどうやって売り上げ伸ばすのか?どこに力を注ぐのか?どうやって差別化するのか?どういう成長方向性なのか?とか

大きいところにこそそーいう話がしたかったかもなぁ。
当時そういう気概がなかったからなぁ、ちょっと悔やまれ。


という感じでした。
二次面接以降受かったところ(2つしかないけど)は同じように最終も受かったので、特に変更ありません。


本当に、ES、一次、二次という風に段階を踏んだ気がします。
んで少しずつ見つけていった気がします。
めんどくさい性格です。

就活テクニック!なんてものにすがって、すぐに自分を変えられたらどんだけ楽だったでしょうか。

就活ノート!なんてつくって、毎日日経を読んで、「御社は〜」なんて言えてたら楽だったでしょうか。

ま、楽かもしれません。
でも、それを「選べない(can't)」俺だったので。
別に嫌いじゃないですけど(笑)
「何か違うんじゃないかなー」って想いが大切なんだと思います。
それを大事に、大事に。

本当に必要なときに考えてくださいな。
日経は今は読む必要も感じないけど、日経ビジネスだったり日経トップリーダーだったり週刊ダイヤモンドだったりとかはチラチラ目を通します。
本も、しかりです。
それは自分がビジネスする立場に立ったときに引き出しとして役に立ちそうだから。ま、全てのものは役に立ちうるから、なんでもサラーって目だけ通すようになりましたと。

「今では」そうだけど、昔はそんな必要性感じなかったはず。
自分の無力さもわからなかったからだと思う。もがき方すらわからない状態だったんじゃないかなー。んでそれにすら気付いてないと。そんなんだったんじゃないかな。



さて、こんな風な変遷で考えてきました、僕は。

こんな風にして考えた結果、廻りまわって、「自分でも何かできるかもしれない」、「やっちゃえるかも!」って思う希望がなんとなく生まれました。
内定をいただく前から。

前に言いました。
内定が出ない→起業するだ?甘ったれるなバカ野郎。
この時期は、多分自分の無力さを知った時期だったんだなと思います。


今は多少なりあがき方を勉強して(まだまだだけど)、あがけそうな希望をなんとなく信じることはできてます。
いつでも舵を切って世界に挑戦するだとか、世のため人のためとか、ビジネスとかをリアルに考える時期が来ている感じはします。

(感覚だけでなく、具体的手法にまで落とし込めたらいいなと想います。)


自分の可能性をちょっとだけ信じれるようになってきてる。
(僕は他人にはすごくポジティブだが自分に対してはネガティブな部分があるとちょと思っている)


んでもって、もしかしたらそれが大人になるってことじゃないか。
とふと考えた。


「他人と未来」を考えられたら大人、とは前に話したけど。
それとはまたちょっと違う軸で。



大人だという人が「夢を諦める」だとか「現実を知る」とか「これが社会だよ」なんて言い出して、それが大人だなんて言うけれど、本当はその逆じゃないのか。
例えば子供は「野球選手になりたい」とか「ケーキ屋さんになりたい」だとかを何にも考えずに希望、夢を話す。だとしたら本当の大人は「自分が野球選手になれちゃうかも」とか「自分でもケーキ屋さんできるかも」って本当に思っちゃうことなんじゃないかな!「〜なりたい」「〜したい」じゃなく「〜できる!」「〜やっちゃえる!」というのが大人なんだと!!


だと。すごく最近腹に落ちた。

だから、別に関係ないのよ。どこで何していようと、どんな肩書きをもっているだろうと。
そう腹から思えたことが、すごく良かったと思う。
そして何をするにも遅すぎるなんてことはないんだから。
できるんだから。


以上、なんか上手く話せていないけど、全部話せていないけど
ご報告でした。

んで、最後。

読んだことは全部忘れてください(笑)
こんなのjust ideaです。ひとつのモノの考え方です。
いろんなやり方、考え方があって然りです。
こんなものにも縛られず、自由に!行ってらっしゃい!!




就活に限らずなんでも、誰でも。

また飲みましょう。語りましょう。楽しいことを話しましょう。




あーっ、デートしたい!!!




ほいじゃーね!(笑)

タグ:就活 人生
posted by ゆっぽん at 15:29 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 就活 はてなブックマーク - 就職活動のまとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月19日

英語を強制するのだ。

三木谷浩史・楽天会長兼社長――英語ができない役員は2年後にクビにします

と、自分が受けた(落ちた)会社がこんなことを言っていた。

賛否両論ありんすでしょうが・・・
内容的には間違ってないと思うが、「2年後クビにします(どーん)」

と、言い放つところが怖いなと思った。


もちろん、そう言わなきゃ取り掛からない人もいるだろうし、そのくらい本気なんですよ、ってアピールもあるから一概には言えないが

僕の感覚としてせめて「クビにしちゃうかもよ?」くらいで留めておいて欲しかったなぁ、と思う。

そもそもなぜ英語化するのか、考えて欲しい。一社員に。
この会社を世界規模で発展させていくには不可欠だと思う。

それを社員が共有できているんだろか。

うへー、また勉強しなきゃいけないのかーって思っている人はどれくらいいるんだろう。
採用のときに厳選しているからそんな人はいないのかな。

「会社のため」に働いている人はそう思うんじゃないだろうか。
会社を通して「自分のために」働いている人はそう思わないんじゃないだろうか。
(むしろそういう人は英語の必要性を感じてすでに勉強に取り掛かっていそうですが)


いっぱい稼いで働いて、家族を養うのが目標な人は大変かなぁと思った。
もっと、会社の先のことを当事者で考えられている人なら大丈夫だと思うが。
もちろん家族を養うのは素敵なことだが、それは前提というかそれを目標に仕事をしているのではちょっと違う気がする。


つまり、言いたいことは
目の前のことに必死になるのも良いんだけど、常に大局観を持っていないと人生振り回されて終わるよ。ってことだなー。

以上。


追伸:仕事・アイデアのカテゴリを作りました。思いついたメモやら、将来役立ちそうなアイデアをためておく場所です!みなさん一緒に溜めましょう。(笑
posted by ゆっぽん at 17:11 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 就活 はてなブックマーク - 英語を強制するのだ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月28日

ゆっくり旋回してきた大型の旅客機

ふむ、暇なときに更新しないで、なんでかこうやらんでいいときに書いてしまうんでしょうか。


うむ、京都のほうに電話したら「採用やってません」って言われた。と。


なんか、最近、先が見えなすぎて面白くなってくる。

あ、ごめん、なんかコレ、メモ書きみたいになってるな。
いいや。


いっそのことメモ書き。
・でも、せいや!って電話した自分を、ちょっと誇らしく思う。
・週に1、2回は人に会うようにしよう。なんならもっとでも可。
・サークルの後輩からのハードルが高い(笑)どーせ減点方式が今後採用されるはず。(笑)
・茂木さんのblogから、茂木健一郎 クオリア日記
ガラパゴス化する日本に妙に感動して、メールを送る。
・先が見えないことに飛び込んでいく
・それができるのは安全地帯があるから。
・ボクにとってそれは、サークルのみんなだったりダンスだったりミスチルだったり、するんだろうと思う。だから行く。たまにはね。
・今ならなんにでもなれるんだぜよ。
・選ぶ前に選ばない。
・誰が指図するでもなく。
・行き止まりの壁の前でって壁を表す桜井さんが素敵だ!


朝は憂鬱になるかもしれないけど、それは今だけのこと。
偶有性の中に、先が見えないことをチャンスと思おう。

うむ、寝ます。

明るく、明るく、あかるーく、そう!どんな!世界の果ても!気ままに旅して廻って!
何度も言い聞かせてみる、今ボクの放つ明かりがキミの足元照らすよう。

照らすよう。この確かな想いを連れて!!

posted by ゆっぽん at 00:46 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 就活 はてなブックマーク - ゆっくり旋回してきた大型の旅客機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

ほっともっと


いいんだよ。と大丈夫。

んー、未だ内定はどこからももらってないんだけど…。(最近は2次面接が難問ですな…。)


でもでもでもさー。

内定が出なくて不安。
内定があったら安心。


ってこと自体何かちょっとおかしい気がする。


もちろん働ける先が決まってて、収入の安定を考えたら安心できるのはわかるのだが。


まだまだ先はあるのだし。
働ける場所はまだまだあるのだろう、という気がする。


なんでそんなに不安にならなきゃいけないのだ?


もしかして、不安にならなきゃとどこかで思っている僕が僕を不安にさせているんじゃなかろうか。


とかとか。


バランス取りつつも卒論とか遊びとか旅行とかサークルだってできなくともないし、もし1年後死ぬって言われたら就活はしてない気がする。


そんなことなのに振り回され、不安になり、時間を使うことがそもそもちょっとおかしかったりする。


もちろんだからやるな、とは思ってない。

職業や収入の安定とかとかいうのは大切だ。



ただ完全にそれだけじゃない。大切なものは他にもあるってみんな知ってる。



だから無理に不安になることもないと思う。
こんな世の中の価値観に合わせて無理に不安になることはないのだ。


どこかでは歌が歌えてれば良いと思ってその日暮らしをする人もいるだろう。
ひたすら絵を書く人もいるだろう。
法律の勉強をしたい人もいるだろう。


大切なのは、やっぱり自分のやることを大切にすることなのだ。

サークルでも良い。ダブルスクールでも良い。本を読みたきゃ読めばいい。


だから、誰かが何かが造った、良いとか悪いとかの枠に閉じ込められないで欲しい。


そしてそれができるのは、まぎれもなく自分しかいないのだ。そんな自分を助けてあげられるのは自分しかいない。



そんな自分を助ける意味も込めつつ



僕は、いいんだよ。と、大丈夫。と、言い続けられる人でありたい。


それは多分今の僕だから言えることです。



かと言って、諦めろってことでもない。


それが人生だと思ったり。


つまらない出来事もあるけれど 上手くいかない事だらけだけど 人生はRPG もう一度 もう一度 もう一度 何度も挑戦してれば 必ず突破できる!あきらめないで 行こうぜ!
posted by ゆっぽん at 13:26 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 就活 はてなブックマーク - ほっともっと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月09日

書くんだ。

メモでもなんでも残しておこう。


やっぱり知らないことでうだうだ悩んでも答えはでない。

答えが出ないのなら、知りに行こう。
話を聞こう。話をしよう。

最近、日経ビジネスとか読むのが楽しい。

いろんな形(モデル)があるから。


知りに行く。


それで世界がちょっとずつ、ほんのちょっとずつ開けていく。


4年目にして改めて、知識欲が出てきましたよ。いろんなことに対してね。



そして、違うことでちょっと考え事をしたけど、

問題の設定ができない=答えが出ない

ため考えることをやめました(笑)


答えが出ないのなら、知りに行こうってね。



That's simple. That is easy.

タグ:日常
posted by ゆっぽん at 23:22 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 就活 はてなブックマーク - 書くんだ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

聞かれたこと

物語の始まりはそうなすすべのない僕らが主役
白いライト当てられて 期待を背負って
「頼むぜわれらがスラッガー、今日はどうした未だノーヒットノーラン」

一番前で見ている人の目 その思いは僕をあせらせて
高鳴る心の背中につかえる
タメ息に勇気かき消されても「まかせろ」なんていう
だけどライトからすぐ逃げたいよ
打てるかな 打てなきゃ
ノーヒットノーラン
スラッガーだって怯えるんだ
好きな時に好きな事をして 時々休み
また適当に歩き出していた
それがいつの間に誰かに何か求められて
誰にも甘えられない

ライトからすぐ逃げたいよ
だけど僕はスラッガー
ノーヒットノーランのままじゃあ認められない
そんな僕は存在しちゃいけない

願わくば怯える自分に逃げ場を与えてあげたい
願わくば誇れる自分と名誉とライトが欲しい
僕になにがのこるんだろう?
臆病なボクにナニガデキルンダロウ?

ライトがまだ足りないよ
「僕はスラッガー」
思い込ませてくれ

物語の始まりはそう成す術のない僕らが主役
白いライト当てられて 期待を背負って
「頼むぜわれらがスラッガー」
「まかせろ!!」って僕は胸を叩く
この手よ今は震えないで
この足よちゃんと僕を支えて
白いライト当てられて怯えないように
帽子を深くかぶり直し
不敵に笑うスラッガー

普通に生きてりゃ誰だって
ライトを浴びる日は訪れる
そんな時誰でも臆病で
皆腰の抜けたスラッガー
ノーヒットノーラン
誰かにそれを知って欲しいから
「まかせろ!!」って
僕は胸を叩く





今の気持ちは?
緊張してないようですが?
仕事に対してどう思うか。
責任ある役職についたことは?
そこでも責任があったのでは?
→ビジネス的な責任はありませんでした。と

注目しているビジネスは?(広告以外で)


スポーツ医科ってなにしてんの?
なぜ大学に入って下駄っぷやらストンプやらを?
下駄ってキャンパス内で履いていいの?

それはカッコいいの?(的な)あ、ちゃんとしたものなのね。


ストンプはどうやって人数集めたの?

他にどこ受けてるの?

一流ばっかりだね。
→(あわあわ)

うちじゃなかったらどこに行きたい?


以上です。
ありがとうございました。


こんな感じかなー。忘れないように。



わたしゃもう、落ちていられないの!!

そんな僕は存在しちゃあいけない!(そして俺は病んでない!!)


もし落ちてるとしても、今この時間に何ができる?

何ができる?

何ができる?


勉強だって、読書だって、新しい会社を探すのだって、睡眠だって、妄想だって、好きな子に想いを焦がすことだって、できるんだ。


できるんだ!

生まれくる86400ドルを使いきらなきゃ。



mixiにも日記書こうと思ったけどやめた。
きっとなんだか迷惑かける気がした。いや迷惑はきっとかけないんだけど、変に心配されてその対応がめんどくさいからやめる。(笑)


その分をコチラに。


あ、病んでないっていうから、心配すんのかー。
病んでる。

(笑)

病んでないけど、

「その強さが心配なんだよ」って広末さんみたく言ってもらえると嬉しいのも本音だなぁ。(ただし女子に限る(笑))







でもね。








なんだか冒頭のbumpの唄に見透かされた気がして、涙がでた、今日の午前中でした。




そんな僕は存在しちゃいけない。

部活やってたときも思ったなぁ。そんな僕は存在しちゃいけない!!
っていう想いだった。



だふ。自分の内面を少しさらけ出した気分。
誰かといるときにこんなこということは余程ないだろうな。
かっこよくみせたい部分と、相手に安心してほしい部分があって。
だから、相手にはできるだけ大きく構えててあげるのだ。
「まかせろ!」って胸叩いちゃうんだよね。

うん、ここだけの話。ははは。

っと。

posted by ゆっぽん at 21:01 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 就活 はてなブックマーク - 聞かれたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月12日

uzuうず渦

なんだか先についてリアルに考えるお年頃になってきた。
ようやっと現実を見るべき、いや、見ないと生活していけないぞ。ってことに気付いた。

いや、生活ぐらいはなんとかなるかもしれないけど、それは最低限であって俺は最低限の生活がしたいわけじゃなくて、できれば最高の人生を送りたいからやっぱりちょっと考えなきゃいけないことだ。

広告の未来とか、じゃあ俺はなにをやりたいの?とか。将来の展望とか、育児とか、子供が病気になったら?とか、共働きとか、教育ローンとか、親とか、病気とか、うんぬんかんぬん。
多少今考えなくてもいいことが混じっているけどね。

やっとこさ、この歳になって親ががんばっているんだなーという事実を再確認する。
だから自分もがんばらないとなーと思う。
きっと親は、子供にやりたいことをやらせるためにこの生活を選んでいるんだろうから。


と、思ったきっかけは、NEWS ZEROでやっていた病児保育の特集だった。

お金がないから共働き→子供が病気にかかる→会社いっぱい休めないからどうしよう。

的な話でした。

有無を言わさず、まず稼ぐしかないなと思った。
というか・・・どうにか欠勤できる環境にいたいと思う。
もちろん仕事も大切だが、「子供が病気なんで!」って行って帰らせてくれる会社って日本にしっかりあるんだろうか。

そんなことも認められない社会は果たして幸せなのだろうか。

むしろ、「今日奥さんとデートなんで!」って言って、上司の飲みの誘いを断れるような人になりたい。(なんのこっちゃ)

俺が上司でも、それじゃあしょうがないなって言っちゃうと思う。
まぁ仕事をしっかりしているのが大前提だけどね。


とまぁ、戻って。
結婚とか育児とか給料とか介護とかいろいろ考えたときに、ヤマは20後半だと思う。
ここまでに安定していることが重要なんじゃないかと。
信頼も得て、どうにか急に休みたいときにも休めるような関係を作っておきたいわな。

だからがんばることが必要なんだなー。
できるだけ上にいってしまえば後が楽になるかもしれんしな。

病気になることだって有り得ないわけじゃない。
誰かが何かを諦めなきゃいけない状況は嫌いだから、そんなことにならないようにしっかり自分を固めなきゃいけない。
準備していたら防げたのにって思ったらやるせないでしょ。

何が大切なんだ?
この問いが大切だと思う。


例えば結婚願望が27〜だとして、それって会社でいうと5年目とかになってるはずだから安定していることが結構大事だよね。
育児もするなら自分に余裕がなくちゃいけない。

そのときまでにいっぱい稼がなくちゃいけない。
しかも、親だっていっぱい余裕があるわけじゃないから、その分も考えなきゃいけない。
やっぱりここでまるっと抱えたりする覚悟がいるんだな。

自分の先はどうにかなると考えても、その時期がヤマだと思う。
本当に、手に職じゃないけどそこを過ぎてもくいっぱぐれない自分を持っていることも大切だと思う。

本当に全部一人で抱え込むわけじゃないけど、そーゆー覚悟がないときっと人一人も幸せにできないんだろうなぁ。

うぬ・・・。甘えてないでがんばろうっと。


さて、また広告について・・・

そういえば、mixiのCMを最近見たりする。
これ、初めて観たとき・・・なんでmixiがCMしてるんだろ?ぐらいしか思わなかった。
思っても卒業シーズンだから会員獲得したいのかな、ぐらいだ。

でも日経ビジネスあたりの記事でちょっとわかった。

mixiは地方の会員数を伸ばしたいそうだ。
地方への力は依然としてテレビが強かったりする。
ネットの広告費が伸びているといえど、テレビの力は強い。

そして、mixiは招待制ではなくなる。

この2つのきっかけをアピールしたかったんだろう。

よく考えればCMも高校卒業で地方から都会に出てくる女の子のイメージだった。
まさしく、F1M1とかを狙ったCMだったんだなと思う。
今思えばね。
最初観たときの思考が足りなかった・・・。反省。


とはいえ、テレビはまぁ良いとして、広告事情である。
広告って今後生き残っていけるのかな?と今日も思った。

Google 「Google for Advertisers」

これにはびっくりした。うーんと、広告代理店とかの恐れる事態なんじゃないかなー??

前にも書いたけどネットは個人でもどうにか戦える武器みたいなものだから、システムが大切なんだよね。

そのシステム(兼マーケティング、効果的な広告の手法含め)を提供できるgoogleが登場してしまったら、ネットの代理店なんてホント価値が薄れてしまうんじゃないだろうか。

技術をひとつの会社が独占しているということもないだろう。
なにせネット自体がオープンによって成り立っているから・・・。

googleがこんなこと始めたら、代理店に頼らずとも広報が可能になる時代がやってくる。(未だテレビとかの影響が強いから当分代理店はありつつけるだろうけど)でも、未来はあるのか?っと思えば、ネット社会には分が悪いなと思う。

たしかにきれいごとだけ言えば、人に伝えて何か変化を起こす仕事だけど、それはもう古い部分もあるかもしれない。

芸術とか表現ではないことは承知だけど、情報、システムそれだけに偏っても「伝えた」っていえるのかな。今まで道標を作る仕事だと思っていたのが、今度は道路舗装に変わっているような感覚なのだ。


それって、俺がやりたいことなのか?って思う。
システム構築で満足できるなら、別に広告じゃなくてもできる。
だから、広告って将来メーカー直属とかのものになるんじゃない?

やっぱり、伝えたいんだよなぁ。

何かをしたい人が十分それに向かえる環境づくりをしたいのだから・・・。方向を示すならまだしも、システム構築はちょっと違う気がする。

だったらテレビのほうが上だな。これはなくならなさそうだしな・・・。

うーん難しい。他にそういう「伝える」ができるところってなんだろう・・・。本を書くとか?んあー教育か・・・、むしろリクルート的ないろんなアプローチの出来る会社か・・・。

うーんとりあえず眠い。寝る!!
タグ:就活 広告 仕事
posted by ゆっぽん at 00:36 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 就活 はてなブックマーク - uzuうず渦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月07日

広告って大丈夫なの?

yuppono
そしてその4マスは、ネットに負け始めている・・・イギリスでは完全にネットの勝ち。しかもネットの社会は一人の天才より百人の凡人だから、アイデア勝負だと思われる広告ではほとんど勝ち目はないんじゃないか?みんなで考えたほうが良いものできるでしょ。うーん・・・だれか助けて!(笑


yuppono
だから、広告の未来はなんか明るくない気がするお。(って広告志望しているような僕が言う)、会社個人(?)で、広報とか販路を構築できると思うんだよね。yahooもなんか買いやすくなったみたいだし・・・ネットがあれば。ね。じゃあ広告屋は・・・4マスの枠ってことでしか価値がないんじゃ・・


yuppono
なんかさー、広告ってなくなる・・・りはしないか。でも確実に力弱くなるよね。メディアよりもネットが力持っていたら、資本力うんぬんの話ではなくなるし+システム構築の話になるし。だれでも発信できるし、そこで広告屋がmixiも媒体だって言い出したら、下に降りてきた感じぢゃん?違う?




っと、呟いてみた。(時系列は下から上ね)
広告の未来はどうなってますか?とか考えさせるからだよー。

なんか、逆に大丈夫か?って思ってしまった(笑)
ひとつだけの業界を見ちゃダメってこういうことだね。


生き抜く先は、
グローバル化ってことと広告は単なる表現じゃなく、システム構築にも精通していかなくてはならないってことかな。

むーん・・・。モノがないものはこういうところ多勢に無勢だから・・・。


テレビは違う気がするけどね。
表現が強いと思うから。芸術や音楽がなくならないように良質なテレビ番組はなくならないと思う。
広告はそこまで文化的なものかといえば、そうじゃないと思う・・・。
第一そこをもとめたら本末転倒。消費者のための広告じゃなくなる。


だったら、完全にネットワークを扱う仕事のほうが伸びるよね。

まぁ後はメーカーで販路拡大→広告屋の仕事をなくすように動く

とか

サービス業とか・・・海運とか・・・物流・・・銀行・・・

まぁ、給料を見るのも手だよね。

とまぁようわからんとこで今日はおしまい!
タグ:広告 就職 就活
posted by ゆっぽん at 01:45 | 東京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | 就活 はてなブックマーク - 広告って大丈夫なの? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

就活〆切

興味あるかなーってとこの〆切とかとか

JR東日本企画(?)
(KDDI)(3/12)
LOTTE(4/1)
NHK(2/26)
(softbank)(?)
SONY(3/10or4/20)
(USJ)(?)
メディアファクトリー(?)
リクルート(3/2、3/15、3/23SPI)
リクルートメディアコミュニケーションズ(?)
(リンクアンドモチベーション)(2/23or3/1)
大広(3/9)
電通(3/11)
電通テック(2/28)
東急エージェンシー(3/12)
読売広告社(3/1)
博展(選考中)
博報堂プロダクツ(3/7)
富士フイルム(3/8)
味の素(3/1)
明治製菓(2/26)

あって、21社か・・・そんなもんか


よし、

就活終わったら・・・・(気が早いお話)

百ハイ(?)
タップダンス
STOMP製作
侍で高知(その気になれば)
九州に旅(誰かと・・・)
屋久島に旅(誰かと・・・・)
うんと星を眺める(できれば誰かと・・・)
踊る
下駄っぱーずで踊る
早稲田祭は自由すぎるほど自由になる。
解放・やりたい放題
侍で太陽踊る(踊れないか?)
叫ぶ
デートする(誰かと・・・)
イチャつく(誰かと・・・w)
新潟の400m花火を観にいく(誰かと・・・)
秋田の花火全国大会観にいく(誰かと・・・)
卒業制作
映像作る(取りためた映像!)
それのDVD化
みんなに配る
映像撮る(go for WASEDA Fes.)
歌う
人の相談に乗る
自分がやってきたことを伝える
海外に行く(短期留学)
クロッケー(笑)いやいやいや・・・
STOMPのプレスリリース係を担当する
USJでパフォーマンスする
STOMP観に行く
編曲する
曲作る
勝手に踊る
ミスチル祭を開く
小野梓記念講堂でパフォーマンスする、下駄とかSTOMPとかタップとか
本を読む
ダラダラする
1日中寝る(誰かと・・・いやいやいや)
勉強する
鍋をする(すでに来年の今ごろの話ww)
映画鑑賞会を無駄に開く(ひとりじゃ見たくないよね・・・)
下駄ラジオをしまくる(ゆるゆるー)
頼れる人間になる
ポニョ人間になるー
そうすけーすきー!!!
posted by ゆっぽん at 09:47 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 就活 はてなブックマーク - 就活〆切 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月16日

手を伸ばす、掴む。

blogでのoutputを忘れちゃいけないね。

早いところ、自分のためにも就活の方の情報を提供したいね。

この情報提供して、みんながやりたい生きたい方向に進んでくれればそれがきっと自分の喜びなんだろう。だから書く。

そーゆーことができるのって情報を扱う産業なんだよな。
広告とかマスコミとかだから興味があるのかもしれない。

あんまり自分の意見ってないような気がするんだけど
(俺の意見ってある・・・?みんな?
それやりたいならこっちだ、あっちだって導いているのが楽しいのか?
もしくは、これ楽しいよ、って言ってるのが楽しいのか?


まぁとりあえず、楽しんでくれるのか楽しいのよね。
それをたくさんの目に触れ、相手の核に響くようなことに携わりたいのかな。

例えば、劇団四季を見てダンサーになろうと思った人がいる。
もちろん劇団四季にその魅力があったことは紛れもなく、そしてその力のお陰なんだが、そもそも劇団四季がやってるよっていう「情報」があるから、出会えたんだよね。

道しるべがあったから、みんな好きな方向にいけるんだよね。
そうやって、みんな好きなことに出会えたら素敵だよねー。
それは前に言った、「本当はこんなことやりたくないんだよー」って愚痴をなくすという俺の目標ともつながる部分があるのです。

だから最近興味があるのはそういった情報産業(?)です。

よーは、stompやったのも自分がメディアになってこんな楽しみ方があるのか。って知らせるためでもあったといえばその気持ちもあった。うん。やってみりゃできるよ、って伝えたいって部分もあったなぁ。

じゃー楽しさはどこにいくんだろうね。
付加価値・・・。
まぁエンターテイメントが日常化すれば、「本当はこんなことやりたくないんだよー」って愚痴を和らげることはできるからなぁ。
おっと、今やってることはつまらんけど、人生楽しいじゃんって思ってくれるのも素敵だからなー。

しかしまぁ、やりたいことやってるのが一番楽しいだろうからね。
今の志望順位的には情報を扱う方が上・・・なのか・・・な。

その結果、エンターテイメントが日常に出てきたら嬉しいよね。
多分もっと、芸術とか音楽とか映画とか演劇とかパフォーマンスに生きたい人っていると思うんだよね。
そーいう人たちがもっと日常化して出てこれるような社会になれば、どっちも目標達成か・・・(笑)


さて、また前置きが長いな・・・。

んーと、話す内容は簡潔で。

手を差し伸べようってことです。そして相手を掴もうってことです。
例えば、よく「困ったら連絡してねー」って軽い挨拶で言います。

本当に困った人は連絡する余裕なんてありません。
いや、むしろこんなことで手を煩わせたら申し訳ないな、自分の問題だしなって思って連絡しません。

だからこっちから連絡してあげてください。
手をふっと伸ばしてください。暗闇から引きずり出してください。

表面には出さなくても、潜在的に助けが欲しいってことは多々あります。本人も気付いていないほどに。

でも、そんなときに電話一本来ると「あー嬉しいな」と思うのです。
たとえ本人がピンピン大丈夫な状態であっても。



要は、「あいつ大丈夫かな?」って電話やらをしてくれる人


・・・・・・・・ポイントが高いのです(笑)

(イケメン的な意味で(笑))(要チェック)
(イケメンに対する女の子の表現が浮かびませんでしたが女の子もまた然り)

困っているんじゃなくて「困っていそう」ならば手を差し伸べても、全然かまわないのです。相手は嬉しいに決まってんじゃーん。


ってことに最近ようやっと気付いたという・・・(笑)
・・・・よし、レベル上がったー(笑)


まぁ・・・・バレンタインは過ぎましたけど・・・・



人からされて嬉しかったことは還元還元!!(笑)仮説→実証→反省!(笑)

人ってそんな風に考えてますよ。
知らなかった人は参考にしてみても良いかと(笑)
(これってきっともっと早く知っているべきことなんだよなぁ・・・)
タグ:日常
posted by ゆっぽん at 19:03 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 就活 はてなブックマーク - 手を伸ばす、掴む。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

ポジティブな就活

不況が叫ばれていますけど、氷河期とか言ってますけど。

採用人数が少ないってことはチャンスです。

もし10年後に景気が回復したとき、この年代で就職している絶対数が少ないからです。

バブル期に入社した人は、入社時は楽だったかもしれません。しかし今のような不況が来たときにはリストラと隣りあわせかもしれません。


だから、入ってしまえば今の年代は人数が少ないからそれだけで希少価値が生まれます。

そして、下が多く入ってきます。部下が多いのです。

自然と管理する立場に立たされます。人を動かせばえらいって話じゃないですけど。


入れば、それだけ重宝される時代が来るってことなんだよー。
posted by ゆっぽん at 12:16 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 就活 はてなブックマーク - ポジティブな就活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月04日

就活:テレ朝に行ってきたお(´・ω・`)

100204_1055~01.jpg 100204_2017~01.jpg


はい、時期が過ぎない内にOUTPUTいたします。


テレ朝受ける方、受けない方、面接ってどんなんか想像できない方、参考にできたらしてください。


提供する分だけがんばってくるんだおー。



テレ朝1次面接

1回あたり200人くらいかな??早く終わらせたかったら早く行ったほうが良いよ(笑)先着順で並ぶんで。まぁ順番は関係ないと思うが。



4対2(選考員)のグループ面接でした。@ブース



(ブースに入る前の廊下でドラマ(エンゼルバンク)のポスターが2、3枚強調されてました、今日が放映日の木曜だからかわからんけど、ポスターの「成功したけりゃ人の逆を行け」って吹き出しがフリにしか思えなかったです(笑)、


ついでに今日木曜日来た人だけにポケットティッシュを!ってエンゼルバンクの紙が1枚入ったポケットティッシュが大量にありました(笑))



さて


部屋で9つくらいのブースに別れていたかな?、みんなイスに座ってやる感じです。このとき書いてきたESを提出。


大体あっちが時間でタイマーをセットしてました。5分30秒でした。単純に割ると一人あたりの時間は1分ぐらいだよね。


して、中身はと……


・自己紹介(30秒ほど)
・志望についての質問(こっちは4人のうち2人がスポーツ、2人がドラマ志望なので別々に、好きなドラマと理由、テレ朝のスポーツで悪いところ)
・気になるニュースについて、理由
・最後になにか自己PRでもあればどうぞ。(結局全員言ったけど(笑))



んで、以上!!

ありがとうございましたー。



って流れ。わかったかな??

ってかまだ面接官も質問が決まりきってない感じだった。うーんって、あっちが質問を考えてる間があったから。


最初の方だからってこともある(面接官も緊張するらしい)けど、まぁここで大事なのは印象じゃないかなーと思う。



一緒に面接やった人で喋りすぎやろっ、て思う人もいたし、面接ってもなんも考えてこなかったのかな?、って思うぐらい言葉が出てこないような人もいた。


1次ではこういう人が落とされるんじゃないかなーと思ってたけど(自分を棚にあげつつ……(笑))


まぁ伝えたいことは伝えたと思うし…、1次の基準が悪いと悪くないくらいのボーダーラインだったらいけるんじゃないかと甘い予測をたててみる……(笑)これで落ちたら恥ずかしいな(笑)



反省は、なにか自己PRあれば…で飛び付けなかったこと。アピールなら真っ先にするべきかな…。

テレ朝と言わずテレビ局と言ってしまったこと(印象に残ってないことを願う(笑))


おそらくなかっただろう笑顔……(笑)(笑顔あんま得意じゃないのねん………(笑))


ただ自己紹介前に「お願いします」って言ったのは仕切り直し感があって良かったかと(自分で言う(笑))



とそんな感じです!!

参考になるかな??
とりあえずみんな、それなりにがむばれ。



ブースでの面接とか初めてでみんな(まぁ僕も含め……(汗))機械のように喋ってるのが面白いなぁーと内心思いました(笑)、要はこんな経験あんまりないんだし、1、今の状況を楽しめたら、2、俺をとらないわけがないだろう、って思いながらやってやればいいんじゃないかと思うよ。(笑)



あと、読売広告社の説明を聞いて、楽しそうだなーと思った。アットホームで早稲田多くて、自分の成果に対して誇りを持つ社風でした。うん。
(伝わらんね(笑))



土日はしっかり休めるらしいのが素敵だった。(笑)



健全な家庭を持てますね(o・v・o)(笑)



んで、そのまま座談会みたいな感じになって毎日新聞そっちぬけで参加したのだが……、


入社1年目の早稲田OBが言ってました。



面接の裏技を。










部屋とか入る時に、軽く【挨拶をする】こと!!



おはようございまーす、とか、こんにちは、とか。


これだけで大分印象良くなるらしい。



ぜひやりなしゃい。(笑)


そりゃ挨拶できるやつと仕事したいわさ。


そーゆー普通なことが見られる立場に立つとわからなくなっちゃったりするんだよね。



普段の人間関係でもそうだけど。常に相手(面接官)の立場に立って、どんな風にしたら良いかなーって考えること、大切だと思う。


等身大でいいんだ!!うん。



以上!報告でした!


楽しい就活をしていきましょうー(笑)
posted by ゆっぽん at 20:25 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 就活 はてなブックマーク - 就活:テレ朝に行ってきたお(´・ω・`) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月02日

USJとリスクとリターンの話

就活:大阪行ってきました!

ついでに行った京都が素晴らしかったです!(笑)
祇園とか鴨川とか・・・ちょ、おま・・・ってレベルでした。本当に美しい。夜は特に。灯りがやさしい。一人で行くのは自殺行為です。(笑
京都の街づくりの上手さには脱帽。東京より街レベルは上だと思います。(笑)

大阪は、ごっちゃごっちゃしてるイメージでした。(笑)
本当に異国みたいに感じて、数時間でホームシックになりかけました。交通とか、トロントとかニューヨークのそれに近い感じでした。なんつーか、気を使ってない感じね(笑)
だから、広告で「東京○○」とかいうのを目にしただけでなんだか安心してました。
大阪コワイ・・・・(笑)


はい、USJね。

えーと、軽くビジネススキルの話をもらい(ブレストやら問題解決フレームワークとか)、グループワークをして、インターンの課題もらって解散!(簡単に書いたけど3時間・・・)

一緒のグループの人と軽く話せたので良かった。と。
関西大やら同志社大のひとやらがいて話せて楽しかったです。(別に大した中身はなんにもないけど)、関西圏の人と話せるっていいよね!(笑)
でも、早稲田のネームバリューは関西でも通用してました。(性格悪いように聞こえるかな・・・)
早稲田ってだけで有利なんだぞ。うん。(って客観的事実だけ述べておきます)


インターンの課題は明日〆切!・・・・・交通費とかでるのかな・・・。
出して欲しいな・・・・(笑)
とりあえず、出してみるかー。今日寝れるかな・・・。テスト勉強もしたいし、テレ朝対策もしたいんだけど・・・。眠気とは戦わない俺だからなぁ・・・。まぁいいや。


テレ朝はいの一番、面接時間をトップに予約しました(笑)
どうでもいいけど、面接を始める一番初めの時間帯に会うってことは人事もリフレッシュ満タンでしょ。(笑)午後とかに会うよりか人の心に残るって。うん。とりあえず、やってきまーす。
まぁ撃沈でしょうけどね。ハイ。


んーと後は何かな・・・・。
とりあえずこのくらいにして。



リスクとかリターンの話。

ふと思ったこと。

人はリターンが具体性を持ったある程度確実なものじゃないと具体的なリスクは犯さない。
いわゆる、騙されたと思ってやってごらんよってほとんどやらない。
やれる人は一握り。本当に。というか、やった後が明確に想像できないからいけないんだと思う。こういう効果があってこういうリターンもらえるな。って想像できないから行動できない。
もしくは、楽観的思考が足りないのか。
降水確率50%は信じるけど、合格率50%は信じない。
というのと一緒だと思う。

自分にネガティブな方を信じちゃうっていう性質があるんだろうと思う。

僕以外は。(笑)

なーんて、嘘ですけど。


まぁ、動かない場合は「なにも変わらない」んだもん。
動く必要なんてないさと思うよね。
動いたときの世界が想像できてないんだから。
動いたときと動かないときの世界を比べることはできないんだから。
リスクも何もない平穏無事な世界が保証されていると「思う」のだから。
惰性って思ったより強いものだから。

別に動かないことを責めるわけでもなく。動かないほうがもちろん良いときもある。

でも、遅刻してでも最後の10分だけでも出た説明会とか授業とか、「諦めなかった」それだけでちょっとずつ人生は変わっていくんだろうなぁ。
行かなかったら何もないそれだけで得るものも失うものもないけど。


得るもんがはっきりしているときだけ動くのは、なんでもない普通のことだよ。
もしかしたら・・・に飛びつける人は失敗もするし、成功もする。
まぁ、自分はどうなんだとか言えたもんじゃないですけど。

ただそれだけ。街に出るというのは必要なことなんだなぁと思った。それだけ。
人生とかって言葉とか論理を超えている気がするから、説明つかないけど。
そんな人生も楽しいよ、きっと、うん。せっかく生きてるんだしな。


はい、じゃ最後に僕のweb診断結果を無意味に公表します(笑)(誰が興味あるの?)
長いことやっただけあって結構的を得てますな・・・(笑、積極的に関係を深めるのが苦手とか・・・(笑)

俺はこんなひとなんだなーとふんふん妄想してくだされ(笑)






違った状況のもとでは、違った行動をとらねばならないことをよくわかっていると思われます。自分がとった行動が客観的にみて適切かどうか、距離をおいて自分をながめることができるようです。自己変容能力に恵まれているので、多様な仕事への適応力を持っているでしょう。


仕事の上でかかるプレッシャーを自分の中でうまく扱えるタイプです。感情的にならず、プレッシャーやストレスが強い状況でも平静を保つことができるでしょう。楽観的な人だといわれる一面もあるかもしれません。


目標を高くおき、それに向かって努力したり、他人と勝負して勝ちたいという意欲が高すぎず、自分のペースでやり遂げようとするタイプです。落ち着いていて行動がゆっくりしており、意思決定も比較的慎重な方だと思われます。


グループの中でのあなたの役割タイプ
必要以上に自己主張はしませんが、影響力があると思われます。チームメンバー1人1人の意見をよく聞き、それをうまくまとめて全員がコミットできるような運営を心がけるでしょう。

どんな手段を使ってでも目的を果たすということにはあまり興味がないようです。自分を強く主張せず、何事も落ち着いてマイペースにやっていこうとする傾向があるでしょう。


あなたのコミュニケーションスタイル
売り込みや交渉場面で自信を持って振る舞えるタイプのようです。形式を重視する、あるいは大きな組織などを相手にする場合に、特に強味を発揮するでしょう。落ち着いて自分のペースで話し、内容も明快です。相手が偉い人だと意欲が強く出る場合もあるかもしれません。

相手の立場や状況を理解しようという考えが弱い場合があり、積極的に関係を深めるような行動をとることが苦手な傾向がある反面、自分の考えに従って動くことができるでしょう。


あなたが部下になったときにとるスタイル
親しみやすいタイプであり、周囲と協調性があるといえます。自分独自のアイデアがあり、チームのやり方に欠点があるような場合には、意見を積極的に出すでしょう。批判的なところがありますが、同時に柔軟なところもあり、最終決定には従うタイプです。
タグ:就活 人生
posted by ゆっぽん at 23:15 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 就活 はてなブックマーク - USJとリスクとリターンの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

【就活】永ちゃんもね

思ったこと


・面接は先に結論を言おう

と、思ってもなかなか言えない症候群ということに気付きました。
だらだら話す前に、スパっと言えればいいんですが、いかんせん言いたいことがはっきりしてないと前置きが長くなるもので・・・、要準備です。ココ。
そして、目が泳ぎます。要準備です。ココ。


・謙虚にいこう

今日、気付いてしまいました・・・。回りまわって謙虚が一番採用に繋がるんじゃないかと。
前に先輩からの又聞きで、「やっぱり謙虚な人が一緒に働きやすい」、「最後に残る」ってことを聞きました。最近・・・そんな感じが根拠なく、します。(笑)
やっぱり採用とかって、自分売ることに必死になっちゃって周りとか見えなくなってしまったりすることが多いので、その中でも相手のこと考えられたり、会社のこと考えられる人が結局は残ったりするもんなんじゃないかなー。
第一、自分が人事だったらどうなのよ?、そんな必死にアピールする子と、アピールしている子を支えている子どっちとりたいのよ?、サポートしてくれる子は会社でも部下にしたいなーって思うでしょ。
(※これは会社によります、【確実に】。でも大手はこんなんじゃないかなーとも思う。)

とはいっても、どーせそれぞれ腹落ちしないと使えないけどね・・・。
とまぁ僕はあまのじゃくなのでこっちから攻めたいなと思う所存。
人と一緒じゃないって武器だと思うぞ。うん。



・永ちゃん
NHKの勉強だーと思って冊子見てたら、永ちゃんが良いこと言っているので載せます。
ってか最近ホント涙腺弱くなった。人ががんばってるとことか、人の気持ち(過度に)考えたら異様に泣けてくる。たまに朝のニュースで泣ける。(重症)

以下引用

 僕は15歳くらいのときにビートルズに出会って、スパーンときたわけ。「ああもう、これだ」って。それで、東京に行って歌手になろうと思った。今みたいにインターネットが発達して、世界同時に情報が交換できるような時代じゃないですから、「東京行って、ロックシンガーやるんだ」って言ったら、周りの10人中10人が「お前、頭大丈夫?」って言いましたよ。そんな時代でしたね。
 でもね、その気持ちがなかったら、今ごろ何してたかなって思ったりもします。だから、ちょっとしたところにハマれるものがあるのかも。それがどこで出会えるかのかが分からないだけで、ほんのちょっとの差なのかもしれないよね。
 うまく言えないけど、このまま「私どうすればいいんだ」って言っていても、ダラダラ時間が過ぎていくだけ。何だかんだ言って、実は今の仕事、居心地がいいんじゃない?表に出るのは面倒くさいし、ここにいたほうが楽。でも、このままの状態がフォーエバーあるわけないよねと思ってるんじゃないの? それは、半分自分の責任だと思う。
だから、このままの状態を続けて、時間が経ったときに懸念していたものがどっかで出てきてしまったとしても、自分が責任を取らなきゃいけない。そのとき、生意気なことを言うようだけど、国とか世間とか周りの責任にしちゃだめなんだよね。最終的には自分なんですよ。ずーっと近道していると、必ず近道は敵になるんだよね。
 よく「矢沢は行動が早い」って言われるんだけど、なんで早いか、最近分かったんだよね。僕恐がりだから手を打つんですよ。早かったんじゃない、恐がりだったのよ。

(中略)

 みんな、そこで戦ってるんだと思うんだよね。熱いものがなくなったら、次にもっと光るものが来ましたなんて、そんなもんじゃない。大昔、インタビューで「人は一瞬がハッピーだったらまた走れる」っていったことがるんだけど、毎日毎日ハッピーが来るわけないんだよね。今日もこれか、昨日も、明日もこれかっていうときに、土曜日あたりにいいことが一発パーンとあったら、また来週一週間頑張れるって。人間ってそんなもんじゃない? そんなもんよ。それしか言えないんですけどね。ごめんなさい。
 オレもそうだったけど、17から25、6までの若者って、自分の生き方探してるんじゃない?
 オレどうなるのかな? このままで大丈夫? 消えちゃうんじゃないか? 立ち位置はどこ? って、みんな思う時よ。それはすごいきれいだし、いいもの。だから、辛いときは「自分ひとりじゃない」と思って、ガス抜きするのもいい。ひとつのテクニックだね。カッコよく生きてください。

以上引用ここまで



この「毎日毎日がハッピーなわけじゃない」ってところ、すんごい共感ってか昔に思ったことがあって、最近も同じように友人をそうやって励ましたんで(笑)
永ちゃんも同じかーって思ったらテンションあがりました。それだけ!

posted by ゆっぽん at 13:09 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 就活 はてなブックマーク - 【就活】永ちゃんもね | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。